浜松市中区萩丘の麺's Naturalさんで『竹 鰻SOBA御膳』1,700円です。

Fotor_157874747051057
   
この日は、チョコッと久しぶりに麺's Naturalさんへお邪魔してきました。

過去の訪問時はいずれもそうだったんですが、お昼時を大きく回った時間帯ではいつも駐車場は満車。
一旦通り過ぎて少し時間が経過するのを待ってもう一度出向くなんてことを繰り返してました。

Fotor_157874666810125

この日はそんな事無い様にと早めに出向いてみました。
とは言え、あんまりにも早過ぎた様です(笑)。

Fotor_157874586170091

人気店の常で、駐車場の数が大きくお客さんの数を上回る状況ですから、早く行って安心して駐車したい気持ちが強くなるんですよね。
早すぎる到着でしたから安心して駐車できました(笑)。

Fotor_157874681185049

コチラの大将は、素材に対する拘りも人一倍な様で煮干しや丸鶏、醤油など次々と新たな素材に取り組んでいる様子は、SNSなどを通じて良く拝見してます。
食べに行くコチラとしても楽しみが尽きないですね。

程なくして、次のお客さんが到着。
以前別のお店の開店待ちでお会いした事が有る方で、色んなお話をしつつの楽しい開店待ち。
開店時間が近付くにつれて開店待ちの列がグングン伸びていきます。

シャッターが上がって開店を迎えます。
店内に入って右手に位置する券売機に向かいます。
この日も券売機周りの壁には、限定メニューの数々が掲示されていました。

Fotor_157874706834875

Fotor_15787469631307

どれもコレも魅力的ですが、この日私は食べてみたいメニューが有ったんです。

Fotor_157874701897856

随分らぁめんを食べ歩いてますが、“鰻”のらぁめんはこれまで食べた事が有りません。
静岡県なんだから有っても不思議じゃなかったんでしょうが、何分鰻のお値段が高騰している昨今の事ですから、難しいんでしょうね。

そんな中、果敢に“鰻”のらぁめんにチャレンジと聞けば、食べてみたくなるのは当然の成り行き。
昨年末とお正月の営業初日に提供されてたんですが、食べ逃してましてこの日は千載一遇のチャンスかもと思ったんです(笑)。

“鰻”のメニューは、『鰻SOBA』の単品のほか『梅 鰻SOBA御膳(鰻白焼き1/3カット)』『竹 鰻SOBA御膳(鰻白焼き1/2カット)』の3メニューが用意されていました。

Fotor_15787471376065

いつもらぁめんばっかり食べてて鰻なんて随分長い間外食で食べてない(笑)ので、奮発して『竹 鰻SOBA御膳』の食券を購入。
案内に従い席に着き、カウンターの上部に食券を置きます。

暫し待って、さてワクワクのご対麺です。
鰻とご飯の方から提供されましたが、紹介は先ずらぁめんから。

Fotor_157874753060187

濃いめの醤油の色合いが一際目を引きます。
トッピングは、分厚く大ぶりな鶏胸肉の叉焼と肩ロース肉の叉焼、その横にはメンマ、中央には九条ネギとカイワレ。

Fotor_157874754833919

叉焼は、どちらも大ぶりで厚みも有って食べ応え十分。
鶏叉焼はシットリとして、ほんのりと付けられた下味もイイ感じ。
仄かに柑橘の香が付けられている様です、柚子だったのかな⁉

レア叉焼は、スープに浸して温めてから。
気になる様な匂いはまるで無く、プリッとした弾力有る歯応え。
噛むほどに肉の旨味が広がります。

それにつけても、いつ見てもこの叉焼の大きさと厚みには驚かされます。
大将の気前の良さに感謝しつつ、美味しく齧り付きましょう(笑)。

Fotor_157874800741214

スープは、鰻のあらと乾物のみで採った動物系不使用の出汁に鰻SOBA専用のたまり醤油のタレを合わせたものだそうです。

フワリと鰻の香りが漂ううスープは、想像していたよりはスッキリとした口当たりで軽やかな旨味。
しかし、その旨味に不足を感じることは有りません。
確りとした旨味が感じられます。

風味が強いたまり醤油の味わいが当に蒲焼のタレを思い起こさせます。
コク深く仄かな酸味も出汁との相性が良いですね。

重たさやクドさを感じる事はまるで無く、グイグイと口に運んじゃいます。
コレにごく僅か仄かな甘さが加わったりしたら、それもまた美味しいかもしれません。

Fotor_157874809889842

麺は、サクッとした食感で歯切れ良く、風味もしかりと感じられます。
スープとの馴染みも上々で、確りと旨味を纏って持ち上げてきます。
熱々のスープの中に有っても、最後までその食感と風味を損なうことは有りません。

Fotor_157874840059197

強めの味わいの丼の中に有って、風味強めの青ネギがアクセントを加え、最後まで飽きることなく美味しくいただけます!

Fotor_157874813367544

途中で、味変にと提供されていた山椒を加えてみるとコレもまたスープとの相性がイイ!
次回また食べられるチャンスが有ったら、早めに投入してみるのがイイかもしれません。

Fotor_157874727963031

コチラが鰻。
『竹 鰻SOBA御膳』のウナギは、かなり大きめな国産ウナギの白焼きが1/2枚。
大将曰く「蒲焼にしちゃったらありきたりだし、白焼きでいろいろ楽しんでください。」との事。

Fotor_157874731641957

白焼きされる過程で余分な脂が落ちてるせいか、クドさは無く確りとした弾力有る歯応えで、風味良く程好く脂のコクとコッテリ感が感じられます。

Fotor_157874744441973

山葵醤油で味わい、

Fotor_15787484482431

添えられた微粉末の“ぬちまーす”で食べるのも美味しい。
仄かな甘味だったり渋味や苦味だったりの“ぬちまーす”の味わいが一層鰻の旨さを引き立てます。

Fotor_157874851719649

ご飯との相性が抜群なのは、言うまでも有りません!
美味しい鰻だったなぁ~。
素材には、人一倍こだわりの有る大将の事ですから、鰻も厳しい目で吟味したものなんでしょうね。

Fotor_157874883815174

美味しく完食完飲でフィニッシュです。
幻のメニューになっちゃうのかと思いきや、今後もちょくちょく『週末に提供できるようにしていきたい』との事ですから、また出会えるチャンスは有る様です。

素材に強いこだわりを持ってらぁめん作りに励まれている様子は、これまでもSNSなどを拝見して良く分かってましたが、コレをいただいて更にまたお邪魔してみたい気持ちが高まりました。

メニューが豊富過ぎて、何を食べたらいいのかどの食券を買ったら良いのか分かりにくいのが玉に瑕ですが(笑)。

また、是非食べに行きたいと思います❗( ̄▽ ̄)b


Fotor_157874692353572

Fotor_157874717991052

Fotor_15787468830118

Fotor_157502548363681

Fotor_157874591468167


住所:浜松市中区萩丘4-10-38

営業時間:11:30~14:30/18:00~20:00

定休日:火曜・水曜・金曜夜

駐車場:あり

席数:カウンター席

完全禁煙