高年齢雇用継続給付について復習しましょう(以前もお話しましたが)。

 高年齢雇用継続給付とは、働く意欲と能力のある高年齢者について、60歳から65歳までの雇用継続を援助・促進することを目的に創設された制度です。

 具体的には、60歳以上65歳未満の被保険者が原則として、60歳時点に比べて賃金が75%未満の賃金に低下した状態が続いている場合に、ハローワークへの支給申請により、各月に支払われた賃金の最大15%の給付金が支給されるものです。

 支払われた賃金の15%であることに注意して下さい。

 育児休業給付金や介護休業給付金は休業開始時賃金日額に乗率を掛けるので、その違いを正しく理解して下さい。



 雇用保険の基本手当等を受給していない方を対象とした「高年齢雇用継続基本給付金」と受給中に再就職した方を対象とした「高年齢再就職給付金」の2種類があります(ポイント)。



 ときたま、65歳以上の離職者に支給される高年齢求職者給付金(基本手当の代わりに支給される給付)とごっちゃになる方がいらっしゃいますので注意しましょう。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ