2008年01月26日

余命1ヶ月の花嫁(TBS「イブニング5」)

余命1ヶ月の花嫁

#文庫本:160P
#出版者:マガジンハウス;ISBN:9784838718238 (2007/12)
人は,いずれは死ぬもの。でも,若くして死ぬ。親を残して死ぬことは,とても残酷なことだ。余命1ヶ月の花嫁。。。とても,悲哀を含んだタイトルだ。20代で,がんで旅立ってしまった彼女。これから,いろんなことをしたかったと思う。花嫁ではなく,きちんと彼の妻として,母親として生きたかったことだろう。なのに,がんは彼女の命を奪ってしまった。。。俺も,兄を早くに亡くした身だから,若くして身内が死ぬことの辛さは,少しは分かる。でも,兄の場合は死を予期することなく死んでしまった。彼の中での死への思いと,彼女の死への思いは全く違う。彼は,自分が死ぬなんて思わずに,命を絶った。彼女は,死を覚悟した上で命を絶った。死ぬことを予期して,生きることはどれだけ辛いことだろう。どれだけ不安なことだろう。死と向き合うことは,本当に怖くて不安だ。俺も,兄が死んでから死への不安が後を絶たない。まったく同じ遺伝子で生まれてきたのに,彼は死に,俺は生きている。。。死への不安,生きることへの不安。。。でも,そんな気持ちに押しつぶされてはいけないんだ。生きたくても,死んでいった彼女や兄のような人がいるのだから。。。
自殺,自殺って容易く自ら命を絶つ人が絶えない。。。。
でも,そんな人こそ考えてほしい。生きたくても,生きることが出来なかった人のことを。そして,生きているからこそ辛い。辛いと言う気持ちは,生きているからこそ感じられるということを。。。

blogranking1 くつろぐ← クリックしてね!!

hirosan_0308 at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)一般 | その他

2007年12月04日

手紙(東野圭吾)5

手紙 (文春文庫)

#文庫本:330P
#出版者:文春文庫;ISBN:4167110113 (2006/10)

東野圭吾と言う作者,その作品の幅の広さに感心したとともに,感動と言う一言でこの作品を終わらせるべきではないと思った。この作品の名前は,以前にも耳にしていた。ベストセラーだと言う事も,知っていた。でも,この本を手に取ることは今まで一度もなかった。。。何事も,きっかけなんだと思う。。。
この本に書かれた世界は,ノンフィクションであるが実際はこのような思いを胸に抱いて生きている人はいるんだと思う。そんなことを,感じた。兄は,交通事故で死んだ。もし,兄の車が誰かを巻き添えにしていたら。。。兄は被害者であって,加害者。。。そして,俺はその加害者の弟と言う人生を歩まなければならなかったに違いない。この本を読むうちに,そんな事が俺の頭の中を渦巻いた。。。それは,まさしく結果が違っただけ。。。加害者として生きるか,被害者として生きるか。。。

今まで,世間では被害者の目線で語られることが多かった。でも,加害者を身内に持った人たちの生き方を考えたことがあっただろうか。あんな酷いことをした家族なんだから。。。そんなことを,思ったことがなかっただろうか。家族は,別。そう思いたい。でも,世間はそうはさせてはくれない。身内に何かがあると,そう言う目線で見てしまいがちである。でも,それを背負って生きていくこと,それにより今までの人生が少なからず変わってしまうこと。。。夢を描けなくなってしまうこと。。。不自由に見えるが,それが加害者が背負わなければならない重圧でもある。自分がしたことは,自分がその罪を補えばよいのではなく,その家族が背負う重圧にも責任を持たなければならない。。。それが,罪と言うものなんだろう。

とっても難しい題材を扱った作品で,読了後にも満足感を得られず,心の中で自問自答を続けている。。。映画にもなったそうなので,そちらも見てみたい。そして,考えを整理したい。。。

blogranking1 くつろぐ← クリックしてね!!

hirosan_0308 at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)小説 | 東野圭吾

2007年11月19日

探偵ガリレオ (東野圭吾)5

探偵ガリレオ (文春文庫)

#文庫本:330P
#出版者:文春文庫;ISBN:9784167110079 (2002/2)

フジテレビで始まった,月9ドラマ「ガリレオ」。その原作本が,この「探偵ガリレオ」だ。ドラマの初回を見た時,そのトリックを暴く視点の面白さにはまってしまい,どうしても原作を読みたくなった。理系の視点をフルに使った,論理的な根拠の説明と理論構築,そしてそれによる事件の解明。。。斬新な視点ながら,その文章からは面白い雰囲気が漂う。さすがは,理系出身の東野圭吾。その論理的な文章の構築に,一目置く。ストーリーの面白さはもちろんのこと,その構成の見事さ。東野作品は初めて読んだのですが,すぐにとりこになりました。5つの短編からなる作品ですが,それぞれのストーリーがとても面白く,あっと言う間に読破しちゃいました。ドラマの面白さも然ることながら,小説の面白さは光るものがあります。

blogranking1 くつろぐ← クリックしてね!!


hirosan_0308 at 00:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)小説 | 東野圭吾

2007年10月06日

スタア・バーへ、ようこそ (岸久)5

スタア・バーへ、ようこそ (文春文庫PLUS 20-29)

#文庫本:241P
#出版者:文藝春秋;ISBN:4123901557 (2007/1)

バー。そこは,不思議な空間。。。美味しいお酒を飲むだけではなく,心の癒しを求める場所でもある。そんなバーの裏側を覗いてみたい。。。そう,ずーっと思っていた。そんな,バーの裏側をちょっと垣間見ることができるのが,この本である。筆者は,銀座スーターバーのオーナーバーテンダーの岸久氏。世界大会でも優勝経験があり,現在はNBA(日本バーテンダー協会)の理事。そんな岸氏が,バーの楽しみ方からお酒の知識,そしてバーの裏側までを書いている。岸氏の文章も,とっても快活でまるでバーで岸氏を見ているかのよう。岸氏のバーへのこだわり,お酒へのこだわり,カクテルへのこだわりが書かれた,名著である。お酒の好きな人だけでなく,お酒に興味がない人も是非読んで頂きたい。

blogranking1 くつろぐ← クリックしてね!!

hirosan_0308 at 01:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)エッセイ | その他

2007年09月05日

ある愛の詩(山下久美子)5

ある愛の詩 (幻冬舎文庫)

#文庫:222p
# 出版社: 幻冬舎文庫 ; ISBN: 9784344403789(2003/06)

俺は,自他共に認める布袋寅泰ファンだ。だからと言うのではないが,ボウイ,布袋の活躍と共に,売れない頃から彼を支え続けた山下久美子と言う存在が気になる。山下久美子を知ったのは,布袋さんを知ったから。ボウイの解散前に,布袋が彼女のバンドのギターリストとして参加している映像を見たのが最初。。。ハスキーな声で,力強く歌う彼女の姿は,一種のオーラのようなものを放っていた。しかしながら,時が経つにつれ,彼女のオーラを飲み込むかのように布袋さんの存在が大きくなって行った。それは,彼女もこの本の中で書いている。
彼女と布袋さんが出会った経緯は,色んな本を読んで知っていた。しかしながら,その出会いの意味,その出会いがどう言う出会いだったのか,その出会いが二人にもたらしたものは。。。などは,一切知る由もなかった。彼女が,布袋さんのギターを始めいて聞いて,その音に魅了された事。そして,彼女のそれからの音楽観を築く礎として,彼のギターを求めたこと。音楽で結ばれた絆。。。それは,確固たるものだったのだと思う。そして,二人の絆は音楽のみならず,プライベートにいたるまで結ばれ,そして二人は結ばれた。。。喧嘩の多い二人だったと,彼女は記述している。でも,喧嘩によって深まる愛。。。そうとも,読み取れる。。。まだ子供だった布袋さんを,支え続けた愛。。。凄いと思った。しかしながら,彼の心は外へ外へと向いて行く。。。そして,離婚。。。
布袋さんは,彼の著書の中でこの離婚をとっても綺麗な事として記述している節がある。。。しかし,この離婚は男,すなわち布袋さんの身勝手からのものである事は,間違いない事だ。。。でも,この二人は,久美ちゃんが「離婚」の一言を言わない限り,ちぐはぐな関係を歩み続けたのかもしれない。。。

俺は布袋ファンだが,この本,そして高橋まことのスネアを読んで,更に町田康との一件を見て,布袋さんの度量の狭さのようなものを感じてしまったのは,確かだ。。。

だからと言って,彼の歌から伝わるメッセージは嘘ではないし,俺の心に響く。。。布袋さんのファンであると共に,山下久美子の生き方にとても共感を覚えた。。。

blogranking1 くつろぐ← クリックしてね!!

hirosan_0308 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エッセイ | その他
最新コメント
ランキング
blogranking1

くつろぐ
アクセスカウンター

累計:  本日:  昨日:    アクセスアップ
訪問者数

Amazon.co.jp