2018年11月23日

第2期・社会人生活  


すっかり忘れていました。ということで。

つい先日まで諸事情でタクシードライバーをやってました。
その理由等は動画や記事に書いていたので、それを見ていた方は
知っていたかと思いますが過去の話となりますので
責任をもって削除させて頂きました。

超、要約すると、私が(理由はどうであれ)仕事を休んでも
上司同僚他他人に迷惑をかけない唯一の仕事だと判断したためでした。
しかし、これはタクシー会社の上司の理解あって実現したことであり
今でも本当に感謝しかありません。私の家庭はそれで救われたのが事実です。
(何度も転職をしていますが、こんなに辞めるのを悩んだのは初めてです)
→タクシーは単純労働故、逆に勤怠には厳しい傾向がある。

さて、私は現時点で35です。
巷の求人を見てください。やんわり35歳以下限定の求人がいかに多い事か。
まあ、きれいごと言ってても仕方ありません。わりかし事実なんですよね。

続けるならば60以降までタクシーの世界で生きていくか。
→動くにしても現実的に警備とか運送とかそっちしか逃げ道がないのは
理解済。その天秤はつねにかけていました。
もともと個人タクシー志向はありませんでした。
(法人も法人なりにメリットがあるので)

ですが、確かに現状はまったく不満がなかったのも事実。
給与もちゃんとやれば問題ないレベル。
自動運転もはっきりいいまして、客を乗せての運行は
あと10年は絶対無理です。

じゃあなんで?ってことなんですよね。
私もちょっと謎でした。いい求人をみつけてしまったといえば
それが理由なんですが、じゃあなんで求人を探したのか・・・
潜在意識の中で動きたくなったのか・・・うーん。

ただ、ちょっとだけ未来を見てしまったのかなあ。
まずは増税。タクシーってのはビジネスマンとその他大勢のお客様
と考えたとき、後者の方はお金にシビアだったりしますし
景気連動の際たる職業だったりします。
私も正直運転手として税10%になると、きついだろうな・・感はありました。
→値上げと同時に初乗り等運賃改定も考えられますしね。

普通の買い物と違ってタクシー運賃で消費税を意識する人はいない
でしょうからね。消費税の分はもちろん運転手の稼ぎにはなりません。
(当たり前の話ですが、お客さんは意識しないでしょう)

ちょうど安倍さんが表明したのが10月なんで
まあそれを潜在的な理由としてもらってもいいのかなあ・・・

あと前から言ってるのですが、私はとちらかというと運転は下手です。
これは大人になって免許取ったときから言ってきたかと思うんですが
苦手すぎてとことん首都高走ったとかネタにしてた気がしますね。
今でもそれは自負してます。運転は意識次第なのですが、センスはないです。
だから今は良くても、ずっと続けるといつか仕出かすのでは?
という思いは正直ありましたね。いくら自分が気を付けていても
昨今の車線はみ出しとかどうにもならないことがあるのが運転です。
そういうのにビビった説?

大体この3つですかねえ常識的に考えて。
転職の賞味期限、増税、運転センス

つぶやきでは社内SEへの「復帰」という書き方をしましたが
出戻りではないです。さすがにそんな度胸はありません(笑)
私はきれいごとが嫌いです。
タクシーが職歴とならないのはわかっている部分なので「復帰」としました。
偏見でもなんでもないのでご了承ください。

この世界に入ってほんとに悪いイメージは嘘だと実感しましたね。
真面目な方はほんとに真面目で、もっとさぼりまくりの世界だと
思ってたらそういう人は長持ちしないし、やっぱどの世界も一緒だと
認識を改めましたね。
いろいろなお客様をお乗せして考え改める場面も多々ありました。
超絶エリート的なお客様がご自身の仕事論を語ってくれたりで
そういうのも今回の決断に1ミリぐらいは影響受けているかもしれません。

本当にいい経験をさせてもらって感謝しています。
ずっと社内SEで歩んでいたら決してこの日常に触れ合うことは
できなかったです。

転職(復帰)後は使う脳みそがまた180度変わるので
ちょっと今は震えているのが、正直なところです。

でも35で職歴もクソな私を取ってくれたことにも恩義を感じていますので
なんとか頑張っていきたいとは思っています。
(試用でクビ切られたらすみませんw)

ではでは。みなさんもお仕事頑張ってね!(^O^)
hiroomin at 09:19│Comments(0)ひとりごと 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔