焼津市八楠の麺屋日出次 焼津店さんで『背脂煮干(細麺)』900円です。

Fotor_158409731305422

この日は、遅れ馳せながら麺屋日出次 焼津店さんにお邪魔してきました。
コチラは、静岡市葵区鷹匠の人気店 麵屋日出次さんの二号店になります。

静岡のお店は、新たに麵屋日出次 静岡店としてしほ店長を中心にこれまで通り営業中。
焼津店は、大将自らコチラに移って2月5日に新規開店されました。

開店からこれまで朝ラー営業や夜営業など試行錯誤中で、この日から朝ラーと昼営業に営業時間も定まったと言う事で、やっと初訪問でした。

Fotor_158409207900759

朝ラー営業と昼ご飯時の丁度はざまの時間帯にタイミングを合わせてうかがったので、待ちなくスムーズに入店。

Fotor_158409203605493

風の強い日でした。

入って左手に位置する券売機に向かいます。

Fotor_158409216294255

評判のイイ限定メニューも提供されていてコレも迷います(笑)。
静岡店と同様に、煮干しとそのバリエーションのメニューで営業されています。

煮干し専門店として営業です。

Fotor_158409227000111

伊吹煮干しも食べてみたいところですが、この日選択したのは、

Fotor_158409720037453

従来の『中太平打麺』に加えて、細麺での提供もされているようなので、未食の細麺を。
背脂と煮干し、醤油の組み合わせは魅力的です❗

食券を購入して席につきます。
暫し待って、さてワクワクのご対麺です。

Fotor_15840973602873

丼の表面には細かな背脂が浮かび、立ち昇る煮干の強い香りに期待は高まります。
トッピングは、刻みタマネギとメンマ。
小松菜とバラ海苔です。

Fotor_158409753291646

それから、ロース肉のレア叉焼。
レア叉焼は、薄めにカットしたものが3枚、折り畳まれて盛りつけられます。。
柔らかながらしっかりとした歯応えと弾力が有りながらも柔らか。
気になるような匂いはまるでなく、ジューシーで肉の旨味がまんてんです。

麺屋日出次さんの叉焼は、いつ食べても実に美味しいんですよ❗

Fotor_158409745302181

スープは、濃度の高い煮干出汁は煮干風味が濃厚で強めの苦味が確りと出ています。
エグ味はあまり感じることは有りません。

濃度が相当に高まって、煮干しの旨味に加えて煮干し自体のコクも確りと抽出されています。
しかし、気になる様な臓腑の臭みはまるで感じません。
この濃度で、臭みを出さないなんてコリャ凄いですね!

背脂も入ってるものの、脂の甘味とかコクとかいう感じはあまり感じませんでした。
っと言うのは、だって煮干しの濃度が高くって煮干しが前面に出てくるからに違いありません。
背脂は、サッパリした感じであくまで主役は濃厚煮干しです。

Fotor_158409749528728

麺は、ツルッとした舌触りでサクッとした歯切れ良い食感の細麺。
歯応えも良く、スープの旨味を確りと纏って持ち上げてきます。

濃厚な味わいの中にあって、タマネギの瑞々しい風味と軽い辛味が実に効果的なアクセント。

背脂煮干しと言えば、食べ馴れた掛川市の『背脂煮干しそば』の時の様にニンニクを投入したくなるんですが…

煮干しが強くって旨味も良かったんでニンニクを入れない方が煮干しを楽しめるんじゃないかとニンニクは自重して、

Fotor_158409774669957

美味しく完食完飲です🎵

開店おめでとうございます🎉✨😆✨🎊
次々とバリエーション豊かなメニューを投入されてますから、また行かなきゃいけません。❗( ̄▽ ̄)b


Fotor_158409222101749


住所:焼津市八楠3-10-8 ワラシナビル

営業時間:7:00~10:00/11:00~14:00
    
定休日:水曜日・木曜日

駐車場:あり

席数:カウンター席

完全禁煙