ひとと人のつながりを大事にする

タグ: 所得税

 給与や賞与を支払うごとに、所得税を引くことになっております。

 このときに使用するのが、源泉徴収税額表です。

 源泉徴収税額表には、月額表と日額表があります。

 日額表は「労働した日ごとに支払われる給与等」に適用されるので、通常の給与計算では月額表を使います。

 月額表には甲欄と乙欄があり、扶養控除等(異動)申告書を提出した人は甲欄の適用を受けます。

 ちなみに、扶養控除等(異動)申告書は1か所(1つの会社)にしか提出できません。

 ちなみのちなみに、パートやアルバイトの方に対して日給や時間給で支払う給与でかつ、予め雇用契約の期間が2か月以内と決められている場合等は、日額表の丙欄を使うことになります。

 通常は甲欄か乙欄の適用を受けることになります。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 給与や賞与を支払うごとに、所得税を引くことになっております。

 このときに使用するのが、源泉徴収税額表です。

 源泉徴収税額表には、月額表と日額表があります。

 日額表は「労働した日ごとに支払われる給与等」に適用されるので、通常の給与計算では月額表を使います。

 月額表には甲欄と乙欄があり、扶養控除等(異動)申告書を提出した人は甲欄の適用を受けます。

 ちなみに、扶養控除等(異動)申告書は1か所(1つの会社)にしか提出できません。

 ちなみのちなみに、パートやアルバイトの方に対して日給や時間給で支払う給与でかつ、予め雇用契約の期間が2か月以内と決められている場合等は、日額表の丙欄を使うことになります。

 通常は甲欄か乙欄の適用を受けることになります。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 給与や賞与を支払うごとに、所得税を引くことになっております。

 このときに使用するのが、源泉徴収税額表です。

 源泉徴収税額表には、月額表と日額表があります。

 日額表は「労働した日ごとに支払われる給与等」に適用されるので、通常の給与計算では月額表を使います。

 月額表には甲欄と乙欄があり、扶養控除等(異動)申告書を提出した人は甲欄の適用を受けます。

 扶養控除等(異動)申告書は1か所(1つの会社)にしか提出できません。

 ちなみに、パートやアルバイトの方に対して日給や時間給で支払う給与でかつ、予め雇用契約の期間が2か月以内と決められている場合等は、日額表の丙欄を使うことになります。

 通常は甲欄か乙欄の適用を受けることになります。

 甲欄は扶養控除等(異動)申告書に記載されている扶養親族等の数によって税額が異なり、扶養親族等の数が多いほど税額が少なくなる仕組みになっております。

 本人が勤労学生、障害者、寡夫(寡婦)に該当するときは、プラス1名とすることも忘れないようにしましょう。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 会社から給与をもらっている方は、毎月のお給料から所得税を源泉徴収(天引き)されます。

 その天引きする所得税の額を決定する用紙が「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」です。

 給与を2箇所からもらっている方は、1箇所にしか「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出できません。

 提出した会社では甲欄適用、提出していない方は乙欄適用となります。

 複数の場所に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出すると、追徴課税されるおそれがあるので気を付けて下さい。

 年の中途で就職した方で前職のある方は、前の勤務先から交付を受けた源泉徴収票などを添付して、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して下さい。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は給与所得についてお話します。

 給与所得については「源泉徴収制度」を採用しており、給与等の支払者が支払金額から所定の所得税を差し引いて国に納付します。

 給与全額が所得税の課税対象になるわけではありません。

 ポイントをざっくり…

  …牟仄蠹等非課税は対象外です

 ◆ゝ詬申蠧盛欺額(給与所得者に対する控除)を差し引きます

  支払った社会保険料の金額を差し引きます

 ぁ〇拱Г辰神弧進欷盈繊地震保険料に準じた金額を差し引きます

 ァ’朸者控除、配偶者特別控除、扶養控除、障害者控除、寡婦控除、寡夫控除、勤労学生控除額を差し引きます。

 意外と忘れやすいのが、勤労学生控除です。

 勤労学生控除とは、本人が学生である場合に対象となる所得控除です。
 
 覚えておきましょう。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は「年末調整」について再度復習しましょう。

 所得税は、1月から12月の1年間の所得に対して課せられる税金です。

 本来は12月に支給される給与もしくは賞与の支払いが終わらないと年間の正確な給与・賞与の総額も確定しないため税金の額も確定できません。

 毎月の給与計算や賞与の計算では、「源泉徴収税額表」により所得税を計算し納付しいます。

 実は、これは、なるべく年末で差額が生じないように仮計算して見込み額を納付しているものです。

 その年の最終給与または賞与支払後、これまで見込みで納付していた所得税と実際の税額との精算手続きを行います。

 実務的には12月の最終の給与支払い時に(賞与が最終支払いになる場合は賞与)精算するやり方が一般的です。

 年末に税額の調整を行うので「年末調整」と呼ばれています。

 「年末調整」をするためには、「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を会社に提出する必要があります。

 但し、複数の会社に提出するこはできません。

 つまり、「年末調整」は一つの会社でしかしないということです。

 正しく覚えておきましょう。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は給与所得についてお話します。

 給与所得については「源泉徴収制度」を採用しており、給与等の支払者が支払金額から所定の所得税を差し引いて国に納付します。

 給与全額が所得税の課税対象になるわけではありません。

 ポイントをざっくり…

  …牟仄蠹等非課税は対象外です

 ◆ゝ詬申蠧盛欺額(給与所得者に対する控除)を差し引きます

  支払った社会保険料の金額を差し引きます

 ぁ〇拱Г辰神弧進欷盈繊地震保険料に準じた金額を差し引きます

 ァ’朸者控除、配偶者特別控除、扶養控除、障害者控除、寡婦控除、寡夫控除、勤労学生控除額を差し引きます。

 意外と忘れやすいのが、勤労学生控除です。

 勤労学生控除とは、本人が学生である場合に対象となる所得控除です。
 
 覚えておきましょう。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 給与や賞与を支払うごとに、所得税を引くことになっております。

 このときに使用するのが、源泉徴収税額表です。

 源泉徴収税額表には、月額表と日額表があります。

 日額表は「労働した日ごとに支払われる給与等」に適用されるので、通常の給与計算では月額表を使います。

 月額表には甲欄と乙欄があり、扶養控除等(異動)申告書を提出した人は甲欄の適用を受けます。

 ちなみに、扶養控除等(異動)申告書は1か所(1つの会社)にしか提出できません。

 ちなみのちなみに、パートやアルバイトの方に対して日給や時間給で支払う給与でかつ、予め雇用契約の期間が2か月以内と決められている場合等は、日額表の丙欄を使うことになります。

 通常は甲欄か乙欄の適用を受けることになります。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以下、今月3日に記載した私の記事です。

 まずは、お読み下さい。



 先月支給された年金で、支給額が本来より少なかった人がおよそ130万人いることが判明…

 控除を受けるための手続き様式が変わり、記入漏れなどが相次いだとのこと…

 一定額以上の年金を受給する場合に、控除を受けるための手続き様式が2017年度から変更されました…

 これまでは往復はがきで変更のある・なしを記入するだけでしたが、今回から申告書の記入項目や添付する書類が大幅に増えました…

 その結果、申告書の提出が遅れたり記入漏れやミスがあったりして、所得税が控除されないケースが相次いだようです…

 このため、今年2月分の年金支給額が本来よりも少ない人がおよそ130万人に上り、中には3万円近く少なかった人も…

 また、正しく申告したにもかかわらず日本年金機構の委託業者が入力ミスをしたケースも…

 日本年金機構は、今回少なく支給されたものの手続きを終えた人には、次回4月分で上乗せして支給するとしています…



 以上が今月3日に記載した私の記事ですが、それを踏まえて…

 

 年金の2月支給分で約130万人が所得控除されずに税金を多く取られ、本来より少ない金額が支払われた問題で、控除手続きに必要な申告書を期限内に提出したのに「未申告」とされていた人がいることが新たに判明したとのこと…

 

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 先月支給された年金で、支給額が本来より少なかった人がおよそ130万人いることが判明…

 控除を受けるための手続き様式が変わり、記入漏れなどが相次いだとのこと…

 一定額以上の年金を受給する場合に、控除を受けるための手続き様式が2017年度から変更されました…

 これまでは往復はがきで変更のある・なしを記入するだけでしたが、今回から申告書の記入項目や添付する書類が大幅に増えました…

 その結果、申告書の提出が遅れたり記入漏れやミスがあったりして、所得税が控除されないケースが相次いだようです…

 このため、今年2月分の年金支給額が本来よりも少ない人がおよそ130万人に上り、中には3万円近く少なかった人も…

 また、正しく申告したにもかかわらず日本年金機構の委託業者が入力ミスをしたケースも…

 日本年金機構は、今回少なく支給されたものの手続きを終えた人には、次回4月分で上乗せして支給するとしています…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ