関節鏡外科医のblog

兵庫医大で吉矢晋一教授とスポーツ整形外科の関節鏡手術をしています。 当グループで行なっている最新の関節鏡手術や 学会・研究活動などを知っていただくためのブログです。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

整形・災害外科雑誌の
5月31日発売の
スポーツ整形外科 最新の治療に
半月板について書きました。

ご興味のある方はぜひ。

1361985_p















この雑誌のリンク

80knee(ハチマルニー)運動:
早めにきちんと治療をして
人工関節に頼らず80歳まで自分の膝で暮らしましょう。

兵庫医科大学病院 整形外科 助教 中山 寛
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会認定スポーツ医
Knee osteotomy フォーラム世話人、関西代表広報委員
大阪HTO研究会世話人

スポーツ関節鏡外来 
月曜日:9時~17時
水曜日:9時~17時
 (上記時間内にお越しいただくか、お電話下さい)
Tel: 0798-45-6180 
 mailにて相談していただいても構いません。
E-mail:hyomedsports@yahoo.co.jp

下肢関節鏡手術
股関節鏡、膝関節鏡、足関節鏡手術:
前十字靭帯再建、半月板縫合、股関節唇縫合、
膝関節温存手術(骨切り術)を専門に
年間約400件以上(大学、外病院を合わせ)の手術を行っております。

所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形災害外科学会
JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
臨床スポーツ医学会
ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
関西関節鏡膝研究会
関西臨床スポーツ医学研究会
日本運動器科学会
Knee osteotomy フォーラム
臨床バイオメカ学会
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今週は横浜で第89回日本整形外科学会が開催され、
発表してきました。
第89回日本整形外科学会

水曜日外来を済ませてからほぼ最終の新幹線に乗り
横浜のホテルに着いたのは夜12時でした。

木曜日の朝8時から骨切り術のセッションにて
口演発表を行いました。
そして、土曜日はポスター発表を行いました。
13178998_602461263240096_9041950399325939390_n

















図2



























この日本整形外科学会は整形外科の学会の中で最も発表しにくい学会です。
今回、採択率がポスターは50%、口演は20%でした。
大学人として、この学会で発表できるようなレベルの医学を提供していくことが大切です。
来年も頑張ります。
この学会でも毎年発表することが大学人としての最低条件と考えています。

金曜日夜には横須賀市民病院の竹内良平先生にお誘いいただき、
葉山で食事をしました。
韓国から来られていたDr.Kimとやわたメディカルセンターの中村立一先生も一緒でした。
IMG_0779

















富士山が見える葉山の海岸で。
すぐ隣は葉山御用邸でした。
IMG_0793

















竹内先生、中村先生と共に骨切り術について語り合いました。

さらに、学会にて骨切り術のプレートを販売されている
Synthes社の社長にもお会いしました。
社長ご自身も両膝骨切り術を受けておられ、
ゴルフ、サイクリングが痛みなくできるとおっしゃっていました。
骨切り術というものをもっと皆様に知っていただけるように全力の
サポートをお願いしました。
図1



















さて、学会は日曜日までありますが、
私は帰って、明日、日曜日また手術を5件します。


80knee(ハチマルニー)運動:
早めにきちんと治療をして
人工関節に頼らず80歳まで自分の膝で暮らしましょう。

兵庫医科大学病院 整形外科 助教 中山 寛
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会認定スポーツ医
Knee osteotomy フォーラム世話人、関西代表広報委員
大阪HTO研究会世話人

スポーツ関節鏡外来 
月曜日:9時~17時
水曜日:9時~17時
 (上記時間内にお越しいただくか、お電話下さい)
Tel: 0798-45-6180 
 mailにて相談していただいても構いません。
E-mail:hyomedsports@yahoo.co.jp

下肢関節鏡手術
股関節鏡、膝関節鏡、足関節鏡手術:
前十字靭帯再建、半月板縫合、股関節唇縫合、
膝関節温存手術(骨切り術)を専門に
年間約400件以上(大学、外病院を合わせ)の手術を行っております。

所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形災害外科学会
JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
臨床スポーツ医学会
ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
関西関節鏡膝研究会
関西臨床スポーツ医学研究会
日本運動器科学会
Knee osteotomy フォーラム
臨床バイオメカ学会
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日夜にバルセロナから帰国しました。
本日も大学病院回診終わりました。
さて、本日は今から6件の手術があります。
少し時差ボケですが、頑張ります。

骨切り術後の経過についてをお話します。

当科では手術直後、
傷口は防水テープを張っております。
また、血栓予防ストッキングを履いてもらいます。
また、1日から2日:フットポンプを装着し、ふくらはぎをポンピングします。
そうすることで劇的に術後の血栓ができる方が減少しました。

ドレーンは手術後2日目の朝に抜きます。
その後、シャワー可能となります。

翌日から車いす移動可能です。
高位脛骨骨切り術の場合は体重をかけていただきます。
リハビリでも曲げ伸ばし、歩行練習は痛みに応じてとなりますが、
制限は設けておりません。
歩ける方はどんどん歩いていただきます。
当大学病院では2週間で退院を目標にしてもらっています。

傷口周りのしびれ感や鈍さが出てきます。
そのような症状が強い方は内服をしていただく場合があります。

ストッキングは術後2ヶ月は履いてもらいます。
(これは必ず守っていただきます。)
むくみを放置しますとそこから感染を起こします。

手術後2ヶ月間は少し腫れぼったさが続きますが
徐々に軽快していきます。

術直後からアイシングをしてもらいます。
退院後も腫れが引くまで続けてください。
内出血が出る場合がありますが、
術後3週で引いてきます。

炎症止めと血栓予防の内服をしていただきます。
術後1週間で下肢エコーを行い、
血栓がなければ血栓予防の薬は終了となります。
炎症止めの薬は痛みに応じて内服していただいています。

O脚やX脚が急にまっすぐになるので
最初は筋肉痛やツッパリ感、かりかり、こりこり、ばきばき音がしたり
する場合があります。
これらも自然に軽快していきます。

母親の術後
左上にあるのが血を抜くドレーン
白い靴下が弾性ストッキング
IMG_0282
































最も大切なのは筋トレです。
手術によっても筋力は低下します。
手術前から筋力がない方は回復に時間がかかります。

リハビリを頑張れる方は早期回復が可能となります。


80knee(ハチマルニー)運動:
早めにきちんと治療をして
人工関節に頼らず80歳まで自分の膝で暮らしましょう。

兵庫医科大学病院 整形外科 助教 中山 寛
医学博士
日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会認定スポーツ医
Knee osteotomy フォーラム世話人、関西代表広報委員
大阪HTO研究会世話人

スポーツ関節鏡外来 
月曜日:9時~17時
水曜日:9時~17時
 (上記時間内にお越しいただくか、お電話下さい)
Tel: 0798-45-6180 
 mailにて相談していただいても構いません。
E-mail:hyomedsports@yahoo.co.jp

下肢関節鏡手術
股関節鏡、膝関節鏡、足関節鏡手術:
前十字靭帯再建、半月板縫合、股関節唇縫合、
膝関節温存手術(骨切り術)を専門に
年間約400件以上(大学、外病院を合わせ)の手術を行っております。

所属学会
日本整形外科学会
中部日本整形災害外科学会
JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
臨床スポーツ医学会
ISAKOS(国際関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
関西関節鏡膝研究会
関西臨床スポーツ医学研究会
日本運動器科学会
Knee osteotomy フォーラム
臨床バイオメカ学会
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

このページのトップヘ