ひとと人のつながりを大事にする

タグ: 深夜労働

 以前もお話しましたが、今日は残業時間(割増賃金)の端数処理についてです(ご相談が多いところなので…)。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 就業規則等でルールを定めておくことがベターです。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。

 両肢とも論点は、1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできますが、1日については端数処理を行うことができないということです。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は、継続勤務が翌日までに及んだ場合の取扱いについて再度復習しましょう。

 以前もお話しましたが、ご相談が多いところなので、…

 継続勤務が翌日までに及んだ場合は、その勤務が開始された日、すなわち始業時刻の属する日の勤務として取り扱うことになります。

 したがって、法定労働時間(1日8時間)を超えた時間の労働はすべて残業であり、時間外労働(休憩時間は除く)として、2割5分の割増賃金で算出した賃金を支払う必要があります。

 また、深夜の時間帯(午後10時から午後5時まで)に残業が及んだ場合は深夜労働として2割5分を加算することになり合計5割の割増率となります。

 なお、翌日が法定休日(週1回または4週4日)の場合には午前0時以降の割増率が異なってきます。

 すなわち午前0時から午前5時までの5時間は休日労働の3割5分と深夜労働の2割5分を合計した6割の割増率で計算し、そして午前5時から午前7時までの2時間については3割5分の割増率で計算します。

 労働基準法上、「1日」とは原則として暦日、すなわち午前0時から午後12時までの24時間を指します。

 但し、時間外勤務が翌日に及んだり、交替制勤務等によって午前0時をまたいで勤務するような場合には、始業時刻の属する日(最初の日)の勤務となり、労働時間は通算して扱うことになります(昭63.1.1基発1号参照下さい)。

 翌日が平日である場合、法定労働時間を超えた時間から午後10時までは時間外労働分として2割5分増(×1.25)で計算し、午後10時から翌日午前5時までの労働時間については、深夜割増分(×0.25)が加算されるため5割増(×1.50)で計算します。

 そして、午前5時から午前7時までの2時間については、再び時間外労働分としての2割5分増(×1.25)で算出することになります。



 これからがよく相談を受けるところです。

 残業が続いて、翌日の始業時刻以降にまでずれ込んだ場合です

 結論から言うと、始業時刻以降の労働時間については割増賃金は必要ないと解されています。

 昭26.2.26基収3406号、昭28.3.20基発136号ともに、「…労働が継続して翌日まで及んだ場合には、翌日の所定労働時間の始業時刻迄の分は前日の超過勤務時間として取扱われる…」と解されていることから、割増賃金の支払いは翌日の始業時刻まででよいとされています。

 昭26.2.26基収3406号と昭28.3.20基発136号の違いは、継続しているか、いったん帰宅等して間があいているかの違いです。

 このあたりはややっこしいですね。



応援宜しくお願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 警備員さんやタクシ−乗務員さんなど、深夜勤務が常態である勤務では、隔日勤務になることが多いと思われます。

 このような勤務形態において、1回の勤務が2暦日にわたり、かつ労働基準法第32条第2項に規定する8時間を超えて勤務する場合には、これを2日として計算します。

 日給者・時給者が離職証明書を記載する場合、賃金支払基礎日数は原則として出勤日数を記載することになります。

 しかし、2暦日にわたる勤務が8時間を超える場合における欄欄の賃金支払基礎日数の記入にあたっては、勤務明けの日も1日出勤したものとして基礎日数を計算して下さい。

 なお、欄の備考欄には深夜労働○日と記載して深夜労働であることを明示します。

 覚えておきましょう。

応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
	<dl class=
タグ :
労働基準法
8時間
警備員
タクシー乗務員
深夜労働
賃金支払基礎日数
雇用保険法
日給者
時給者

 以前もお話しましたが、今日は残業時間(割増賃金)の端数処理についてです(ご相談が多いところなので…)。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 就業規則等でルールを定めておくことがベターです。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。

 両肢とも論点は、1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできますが、1日については端数処理を行うことができないということです。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前もお話しましたが、今日は残業時間(割増賃金)の端数処理についてです。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます(社労〇の方も)。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前もお話しましたが、今回は固定残業代についてお話しましょう。

 一昨年、若者雇用促進法が施行され、固定残業代(名称のいかんにかかわらず、一定時間分の時間外労働、休日労働及び深夜労働に対して定額で支払われる割増賃金)を採用する場合は、固定残業代に関する労働時間数と金額等の計算方法、固定残業代を除外した基本給の額、固定残業時間を超える時間外労働、休日労働及び深夜労働分についての割増賃金を追加で支払うことなどを明示することが義務化されました。

 以前から、求人票や募集要項における固定残業代の表示をめぐるトラブルが多く見受けられました。

 こうしたトラブルを予防するため、固定残業代を採用する場合は、求人・募集の段階で、事業主等指針を踏まえた明示をしっかりと行うことが大切です(就業規則等にも記載する必要があります)。

 時間外労働、休日労働、深夜労働等について、固定残業代制を採用している場合の記載例をざっくり…

 ・基本給(〇〇〇円)

 ・〇〇手当(時間外労働の有無にかかわらず、〇時間分の時間外手当として〇〇〇円を支給)

 ・〇時間を超える時間外労働分についての割増賃金は追加で支給する

 などなど…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 先日もお話したばかりですが、…

 ご相談が多いので再度、残業時間(割増賃金)の端数処理についてお話します。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます(社労〇の方も)。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。

 就業規則等で予めルールを定めておくことが望ましいです。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできますが、1日についてはできないことになっています。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前もお話しましたが、今回は残業時間(割増賃金)の端数処理についてです(昨今、何かと話題になっていますので)。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます(社労〇の方も)。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。

 就業規則等で予めルールを定めておくことが望ましいです。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできますが、1日についてはできないことになっています。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 警備員さんやタクシ−乗務員さんなど、深夜勤務が常態である勤務では、隔日勤務になることが多いと思われます。

 このような勤務形態において、1回の勤務が2暦日にわたり、かつ労働基準法第32条第2項に規定する8時間を超えて勤務する場合には、これを2日として計算します。

 日給者・時間者が離職証明書を記載する場合、賃金支払基礎日数は原則として出勤日数を記載することになります。

 しかし、2暦日にわたる勤務が8時間を超える場合における欄欄の賃金支払基礎日数の記入にあたっては、勤務明けの日も1日出勤したものとして基礎日数を計算して下さい。

 なお、欄の備考欄には深夜労働○日と記載して深夜労働であることを明示します。

 覚えておきましょう。

応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
	<dl class=
タグ :
警備員
タクシー
深夜勤務
離職証明書
離職票
ハローワーク
隔日勤務
深夜労働
賃金支払基礎日数
8時間

 以前もお話しましたが、今回は残業時間(割増賃金)の端数処理についてです(昨今、何かと話題になっていますので)。

 日々の労働時間の算定において、30分未満の残業時間をカットし、その時間外労働手当を支払わないことは、労働基準法で定めている割増賃金をきちんと支払っていないこととなり、労働基準法違反になります。

 割増賃金も当然、労働基準法でいう賃金に該当しますので、このような端数処理をすると、その従業員の賃金を勝手に支払っていないこととなりますので、賃金の全額払いの原則違反にもなります。

 30分未満の端数を切り捨てていいのは、あくまで1か月の合計です。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできます。

 1か月における時間外労働時間数の合計が39時間20分なら、端数処理後は39時間になります。

 合計が39時間40分なら端数処理後は40時間になりますが、39時間30分と勘違いしている方もいらっしゃいます(社労〇の方も)。

 39時間30分でも40時間です。

 当然ながら、端数処理をしないで、実際の時間外労働時間数(39時間20分なら39時間20分で計算する)で計算することもできます。

 ただ、39時間20分なら端数処理をして、39時間40分なら実際の時間外労働時間数というわけにはいきません(いいとこどりはできません)。

 就業規則等で予めルールを定めておくことが望ましいです。
 
 未払い分をめぐって労働紛争に発展しているケ−スも少なくありませんので気を付けましょう。



 割増賃金の端数処理については、平成19年、平成25年の本試験でも出題されております。

 いずれも誤っている肢です。

 受験生の皆さまは是非ご確認下さい。

(平成19年問3‐E)割増賃金の計算の便宜上、1日における時間外労働、休日労働及び深夜労働の各時間数に1時間未満の端数がある場合は、1日ごとに、30分未満の端数を切り捨て、30分以上の端数を1時間に切り上げて計算する措置は、法違反として取り扱わないこととされている。

(平成25年問3‐B)1日及び1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること、1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること並びに1か月における時間外労働、休日労働及び深夜業の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合に、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げることは、いずれも労働基準法第24条及び第37条違反としては取り扱わないこととされている。

 1か月の時間外労働、休日労働及び深夜労働時間数の各々の合計時間数に1時間未満の端数はある場合に、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げることはできますが、1日についてはできないことになっています。



応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ