ダイハツ自動車

ダイハツ自動車は、大阪府池田市に本社をかまえる日本の自動車メーカーのひとつです。
発動機製造がスタートで、大阪と東京に上場する際、それぞれ「ダイハツ」「トーハツ」と略称したことから、ダイハツ自動車となりました。
ダイハツ自動車は軽自動車を主体に生産している会社で、日本ではもっとも歴史の古い量産車メーカーです。
軽自動車においては、トップメーカーであるスズキ自動車とダイハツ自動車で激しいシェア争いを展開していました。
ところが、スズキ自動車が軽自動車減産の戦略をとったことから、ダイハツ自動車は軽自動車の製造、販売においてトップに躍り出ています。
ダイハツ自動車は、トヨタ自動車の連結子会社であり、創設時と比較するとトヨタ色が濃くなっています。
いうなれば、トヨタ自動車における軽自動車部門を支えているのが、ダイハツ自動車なのです。
事実、トヨタ自動車では軽自動車の製造はダイハツ自動車に一任している傾向があり、逆にダイハツ自動車は普通車を手がけてはいません。
トヨタ自動車の子会社になったことで、お互いにそれぞれの得意分野に専念できるようになったともいえます。
親会社のトヨタ自動車と同様に、テレビCMには芸能人を起用することが少なくありません。

ホンダ自動車

ホンダ自動車は、日本を拠点とする自動車メーカーです。
自動車だけでなく、オートバイやロボット、小型飛行機なども開発し、販売しています。
一般的にホンダ自動車と呼ばれますが、正確には本田技研工業といいます。
ホンダ自動車の社名は創業者の本田宗一郎氏からとったもので、経営者としてだけでなく技術者としても有名です。
ホンダ自動車は、日本の自動車メーカーとしては9番目に設立されています。
ホンダ自動車の名を世に知らしめたのは、モータースポーツへの取り組みでしょう。
設立の翌年から積極的にモータースポーツに取り組み、モータースポーツの最高峰といわれるF1グランプリで、耐久性や技術力の高さが評価されています。
ホンダ自動車のモータースポーツへの取り組みは、社業としてだけではありません。
ユーザーにもモータースポーツを楽しんでもらうため、シビックやインテグラによるワンメイクレースを各地で開催しています。
ホンダ自動車は、もともと自転車製造からのスタートでした。
そのため、自転車にも力を入れていて、マウンテンバイクの競技などに独自のマシンを投入して、好成績をあげています。
環境への取り組みも積極的に行っていて、エンジンをトヨタやフォードなどに技術提供しています。

自動車保険の自損事故保険

自動車保険の自損事故保険は、必ずかけておいたほうがよい保険です。
自動車事故は相手があるものとばかりはかぎりません。
スピードを出しすぎてガードレールに衝突したり、がけから落ちるなどの自損事故もかなりの割合であるのです。
このようなときに効力を発揮するのが、自動車保険の自損事故保険です。
自動車保険は、過失の割合によって支払われる保険金額が変わってきます。
自損事故や、こちらに100%の過失がある場合、自動車保険では通常の車両保険や人身傷害保険が受けられないかもしれません。
ところが、自動車保険の自損事故保険をつけておくと、これらの補償がカバーされます。
ただし、自動車保険の自賠責保険と併用はできません。
自賠責保険が適用された場合はそちらが優先となり、免責事項に該当します。
しかし、自損事故のケースで自賠責保険が適用されるのはまれであるといってもいいでしょう。
したがって、自損事故を起こした場合は、多くの場合が自損事故保険の適用を受けることになります。
ただし、酒気帯び運転の場合は、この自損事故保険でも免責事項に該当します。
自動車保険の免責事項をしっかり確認し、どのような場合に自損事故保険が適用されるのかを確かめておきましょう。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ