April 02, 2007

第4話 僕の中のOh MY Little Girl

リーダーに渡されたテープ聞いてみて、

このピコピコする音に正直驚かされた。

僕はそもそもソウルな歌が好きだったのだ。



尾崎豊、ブルーハーツをこよなく愛していた。


尾崎豊の 


15の夜 

17才の地図

Oh my little girl

I love you,



をならべたベストテープを作り、毎日聞いていた。


オーマイリトガール〜〜と
口づさみながら学校に通っていたほどだ。



Oh My Little Girlは年下の女の子であろう。

街外れのバーBARで働く、かわいく繊細な女子、




それが・・・オーマイリトルガールだった。




しかし僕らには全くオーマイリトルガールがいなかった。

それどころか、全く女を知らない。知る由もない。

そう僕らはピュアな童貞君達だった。


(たぶんそうだったろうみんなに確認はしてなかったが...)






↓少しでもおもしろいと感じてくれた方こちらポチッお願いしますっ!
にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ


つづきを読む↓
第5話誰の曲やるの?




hirop779 at 06:35│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔