今回は「在留カード」について復習しましょう。

 出入国管理および難民認定法の改正により、平成24年7月9日から新しい在留管理制度が始まりました。

 新しい制度の開始に伴い、中長期在留者に「在留カード」が公布されます。

 「在留カード」には次の事項等が記載されており、外国人雇用状況の届出(ハローワークへ)の際に必要となります。

 (1) 氏名

 (2) 在留資格

 (3) 在留期間

 (4) 生年月日

 (5) 性別

 (6) 国籍・地域

 (7) 資格外活動許可の有無

 ちなみに、「外国人登録証明書」は「在留カード」が交付されることになったので、現在は廃止されております。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ