今回はパートタイマーから正社員に変わった場合(所定労働日数と所定労働時間が変更された場合)の年次有給休暇(以下、有給休暇とします)についてです。

 パートタイマーから正社員に変わった時点では、既に付与されている有給休暇の日数がそのまま引き継がれ正社員としての1日の所定労働時間分の休暇が与えられます(ポイント)。

 また、その後の付与日にはパートタイマーとして採用された日から通算した勤続年数を基に正社員分の有給休暇が付与されることになります。

 例えば、平成30年4月1日にパートタイマー(1週の所定労働日数3日・1日の所定労働時間4時間)として採用された場合、出勤率をクリアしていれば、平成30年10月1日に5日の有給休暇が付与されます。

 その後有給休暇を1日も取得せずに、平成31年4月1日に正社員(1週の所定労働日数5日・1日の所定労働時間8時間)として登用された場合、その時点の残数5日は正社員に登用された日から8時間分の有給休暇(ちょっと言い方おかしいですが)になります。

 そして、令和1年10月1日に11日の有給休暇が付与されます(6日ではありません)。

 つまり、採用後6か月経た日、採用後1年6か月経た日…いわゆる基準日…の所定労働日数と所定労働時間で有給休暇の付与日数が決まることになります。

 ちょっと難しかったかもしれませんが、実務では非常に大切なところです。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ