2006年02月26日

終わった感

お久しぶりでございます。
長らくお休みしていたこのブログ。
久々に再開させることができました!
見に来て下すってたみなさん、おられましたらお詫び申し上げます。


いやはや、このほぼ1ヶ月という間に
いろんなことが過ぎ去っていきました。

まず前半は毎日バイトしてました。
会社で。
社員さんに「よー働いてんなー」といっていただけるくらいに、
コピー用紙の替えや、トナーのありかがわかるくらいに働いてました。
つまり雑用キングです。いや、クィーンですかな★

んで、それが14日まで続き、
16〜23日までは様々な論議をかもし出した卒業旅行にね、
エジプトとイタリーにね、行ってきましたですよ。
いやはや感動の嵐とマイペースの極みでした。

なんとかなるなる!
また折を見て女二人珍道中エジプトイタリー旅行記を書きたいと思います。

そんでもって、
こっからミーティングに参加したり、
JCOのお世話になったあの方に会いに行ったり、
会社の先輩のおうちでホームパーティに参加させていただいたり、
毎日忙しくばたばた走るよバタコさんです。


でも、そんな中で一番の終えた感。
それは妹の受験です。

今日、無事試験を終えました、
本当にほっとした妹の顔。
お疲れ様でした。

何もしてあげられなかったけど、
今年の初詣のお願いは妹の合格と健康、それだけです。
私の友人たちも彼女に応援メールを送ってくれました。
いい友達を持ったものです。。
大学受験らしい受験は実は彼女が始めて。
家族も彼女も初体験。

でも、彼女は「死ぬ気だったかはわからないけどよく頑張ったよ」
っていいました。
本当にそのとおり。

血尿出すくらい死ぬ気でやることも大事かもしれません。
でも、それでぐちゃぐちゃの体調と気分で望むのは我が家は良しとしないのです。
万全の体調と気分、それを維持しながら最大限の集中によって勉強する。
し続ける。
毎日。

それがいかに大変かお分かりでしょうか。
焦燥感にかられても、ベストな自分であり続ける精神力。
それは彼女だから成しえたことだと思います。

ほんとにようがんばったなぁ。

あとは、神のみぞ知る。

ほんとうにおつかれさま。




hiropi17 at 23:28|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2006年02月04日

気持ちで働く

行って来ましたリクナビLIVE☆
大阪アンド名古屋無事終了!!

どっちもいい感じの盛況ぶりでなかなか満足度は高かったです。
でもね、それにもまして得たものがありましたですよ。
そして、今日の配属面談でその想いを再確認いたしました。
かなり気持ち的に充実しております。
あぁ、気持ちいい。続きを読む

hiropi17 at 01:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年02月01日

ソウルメイト

今日は朝から卒論の口頭試問。
卒業できないよと脅しをかけられ本気でびびっている私です。
うちの教授(ドイツ人)は洒落にならないブラックジョーク好きで参ります。

さて、びびりにびびった後はレポートをちゃかちゃか終え、
大阪へと向かいました。(この間5時間ほどありますが)

明日から開催されるリクナビLIVEのお手伝いのための打ち合わせ。
東京から内定者がわざわざ来てくれるのです。
社員さんはあとからってことで
二人で宿泊先のホテルを探し、
ご飯やさんを探し、
目が合ったご飯やさんに入りました。

そこに到達するまでにすでにいろんな話は始まっていたわけですが、
彼とはさらりと深い話くらいはあってもじっくりこうやって二人で話すのは初めて。

でも、物事は全て必然で起こっているという話に始まり、
たくさんの深い話をしました。

私はわりと根っことか根本の深い話をしがち(うちの家がそうだから)
なんやけども、そういうのを重いとかしんどいっていう人も沢山いるので、
様子を伺いうかがいなわけです。
でも、彼はむしろそういう部分を求めてくれていて、
そのおかげもあって素直にどんどこ自分の思うように話ができました。
臆することも、へんに気を使うこともなく。
人間関係とか、自分のあり方とか、友達とか、家族。
自分はこうありたいなって話を2時間ばかりしたでしょうかいねぇ。

すごく心地いい時間でした。

コレについて自分はこう思うって話し合えることって私は凄く好きなんです。
それが抽象的であっても、具体的であっても。
たいていの人はいきなりどしたーって思うであろうことだと思うんですが、
ふと気になるときがある。
それについて他の人ってどう思うんやろ??って
聞いてみたくなるときがあるんですな。

例えば、友達って何??とか、家族と自分の係わり方って??とか、
私のことどんな風に思ってる?って聞いたこともあるかな。

思い当たった方すみません。。

まぁ、それはきっかけにしか過ぎなくて、
その人と深い話をしたいってことなのかもしれない。
んー回りくどいね。ごめん!!

でも、きっかけっているじゃないですか。
いきなりあった瞬間から深いってのはなかなかない。
なんか深くなる糸口があって、って。
それが簡単に開ける人もいればなかなか難しい人もいる。
相性とか、気分とか、状況によって多少の差異はあるでしょうけれども。

でも、やっぱり自分に素直に話が出来合えるとよいですね。
お互いに。

これから二日間リクナビLIVEにかかりっきりなので
もっと深い話もできる気がします。
それもたのしみ〜♪

明日は大阪、明後日は泊り込みで名古屋出張☆
いってきます。



hiropi17 at 01:41|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2006年01月29日

ちょっと違う



1月29日、今日は弟のバースディです。

お誕生日おめでとう
年子の弟は21歳になります。
大学3回生ですが、世間の大学3回生とはちょっと違った道を送ります。
就職活動をしない、という点においては。
あ、ニートになるわけではないのであしからず。

彼は彼の道をゆきます。
妹も妹の道をゆきます。

そして、私は私の道をゆきます。

続きを読む

hiropi17 at 13:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月27日

自己責任

旅行手続きのため、久々に出かけたらどっと疲れました。
まだ風邪が治らない…久々に長引いてます。
父と私が風邪を引き、母まで・・・。
本当に受験生にとってダメダメ家族です。
早く治さないと!!!

そんな我が家でも談義をかもし出している話題があります。
ライブドアと同じくらい話題をかっさらってますね。
「京大アメフト部」の一件。
みなさんはどう思われたんでしょうか。続きを読む

hiropi17 at 22:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月26日

ウィダーイン エネルギーイン

e8092dcb.jpgいやはや世間ではライブドアショックが続いておりまして、
毎日、新聞もテレビも賑わっておりますね。

私の体も賑わっております。はい、咳です。
父と私とでぐぉっほんぐぉおっつほんとね。
ほんとにはた迷惑かと思います。すみません。

ほんまにこの風邪は厄介です。
こんなときの力強い友、
それがウィダーinゼリー(エネルギーイン)なのです!!
続きを読む

hiropi17 at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月24日

流行に敏感な私

なんてこったい…

年末から二度目の風邪引きこっこ。
そのときにはやっている風邪を全て引き続けている私。
年末はウィルス性の腸炎を引き起こす風邪。
そして今は咳がひどいお喉の風邪。
どうしようもありません。

明日はテストだってぇのに、
パスポートとりにいかなくちゃいけんのに、
家で寝たきり娘です。

おそらく連日連夜の話し合いで
精神的にも肉体的にも疲労していた模様。
だもんで、父上も同じ風邪引きである。

おとついのバイト帰りに感じた喉の違和感。
やつはこの前兆でした…
おとなしく寝ます。

母と父と妹とおばあちゃんと弟と
そしてずっと寄り添ってくれているもっつるのやさしさを感じながら、
ゆっくり寝ます。

咳がえらいことになるので、
皆様もどうぞお気をつけくださいましね。




hiropi17 at 17:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年01月23日

進化

昨日は内定先の会社のセミナーのお手伝いに行っておりました。
面接力向上の秘訣をば教えてくれるもの。
総勢100名ほどの学生さんの受付と雑用係でございました。

でもね、
昨日は相当な学びをゲットしております。
経験値とかってことももちろんあるんですが、
ここ数日私が考えていたこと、
それが生かされていたように思うのです。

私たちが当たり前かに思っていることも、
実はだれかのおかげで当たり前になっているわけで、
じゃぁ、その当たり前を作る誰かが自分になったらいいなって。

ま、そんなことを常には思いながらやってませんよ。
でも、そういうように意識してたので、
言われたことも、言われていないことも
こうあったらいいだろうなってことを考えて
少しづつ当たり前を増やせたような気がします。
まぁ、ファイルがあるとか、メモがあるとか、準備ができてるとか、
そんな簡単なことたちばかりですがね★笑

そんなにたいしたことはできてません。
ほんとの雑用の中で、の話なんだども、
私が足りてなかった部分ってのが外にでてきたってことが嬉しかった。
しかも、これまたお褒めいただいたもんで、
そりゃ犬もおだてりゃ木に登ります。
本とは上ったらダメです。

小さな小さな一歩だけど、大事にしたいです。
素直さと謙虚さを忘れずに学んでいく姿勢は大事ですからね。


バイトが終わった後も、社員さんとお茶に連れて行っていただきました。
ほんとはラーメンいくかって話だったんですが、
4時に昼ごはん食べて、5時半にラーメンは無理っすってことで
女らしいといわれたパンプキンモンブランをいただきましたよ★
しあわひぇ。

会社のこと、社内教育のこと、社会人として必要なもの、
視点、本質、今やっていること、たくさんたくさん話していただきました。

「自分でとりにいけ」
「偶然を必然に変えろ」
「素直であれ」

沢山のアドバイスもいただいて、ぶっちゃけトークもしながら、
気がつくと2時間半もすぎていてびっくり。

あんれま。

沢山の刺激と課題と学びを得て、更なる進化を目指して頑張ります。
考えすぎないように、
頭でっかちにならないように、
大砲をぶっ放すための砲台作り。

なんにせよやってみよう。


hiropi17 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月22日

思わぬ結末

センター1日目が終わりました。
今日の晩御飯はそんなむちぇを癒すべく
彼女のリクエストが取り入れられています。
・筑前煮
・ひじき
・肉そぼろ
・赤米(白米に赤い古代米を混ぜたもの)
そして、飛び入りのおいしい餃子でした★

昨日、あれから私は自分にできることをするだけだと、
それしかできなくてただそうするのみでした。
パパを送っていったり、
自分の予定をずらしておばあちゃんを送っていったり、
洗い物をしたり、
ご飯を手伝ったり、
ごく普通の日常の中でね。

でも、胃が気持ち悪くて何も食べられなかっただよ。

そうして、おばあちゃんを
宇治の妹さんのところまで送っていくときのこと。

おばあちゃんにも卒業旅行に関しての一連を話しました。
おばあちゃんの言うことはママととてもよく似ていたのだけれど、
すごくすっと心に入ってきました。

おばあちゃんは、私がこうなった背景も事情もわかってくれて、
その上で、私がいけなかったところを言いながらも、
私がいることは嬉しくて、大事なこと。
いなかったら寂しいといってくれました。

一度しかない卒業旅行。
社会人になったら行けないんやから
お金はいくらでも貸してあげるから。

そういってくれました。

おばあちゃんは戦後育ちで裕福じゃなかったから、
今は恵まれていてそれに感謝しないといけない。
ママもパパも子供たちがとても大好きで、
だからあんなにも厳しいようでいっぱい与えてくれる。
それに感謝しなあかんよって。
なんやかんや言うて、
あんたがもうすぐ社会人になって出て行くことが寂しいんや。
わかってあげな。

そう言っていました。

そして、その帰り、ママからメールが届きました。
私は車を運転しながら涙が止まらなくて、
つい道を間違えたほどでした。

そこには私への想いが存分につめられていました。

ありがとう。
本当にありがとう。

そうして私は無事行くことができるようになったわけですが、
ここから又大変。

一緒に行くはずだった友人がもう他の人を探しちゃったという。
さぁどうなることやら??
無事、3人で行くという方向にまとまってはいるのだけれど、
前途多難です。

その一喜一憂に迷惑をかけてしまったしょーたさん、すみませぬ。
おかげで今日はじめての食べ物を口にすることができました。
あのベーグルはなかなかいけてましたね。

こんなにもめて、二転、三転している旅行。
どうなるにせよ思いで深い出来事となりそうです。

まだまだ甘いところはあります。
でも、私なりに少しわかった気がします。

人に必要とされていたり、
期待されていたり、
そんなことは当たり前ではなくて。
それに対して自分がどう答えるか。
本当にありがたいことで。

みんなありがとう。

思っていたよりも、強くて弱い私がいました。
誰かに必要とされたり、大事にされるってすごく嬉しいこと。
意外とそれを感じるのは得意でないのかもしれません。
人に何かをしてあげることは自分がやりたいからやっていることだと
そう思ってきたところがあるからかな。

だから必要とされているとか、
それをありがたいと思ってもらっているとか、
たまーにわかるように言ってもらうとすんごく嬉しいのです。

だからもしも、もしもそう思った人がいたら
たまにふらっと言ってやってくださいね。
それが私の元気と笑顔の元です。

少しずつそうやって大人になっていきたいと思います。

当たり前を当たり前だと思わずに。
起こる全てのことを自分のこととして受け止めた上で、
感謝していきたいものです。





hiropi17 at 00:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年01月20日

センター試験だから

ここ3日間ほどで激動でした。
たくさん変化しすぎてライブドアなんかメじゃありません。

東証がくらったダメージと影響並みに
私にとってでかいダメージと影響があったのです。

まずエジプト行きがだめになりました。
私の根本からひっくり返るくらい話し合いしました。

その結果、できていないことが沢山明らかになり、
私という人間が改めて明らかになった,そんな感じでした。

正直どうしたらいいのかなどよくわかりません。

でも、今我が家は大変な状況にあります。
妹が受験生で明日、センター試験を迎えるのです!!
なので、私がどうなどという場合ではないのです。
ただ、彼女が持ちうる力を全て出せるように祈り、
それの環境づくりを手伝うのみ。

だから、もうとりあえず日曜日までは何を思おうとも
平穏無事に過ごそうと思います。

日曜日はバイトというのもあるのだけれどもね。

がんばってほしい。
受かってほしい。
それだけです。

それくらいは持ち合わせています。

続きを読む

hiropi17 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
わたし
ひろか(ぽちぇ)
某カウンセラー兼アロマセラピストのママンと
社労士(元アパレル)のパパンの間の娘一号。
体育会系くろんぼから、美白活動中。

意外と料理好き。
意外と活字好き。
そんなギャップをどんどこ増やしていきます。

ありがたきコメント
ご来訪者


メロメロパーク
http://booklog.jp/tana.php?ac=hiropi17
Amazonライブリンク
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました