ひとと人のつながりを大事にする

タグ: 通勤災害

 平成25年労働者災害補償保険法問5の問題です(以前もお話したばかりですが、ご相談が多いので再度)。

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、労災保険法施行規則に掲げられていないものはどれか。

A災害の発生の時刻及び場所
B通常の通勤の経路及び方法
C療養の給付を受けようとする指定病院等の名称及び所在地
D加害者がいる場合、その氏名及び住所
E労働者の氏名、生年月日及び住所

 正解肢はDです。



 解き方のポイントをざっくり…

(1) 療養給付たる療養の給付を受けようとする者⇒通勤災害であることを把握すること⇒よって、Bは記載しなければならない事項と判断できるのでは

(2) A、Eは常識的に必要と判断できるのでは。

(3) CとDで悩まれる方はいらっしゃるのでは。病院等に提出するのだから、Cはいらないと判断する方もいらっしゃったでしょうし、さらに少し勉強が進んでいる方は、第三者行為が頭にあって、Dは必要と判断する方も…

(4) 「第三者行為災害に該当するかしないか」は記載しなければならない事項ではありますが、「加害者がいる場合、その氏名及び住所」は記載事項となっていません。

(5) 病院は経由するだけで、最終的には労働基準監督署に提出する書類と考えれば、Cの記載は必要と思えるのでは。

(6) よって、記載事項ではないものはDとなり、Dが正解肢となります。

 平成22年問3にも似た感じの問題が出題されていますが、今後もこのような実務っぽい問題の出題は予想されます。



 ちなみに、…

 通常、病院と薬局の両方に通うことになりますので、請求書は2通必要となりますので、注意が必要です。



 ちなみのちなみに、…

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、他に「現認者の住所、氏名」があります。

 災害発生の事項を確認した方の氏名を記入するのですが、通勤災害の場合、現認者がいない方が多いと思います。

 原則、災害発生の報告をした事業場の方の氏名、住所を記載することになっておりますが、…

 正直、労働基準監督署によって若干、取り扱いが異なります。

 「現認者不在」…

 「空欄のまま」…

 などなど…

 その際は、労働基準監督署の担当の方の指示に従って下さい(担当者の方でも勘違〇…)。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 以前、テレビ番組で労災について取り上げていました(クイズ方式で)。

(1) 禁止されているマイカー通勤での事故は、労災?

(2) 帰宅途中、同僚と1時間ほどお茶をした後のケガは、労災?

(3) 出張中の食事の際、お酒を飲んでのケガは労災?

 テレビでの答えは、(1)は労災(通勤災害)、(2)は労災になりません、(3)は労災(業務災害)でした。

 私の解説をざっくり…

(1) マイカー通勤は「合理的な方法」なので、通勤災害は認められます。労災認定と会社のルール(就業規則等)は別のものです。「合理的な方法」は必ずしも一つに限らないことを覚えておきましょう。

(2) 同僚と1時間ほどのお茶は、日常生活上必要な行為とは認められないとされています(同僚と会社の隣の喫茶店で40分お茶をした後のケガを通勤災害と認めなかった実際の事例があります)。一方、経路上のお店でごく短時間お茶を飲む場合などはささいな行為とされ、その行為中のケガも通勤災害の対象となっております。この違いはなかなか難しいですね。

(3) 積極的な私的行為などの特別な事情がなければ、自宅から自宅までの全過程が「仕事中」にあたり、業務災害の対象となります。食事の際のお酒であれば、労災の可能性が高いということです。個人的にキャバクラなどに行った場合は認められにくいのでは…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 仕事中や通勤中の事故により、治療を受けた場合は労災扱いになります。

 今日は接骨院(整骨院、ほねつぎ)で治療を受けたケースのお話をします。

 通常、労災指定病院か労災指定病院でないかで、用紙が異なります(当然、仕事中の事故と通勤中の事故でも用紙が異なります)。

 しかし、接骨院等で治療を受けた場合は労災指定であってもなくても、「療養(補償)給付たる療養の費用請求書(柔道整復師用)」の用紙を使用します(仕事中の事故の場合は「様式第7号(3)」、通勤中の事故の場合は「様式第16号の5(3)」、ともに表面右上に〇に囲まれて柔と記載されています)。

 意外と勘違いしている方が多いので覚えておきましょう。

 また、原則、労働基準監督署に提出することになっていますが、接骨院等が労災指定の場合は、裏面の委任状に記入・捺印し、接骨院等に提出すると立替払いする必要はなく、用紙も接骨院等が労働基準監督署に提出してくれます。

 労災指定病院でない場合は、柔道整復師の証明を受けて、自ら労働基準監督署に提出しましょう。

 今日は触れませんが、このあたりは結構奥が深くて間違いやすいです。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 平成25年労働者災害補償保険法問5の問題です(先日もお話したばかりですが、ご相談が多いので再度)。

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、労災保険法施行規則に掲げられていないものはどれか。

A災害の発生の時刻及び場所
B通常の通勤の経路及び方法
C療養の給付を受けようとする指定病院等の名称及び所在地
D加害者がいる場合、その氏名及び住所
E労働者の氏名、生年月日及び住所

 正解肢はDです。



 解き方のポイントをざっくり…

(1) 療養給付たる療養の給付を受けようとする者⇒通勤災害であることを把握すること⇒よって、Bは記載しなければならない事項と判断できるのでは

(2) A、Eは常識的に必要と判断できるのでは。

(3) CとDで悩まれる方はいらっしゃるのでは。病院等に提出するのだから、Cはいらないと判断する方もいらっしゃったでしょうし、さらに少し勉強が進んでいる方は、第三者行為が頭にあって、Dは必要と判断する方も…

(4) 「第三者行為災害に該当するかしないか」は記載しなければならない事項ではありますが、「加害者がいる場合、その氏名及び住所」は記載事項となっていません。

(5) 病院は経由するだけで、最終的には労働基準監督署に提出する書類と考えれば、Cの記載は必要と思えるのでは。

(6) よって、記載事項ではないものはDとなり、Dが正解肢となります。

 平成22年問3にも似た感じの問題が出題されていますが、今後もこのような実務っぽい問題の出題は予想されます。



 ちなみに、…

 通常、病院と薬局の両方に通うことになりますので、請求書は2通必要となりますので、注意が必要です。



 ちなみのちなみに、…

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、他に「現認者の住所、氏名」があります。

 災害発生の事項を確認した方の氏名を記入するのですが、通勤災害の場合、現認者がいない方が多いと思います。

 原則、災害発生の報告をした事業場の方の氏名、住所を記載することになっておりますが、…

 正直、労働基準監督署によって若干、取り扱いが異なります。

 「現認者不在」…

 「空欄のまま」…

 などなど…

 その際は、労働基準監督署の担当の方の指示に従って下さい(担当者の方でも勘違〇…)。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 平成25年労働者災害補償保険法問5の問題です(先日もご紹介しましたが)。

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、労災保険法施行規則に掲げられていないものはどれか。

A災害の発生の時刻及び場所
B通常の通勤の経路及び方法
C療養の給付を受けようとする指定病院等の名称及び所在地
D加害者がいる場合、その氏名及び住所
E労働者の氏名、生年月日及び住所

 正解肢はDです。



 解き方のポイントをざっくり…

(1) 療養給付たる療養の給付を受けようとする者⇒通勤災害であることを把握すること⇒よって、Bは記載しなければならない事項と判断できるのでは

(2) A、Eは常識的に必要と判断できるのでは。

(3) CとDで悩まれる方はいらっしゃるのでは。病院等に提出するのだから、Cはいらないと判断する方もいらっしゃったでしょうし、さらに少し勉強が進んでいる方は、第三者行為が頭にあって、Dは必要と判断する方も…

(4) 「第三者行為災害に該当するかしないか」は記載しなければならない事項ではありますが、「加害者がいる場合、その氏名及び住所」は記載事項となっていません。

(5) 病院は経由するだけで、最終的には労働基準監督署に提出する書類と考えれば、Cの記載は必要と思えるのでは。

(6) よって、記載事項ではないものはDとなり、Dが正解肢となります。

 平成22年問3にも似た感じの問題が出題されていますが、今後もこのような実務っぽい問題の出題は予想されます。



 ちなみに、…

 通常、病院と薬局の両方に通うことになりますので、請求書は2通必要となりますので、注意が必要です。



 ちなみのちなみに、…

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、他に「現認者の住所、氏名」があります。

 災害発生の事項を確認した方の氏名を記入するのですが、通勤災害の場合、現認者がいない方が多いと思います。

 原則、災害発生の報告をした事業場の方の氏名、住所を記載することになっておりますが、…

 正直、労働基準監督署によって若干、取り扱いが異なります。

 「現認者不在」…

 「空欄のまま」…

 などなど…

 その際は、労働基準監督署の担当の方の指示に従って下さい。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 平成25年労働者災害補償保険法問5の問題です(以前もご紹介しましたが)。

 療養給付たる療養の給付を受けようとする者が、療養の給付を受けようとする指定病院等を経由して所轄労働基準監督署長に提出しなければならない請求書に記載しなければならない事項として、労災保険法施行規則に掲げられていないものはどれか。

A災害の発生の時刻及び場所
B通常の通勤の経路及び方法
C療養の給付を受けようとする指定病院等の名称及び所在地
D加害者がいる場合、その氏名及び住所
E労働者の氏名、生年月日及び住所

 正解肢はDです。



 解き方のポイントをざっくり…

(1) 療養給付たる療養の給付を受けようとする者⇒通勤災害であることを把握すること⇒よって、Bは記載しなければならない事項と判断できるのでは

(2) A、Eは常識的に必要と判断できるのでは。

(3) CとDで悩まれる方はいらっしゃるのでは。病院等に提出するのだから、Cはいらないと判断する方もいらっしゃったでしょうし、さらに少し勉強が進んでいる方は、第三者行為が頭にあって、Dは必要と判断する方も…

(4) 「第三者行為災害に該当するかしないか」は記載しなければならない事項ではありますが、「加害者がいる場合、その氏名及び住所」は記載事項となっていません。

(5) よって、記載事項ではないものはDとなり、Dが正解肢となります。

 平成22年問3にも似た感じの問題が出題されていますが、今後もこのような実務っぽい問題の出題は予想されます。



 ちなみに、…

 通常、病院と薬局の両方に通うことになりますので、請求書は2通必要となりますので、注意が必要です。



応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

 労働者災害補償保険法第7条第2項で、「通勤」とは、労働者が、就業に関し、住居と就業の場所との間の往復等の移動を、合理的な経路及び方法により行うことをいい、業務上の災害は除くものとしています。



 ここでいう合理的な経路とは、「乗車定期券に表示され、あるいは、会社に届け出ているような、鉄道、バス等の通常利用する経路及び通常これに交替することが考えられる経路等が合理的な経路となることはいうまでもない」と解釈されています。

 合理的な方法とは「鉄道、バス等の公共交通機関等を利用し、自動車、自転車等を本来の用法に従って使用する場合、徒歩の場合等、通常用いられる交通方法は、当該労働者が平常用いているか否かにかかわらず一般に合理的な方法と認められる」と考えられています。

 したがって、合理的な経路及び方法とは何も1つに限られたものではなく、複数の経路あるいは方法が該当することになるわけです(ポイント)。

 通常利用しないバイクによる通勤も「通常用いられる交通方法」であり、合理的な方法といえます。

 また、いつも利用する電車を利用せず、バイクを利用したなら通常通るであろう経路を通っている限りにおいては「合理的な経路」といえますので、バイクによる出退勤行為は、通勤行為といえることになります。

 たとえ、会社が事情によってバイク通勤禁止としていても、これを通勤行為ではないということもできません(就業規則等違反で会社の懲戒の対象になることは当然あります)。

 

 「住居」と「就業の場所」との間の往復においては、「住居」または「就業の場所」がそれぞれ通勤の始点、終点になります。

 住居と通勤経路との境界、どこから通勤がスタートするのかは、基本的には当該地点が一般の通行のように供されている場所であるかどうかで判断されます。

 通常、マンション・アパートの場合には、自室の玄関ドアが住居と通勤経路の境界となり、通勤災害に該当します。

 つまり、マンション内の階段から転落した場合も通勤災害に該当します。

 一方、一戸建てについては、庭を含めて住居とみなされるますので、玄関を出て門までの敷地内でケガをした場合には通勤災害とは認められませんので、注意が必要です。
 


応援お願い致します。
人気ブログランキングへ 
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
	<dl class=
タグ :
労働者災害補償保険法
通勤
通勤災害
就業規則
マンション
アパート

 次の肢(平成28年労働者災害補償保険法問3-D)は正しい肢ですか。

 誤っている肢ですか。

D勤務を終えてバスで通勤すべくバス停に向かった際、親しい同僚と一緒になったので、お互いによく利用している会社の隣の喫茶店に立ち寄り、コーヒーを飲みながら雑談し、40分程度過ごした後、同僚の乗用車で合理的な経路を通って自宅まで送られた労働者が、車を降りようとした際に乗用車に追突され負傷した場合、通勤災害と認められる。

 誤っている肢です。

 労働者が通勤途中、同僚と経路上の駅前の喫茶店で過ごした行為は、「ささいな行為(通勤経路上のコンビニエンスストアで缶コーヒーを購入する等)」にも、「日用品の購入その他これに準ずる日常生活上必要な行為をやむを得ない事由により行うための最小限度のもの」にも該当しませんので、その後の災害は通勤行為の中断後の災害となり、通勤災害と認められません。

 よって、誤っている肢となります。

 問3は、「誤っているものはどれか。」という問題なので、肢Dがそのまま正解肢となり、1点ゲットとなります。

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前、テレビ番組で労災について取り上げていました(クイズ方式で)。

(1) 禁止されているマイカー通勤での事故は、労災?

(2) 帰宅途中、同僚と1時間ほどお茶をした後のケガは、労災?

(3) 出張中の食事の際、お酒を飲んでのケガは労災?

 テレビでの答えは、(1)は労災(通勤災害)、(2)は労災になりません、(3)は労災(業務災害)でした。

 私の解説をざっくり…

(1) マイカー通勤は「合理的な方法」なので、通勤災害は認められます。労災認定と会社のルール(就業規則等)は別のものです。「合理的な方法」は必ずしも一つに限らないことを覚えておきましょう。

(2) 同僚と1時間ほどのお茶は、日常生活上必要な行為とは認められないとされています(同僚と会社の隣の喫茶店で40分お茶をした後のケガを通勤災害と認めなかった実際の事例があります)。一方、経路上のお店でごく短時間お茶を飲む場合などはささいな行為とされ、その行為中のケガも通勤災害の対象となっております。この違いはなかなか難しいですね。

(3) 積極的な私的行為などの特別な事情がなければ、自宅から自宅までの全過程が「仕事中」にあたり、業務災害の対象となります。食事の際のお酒であれば、労災の可能性が高いということです。個人的にキャバクラなどに行った場合は認められにくいのでは…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 以前、テレビ番組で労災について取り上げていました(クイズ方式で)。

(1) 禁止されているマイカー通勤での事故は、労災?

(2) 帰宅途中、同僚と1時間ほどお茶をした後のケガは、労災?

(3) 出張中の食事の際、お酒を飲んでのケガは労災?

 テレビでの答えは、(1)は労災(通勤災害)、(2)は労災になりません、(3)は労災(業務災害)でした。

 私の解説をざっくり…

(1) マイカー通勤は「合理的な方法」なので、通勤災害は認められます。労災認定と会社のルール(就業規則等)は別のものです。「合理的な方法」は必ずしも一つに限らないことを覚えておきましょう(今年の本試験でもこの論点が出題されております)。

(2) 同僚と1時間ほどのお茶は、日常生活上必要な行為とは認められないとされています(同僚と会社の隣の喫茶店で40分お茶をした後のケガを通勤災害と認めなかった実際の事例があります)。一方、経路上のお店でごく短時間お茶を飲む場合などはささいな行為とされ、その行為中のケガも通勤災害の対象となっております。この違いはなかなか難しいですね。

(3) 積極的な私的行為などの特別な事情がなければ、自宅から自宅までの全過程が「仕事中」にあたり、業務災害の対象となります。食事の際のお酒であれば、労災の可能性が高いということです。個人的にキャバクラなどに行った場合は認められにくいのでは…

応援お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ

このページのトップヘ