August 10, 2008

負けるべくして

こんなもんじゃ無いだろうか。

私、オリンピック代表に出場決定以来、殆ど、ここまで触れてこなかったけど、
それは、組み合わせ抽選を見た時に、チーム戦力的に無理だろうなぁって
思ったからなのです。
メダルとかって、今回の状況を見ているとありえないくらいの難易度でしょ。
メディアが明らかに煽りすぎです。

ただ、そういう環境があるにせよ、このチーム、負けるべくして負けているんだよなぁ。



一つ一つ解説するほどでも無いので、
箇条書きで、

・予選時に積み上げてきたメンバーの大量落選
・若いってだけで選ばれている下手っぴ。
・全く機能していない4-5-1ってシステム
・ポストの機能が出来ないFW
・判断力って言葉が存在しない中盤
・カットされそうなところを狙って横パスしまくる中盤
・4-5-1でもっとも重要なポジションであるトップ下がボランチ選手
・ゴールまで30cmのドフリーでキーパーに優しいパスをしてしまうトップ下
・カウンターを食らって、リトリートする場面で、リスク無視で突っ込んでいくDF
・クロスの精度が半端なく悪いサイドバック
・クロスをあげるタイミングで玉離れの悪いサイドバック
・カウンターを食らっているのに戻らないサイドバック
・ゴールまで20cmのドフリーでゴール枠を外す、新たなる伝説・森重
・パワープレーだろそこ!ってところで、ボランチ同士を交代してしまう監督
・アジアレベル相手でしか通用しないワントップにこだわりを持つ監督
・きれいな形を作っただけで満足してしまうチーム

まぁ、これだけ役者が揃ってたら、そりゃ、勝てるものも勝てないですよ。

アメリカ戦などは、前半、いい試合しているなぁって感覚もあったのは事実。
実力差はそれほど無いんではないかとも。

ただ、この「いい試合をしている。だけど、負けちゃった」ってのは、
多分、実力的にものすごい差があるんじゃないのかなぁと思う昨今。

今回の戦いを見て、
日本サッカーの一つの限界みたいなものが見えたのではなかろうかと思っている。

「きれいに崩して」って所を求めるのだけれども、
そこからの得点は皆無に近くて、逆に言えば、私自身も含めて、
「きれいな形」があれば、少し満足してしまうんですよね。

今回のアメリカの得点などは、全然、きれいでもないし、
「ボールが来た!だから、きっちりと詰める」
ってシンプルなものではないのだろうか。

「泥臭く」とか「気持ちで負けるな」みたいな精神論って大嫌いなので論外なのですが
(声高にそんなこと言う選手もいるけど)
カウンターチャンスなのにバックパスしてみたり、
きちんと抜ききってからでないとクロスをあげない
みたいなサッカーって、
オシム以降の日本が完全に直面している壁なのではないだろうか。

昔は、パスを選択ばかりしてシュートをしない、
ドリブルをしないといわれた日本サッカー。
そこから発展して、ドリブル、シュートを積極的にする選手もいる。
精度云々を抜きにして・・。

ただ、生真面目な民族性が、
「コレって言われたら、それしかしない」っていうことで、
いつしか柔軟性をいつも失って、
「サッカーはゴールにボールを入れるゲームなんだよ」ってことを
しばらくすると忘れてしまうフェーズが来る。

そんなことを、露呈してしまった。よく言えば気づかせてくれた。
そういう大会だったのではないだろうか。

私個人としては、この世代は、決してアテネ世代のように谷間の世代とは思っていない。
ワクワクさせられる選手も何人もいる(今回出てないけど)
今回の痛い痛すぎる経験を糧に、日本サッカーを発展させていってほしい。

追伸
しばらくは、応援する気は失せてますが(笑)





hirooo at 23:24│Comments(2)clip!サッカー 

この記事へのコメント

1. Posted by アシシ@天津   August 11, 2008 02:14
@天津で書き込むのは、これで最初で最後だと思いますが。

> ただ、この「いい試合をしている。だけど、負けちゃった」ってのは、
> 多分、実力的にものすごい差があるんじゃないのかなぁと思う昨今。

ハゲドウです。

ナイジェリア戦は、点の取り方取られ方を見ると、得点差以上に実力差を感じたけど、正直アメリカ戦は勝てた試合だった。

でも、その勝てそうな試合で結果を伴わせることができるか否か。この分岐点は凄まじく重要。

> 「泥臭く」とか「気持ちで負けるな」みたいな精神論って大嫌いなので論外なのですが

今回は、この精神論の部分でも大敗でした。点を取られた後の、みんなのうつむきっぷり。「やっぱり駄目かー」みたいな雰囲気が立ち込めるイレブン。

あれじゃ、追いつけるわけがありません。。。

2. Posted by やっさん   August 13, 2008 23:34
アシシさん

僕はねぇ。ナイジェリア戦でも、そんなに差を感じなかったんですよ。

ナイジェリアは強かったけど、
なんか、ムラッけがあるというか、チームとして熟成されていないというか。
フィジカルの強さとスピードと、瞬間的な集中力で勝負しているチームって。

でも、サッカーってそれで、純粋に勝負できるんですよね。
そういう、「ある意味」シンプルなところが目に付いたからこそ、
今回の代表は、だめだなぁと際立たせてくれたのです。
なんか、綺麗なサッカー以前に、
自分が綺麗に出来るかばかりが目立った本当にだめなチームだったと感じさせてくれたというか。
まぁ、戦犯は反町なんでしょうが。
ちゃんとタレントはいるはずなのに、グダグダにしてしまったという印象しかない。
そんな不愉快なオリンピックでした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔