ひとと人のつながりを大事にする

タグ: 繰下げ

 先日もお話したばかりですが、今週も引き続きご相談が多かったので、今一度年金の繰下げと繰上げについてお話します。



 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。

 今も昔も70歳まで繰下げの申出をすることはできます。

 また、70歳まで厚生年金に加入しなくても繰下げすることはできます。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 先週、今週にかけて、複数のワイドショーで年金の話題を放送しております…

 若干???の箇所もありましたが、…

 それについてはスルーしましょう…



 そこで、今回は年金の繰下げと繰上げについてお話しましょう

 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。

 今も昔も70歳まで繰下げの申出をすることはできます。

 また、70歳まで厚生年金に加入しなくても繰下げすることはできます。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 先週、複数のワイドショーで年金の話題を放送していました。

 若干???の箇所もありましたが、…

 それについてはスルーしましょう…



 そこで、今回は年金の繰下げと繰上げについてお話しましょう

 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。

 今現在も70歳まで繰下げの申出をすることはできます。

 また、70歳まで厚生年金に加入しなくても繰下げすることはできます。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 今回は年金の繰下げと繰上げについて。

 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 「高齢社会対策大綱」の改定案に盛り込まれた年金の受給開始年齢を70歳を超えても選択可能とする制度変更の検討について、厚生労働大臣は昨日19日の閣議後の会見で、「7割近くが65歳を超えても働きたいと希望している。それらを踏まえて年金制度も必要な見直しを行っていきたい」と述べ、高齢者の就労環境の整備促進とセットで検討していく考えを示しました…

 大綱は中長期の高齢者施策の指針で、月内に改革案を閣議決定する予定…

 受給開始年齢は現在原則65歳で、60歳から70歳まで選択できるが、受給開始を65歳より繰り下げている人は1%ほどにとどまっています…

 ちなみに、受給開始を66歳以降にすれば、受給額は1か月ごとに0.7%ずつ増え、70歳まで我慢すれば42%増額されることになります(現在)…

 厚生労働大臣は「どういう判断をするのがその人にプラスになるのか材料をしっかり提供していくことが必要だ」と語っておりますが…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 今回は年金の繰下げと繰上げについて。

 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 今日は年金の繰下げと繰上げについて。

 「老齢基礎年金と老齢厚生年金は、同時に繰下げの申出を行わなければならないのですか。」というご相談をときたま受けます。

 平成19年の社会保険労務士本試験(厚生年金保険法問3‐E)にも出題されました。

 正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

E老齢厚生年金の支給繰下げの申出は、老齢基礎年金の支給繰下げの申出と同時に行わなければならない。

 老齢基礎年金や老齢厚生年金の繰下げの申出は、同時に行う必要はありませんので、誤っている肢となります。

 それぞれ支払いを希望する時期に、手続きを行って下さい。

 人によって、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額は異なります。

 老齢基礎年金の額が老齢厚生年金の額より多い方、老齢厚生年金の額が老齢基礎年金の額より多い方、老齢基礎年金の額と老齢厚生年金の額が同じぐらいの方、別々に繰下げすることができますので覚えておきましょう。



 一方、老齢基礎年金の繰上げ請求をする者が老齢厚生年金の繰上げ請求を行うことができる場合は、同時に繰上げの請求を行わなければなりません。

 次の肢(平成26年国民年金法問1‐B)は正しい肢ですか。誤っている肢ですか。

B(老齢基礎年金の支給繰上げの請求について)老齢厚生年金の支給繰上げの請求ができるときは、老齢厚生年金の支給繰上げの請求と同時に行わなければならない(一部補正)。

 正しい肢です。

 繰下げと繰上げの違いを再確認しておきましょう。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 働く高齢者に関する年金制度についてお話しましょう。

 厚生年金には、受給年齢になっても会社に引き続き勤めていると(正確には厚生年金の被保険者として働く場合)、賃金に応じて年金が減額される仕組みがあります。

 いわゆる「在職老齢(ざいろう)」という制度です。

 平成19年度3月まで、減額の対象は60歳代の人だけでしたが、平成19年4月から70歳以上にも拡大されました。

 在職老齢年金で減額を受けるのは60歳から64歳の場合、毎月の年金額と年収を12で割った月額換算の賃金(税込み)の合計が、28万円を超える人です。

 65歳以降は合計が46万円を超える人です。

 いずれも、基準額を超過した分の半額が年金から差し引かれるのが基本で、基礎年金(1階部分)は減額されません(ポイント)。

 ちなみに、厚生年金を受給している方が公務員になったり、私立学校で働くことになった場合は、「在職老齢」の対象とはなりません。

 一方、退職共済年金等の受給権者が、厚生年金保険の被保険者等になったときは、その間、年金の一部が支給を停止されることになっています。

 

 収入があるから、しばらく年金は必要ないという人には受給開始を遅らすことで月々の年金額が増額される「繰下げ受給」制度があります。

 以前は国民年金だけの制度でしたが、平成19年4月から65歳以降の厚生年金にも導入されました。

 増額幅は繰下げ期間1か月につき0.7%。1年繰下げると8.4%です。

 70歳ちょうどでもらい始める場合、5年繰下げですから、通常受給の場合の42%増しになり、増額は生涯続きます。

 ただし、この制度を使って在職老齢年金による減額は免れることはできません(ポイント)。

 会社を辞めるままで受給を繰下げても、その後の増額は在職老齢年金で減額されたはずの年金を基準として計算が行われます。

 なお、60歳台前半の厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)には繰り下げ制度はありません。



(おまけ)

 今までは、70歳に達した後に申し出を行ったときは、70歳時点で申し出たときと年金額は変わらず、しかも70歳に達した月の翌月分から申し出月までの分は支払われない仕組みでした。

 多くの方が涙を流していました(特に郵便局に勤めていた方や公務員だった方)・

 そこで、昨年の4月から、70歳に達した後に繰下げ申し出を行った場合は、70歳に達した時点にさかのぼって申し出があったとみなされ、給付の時効(5年)が成立したものを除いて70歳まで受給を待期して増額された年金が、70歳にさかのぼって支給されます(受験生は要注意)。
 


応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 働く高齢者に関する年金制度についてお話しましょう。

 厚生年金には、受給年齢になっても会社に引き続き勤めていると(正確には厚生年金の被保険者として働く場合)、賃金に応じて年金が減額される仕組みがあります。

 いわゆる「在職老齢(ざいろう)」という制度です。

 平成19年度3月まで、減額の対象は60歳代の人だけでしたが、平成19年4月から70歳以上にも拡大されました。

 在職老齢年金で減額を受けるのは60歳から64歳の場合、毎月の年金額と年収を12で割った月額換算の賃金(税込み)の合計が、28万円を超える人です。

 65歳以降は合計が46万円を超える人です。

 いずれも、基準額を超過した分の半額が年金から差し引かれるのが基本で、基礎年金(1階部分)は減額されません(ポイント)。

 ちなみに、厚生年金を受給している方が公務員になったり、私立学校で働くことになった場合は、「在職老齢」の対象とはなりません。

 一方、退職共済年金等の受給権者が、厚生年金保険の被保険者等になったときは、その間、年金の一部が支給を停止されることになっています。

 

 収入があるから、しばらく年金は必要ないという人には受給開始を遅らすことで月々の年金額が増額される「繰下げ受給」制度があります。

 以前は国民年金だけの制度でしたが、平成19年4月から65歳以降の厚生年金にも導入されました。

 増額幅は繰下げ期間1か月につき0.7%。1年繰下げると8.4%です。

 70歳ちょうどでもらい始める場合、5年繰下げですから、通常受給の場合の42%増しになり、増額は生涯続きます。

 ただし、この制度を使って在職老齢年金による減額は免れることはできません(ポイント)。

 会社を辞めるままで受給を繰下げても、その後の増額は在職老齢年金で減額されたはずの年金を基準として計算が行われます。

 なお、60歳台前半の厚生年金(特別支給の老齢厚生年金)には繰り下げ制度はありません。



(おまけ)

 今までは、70歳に達した後に申し出を行ったときは、70歳時点で申し出たときと年金額は変わらず、しかも70歳に達した月の翌月分から申し出月までの分は支払われない仕組みでした。

 多くの方が涙を流していました(特に郵便局に勤めていた方や公務員だった方)・

 そこで、今年の4月から、70歳に達した後に繰下げ申し出を行った場合は、70歳に達した時点にさかのぼって申し出があったとみなされ、給付の時効(5年)が成立したものを除いて70歳まで受給を待期して増額された年金が、70歳にさかのぼって支給されます(受験生は要注意)。
 


応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ