オレンジ空

半生を紹介しています。 皆の心に残るようなブログを書いていきたいと思っています。 見てくれた方達、ありがとう。

自己紹介



はじめまして、ネオです。(ニックネームです。)


カウンセラー、セラピストを目指して、PCSプロフェッショナル・コミュニケーション・スクールに参加しています。


2009年10月にカウンセラーとして活動していきます。


自己開発に興味のある人は、PLAのホームページを訪問してみてください!


http://pcsw.jp/



私が小学生の時、近所で有名な貧乏の家に住んでいました。


よく、お前はビンボーな家の子と言われました。


子供って悪気があるわけではないけど、キツイことを平気で言うんですよね(笑)


私は気にしない性格だったから、それがいじめだとは気付かなかったな。


友達は多かったけど、親友は作ろうとしなかったのは、そんな経験があるからですね。


小学生の時の私は、ぜんそくが治ってから、やんちゃで悪戯ばかりしていました。


ちびっこギャングの頭してましたね。


小学6年の時、父親が自己破産して、取り立て屋が家に来た時は怖かったですね。


私が母に離婚を勧めて、夜逃げするように、家族4人で、家を出ました。


私は二男ですが、中1の時から、私が母を守るんだと決意したので、反抗期や思春期は私にはありませんね。


私には母から享け付いた不思議な感性があって、色んな不思議なことがありました。


社会人になって、母に心配かけないように、お金の為に仕事をしていました。


20代までは趣味でスポーツばかりしていましたよ。


30歳になったとき、主任になり、会社の歯車になりました。


本当は主任は断ろうと思っていたのになぁ〜


大型コンピューターのメンテナンスと毎日のトラブル対応をしていました。


25歳くらいだと思いますが、ある製紙工場の担当者に言われたことがあるんです。


このトラブルで1時間で1千万、10時間だと1億の損害になるから、早く直してね。


この言葉を聞いた時から、トラブル対応が、怖くなりました。


毎日がすごいストレスでしたね。


いつもポケベル、そして、携帯を所持して、夜も、盆休みも、正月も、対応しなければいけなかった。


30歳過ぎてから、仕事しかしていなくなりました。


仕事が終われば、何食べようかとか、何して遊ぼうとか、考えるのに、


朝、起きてから、7時半に出社して、22時に帰宅、寝るまで仕事のことばかり考えるようになりましたよ。


不景気の影響で、コンピュータの仕事が元請け会社から貰えなくなり、新しい仕事をするチームに加わりました。


その仕事は、製薬会社で生産する薬のトレーサビリティーを作成する仕事でした。


製品を証明するために、ラインの工程のデータを採取する仕事です。


クリーンルームでの仕事なので、機材の搬入には手続きが大変で、そのため、パソコンは2台しか入れることができませんでした。


そのため、クリーン服に身を包み、身動きがあまりできない状態で、データをただ待っている状態が多くなったんです。


ある日、突然、頭の中に、何のために生きているんだろう。って頭を過ったときから、うつに入りました。


毎日、何のために生きているんだ。おれの存在なんて居なくても変わりはしない。死にたい。と思っていました。


夜は寝ることができず、冷や汗を流して、悶えていました。


16年働いた会社を辞めないでくれという社長を説得して辞めましたが、


うつのまま、最初の仕事について、そこがミートホープみたいな工場長がいて、


反論できない私をいじめ始めました。


誰も助けてはくれなかった。


その結果、健康診断で、白血病が発覚して、緊急入院するはめになりました。


病は気から、心が病だと体は危険信号を出して病気になるんですね。


病院でも、心のケアはしてくれませんでした。


副作用に悩み、あらゆる副作用が体を虫病みました。


何も考えられず、ただ怯えていた毎日だったんです。


家族に迷惑をかけるから、死のうとずっと思っていました。


あるとき、頭に「このままではまずいぞ!」って過ったんです。


その後、抗がん剤と通院を止めると主治医に電話して、半年間が過ぎました。


治癒力にかけたんです。


2008年の4月、奇跡が起き始め、体が元に戻ったんです。


そこから、主治医に「病気は治癒力で治す、自分の力で治す。」と宣言して、


抗がん剤はサポートとして受け入れました。


その通院の帰りに本屋で自己啓発の本に出会い、そこに入っていたハガキによっ
て、


ナポレオン・ヒルを学び、ブラッシュアップスクールで、河西さんと出会い、


宇野ちゃんを紹介されて、今の私がここにいます。



言葉のない世界!




人間に言葉を話す文化がなかったら、どんな世界になっているのだろう?




言葉の暴力はない




会話で悩むこともない




本能で生きることができそう。




他の動物、植物たちと同じに、地球の一部になれるのでしょうか?



再会



5年前に辞めた会社に行きました。


用事で近くに行ったので、顔を出しました。


2階が事務所で、1階がワークショップ(作業場)なので、1階に入りました。


そこには5人の元同僚がいました。


私が 「こんにちは、久しぶりです。」 と挨拶すると、みんな驚いた表情で、


「久しぶり!元気にしてたか?」


って挨拶してくれました。


当時、私が会社を辞めた経緯を話しました。


2年間、うつ状態だったと知った人たちは、びっくりしていました。


「確かになんか変だったよね。」


「力になれなくて、ごめんね。」


と暖かい言葉をもらいました。


「私が辞めてから、40数名の人たちで辞めた人はいますか?」 と聞くと、


「一人だけ辞めたよ。」 


「この会社に戻る気はないの?」


「いやですよ。それは冗談ですけどね。」


みんな大笑いしてくれました。


結局10人くらいと、1時間くらい話をして、とても楽しい時間を過ごすことができました。


16年間働いた仕事でした。毎日が、新しいトラブル、新しい知識に出会う日々でした。


私はこの仕事を誇りに思うことができず、楽しいと思ったことがありませんでした。


ただお金を稼ぐだけでは、寂し過ぎます。


生きがい、やりがいを持てる仕事を見つけることができた人は幸せですね!


過去の清算を、また1つできた気がします。


通院日(2009.01.28)



今日、今年初めての通院日でした。


昨年のクリスマス・イブの日の通院日にサンタさんのプレゼントがあるかな!と思い、


検査結果を見ましたが、完治の方向には進んでおらず、停滞状態でした。


そして、今日、12月24日に採血し、専門機関に検査してもらったデータをもらいました。


前回と同じ数値でした。


私の血液くんは、なかなかやんちゃですね!


モジュール?で教えてもらった無意識君に「白」と名づけ、寝る前、起きたとき、私を治してください。と会話を始めました。


2ヶ月後の検査結果が楽しみです。


病院に行った際、ケアマネージャーの先生に、私で良ければ患者さんの役に立ちたい、力になりたい意思を伝えました。


しかし、病院の先生は、やはりNLPや私が学んでいることを素直に理解、受け入れてはくれないようでした。


「あなたの人の役に立ちたい気持ちはよくわかります。ありがとうございます。」と言われました。


主治医と看護師の方には、是非お願いしたいです。と快く賛同してもらいました。


病気の患者さんのケアは難しいですね。


講義(2009.01.25)



ベーシックコース モジュール?


講義も6モジュールで後半の4回目となりました。


参加者の人数は前回よりも大人数の14名が参加でした。


いつも通り、午前中は前回の講義の後の2週間に


自分に何が起こったのか?


意識変革が起きたのか?


何かを行動して、何か得ることができたのか?


新しいひらめき、イメージを感じることができたか?


など、色々な変化を知ることができました。


午後の講義では、2つの技術を伝授してもらうことができました。


1つ目は、トラウマを解消、克服する手法を学びました。


午前中に私から提案した内容を実行してもらうことになりました。


私は音に敏感に反応してしまう体質があります。


スピーカーから聞こえる一定のリズムの低音を聴いていると、情緒不安定になり、心臓がドキドキしてしまい、精神不安定、苛立ってしまうのです。


ドラムの音やベースの音、静かな部屋でのアナログの時計の音、車のドアの開け閉めの音、ドアを乱暴に閉めるときの大きな音、などを聴いていると、情緒不安定になります。


おそらく小学2年生までぜんそくだった時、高熱にうなされて部屋の中を発狂しながら走り回っていた時、心臓がバクバクした嫌な体験により、音に対しての症状が出ていると思われます。


そこで、私がクライアントになり、皆の前でカウンセリングを行ってもらいました。


右に自分が体験した最高の瞬間のポジティブのイメージを浮かべ、左にその時のネガティブなイメージをして、ポジティブなイメージをネガティブなイメージに重ねていく手法を行ってもらいました。


そうすると、悪いイメージを思い浮かべようとしてもイメージできなくなりました。


1日経った今では、音に対しては敏感ですが、不快感を感じることがなくなりました。


本当にびっくりです!


2つ目は、通常3時間かかる目標に向けての計画設定、心理設定を15分で行ってしまう手法を学びました。


この方法は、今まで色んな事を学んできましたが、一番驚いた手法で、一番好きなものになりました。


普通の人が計画を立てる3か月の行動を、私たちは1日でできてしまうかもしれません。


PLA おそるべしです。


次回のモジュール?は2月8日です。


子供が遠足を待ちわびるように、とても楽しみでしょうがない気持ちです。(^O^)/


BLOG RANKING
http://blog.with2.net/link.php?679905人気ブログランキングへ
楽天市場
あし@
livedoor プロフィール
livedoor×FLO:Q パック
iTunes Store
ブログ村バナー 
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他日記ブログ 思い出・過去へにほんブログ村 その他日記ブログ 現実・現在へにほんブログ村 その他日記ブログへ
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ