2010年05月15日

2010 GWキャンプ by 我が家

DSC04790.jpg

60年ぶりにGWは全国的に晴ればっかりだったそうです。
まぁ、最近のワシは良いことしかしてないので、当然といえば当然ですが(笑)

さて、そんなGWは前回のお花見キャンプに引き続きまたまたキャンプです。
今回は3泊4日。

途中でかなりの難コースのオリエンテーリングを挟み、かなり健康的なキャンプかといえば、
意外とそうでもなく、相変わらずの食通&キャンプマスターの集まりで、
朝起きたらビール片手に朝ごはんの用意。
食べ終わったらビール片手に昼ごはんの用意。
食べ終わったらビール片手に(笑)晩ごはんの用意。
食べ終わったら風呂。
風呂が終わったらビール片手に火をいじりながらのヨタ話。

そんなこんなの素敵なキャンプでした。

まぁ、2歳児を連れての山道のオリエンテーリング(スタンプラリー)は、
道半ばでのはながまさかの熟睡で、ほとんど抱っこで大変だったから、
ワシらお父さんにとってはいい運動もできたんですけど。

都会に住んでいるので、子どもが自然の中で走り回るだけで、
ぐんぐん成長しているのが目に見えます。
裸足で走って石投て草をちぎってバッタを追いかけて。
そのひとつひとつが彼らの柔らかい脳みそにグイングイン吸収されていって、
新しいヒラメキや素敵な思い出になるんでしょうな。
ビールがなくてもそれだけのためだけに行ってもいいのが、キャンプです。
ビールが無いとダメなのはダメですけど(笑)

DSC04780.jpg

それでは行ってみますか。
↓↓↓



DSC04869.jpg

今回のキャンプはテントありバンガローありのバラエティーに富んだ日程でしたが、
男性陣は基本的にこのベースキャンプをうろうろ。
食事は全部ここから生まれます。


DSC04696.jpg

アウトドアながら男性陣のほとんどがIT系のお仕事でほとんどがiPhoneユーザー。
現地に到着して、一番に完成したのが野外の無線LANホットスポットというのがおもろい。
合わせて、スピーカーとピザ生地用のホームベーカリーも設置完了~


DSC04690.jpg

実はキャンプ道具だった我が家のバルーも今回初登場。
朝ごはんは素敵なホットサンドからスタート。
出来上がりの写真を失念…。


DSC04719.jpg

今回のいわゆるメインテーマでもあったピザ。
キャンプマスターのワッシーが前週から果敢にもベランダで試行錯誤して作った簡易ピザ窯が、
もろくも崩壊した後、現地にあるレンガを組み合わせてピザ窯2が完成。
推定温度400度キープで出来上がるピザにも期待がかかりますな。


DSC04818.jpg

まぁ、これは美味いに決まってますな。
ただ、ピザの出し入れ&回転がなかなか難しく、あの炉端焼き屋みたいな長いヘラが欲しくなりましたな。


DSC04749.jpg

ワッシーがダッジオーブンで作ったローストビーフ。
ちゃんと来る前から漬け込んでおいたお肉は、野性味あふれるジューシーさで完璧な仕上がりで、
味見の段階でかなりのスピードで減っていきました。


DSC04758.jpg

コストコのバンズに好きな文を勝手に乗せてハンバーガーの出来上がり。
朝からジャンキーなものを食べても誰にも怒られないのは、オトナの特権ですかね。
あとで体重計を見て結局自分に怒るんですけど(笑)


DSC04801.jpg

竹の棒をサクっと裂いて流しそうめんも結構本格的に完成しました。
こんなの子どもたちは初めてだろうなぁ、なんて言っていたら、
実は参加者全員流しそうめんは初体験。
ワシも洗濯機みたいにグルグル回っている「流されそうめん」は食べたことあったんだけどなぁ(笑)


DSC04802.jpg

えっ!?こんなところに食べるもん流してもいいの???たのし~!!!
という、子供の素直な反応を見るために素敵な竹を譲ってもらい、抱えて山道を降りてきたワッシーに感謝ですな。


DSC04863.jpg

男ふたりで「ハートマーク」を作る花火(笑)

子どもが寝た後はパチパチを火をいじりながら男だけでの深夜のヨタ話。
炭の火でお湯を沸かしてみんなで回し食べするのは、まさかのペヤング。
こういう時の話しはほんとにおバカで楽しいんだけど、次の日すっかり忘れてたりして。
それでも合間合間に挟まれる仕事のアイデアや、子供のこと家族のことは、
結構マジな感じで、それはそれでかなり白熱してましたな。

どんな話だったかは忘れましたけど(笑)


そんなこんなの楽しいGWキャンプ。
最終日にはすでに次のキャンプの打ち合わせをしたり、
打ち合わせのための飲み会をセッティングしてみたり。

それもこれもこんなチビの笑顔を見るためだと。

DSC04708.jpg

家に帰ってみんなに回すメールにキャンプマスターワッシーの分析が、
「 勝手な推論ですが、概ね恐妻家の旦那はこういうところで協調性が発揮されて言われる前に動きますね。」
とあって、みんな妙に納得したのでありました(笑)

場所のセッティング、テントの準備、火おこし、料理、皿洗い、後片付け、火の始末、子供のレクリエーション、
掃除、会計、写真、運転、その他。
絶妙に全員が役割分担出来ているので、やっぱり次もまた行きたいなぁと思うのでした。

そろそろ「暑さ・蚊・雨」との勝負になりそうなので、それの対策から考えていかないといけませんな。



hirorentina at 12:13│メッセージ(2)  

この記事へのコメント

1. Posted by ケコちゃん   2010年05月24日 08:28
ううん・・・なかなか本物より本物のキャンプですなあ!!子どもも大人も食べては太り、脳みそも太り?良い経験ですね。お天気に恵まれた良かった。何でも食べて、何処でも眠れてって、いつまでも出来るものではないのでせいぜいお出かけください。
2. Posted by hirorentina   2010年06月06日 22:04
ケコちゃん様、ぼんじょるの〜

キャンプマスターが近くにいる限り、結構本格的なのが続きそうです。
うちはもともとあまりアウトドアではなかった気がしますが、
のはなはすっかりお気に入りで「またきゃんぷいくぅ〜!!」といつも叫んでいます。
今のうちにそういう体力をつけておくのは重要ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔