ひろりんとタブレットPC・いろいろ奮闘記

ここに掲載している(していた)コンテンツの著作権は放棄しておりません。 特に商用・商談利用に関しては、断固拒否します。 確認できた際には、それなりの対応を取らせていただくことがあります。 また、内容は記事執筆当時の技術に基づくものであり、現在は変更になっている可能性があります。 記事内容をうのみにしたことにより損失が生じたとしても、無断引用・転用からくるものと判断し、当方は責任を一切負いません。

ハンズオン資料は、抜かりなく

先日、Azureのハンズオンに参加してきました。
側から見ると、「できるでしょ?」と言われる部分多かったのは事実ですが、解説と付随する資料が欲しくて。

ところがどっこい、
・説明は(あながち間違いではない表現ですが)荒っぽい
・(流れからすれば余分情報だが)説明が間違っている英語OSの日本語化
・いきなり抜ける、肝心なものの作り方
・何かが違う、最小構成のリソース(前提条件がつけば正しい)
などでありました。

Azure触るの初めてだった方多かったけれど、できた方いたのかな?

偶然隣り席に座られた女性(セミナー参加者のうち、女性は二人)に質問されたのをきっかけに、週末までかけて、各種フォローアップと、参考資料の提示を大量に行いました。足掛け4日ふぅ

自分が理解していても、相手が理解できる説明は難しい。
資料作成はもっと難しい。

ついで、作成方法全部網羅ということを意識するなら、Azure CLI、PowerShell、JSONについて資料があったらよかったな。
いつまでもGUIで操作しないから。

ご無沙汰しております。流行に乗ってました

ご無沙汰しております。

今日1月28日は、旧正月では元旦だそうなので、遅ればせながら、「あけましておめでとうございます。」
今年もよろしくお願いいたします。

くどく書くようですが、ここに書いた内容は、あくまで「個人で」情報を収取したり、検証した結果であったり、体験したことを書いているのでありますので、それなりに時間と努力というコストはかかっております。
(時にお金もかけました)
”ただ”ではありません。

”ただ”ほど高いものはありません。

無断転載・引用は固くお断りしております。

「引用しました」という記述は、科学論文の書き方等からも違反しており、著作権法における引用方法にも違反しております。
引用した場合は、引用元を正しく記載し、その著者へ連絡を取りましょう。
特に商用においては、断固拒否します。
メディア掲載、商談のための提案資料等々、断固拒否いたします。
(もちろん、損害等は知ったことではありません。あくまで「個人の検証結果」等の記載であり、当時の技術に基づくものであり、各自での確認を怠ったことに責があります)

-----------
とまぁ、前置きはおいておきまして(大事なことですけど)

警報が出たと同時期に、インフルエンザA型にかかっておりました。
ワクチン打てば軽くなるのにという話もありますが、ジェネリック医薬品による悪いほうの副作用が、各種方面で出ただけに、それらも控えるようにしています。補助が出たとしても、薬剤副作用怖い。

先日記事を読んでいたら、38度以上の熱が出ても出社される方が45%以上いらっしゃるとか。
その境界線を越えてしまったので、念のためにと検査をお願いしたら、しっかり陽性反応が出てしまい。
予定ぎっしりだったのですが、最低限の連絡をして、根回しとバトンタッチ(いわゆる伏線回収依頼)をしたうえで、そそくさと現場を後にしました。

自分が良くても、周りが倒れると、後でツケが自分に回ってくる。
自分がいないと回らない現場はおかしい。
集中して行うにも何もできない!

しかし、根回しで最低限の接触の上で去ろうとした際に、「ついでに質問!」と言われた時は青くなりました。
危機管理甘いな、さすが若手(?)
誰に聞いたら?
常にレポートしている人たちは、その辺突然振ってもよいように連絡しているのだから、聞いてよ!と。

乗らなくてもよい流行もあります。
38度越えは、甘く見てはいけません。
頭煮えてます。
ウイルスは熱が下がっても生きてます。
熱いものを飲食して、体内殺菌に勤めましょう。

本当は、本日28日、登壇発表予定があったんです。
でも、資料作れる余力ないし、そもそも出歩けないし、熱下がる自信ないし、保菌者は隔離が原則だしで、早々に辞退しました。
そこを無理して出ろというものでもないので。

書きたいこと、書けないこと、境目なことが多く、ちといろいろ停滞中ではあります。

細ーく長く訪ねていただければ幸いです。

ONKYO カスタムイヤモニ 修理の流れと代金

修理ばかりしているような気がするONKYO カスタムイヤモニユーザです。
物壊す人じゃないんですが、短時間に自分にとって珍しいです。

メーカー的本来の用途の音楽聴くのに使っています(移動中とか仕事中の集中力維持、遮音のため)。
長い時は1日1x時間と長く使うのですが、他のイヤフォンより音量小さくてすむので耳が疲れなくて良いです。
話しかけられて気づかないと困ることから、片方だけ外している時も多いので、首から落ちることも多く、ケーブリングに悩んでおります。

一通りの修理を経験したので、まとめました。


保証期間中の修理代
・ケーブル断線などのケーブルトラブル
無償交換

シェルの補修
送料代引き手数料込みで、8000円程度
 (ヤマト運輸発送で受取時に支払う)

シェル再作成(破損)
送料代引き手数料込みで、28080円(片方で)
 (ヤマト運輸発送で受取時に支払う)


<全体の流れ>
1. カスタムイヤモニ修理受付専用電話窓口にて申込
引き取り場所と日時が指定できる。
 月〜金  10:00--18:00
 土日祝日指定休業日除く
 フリーダイヤル: 0120-565-517
 一般電話: 050-3388-6836
Tips: 午前中のほうが電話はかかりやすい

2. 本体/ケーブルをセットで、なんらかの容器に入れて、発送できる形で梱包。
 ヤマト運輸のドライバーに渡す。
 ONKYO修理センターへの送料は、ONKYO持ち(送料着払)

3. 修理センターから、カスタムイヤモニ担当の企業へ転送。
 状態チェック、見積もり連絡(ONKYO修理センターから電話)
 所要時間は、約1週間。

4. 見積もり金額に対して了承すると、修理開始。
 所要期間は約2週間。

5. 修理完了連絡。
 事前に連絡してあれば、メール連絡にしてくれる。
 (発送しました。料金は◯◯円です。伝票番号はxxxx-xxxxです)

6. 受取 & 支払(ヤマト宅急便:コレクト) 

7. 動作確認

となります。
ミュージシャンの方の中には、ライブ前に壊れてどうしようという方もいらっしゃいますので、参考になれば。

ケーブルはリケーブルできます。(メーカー的には推奨していません)

最悪、困った時にはオタクな方へ突撃!

ビックカメラ有楽町店に、名物と言えるほど詳しいギブソンジャケットを着た応援社員がいらっしゃいますので、彼に聞くのもありです。特にケーブル周り。

Hello, Windows Hello (HP Envy 17 J-100)

せっかく指紋認証のデバイスついているのに、放置しておりました。

改めて設定を確認していたら、HP Envy 17 J-100/CTOというモデルについている標準の指紋認証デバイスにて、Windows Helloの指紋認証ログオンができました。

HPバンドルのアプリは必要ありません。

Mouse Computerのデバイスのように、タッチするだけというわけにはいきませんが。

少し快適になりました。

実は、OSのクリーンインストールをAnniversary Updateで行ったところ、Audio Deviceの一つが正しくドライバを読み込まず、気持ちが悪いです。

NVIDIA Virtual Audio Device (Wave Extensible) (WDM)

音は出ているので良しとします。
Beats Audioスピーカー用アプリも復活したので。

中華タブ Windows 10 クリーンインストール成功 (詳細編) Part 2

続きになります。

ドライバ認識したなーで、放置した状態で帰宅。

なんだか、再起動後、タッチ画面認識しないなと。

再インストール

今度は、画面の反転がおかしいなぁ・・・

ドライバの順番が大事だという記述を見たものの、その通りに行っても、スリープ後タッチパネルが死亡。

気を取り直して、日本語版OSを新規インストールするのではなく、英語版OSを新規インストールしてみました。
(その間、ずいぶん放置プレイをしておりました)

ドライバのインストール順番を意識することもなく。
気が付いたら、署名が入っていなくて認識させにくかったカメラドライバも正しく認識し。

ただいま、Windows Update中です。

日本語言語パッケージ等はインストールしたものの、UIへの適用はまだ。

利用目的が、ほとんどKindle変わりなので。

新規インストールする方、英語版OSで試してみてくださいませ。
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ