今年分の年次有給休暇を使い果たし、残日数がなくなった労働者から、「次年分の年次有給休暇を前借りしたい。その分を翌年になったら差し引いて欲しい」と申し出があった場合、どう取り扱えばいいでしょうか。



 前貸ししておいて、後日、その分を差し引くことはできるのでしょうか。



 翌年分の年次有給休暇を前貸ししておいてその分を翌年になって差し引くことは、翌年の年次有給休暇の基準日に法定の年次有給休暇を付与しないことになり、法定の年次有給休暇に制限を加えることになるので労働基準法上は認められません。

 しかし、労働基準法第39条に定められた年次有給休暇日数を超える日数については、その法定以上の日数分については前貸しすることは可能です。

 法定の年次有給休暇について制限を加えることはできませんので、注意が必要です。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ