ひとと人のつながりを大事にする

タグ: 定年

 次の問題は何年か前のセンター試験の問題です。

平等について、原則として、すべての人々を一律、画一的に取り扱うことを意味するとの考え方がある。また、そのような意味にとどまることなく、現実の状況に着眼した上で、積極的な機会の提供を通じて、社会的な格差を是正しようとする意味もあるとの考え方がある。後者の考え方に沿った事例として最も適当なものを、次の 銑い里Δ舛ら一つ選べ。

  )[Г砲いて、男女同一賃金の原則を定めること。

 ◆‖膤愼試の合否判定において、受験者の性別を考慮しないこと。

  民間企業の定年において、女性の定年を男性よりも低い年齢とする就業規則を定めた企業に対して、法律で罰を科すこと。

 ぁ―性教員が少ない大学の教員採用において、応募者の能力が同等の場合、女性を優先的に採用するという規定を定めること。

 正解はい任后

 現実の状況に着眼した上で、積極的な機会の提供を通じて、社会的な格差を是正しようとする意味もあるとの考え方とは、ズバリ、ポジティブ・アクションです。

 差別を積極的に是正するため、特別枠を設けるなどの優遇措置をとることです。

 ´↓はいずれも、男女平等な取扱いをする内容であり、積極的な是正措置ではありません。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 正社員と非正社員が同じ仕事をした場合に設けられた待遇差が、労働契約法で禁じられた「不合理な格差」にあたるかが争われた2つの訴訟(ハマキョ〇レックス事件・長澤運〇事件)で、最高裁判所が昨日1日、判断を示ました…

 ざっくり言うと…

 皆勤手当や精勤手当など、一部の手当を正社員だけに支払うのは「不合理」とし…

 定年後に再雇用された嘱託社員の給与格差は容認…


 私的には至極納得…



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 次の肢は正しい肢ですか。

 誤っている肢ですか。

B高年齢者雇用安定法は、事業主に、定年年齢を定める場合には65歳以上とすることを義務づけている。

 誤っている肢です。

 高年齢者雇用安定法第8条で、「事業主がその雇用する労働者の定年の定めをする場合には、当該定年は60歳を下回ることができない」と記載されており、肢Bは誤っている肢となります。

 定年65歳と思われている方が意外と多いので、注意が必要です。

 あくまでも、高年齢者雇用安定法では定年は60歳です。

 一方、高年齢者雇用安定法第9条第1項で、65歳未満の定年の定めをしている事業主は、65歳までの安定した雇用を確保するための措置(定年の引上げ、継続雇用制度の導入、定年の定めの廃止)を講じなければならないとされております。

 高年齢者雇用安定法第8条と第9条第1項を整理して理解する必要があります。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は定年退職規程の留意点についてです。
 
 現在、定年制度を定める場合、定年の年齢は60歳を下回れないと定められています(高年齢者雇用安定法第8条)。

 これを下回る定年年齢(55歳など)を規定する古い就業規則については定年制の部分が無効となり、定年の定めがない会社とされます。

 定年の規程をする際の定年退職日の書き方ですが、「60歳をもって定年とする」と規定しただけでは実際の退職日が誕生日当日なのかはっきりしません(法律で出生日の前日に年齢が加算されると規定されているため、誕生日前日の定年到達と受け取ることもできるからです)。

 よって、「満60歳の誕生日当日をもって」や「満60歳の誕生日前日をもって」といった形ではっきりと定めることが無難です。

 また、「誕生日当日の属する賃金計算期間の締切日をもって」と規定することにより事務処理上簡易にすることもできます(特に雇用保険の離職票の作成に好都合です)。

 ちなみに、現在は継続雇用制度の導入、定年制度廃止のいずれかの「高年齢者雇用確保措置(65歳まで)」が義務化されておりますので、こちらの規定も整備しておく必要があります。

 定年退職規程をいい加減にすると後々面倒なことになりますので十二分に気を付けましょう。

 (おまけ)

 本来、定年制度は日本独特の終身雇用制度を想定されたものでありますので、有期労働契約には定年という余地はないと言われていましたが、昨今はそうではないと私は考えています(ここでは触れませんが)。

応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 今回は定年退職規定の留意点についてです。
 
 現在、定年制度を定める場合、定年の年齢は60歳を下回れないと定められています(高年齢者雇用安定法第8条)。

 これを下回る定年年齢(55歳など)を規定する古い就業規則については定年制の部分が無効となり、定年の定めがない会社とされます。

 定年の規定をする際の定年退職日の書き方ですが、「60歳をもって定年とする」と規定しただけでは実際の退職日が誕生日当日なのかはっきりしません(法律で出生日の前日に年齢が加算されると規定されているため、誕生日前日の定年到達と受け取ることもできるからです)。

 よって、「満60歳の誕生日当日をもって」や「満60歳の誕生日前日をもって」といった形ではっきりと定めることが無難です。

 また、「誕生日当日の属する賃金計算期間の締切日をもって」と規定することにより事務処理上簡易にすることもできます(特に雇用保険の離職票の作成に好都合です)。

 ちなみに、現在は継続雇用制度の導入、定年制度廃止のいずれかの「高年齢者雇用確保措置(65歳まで)」が義務化されておりますので、こちらの規定も整備しておく必要があります。

 定年退職規定をいい加減にすると後々面倒なことになりますので十二分に気を付けましょう。

 (おまけ)

 本来、定年制度は日本独特の終身雇用制度を想定されたものでありますので、有期労働契約には定年という余地はないと言われていましたが、私はそうでないと考えています(ここでは触れませんが)。

 応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 仕事内容は同じなのに定年後の再雇用で賃金を減らされたのは違法だとして、契約社員のトラック運転手3人が勤務先の運送会社正社員と同じ賃金の支払いなどを求めた訴訟の判決で、東京地方裁判所は昨日、請求通り、正社員の賃金規定の適用と差額分計415万円の支払いを命じたとのこと…

 裁判長は、「正社員と賃金格差を設ける特段の事情は見当たらず、労働契約法に違反する」と指摘…

 2013年施行の改正労働契約法は、有期雇用と無期雇用の間で賃金や労働条件に不合理な格差を設けることを禁じています…

 原告側の弁護団によると、定年後の再雇用賃金引き下げを同法違反と認めた判決は初めてのようです…

 

 気になる判決です…

 

 この判決に対する今後の労務管理のざっくりポイント…

 (1) 仕事の内容を明確に変更する

 (2) 仕事や会社への責務をを明確に緩和する

 (3) 労働時間を明確に変更する

 (4) …

 (5) …

 ここではこのぐらいに…



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前もお話しましたが、継続雇用制度についてお話ししましょう。

 

 一昨年、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。

 改正して2年が経とうとしていますが、依然ご相談を頂いております。

 何が変わったのかというと…

 ざっくり…

 

 継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みが廃止されました

 これにより、希望者全員を継続雇用制度の対象者とすることが必要になりました(ここがポイント)。

 よく、「65歳まで必ず働けるようになった。給料も変わらない。」という方がいらっしゃいますが、必ずしもそういうことではありません。

 一つは、経過措置があります(平成25年3月31日までに継続雇用制度の基準を労使協定を設けている企業に限りますが)ので、必ずしも全員が65歳までというわけではありません。

 二つ目は、同じ条件で働けるということではありません。新たな労働条件を結ぶことになりますので、働き方や賃金が変わることは大いにありえます。

 三つ目は、他の従業員と同じように解雇事由または退職事由に該当した場合は当然ながら解雇、退職の対象者となります。何をやっても65歳まで必ず働けると勘違いしている方もいらっしゃいますので(専門家の中でも)。

 企業サイドの向けのお話をすると、この改正を機に定年の定めを廃止することも視野に入れてみては如何でしょうか。詳細は触れませんが、中小企業は特に…



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 土曜日の某新聞の小見出し…



 「65歳超雇用の増加の企業増加」…



 本当に喜ばしいことなのか…

 本当にいいことなのか…



 若年層の採用が難しいから…

 経験に期待…(その先入観がかえって悪影響の場合もあるのでは)…

 人脈に期待…(いい人脈ばかりではないのでは)…

 政府も高齢者雇用をすすめているから…

 

 詳細は触れませんが、私としては…

 マッ〇、オリエンタ〇…、某スーパー、某旅行会〇、などなどなど…

 顧客にとってもマイナスなところも…

 すなわち、顧客にとってマイナスということは、企業にとってもマイナスなのでは…



 なんだかんだいっても、定年を過ぎた高齢者を雇うと総人件費の増加にもつながる…



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 「土の匂いのする力士」と評されていた元大関大受の朝日山親方が本日定年退職会見。

 身長が足りなかったため、頭にシリコーンを入れるなど記憶に残る力士の一人です。

 40年以上前、似顔絵を描いたことを覚えています。

 お疲れさまでした。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は定年退職規定の留意点についてです。
 
 現在定年制度を定める場合、定年の年齢は60歳を下回れないと定められています(高年齢者雇用安定法第8条)。

 これを下回る定年年齢(55歳など)を規定する古い就業規則については定年制の部分が無効となり、定年の定めがない会社とされます。

 定年の規定をする際の定年退職日の書き方ですが、「60歳をもって定年とする」と規定しただけでは実際の退職日が誕生日当日なのかはっきりしません(法律で出生日の前日に年齢が加算されると規定されているため、誕生日前日の定年到達と受け取ることもできるからです)。

 よって、「満60歳の誕生日当日をもって」や「満60歳の誕生日前日をもって」といった形ではっきりと定めることが無難です。

 また、「誕生日当日の属する賃金計算期間の締切日をもって」と規定することにより事務処理上簡易にすることもできます(特に雇用保険の離職票の作成に好都合です)。

 ちなみに、現在は継続雇用制度の導入、定年制度廃止のいずれかの「高年齢者雇用確保措置(65歳まで)」が義務化されておりますので、こちらの規定も整備しておく必要があります。

 定年退職規定をいい加減にすると後々面倒なことになりますので十二分に気を付けましょう。

(おまけ)

 本来、定年制度は日本独特の終身雇用制度を想定されたものでありますので、有期労働契約には定年という余地はないと言われていましたが、私はそうでないと考えています(ここでは触れませんが)。

 応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

このページのトップヘ