ひろっぴの肺がん(1A)&気胸闘病記

2013年8月、40代の時、人間ドックで肺がん(ステージ1A)が見つかりました!! 肺がん発見から、入院~手術~退院~その後の出来事や思いを綴っています。 同年代で肺がん手術をこれから受ける方や、病院関係の方々に読んでいただけると幸いです。 なお、2013年11月手術後順調に回復していましたが、2014年3月気胸になりました・・ よって、気胸経験者の方にも読んでいただけるとうれしいです。

肺がんステージが「1A」の場合の5年生存率は87%と言われました。
(2013年、自分が入院した病院にて手術説明を受けた時の値です。)

【肺がん患者の皆様へのメッセージ】
「1A」で死を意識する方は少ないかもしれませんが、
肺がん患者の不安な気持ちは皆同じと思いますので、参考に読んでみてください。

【肺がんを早期発見したい方へのメッセージ】
「1A」は健康診断のレントゲンでは発見できません。人間ドックの胸部CT検査で初めて発見できます。肺がん早期発見のためには、人間ドックを受けることをお勧めします!

久しぶりのブログ更新です

本日7/14、2年8ヶ月後の定期検査を受けてきました~

今回の検査はレントゲンと腫瘍マーカ(血液検査)のみです。

検査結果は予想通り、問題なしでしたー

体調も特に変化ありません。
左胸のちくーっとくる痛み(肋間神経痛)は、
雨の日などに時々ありますが、
つらい痛みではないので、気になりません。

それよりも、来週会社で人間ドック(2日間コース)を受けます。
最近は肺以外にもいろいろなところの検査で
引っかかるようになってきたので、
そちらの検査結果の方が心配です・・・
一番怖いのは尿管結石の再発です。
(1年前の人間ドックでは小さい石が見つかっています・・)
かなり前に一度経験しましたが、
あの時の痛み(つらさ)は今でも忘れません。
(肺がん手術を受けた時より痛かったです・・)
時々下痢でお腹が痛くなった時に、ひやっとしてしまいます・・

さて、次回の検査予定は以下の通りです。
10/4 胸部CT検査、腫瘍マーカ
10/20 レントゲン、診察(検査結果確認)

次回の結果が出ましたらまたご報告しま~す


↓ランキングに参加しているので、記事を読んだらポチッと押してもらえるとうれしいです・・



肺がん ブログランキングへ

最近かなり暖かくなってきましたが、
このところ雨の日が多いですね
雨の日が多いと肋間神経痛の痛みの回数も増えます・・

さて、肺がん手術2年半後の定期検査第2弾として、
本日胸部CT検査結果をしっかり確認してきました

結果は、

肺の小さな影は半年前と比較して変化なし

よって、異常なし 

でした~

この小さな影が最初に発見されたのは、
肺がん手術後、肺気胸になった頃でしたが、
その当時のCT検査結果と比較しても
大きさは変わっていませんでした。

主治医より
「手術後2年以上経過しても
影の大きさは変わっていないので、
今のところ(腫瘍だったとしても)進行はしていないでしょう」
と言われました。

なお、手術で摘出した肺にはCTに映らない小さな病変
AAH(腺癌になる直前状態の病変)というものがたくさんあったため、
今残っている肺にもAAHがたくさん存在する可能性はあって、
定期検査は引き続き必要、とのことでした・・

とりあえず一安心です~

なお、次回の検査予定は3ヶ月後の7/14となりました。
(レントゲンと腫瘍マーカーのみです。)

次回検査結果もまた報告しまーす
ではまた

↓ランキングに参加しているので、記事を読んだらポチッと押してもらえるとうれしいです・・



肺がん ブログランキングへ

肺がん手術から2年半経過しました・・

4/7に定期検査を受けてきましたので、結果のご報告です!

今回の検査項目は、
・レントゲン
・血液検査(腫瘍マーカー)
のみでした。

結果は・・・
やはり問題なし!
でした~

現在の体調も特に変わりはありません。
肋間神経痛は雨の日などに時々ありますが、
我慢できない痛みではないため、もう気にならなくなりました・・

以前、肺がんが見つかった時は、CT検査で発見されて、
血液検査では異常値とはならなかったため、
万が一再発していたとしても、今回の検査項目のみでは
わからないだろうと思っていました。
よって、今回の検査結果は予想通りでした。

私の場合、CT検査は半年に1回の割合で実施しているため、
そろそろ検査の時期だなあ、と思って主治医に確認したところ、
次回のCT検査日程は以下の通りとなりました!
4/22:CT検査
4/28:診察(検査結果確認)
ということで、次回のCT検査結果がわかったらまたご報告しまーす!
今回の検査結果よりCT検査結果の方がはるかに緊張しますね・・

なお、CT検査というのは、頻繁に受けると被爆の心配があるため、
肺がん手術後順調に治っている方の場合、2年目以降は
1年に1回の割合で検査するのが一般的だそうです。

但し、私の場合は、以前のCT検査で手術痕か腫瘍か判断しにくい
小さな影があったため、半年に1回の割合で検査してもらっています。

次回のCT検査では、その影に変化があったか
自分の目でしっかりチェックしたいと思います!

それでは、また次回結果報告しますね~

↓ランキングに参加しているので、記事を読んだらポチッと押してもらえるとうれしいです・・



肺がん ブログランキングへ

久しぶりのブログ更新です

最近は定期検査のタイミングくらいしか、
更新していません・・・

1/7に2年3ヶ月後の定期検査を受けてきました~

今回の検査項目は、
・レントゲン
・血液検査(腫瘍マーカ)
のみです。

結果は
問題なし!
でしたー

最近の体調としては、寒さの厳しい時
左胸の奥がチクーッと痛む時がありますが、
数分以内で消えるし、つらい痛みではありません。

最初の頃はこの痛みが不安でしたが、
最近は慣れてしまったので、
あまり気にならなくなりました・・

それにしても、この日病院は大変な混雑でした・・
いつもは午前9時で予約して1~2時間以内で検査・診察が
終わるんですが、今回は14時頃までかかりました・・・
やっぱり年明けの大学病院は
すごく混むものなのかもしれませんね~

さて、次回の検査は3ヶ月後の4/7の予定です。
次回もレントゲンと血液検査のみの予定です。

今後もゆっくりですが、ブログ更新していきま~す

↓ランキングに参加しているので、記事を読んだらポチッと押してもらえるとうれしいです・・



肺がん ブログランキングへ

久しぶりのブログ更新です

本日、肺癌手術2年後の定期検査を受けてきました~

結果は・・・

異常なし(肺の状態に変化なし)でしたー

最近は手術前とほぼ変わらない生活をしているので、
問題ないだろうとは思っていましたが、
とりあえずほっとしました・・

今回の検査結果詳細は、以下の通りです。

【肺癌手術2年後定期検査結果】
①レントゲン
 ⇒3ヶ月前の結果と比較しても変化なし。
②腫瘍マーカー(血液検査)
 ⇒異常値なし。
③胸部CT
 ⇒6ヶ月前の結果と比較しても変化なし。
 ⇒前回小さな影が1個だけ見つかっていましたが、
  手術痕の影の可能性があり、今回サイズが変わっていないため、
  問題ないでしょう、とのこと。
  これが徐々に大きくなる場合は、新たな腫瘍の可能性もあります。

ちなみに、今の体調は、
寒い時や雨の日に少し手術痕部分の左胸がチクッと痛むくらいで、
以前と全く変わらない生活をしています。

しかし、先日9月に別の病院で人間ドックを受けてきましたが、
肺癌とは関係ないところで、以下の異常がありました・・・

・胃にポリープ発見!
・胆嚢にポリープ発見!

人間ドックは毎年受けていますが、
ポリープ発見は今回初だったので、ちょっとびっくりしました・・
人間ドックを受けた病院では、先生から
「小さなおできみたいなものなので、今は心配ないですよ。」
と言われました。
本日の病院でも人間ドックの結果を報告しましたが、主治医からは、
「とりあえず定期的に検査は続けてくださいね。」
と言われました。

40代後半にもなると人間ドックでいろいろ引っかかるだろうとは
思いましたが、 一度癌が見つかっているだけに、
肺以外でもポリープが見つかるとちょっと心配です・・・

ただし、今焦ったところでどうしようもないので、
とりあえずは健康的な生活を送るよう心がけようと思います!
と言っても、最近は仕事が忙しくて睡眠不足気味ですけど・・

とりあえず、肺癌の定期検査(3ヶ月に1回)と人間ドック(年1回)は
かかさず実施して、異常は早期発見できるようにします!!

次回の定期検査は1/7の予定です。

今後もゆっくりですがブログ更新していきます・・

↓ランキングに参加しているので、記事を読んだらポチッと押してもらえるとうれしいです・・



肺がん ブログランキングへ

このページのトップヘ