東京都墨田区江東橋の中華そば満鶏軒(まんちーけん)さんで『鴨中華そば(醤油)』850円です。

DSC_2291

この日は、念願の中華そば満鶏軒(まんちーけん)さんにお邪魔してきました。
こちらのお店は、大人気店『真鯛らーめん麺魚』さんのセカンドランド。
麺魚さんの“真鯛”に対して、満鶏軒さんは鴨100%スープ。

静岡県内でも以前、掛川市の麺屋さすけさんが『純鴨そば』や『鴨パイタンそば』、『鴨南蛮つけそば』など鴨のらぁめんを提供していたことが有りましたが、現在は余りお目にかかることが出来ない“鴨のらぁめん”。
私は“鴨のらぁめん”好きなんですよね。
何件かのお店が気になってるものの、今回は中華そば満鶏軒さんへお邪魔することにしました。

DSC_2281

真鯛らーめん麺魚さんの交差点を挟んだ斜め向かい側にお店は位置しています。

DSC_2282

道路に歩道の無い側に面しているために向かいの歩道側で開店を待つようです。
開店時刻が間近に迫った頃スタッフから案内があって、お店の前に移動。

Fotor_154132951378991

暖簾が掛かって開店を迎えます。
鴨中華そば(塩)、(醤油)の他にも鴨中華つけそば(醤油)やフォアグラ油そばなど気になるものが多数有ります。

迷いに迷った上で選択したのは、

DSC_2288

『鴨中華そば(醤油)』。
醤油好きの私にとっては、やっぱりコレです。

DSC_2290

色々と薬味も提供していただけるようですが、初訪問なのでコチラは控えました。
暫し待って、さてワクワクのご対麺です。

Fotor_154133006486292

ふんわりと立ち昇る鴨の香りと綺麗な盛り付けに心は沸き立ちます。
トッピングは、小松菜に二種類の鴨叉焼、白ネギが散らされ鴨叉焼の上の黄色いのは擦り下ろされた柚子。

DSC_2294

スライスされているのは、鴨むね肉(ロース肉)、ダイスカットの方はモモ肉。
何れも低温燻製された鴨チャーシュー。燻製の独特の香りが仄かに漂います。

むね肉は、ジューシーで鴨の風味と旨味がジュワッと染み出し、脂の旨味もイイ感じ。
噛めば噛むほど旨味が感じられます。
モモ肉は、強めの弾力が有る食感とコクが感じられコレまた美味しい。

皮がプルンとしてコレがまた鴨好きの私には堪らなく美味しかった。
後の事を考えなければ、絶対に鴨増ししたい逸品です。

DSC_2297

スープは、鴨と水だけで採られたと言う鴨100%のスープ。
鴨の丸鶏を惜しげもなく大量に使用しているそうで、鴨ならではの風味と重たさの無いスッキリとした旨味。
合わされる醤油ダレは、たまり醤油をベースにしたものとの事です。
香り高く風味も確りと感じられ、仄かな甘味が有ります。
この風味の良さと仄かな甘味が、鴨出汁や鴨チャーシューの芳ばしさを一層引き立てている様に感じます。

また、香味油はフォアグラ油の様ですがシツコさは無く、これもまたコクと風味に一役買っているようです。

鴨独特の香りは、少々控えめで食べやすさ重視と言った印象ですが、出汁と醤油のバランスが絶妙で不足を感じることは有りません。

DSC_2298

麺は、北海道産小麦100%のものだそうです。
サクッとした食感に程好い弾力を兼ね備え、ツルンとした喉ごしのストレートの細麺。
スープの持ち上げ良く、スープの旨味を纏って持ち上げてきます。

DSC_2296

時おり絡むネギの香りやシャキッとした食感がまた出汁との相性は抜群。
終盤、柚子をスープに溶いて爽やかな香りをプラス。

Fotor_154133015338740

美味しく完食完飲です🎵
鴨の風味と醤油のバランスが絶妙で、鴨中華つけそば(醤油)やフォアグラ油そばも是非食べてみたいし、雑炊セットや鴨増しもして、じっくりと味わいたいですね。

再訪問は、必至です( ̄▽ ̄)b

Fotor_154132984659120

Fotor_154132994399539


住所:東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル1F

営業時間:11:00~21:00(L.O)

定休日:無休

駐車場:なし(近くにコインパーキングがあります。)

席数:カウンター席

完全禁煙