働いている方が退職する際には、業務の引継ぎをなすだけでなく、それまで勤務していたことに伴い、会社との間にさまざまな清算事項があるはずです。

 しかしながら、不本意な退職のケースもあり、必ずしも円滑に引継ぎ、清算が行われるとは限りません。

 そこで、円滑な引継ぎ、清算が行われるように、就業規則等において、働いている方の退職、解雇時の義務をきちんと定めておく必要があります。

 もちろん、定めるだけではなく、着実に運用することも大切です。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ