『正しいトレード』をめざして!

トレードでは「儲けた!」「損した…」なんてどうでもいいんです! 大事なのは『正しいトレード』ができたかどうか、ただこれだけ。 ところが『正しいトレード』の実践は精神的に負担がかかるようにできてるから始末が悪い… 弱い自分の心に打ち克って、なんとか『正しいトレード』を身に着けようともがいているトレーダーの日記。

1月&2月のまとめとブログ休止のご連絡

前回のエントリーでも書いたように、年明け以降にロングポジションを増やした状況で今回の下げ相場をモロに受け止めたので、一時は含み損が2500万くらいまでなってしまいました。

本来ならマーケットの反転を感じたらすぐに損切りするのがセオリーなのにどうしてそこまでしがみついたかというと、近い将来にTOBが実施されるであろう6801東光をメインに持っていたから。
もし中国の規制が認可されて東光のTOBが実施されれば、TOB価格を上げてくるというかなり自信のある読みがあったので、どうしても切りたくなかったんです。

で、昨日ようやくTOBが発表されて想定通りTOB価格はそれまでの300円から400円にアップ。
約40万株すべてを利食いして一撃2000万強の利益でなんとか今年のトータルがプラ転、+600万くらいまで回復することができました。

結果的には上記のようにハッピーエンドで助かったんですが、それまでの過程でアホなことして自分で自分を苦しめる結果になりました。

まず1月中旬、東光の株価が下がり始めたときチャンスと思ってどんどん買い増していったんですが、さすがにポジションが大きくなりすぎたのでヘッジで親会社になる6981村田製作所や日経先物をショートしました。
ところがそれらを急落直前の1月末ごろに「ある程度、利が乗ったから」というよくわからん理由で利確してしまうという大ミス。
あくまで東光のヘッジとしてショートポジなんだから、東光の結果が発表されるまでホールドするのが筋ですよね。

さらにミスの上乗せ、含み損が増えてイライラし始めた1/28にその日最強だった9684スクエニを意地になってショートを積んでしまって、後場寄りのスッ高値3000円オーバーで損切りさせられて数百万円のマイナス。

ヘッジはなくなるわデイトレは大負けするわ東光の含み損は拡大するわでどうしようもない悪循環、ピークには2500万円くらいのマイナスになってしまった訳です。

東光のTOBが発表されたことによって結果オーライになりましたが、正直言って「救われた!」という気持ちが強いのと同時に自分の未熟さを改めて思い知りました。







ここで急な話ですが、今月を区切りに専業トレーダーをいったんリタイアすることに決めました。

理由はいろいろあるんですが、最大のものは『体がもたない』ということです。

今回の苦しい状況で自分の取った行動はというと、いつもながらの『酒に逃げる』。
毎日イライラしながらヤケ酒を飲みまくって、ついには胃が悲鳴をあげて夜眠れないくらい激しい胃痛に見舞われました。

もともと内臓が強くないくせに酒が好きな自分は胃が悪かったんですが、胃薬などでごまかしてやってきました。
しかし今回は薬(ガスター10とか)もまったく効かないくらいひどくて、このままいくとあと10年も寿命がもたないかもしれないという不安…
それに胃が痛くない日でも相変わらずの不眠症もひどくなってきたし。

いくら金を稼いでも、命をすり減らしてまでやっては本末転倒です。
まして自分はトレーダーとしてせいぜい1.5流の域を出ないレベルで、いくらやっても10億とかのレベルには到底到達できません。

それなら今の資産でも贅沢しなければ十分生きていけるんだから、もっと健全なことに残りの人生を費やそうと思った訳です。

とりあえずしばらくはPOや優待などの負担の少ないことだけやって、昼間にモニターとにらめっこする生活はいったんお休み。
何か他のことに取り組んでみるつもりです。

ということでこのブログも今日でおしまい。
一昨年から月一更新になってほとんど閉店状態でしたが、いままで読んでいただいた方々には心から感謝申し上げます。

今後のことはまったく白紙、早ければ来月にはもうトレードを再開しているかもしれないし、もしかしたら他の道を見つけて一生やらないかもしれないし。
せっかくトレードから大事なことを教わりましたからね、頑固に決め付けないで臨機応変に『君子豹変す』でやっていきたいと思います。


一般的に相場を去る理由というのは資産を失ったり、大きくドローダウンを食らったり、まったく勝てなくなったりということが多いんですが、ラッキーに恵まれたとはいえ資産のピークで距離を置くことができる自分は本当に幸せ者だと思います。

この幸運に甘えることなく前向きに今後を過ごしていかないといけないですね。

あえて自分へのエールを送ると、
「ひろしさん、まずは酒をほどほどにしておいて」というところですw



最後に、みなさんのトレードがただ儲かるだけではなく、満足感をともなった有意義なものになることを願ってブログの終わりとさせていただきます。



ひろし





1月のまとめ

1月のまとめとして遅まきながら今年の初更新、といきたいところだったんですが、月末からの激しい株安で今も大きなポジションを持っているので、このポジションが一段楽するまで更新を見合わせさせていただきます。


もし無駄足を踏ませてしまったなら申し訳ありません。


いやぁ、まいった。
けっこう食らってしまって-2000くらい負けてます…



2013年 まとめ

空前の上昇で終わった2013年の相場。

主な指数の上昇率を見ても


日経平均  56%
TOPIX   51%
マザーズ 137%


となっていて、さらにはここに反映されにくい低位株や小型株やIPOの活況はもっともっと激しくて、個人投資家やディーラーは『倍返し』どころではないほど儲かって笑いが止まらない一年だったんじゃないでしょうか。


一方で私の成績はというと…

昨年末比 +45%

ということで、TOPIXにさえ負けてしまいました…


まあ投資スタイル的には上昇相場でガッツリと取るようなスタイルではないし、デイトレのセンスはないしで、この結果は妥当な気もしますが、やっぱりちと悔しい。
もう少しリスクを取るべき場面で取れなかった結果がこの数字になってると自分で痛いほどわかってるだけに、余計に悔しいです。

失敗は次の成功の土台になる!ということを信じて、何年やってもヘタクソですが、来年もトレーダーとして少しでも前進できるように努力をしていきたいと思います。




みなさま、一年間お疲れ様でした。

では、よいお年をお迎えください!






12月のまとめ

今月は+1500くらい。

主な利益は3178チムニーのTOBと後半の上昇をスイングで。


そのチムニー、意外にも買付率81%もあってラッキーな利益になりました。
というのも、ちょうどチムニーのTOB待機期間にあたる12月一週目に海外にいく予定があって、どうせその間トレードできないなら薄利でもTOBに資金をぶち込んでおこう、という意図でかなり厚めにいってたんです。
そうしたらこの高い買取で予想以上の利益になったわけです。

想像ですが、チムニーのTOBが始まったころに市場が活況になったので、個人が薄利のTOB狙いを避けてマーケット勝負にいったこともこの高い買取の原因じゃないかな、なんて思ってます。


スイングはそのまま持ちっぱなし+ラスト数日で買い増して越年しました。
鉄道やトヨタなど比較的重い銘柄を中心に、相場が崩れない限りはしばらくホールドしたいです。





11月のまとめ

11月は約300万円のプラス。
マーケットが先物主導で大きく上げる中、しょぼい利益で終わってしまいました。

それでもプラスが残っただけでもありがたい話で、相場上昇の初期にはショートを入れてしまって一時はけっこうなマイナスになってたくらいです。


今月貢献してくれたのが、3292イオンリートのIPO。
自分の想像以上にたくさんもらえて思わぬ利益になりました。
あとは中期で持っている銘柄が全体の上昇につられて上げてくれたので、なんとかトータルでのプラスを維持できました。


いよいよ今年も残り一ヶ月、アベノミクスで空前の盛り上がりを見せた2013年の相場ですが、自分はあまり乗れなくて祭りの外って感じだったので、最後くらいは一矢報いたいところです。

まだTOPIXにも負けている今年のパフォーマンスですが、少しでも追いつけるようにがんばろう。









10月のまとめ

10月は久しぶりに月間で8ケタの利益になって約1000万強のプラスでした。

といっても一発ホームランがあったわけではなくて、1トレードあたりでは300万くらいが最高の利益。
それ以外で50万〜150万くらいの小ヒットが断続的にあって、打線がつながって大量得点になったという感じです。


主なものは公募増資で下げた6753シャープのショート、決算発表で急落した6586マキタのショート、活況だった低位株や建設株の数円抜きトレードなどでした。



新しくマンションを購入して今月の中旬に引っ越したんですが、そのマンションにもともと入っているインターネット回線に問題があってトレードに支障が出て困っています。

通常なら夜とか週末とかに回線が重くなるのが一般的なんですが、我が家のマンションはその時間帯はサクサクとつながるのに、平日の朝9時前になると急に重くなって15時を過ぎるととたんに軽くなるんです。

きっと同じマンションにトレードやってる人がたくさんいる!?
これも時勢なんでしょうね。

結局、高額な専用線を引くことになりそうです。

9月のまとめ

9月は2020東京オリンピックの決定をきっかけに活況になってかなりチャンスのある相場だったのに、あいかわらずヘタクソを打って+300くらいに終わってしまいました。


最大の失敗が日経平均採用になった6988日東電工のトレード。

なんといってもウェイトの高さに注目して、採用発表後の高いところで大量にロング。
その直後にアップル株の急落や月次受注の不調など悪材料が続いて見事な押し目。

その押し目のほぼ底値で耐えられずに損切ったら(マイナス500万位)、そこから採用日のストップ高引けまで一貫して上げ続けるというお約束のようなタイミングの悪さでした。

ロングしたもともとの根拠が日経平均採用によるインデックス買いなんだから、あそこは我慢してホールドして定石通り採用前日の引け成りで清算してれば楽に8桁の利益になったのに、目先の値動きにフラフラしたトレードをしたら勝てないのもしょうがないですね。

何年やってもトレードは精神力がないとダメだと思い知りました。



さてさて、今日から一週間ほどヨーロッパに行ってきます。
メインの目的は昨年と同じ凱旋門賞の観戦です。

昨年はオルフェーヴルが99%勝てたと思った競馬で、まさかの大どんでん返し負け・・・
今年こそは!ということで、いまから興奮が止みません!

オルフェも昨年より順調に調整されてるようですが、メンツも昨年よりかなり強力なので、力の入った好レースが期待できそうです。

日曜日の深夜に生放送もあるようなので、時間のある方はぜひテレビで応援をよろしくお願いします!


8月のまとめ

8月は例年とおりの夏枯れ閑散相場でしたが、自分も家庭の事情であまりトレードできませんでした。

トレード回数もロットもしょぼかったんですが、9052山陽電鉄などの旧大証銘柄のTOPIX参入狙いで持っていた分が上昇してくれて、トータル+100くらいでした。


ブログを月一更新にしたにもかかわらずあまり書くことがなくてすみません。
今は半分お休みみたいな感じですが、またチャンスがあるときはロットも入れてがんばるつもりです。



7月31日

典型的な行って来いで上髭だけ目立った7月の相場ですが、自分の成績も同じように終盤に大きく利益を溶かして+400くらいでした。

主な利益は7211三菱自動車のショートです。


その三菱自動車ですが、7/17日の日経新聞に『14年3月期復配10円超に』というニュースが出て急騰しました。
でも内容をよく読むと10株を1株に株式併合したあとの話として書かれた記事なので、実質は『1円超』の配当ということになります。
1円の配当で株価が20円も上げるのはどういうこっちゃ!?ということで引きつけてショートを大量に入れたらうまくいったんですが、でも自分の中ではうれしさ半減になってしまいました。

それは出口戦略を誤ったから。
ショートを入れたときの戦略としては「7月末に株式併合されれば100円台の株価が1000円台になる。そうなれば低位株プレミアムで買われていた分が剥落してさらに利益を狙えるはず」というもの。

実際に併合初日の7/29は他の自動車銘柄が2〜3%の下げだったのに対して三菱自動車は10%の下げっぷりで自分の作戦は的中していたんです。
なのに現実に取った行動はというと、この日の寄り直後のダダ下げする直前に返済してしまって、一番おいしいところを逃してしまったという情けない結末でした。

一泊二日とかのポジならそれもしょうがないけど、2週間近く持ち続けて、しかも利益も十分に乗ってるポジで、何を根拠もなく慌てて返済したんだろう?と自分の不甲斐なさに言葉もありません。

これだけで数百万の利益機会を失って、しかも当初のプランを理由もなく変更しての失敗はこれに加えて自信喪失という精神的ダメージも大きいです。

このあたりの弱さがいつまでも三流トレーダーの域を卒業できない原因なんでしょうね。


せめてもの救いは分析だけは今でも通用しているというところ。
自分の悪いところといいところが両極単に出た事例でしたが、あまり悪いところばかり考えないように自信を持ってやっていこう。


6月28日

6月の相場、上に下に大荒れの一ヶ月でしたが、自分の成績はトータルで100万円くらいのマイナスでした。

主な損失は6/13の先物ロング、主な利益はIPOの4978リプロセルと月末の不動産セクターの急騰です。


いやぁ、でも本心から「これくらいで済んで助かった!」という気持ち。
6月13日の先物が大崩れしたときにはマイナス1600万以上の損失になっていましたから。
しかも誤発注で300万くらい余計な損失を出すというオマケまでついちゃいました。


先物を終日かけて売り崩していくやり方は、頭ではわかっているんです。
「あっ、これはずっと売ってくるパターンだな」と思いながらも、つい条件反射的に逆張りロングして、しかもナンピンを繰り返して気付けば25枚ロングで身動きとれず。
そんな中でも容赦なく売り物は断続的に出てきて、もう投げやり状態になってしまいました。

今回はヤケクソで持ち越したら翌日の大GUで損失の半分くらい取り返せて九死に一生を得ましたが、あのまま大きく続落していたらと思うと「アホなことしたもんだ」と反省しかありません。


自分の場合、精神的に充実してないときに我慢が利かずに安易な逆張りをする傾向があります。
理想はいつでも気力100%ですが人間である以上そういうわけにもいかないので、せめてダメなときにはロットを小さくするなどリスクを回避するくらいの自己管理はできるようにならないといけませんね。




6月2日

5月の相場は、前半の上昇と後半の急落で激しい動きになりましたが、自分の成績もマーケットの動きそのままに前半のプラス500万を後半に溶かしてほぼトントンで終わりました。

最大のミスは波乱の発端となった日経1000円安の5月23日。
ロング中心のポジだった割には相場の変調を感じて小傷で逃げれたんですが、ザラ場の1000円安をうまくかわせたことで心に油断ができてしまいました。

その浮ついた気持ちが出たのがナイトセッション。
色気を持って先物ロングしたらわずか30分で400円も下がって一気に持っていかれました。
まあそれはしょうがないとしても、最悪なのは損切りできずにナンピンして傷を広げたこと。
お約束のような最悪のトレードで数百万の大きな損失になりました。


今さらですが、やっぱり自分には需給トレードは向いてないというのを痛感です。
ようやく「上げ続けるだけ」の相場もいったんは終わったっぽいので、自分らしくファンダや材料を手段にしたトレードで再出発がんばっていきたいです。


4月23日

3月末のTOB報道のときにショートを1億円分建てた9430NECモバイリングを今日の寄りで決済して+1400でした。

ちょうどその間に黒田バズーカが炸裂したりして、しかも板が薄いのでちょっとした買い物で瞬時に含み損が数百万円増えたりして、とてもしんどいトレードでした。
ほんと、この強い地合で大量ショートして「いったいオレはなにをやってんだ!?」って気分でしたが、まあハッピーエンドでよかったです。


昨年までならこれで「もろ手を挙げて大喜び」なんですが、今年は億トレーダーなら月に8ケタ利益が当たり前のような地合にさっぱり乗れてなかったので、ようやく一矢報いた程度。
これを機に少しずつみなさんにキャッチアップしていきたいところです。




自分のこのブログ、読者も少なくてしかも最近サボりがちなのに、たまに「ひろしさんのブログはとても勉強になりますよ!」という嬉しい言葉をかけていただけることがあるので、以下に長々となりますがNECモバイリングのショートに固執した理由を書いてみようと思います。
理屈っぽい話なので、そういうのに興味のない方は無視してください。



まず事の発端はロイターの3/26のニュース

(以下引用)
NECが携帯電話の販売代理店、NECモバイリングの売却作業に入ったことが明らかになった。複数の関係筋が26日、ロイターに述べた。非中核事業の売却を進める戦略の一環。関係筋によると、NECは月内にも売却先の最終的な絞り込みを行う予定で金額は700億円─800億円となる見通しという。

     (中略)

NECモバイリングはNECが発行済株式の51%を保有する親会社。関係筋によると、NECは売却先の最終選定に入っており、早ければ月内にも売却先を絞り込む予定。
 現時点で候補として名乗りを上げているのは豊田通商とデンソーが共同出資するTDモバイルと、丸紅の100%子会社、丸紅テレコムとみられる。買い手候補は上場しているNECモバイリングの株式を公開買付け(TOB)する必要がある。

(引用終わり)



この記事だけを読むとまるでNECの持ち分(51%)で700億〜800億になるように読めてしまいます。
そうなると100%買い占めるには1400億〜1600億(約10000円/株)になりますが、それじゃいくらなんでも高すぎる!?
でもNECモバイリングは利益も出てるし財務もいいし(ネットキャッシュで270億円もある)で、プレミアムを付けたらそのくらいあってもいい!?

という感じの微妙な金額でした。

そこでNECモバイリングのファンダを分析して、大まかに以下の3つの側面で企業価値を測ってみました。


1.携帯販売事業
この会社のメイン事業で、今回の買い手がほしがってるのもこの事業です。
ただ意外なことに、利益ベースでは約50%しか占めていません。

2.保守・修理事業
NEC携帯電話の修理です。
売り上げは全体の2割くらいなのに企業利益の残り50%を稼ぎ出しているおいしい事業です。
確かに携帯電話の修理なんて業者の言い値になるので儲かるんでしょうね。
ただし近年のNEC携帯の販売減をうけて、ものすごい勢いで縮小している分野でもあります。

3.財務
ネットキャッシュ(現金同等物−有利子負債)が270億円くらいあります。


このように分けてみると理解しやすい。

『2』に関しては「NECが携帯電話の国内生産撤退」というニュースもあったようにこれから加速度的に減少していく分野で、むしろ数年後にはお荷物になりかねない事業。

『3』は現金みたいなものなので、100%そのままの価値にしかならない。
(現金をプレミアムつけて買う人はいませんよね、例えば一万円は一万円の価値でしかないですから)

つまりNECモバイリングを買収するときに高額なプレミアムを払ってまでほしいのは『1』だけなのです。

計算式で表すと

『(1+2+3)×プレミアム』 ではなくて

『(1×プレミアム)+2+3』 が正しい。

これを四季報などの表面上のトータルした数字で計算すると(つまり前者の式)、割高な数字が出てしまい1400億円TOBもありえるかも?という勘違いをしてしまいかねません。


これら以外にも

・昨年、同業の9422ITCネットワークがパナソニックテレコムを合併したときの買収価格から比較しても、やはりNECモバイリングは100%で700億円くらいにしかならない。

・今回の売却は携帯事業から撤退したいNECからのオファーであり、金額よりも事業整理を優先してると思われる。

・しかも買い手が丸紅系or豊田通商系というマトモ企業だけにきちんとデューデリしてくるであろう(=割高では買わない)と推測できた。


などなど総合すると、どうしても自分がショートした6450円以上のTOBは考えられなかったという訳です。



最後に、こういうのも結果がうまくいったから偉そうに書いてるということもあるわけで、もしかしたらトンチンカンな考えをしてる可能性もあるのであまり鵜呑みにしないでいただけると助かります。
逆に、私の考え方におかしいと思われる部分があるならぜひご指摘をお願いしたいです。







4月4日

注目の日銀会合。

いろいろと理由、いや言い訳はあるけど、とにかく先物ショートで100万のやられ。


個別もたいして乗れずに、このチャンスをまったくモノにできませんでした。

今年の相場に乗り遅れた人にとっては「ここで買わずにどこで買う?」ってくらいのチャンスだったのに、なにやってんだか…


負けた金額は大被弾というほどでもないけど、自分のトレードのあまりの下手さに受けた精神的ダメージは計り知れず。

終わったことはしょうがないとはいえ、ブル相場が続く限りもう大きくは勝てないんじゃないかっていう弱気に襲われた一日でした。


はぁ、むなしいわ。



追記

夕場も維持になってショートしたら、なんなの?この狂い上げ?
で、『もうアカン!』と思って損切りしたのがお約束の高値12995円…

しばらく立ち直れないかなぁ?




3月29日

月後半のトレードは、REITの爆上げに少し乗れたりしていい感じでしたが、調子に乗って昨日の指数買いの3282コンフォリアと3283プロロジスを引け成り勝負したら、両銘柄ともザラバ引けになってしまってお約束の今日の売り気配。

結局、利益の半分を吐き出して消化不良の結末でした。


他のトレードでも大きな利益にならなくて小銭稼ぎが精一杯。
今月は先月のような月間マイナスにこそならなかったですが、指数にはるかにアンダーパフォームしてまたも敗北感いっぱいの3月になってしまいました。


いまのポジションで大き目なのは9430NECモバのショート。
ロイターのニュースで急騰していますが、ファンダから考えると今以上の高値でのTOBは考えにくいので、ここは「勝ちか引き分けか」の勝負とみて発表までホールドの予定。
幸い、日証金が売り禁にするのに一日猶予をくれて売り玉を持てたので、そのツキにかけてみるつもりです。



今月は友人と一緒にトレードする機会に恵まれて、自分の知らないアプローチなどいろいろと勉強になりました。
まだまだ自分は未熟ですが、逆に言えばまだまだできることが残ってるということなので、いまの相場に合わせた新しいやり方を少しでも身につかられるようにがんばっていくつもりです。

ブログもサボりがちですが、大きな金額が動いたときは随時アップしていきますので、今後ともよろしくお願いします!

3月15日

2914JTの売り出し後の動きにうまく乗れて精神的に余裕が出てきたので、少し積極性が出てきました。


今日はIPOに挑戦。
IPOのような乱高下はまったくヘタクソなんですが、さすがにここまで活況だとうまいorヘタとか関係なく買えば勝てるといってもいいくらい。

9025鴻池運輸の寄りを買って一分で利確。
今のIPOは寄り底になりにくいので、こんな単純なやり方でも利益になっちゃいます。

それと3672オルトプラス。
3月のIPO群のなかでは前評判がもっとも高かった銘柄ですが、日程が悪くて即金規制3日連続になったためか買いが続かず。

ただ即金解除の週明けは絶対に買い直されると思って、後場のダレてるところを少しずつ拾ったら週明けを待たずに上昇してくれました。

その他にも異様に強かった海運なんかも回転してみました。


いずれに小さいロットですが、逃げ回ってないでこうやって鉄火場に参加することで免疫ができてまた次のチャンスをがんばれる。
そして実際やってみるとあっけないくらい簡単に勝てるんだから、今まで逃げていたのがいかにもったいないか。


そういえば先日友人のディーラーと飲んだとき、いつもは酒好きなのに「最近、ほとんど飲んでない」って言うので、「なんで飲まないの?」て聞くと「今の相場はやればやるだけ儲かるから、二日酔いになってトレードに集中できないのはもったいない」という答え。

いまごろなってこの言葉の意味を思い知ったのでした。


3月13日

3月に入ってもさっぱり乗れない毎日でしたが、今週になってようやく運がめぐってきました。

昨日の火曜日「ウットラムが買収提案を取り下げ」というニュースでザラ場に急落した4612日本ペイントの安値を丹念に拾って今朝のGUで利食い。

TOB価格が安かったことと日程が未定で先が長そうなことから、この材料を期待した買い物はそれほど入ってなかったという推測。
買収発表時の日足チャートを見ても瞬間に吹いただけで、それ以降特に買われた形跡もなかったし。

そもそもニュースが出た瞬間に売られてるということは内容を吟味してる時間もないわけで、見出しだけで理不尽に売られたら買うしかないというトレードでした。


あと、今日の2914JTのMSCIリバランスを狙って利益。
JTはもともと公募でももらっているんですが、今日のMSCIと明日のTOPIXに金曜日のFTSEと立て続けにリバランスの需要が発生するということで、さらに今朝買い増してデイトレで回転しました。


あとは人気の含み資産関連などを長期用に少しずつ仕込み。
「押し目買いに押し目なし」を地でいく強さなので、どこかで買わないと永遠に乗れないので高い場面でも買わないとしょうがないです。
この流れで主役は不動産しか考えらず、もしもの大相場でノーポジでいるわけにはいかないので。



久しぶりにSBI証券にお金を入れようとしてジャパンネット銀行からのリンク入金をしてみたら、上限1000万円までしかできないと。
カスタマーサービスに電話して「上限を引き上げてもらえないのですか?」と質問したところあっさりと却下されちゃいました。

自分の場合は1500万円くらいだったので2回で済んだのですが、もし大口さんで数億円を入金する場合は何十回もリンク入金をするってこと!?
仮に2億円だと20回、入金作業だけで1時間もかかってしまうよ、これじゃ。

SBIはネット証券最大手だから大口さんもたくさんいてると思うんだけど、本当にどうやってるんでしょう?
もしいい方法をご存知の方がいればぜひ教えてください。





2月28日

久しぶりの更新になります。
と言ってもトレードのことで特に書くこともなく、勝ちも負けも少ない日々でした。

というよりも、この地合なのでチャンスはたくさんあったんですが、わずかのところで逃してしまうことが多くて、逆に負けはしっかりと実現してしまってはストレスマックス。
登校拒否の中学生のようにトレード拒否症になって、パソコンを起動さえしない日がけっこうありましたw

結局2月はトータルマイナスで終了。
この地合で月間マイナスはいただけないですが、そんな数字よりもトレードに真剣に向き合えなかったことが痛い。
すべてはここから始まるので、なんとかもっと気合が入るように気持ちを入れ直そうと思います。



あまりネガティブなことばかりでもなんなので、前向きな話を一つ。

先日、トレードで成功した人(2人)と飲む機会がありました。
両者ともアーリーリタイヤメントで海外と日本を行ったり来たりと悠々自適な生活でうらやましい限り。
どうしても自分が小さく思えてしまいますが、でもよくよく聞くとそんなに甘い話ではなく。

その方たちのディーラー時代の仲間で(ほとんどが個人専業になったらしいです)現時点で成功してる人はほんの一握りしかいないそうです。
なので私たちのように金融経験がないところから専業になって、何年も続けて利益を出して小さくても資産を築いてる人たちは心からすごいと思ってるという話でした。

確かにこの世界では「会う人=生き延びてる人or勝ち逃げした人」だから必然的に成功者に会う確率がとても高くなってしまうのですが、その背後には会うことのない何倍もの退場者が隠れているはず。

なので自分や周りのトレーダーたちも『実はけっこうがんばってるんだな』とたまには高評価するべきなんじゃないかと改めて思ったのでした。




2月14日

最近、不定期更新でサボり癖がついてきたブログですが、今日は大きく負けたので苦痛の更新ですw

5486日立金属と5812日立電線の統合で、電線を買って金属を売っていたのが裏目に出て-300くらいのマイナス。

まあ比率が電線に厳しかったというだけの話ですが、悔しいのはこの統合でずっと逆ポジの金属買い&電線売りが有利だと思っていたこと。

昨秋の統合発表後に世間の不評で金属の株価が急落したので、そのときに株主からひどく金属の経営陣が責められたことは想像に難くなく、比率の決定では厳しい態度でくると予想して実際に電線が買われた場面で「金属買い&電線売り」のポジを取って30万〜50万の利益を3回くらい取っていたんです。

じゃあどうして逆のポジで大きく負けたかというと、当初の予定だった1月初旬のときに電線が大きく買われた事があって、その時に結果的に上記の「金属買い&電線売り」で儲けたんですが、一時すごい含み損に苦しんだ記憶があったんです。

なので「世間は電線有利と見る人が多くいったんは買われる」と思って、それを利用しようとして本意と逆のポジを取ったら電線が二度と買われる場面はなく、意地になってナンピンしてずっと耐えたらこのザマです。

まあグダグダ言い訳ばかりしたけど、最悪なのはやっぱり自分。
当初の目論見がはずれたときにさっさと損切りしないといけなかった・・・
今月、ぜんぜん勝ててないので大きく勝ちたいという俗な気持ちが最悪な行動を招いたのかもしれません。
やっぱり何年やってもトレードは難しい・・・


みんなが勝ってるような地合で月間マイナスの情けなさ、今月はあと3回トレーダーと飲む機会があるんですが、どうかお手柔らかにお願いしますw

2月10日

しばらく更新してなかったので、一週間分をまとめて。


今週は決算の持ち越しが失敗続きで、火曜日の3626ITホールディングの-15%と木曜日の7731ニコンのストップ安を食らってしまって、これだけで-400くらいの負け。

今回の決算はろくに調べもしなかったのに、なんとなくのギャンブルでやってしまってはこの結果もしょうがない。

せめてもの救いは、自分の中で負けた原因をそれなりに納得してるところです。
「○○やれば勝てる」なんてことはこの世界ではあり得ない話ですが、「○○だと勝てない可能性が高い」というのはけっこうあるので、例え勝てなくてもアホな負けだけはしないように気をつけよう。


自分のトレードはダメダメだったけど、大きなラッキーが2つ。

まずはIPOの3282コンフォリアが、リートなのに地合のおかげで10%も公募価格を上回ってくれて+200近い利益になりました。
リートで10%も上がるって、まさにバブルさまさま。
上昇相場に乗れないタイプの自分ですが、こんなところでバブルの恩恵を受けることができちゃいました。
やっぱり活況相場は間接的にも影響があるもんですね。


それともう一つ、4724ウェアハウスのTOBを的中して+300強でした。

もともとゲームセンターだったウェアハウスですが、ゲオの傘下に入ってからはゲオお得意のレンタル事業に舵を切って、しかも昨年あたりからはレンタルのウェアハウス店の看板をゲオの名前に入れ替えるくらい親会社に一体化していました。

こうなるともう独立会社として上場してる意味はないし、しかも9月の中間決算では固定資産を減損して大赤字で財務整理してきたので完全子会社化は近いと踏んで狙っていました。
まあ品薄株なのであまりロットは入れられかったですが、生まれて初めてTOBを的中させたということで嬉しさは利益よりはるかに大きいです。

ということで珍しく記念アップしておきます(^^)



warehouse

1月31日

今日から新しいトレードルームにインターネットが開通して、ようやくいままで使い慣れた環境でトレードできるようになりました。

そういうわけではりきってトレードしたんですが、無残にも返り討ち…
まあ空気が読めない人ですわ、強い相場にショートで挑んじゃ負けちゃいますよね。

でもまじめな話、これまでだとショートでほぼ勝てるようなパターンでも、一瞬だけの下げですぐに戻してしまって、結局は損切り。
これだけあっさりと負けたら悔しさもありません。

なるべく買い目線で挑もうと、今さらながらに思ったのでした。
遅すぎ…

1月25日

昨日の決算発表だった6594日本電産を持ち越していた。

年末からの激しい上げ相場にもさっぱり反応しないで出遅れていたので、ちょっとやそっとの悪決算は織り込んでいて普通の悪い決算くらいなら上昇すると見込んでの持ち越しだったけど、それを上回るクソ決算を出してきて大失敗。

減額分のほとんどは構造改革の費用という前向きの赤字だったとはいえ、さすがに暴落は覚悟していましたが、先に売られていた分と地合いのおかげで小幅安ですんで九死に一生を得ました…


他にもTOBに申し込んだ6271ニッセイも買取率が予想以上に悪くて実質大失敗でしたが、この地合のおかげでハズレ株が高い値段で処分できたのでなんとかトントンで助けてもらいました…


この2つの失敗で今日は数百万円のマイナスを覚悟していただけに、小幅負けですんでラッキーのひとことに尽きます。

実は昨日の夜のフライトで旅行に行ってるんですが、ちょうど現地のホテルに着いたのが日本時間で朝の8時過ぎ。
機中でもずっと株のことが気になるし、チェックイン後も何をさておき急いでネットにつないで必死に敗戦処理しないといけないしで「せっかくバカンスに来てる意味ないよなぁ」って心からむなしくなりました。

今回は地合いに助けてもらいましたが、勝ち負けとは違う意味でトレードをもっとスマートにやらないといけないと痛感した一日でした…


1月22日

日銀会合で乱高下ですが見てるだけでスルー。

一見楽しげですが「資産を増やすため」というトレード本来の主旨からははずれるので(乱高下は結果的に負けることの方が多いので)パスして正解だと思います。


許されないのは今日の主役、6217津田駒を寄りで売ってしまったこと。

「決算でどうせ今期は黒転だと出してきて、今の地合だとそんな信憑性のない予想でも買われるんだろうな」ということでロングを持ち越したまでは正解でした。

そして今朝のギャップアップの気配を見て「今の地合だと提灯がたんまり付くから、ヘタしたらSTOP高まであるかもしれんな。せっかく持ち越して含み益の有利なポジだから、少なくとも10時くらいまではホールドだな。」とものすごく強く思ってたのに、ずっとフル板を見ていたら8時59分くらいに突然売りたくなってしまってジ・エンド。

はぁ、地合よりも自分の気持ちを優先してしまった・・・
いつも他人に『トレーダーは「やりたいこと」じゃなくて「やるべきこと」をやらないといけない』って偉そうに言ってるのに、自分がまさにそのまんまじゃないかよ。

まあ寄りで売って『安心感』を得た代償に150万円逃したということですね。
本当に「みな相場から自分の欲しいものを手に入れる」ってうまいこと言うわ・・・


1月21日

週末にトレードルームの引越しをしました。
引越しと言ってもわずか100mくらいの距離だし、荷物の量もたいしたことないので楽観していたら、バカでかい机に大苦戦。
エレベーターぎりぎりの大きさで重さも60kgくらいあって、これを運んだだけで10km走るくらい疲れちゃいました。

それでも友人の手伝いのおかげでなんとか無事に完了、今度の部屋は2LDKを独り占めで快適快適、これだけ広いと気分にも余裕ができるのがいいですね。
そしてせっかくの機会なのでパソコンも(まだぜんぜん使えるけど)買い換えるつもりです。
過去の経験則から、前向きなことに使ったお金は何倍にもなって帰ってくることが多いので、心機一転トレードをがんばって引越し代やパソコン代を取り返したいところです。



今日のトレード、デイトレはあいかわらずしょぼく数万円をなんとか稼ぐのが精一杯。
ただスイングで仕込んでいるのが少し形になってきました。

自分の場合、スイングといってもやはり材料系の銘柄になるんですが、その一つTOBのかかっている8833東宝不動産がおもしろい。
今日の引け値で804円、TOB価格が735円だからはるかに上回っている状況です。
どうやら今回のTOB価格の算出にあたって所有する不動産の含み益を織り込んでいないようで、それらを考慮すると735円というTOB価格は安すぎるという思惑があるようです。

たしかに東宝が数年前にTOBしたコマ劇場のときは、不動産の含みも考慮してものすごい高額でのTOBになったんです(たしか時価の3倍くらい?)
そのときは不動産の価値を考慮しといて今回は無視というのは、数年ですっかりズル賢くなったということなのかなw
とにかくすでに一部の株主が不当に安いと裁判を起こす動きも見せているので、このまま一筋縄ではいかないのかもしれません。


注)もちろん東宝不動産の買いを推奨してるのではありません。
トレーダーとしてはとても興味深い案件なので、事の成り行きを見ておきたいなということです。



1月17日

今週のトレードは大型売り出しの8304あおぞら銀行のショートに粘着していました。

証券会社からの勧誘電話のニュアンスではかなりの不人気そうだったので、公募には参加しないで空売りで儲けた方がいいかな、ということで今週ずっと売り乗せして今朝で返済、トータル+150ほどでした。

ただ売っていく過程があまりにヘタクソすぎて、大き目のロットで売った割にはイマイチな利益額でした…
まあこれはいつものことなのでしょうがないか。


今月の上昇相場にさっぱり乗れなくて歯痒い思いでしたが、だからこそこういう需給が明らかにゆがんでるところで確実に取っていくのは大事ですね。
こうやって手堅いところで少しでも取っておくと、心に余裕ができて次にまた勝負しやすくなるし。



まだ前場ですが、今週末に引越しを控えてバタバタしてるので今日は早めに切り上げます。

荷物の整理をしていると古い液晶モニターが出てきたので、もし欲しい方がいらっしゃったら差し上げます。
いまどき新品でも1万円で買える時代にありがたくもないですが、まだ使える物を捨てるのはもったいないので、ご希望の方は以下までメールを。


hiroshimonitor@king-postman.com


ゝー錣錬贈釘裡僂T201Wという20インチのものです。

1名さまに宅急便着払いで送ります。

4望者が複数名いた場合は、独断で選ばせていただきます。

ぬ斉のお昼に締め切って、午後に発送します。



1月10日

信用無限で想像していた以上の個別物色になって腕自慢にはたまらない相場でしょうね。
私も負けじと松井証券の手数料無料デイトレ口座を作ってやってるんですが、さっぱり勝てない・・・

まあ、当たり前といえばその通り。
信用無限になったからといって勝てなかった人が勝てるようになるわけではなく、勝てる人はさらに勝って、勝てない人は早く負けるってだけの話です。
今日の9501東電なんてホントにえげつない動きで、こんなのやってたら瞬間的には歓喜できてもトータルでは疲れる割りに実りなしになるのがミエミエです。

ということで早くもデイトレの方は撤退気味です。
自分の程度をわきまえないとお金を失うだけだから、変なプライドはさっさと捨てるのが一番。

ただ、デイトレしなからといってこの数年に一度の活況相場を一切ノータッチはもったいないので、今後のなにかの役に立つようにしっかりと動きなんかを目に焼き付けておきたいところです。



今日の食事、
朝はセブンイレブンの冷凍うどん
昼はインスタントラーメン
夜はおそらくコンビニ弁当


飲み会のないときはこんなのばっかり。
まともなメシ食いたいな・・・

1月7日

さすがに調整も、あまり下げないですね。
基本は強い、ということを忘れずにしたいところです。


2131アコーディアはついにTOB価格まで到達。
特段の材料もないのにこれだから、たぶんアコーディア側がTOBの応募を減らすために株価を吊り上げたと予測しますがどうなんだろう?
とにかく今日の上昇でTOBを取り止めて残り全部も処分してしまったので、もし自分の予測が正しければアコーディア側の思う壺ってことになりますねw

その他のトレードも8604野村のショートやサラ金の押し目買いなどで、なんとか大発会の負けを取り返して一安心。
これであらためて今年の再スタートです。


そういえば今週にも5486日立金属と5812日立電線の統合比率が発表になります。
自分は少しだけベットしてますが、正直これは勝負するような案件じゃない気がします。
ただポジションを持たないからといって、この結果をまったく調べようとしないのはあまりにもったいない。
というか、専業なら後学のためにも調べないといけないですよね。

1月4日

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


お正月ヒマだったので、アメリカ株やCME日経なんかでちょこちょこトレードしつつ小銭を稼いでお年玉気分でよかったんですが、初日の今日は早速大負け。
8585オリコをショートしてやられちゃいました、アホやね。

後場のオリコの活況をみると、いかにも信用無限の資金が集まってる雰囲気だったので、信用無限は当日に手仕舞いが多いから引け前はだれるだろうなという甘い予測で失敗。

大きな流れはサラ金買いだったんだから流れに逆らっちゃダメですよね。
典型的な「木を見て森を見ず」、初日から破っちゃいましたが、とにかく今年はトレンドについていくという基本を徹底するつもりです。


年末にみなさんと一緒に笑っていられるようにがんばります!

2012年度 年間成績


トータル+4970。


この数字には満足していますが、今年は自分が得意とするイベント系のチャンスが多くて運に恵まれた印象が強い。
大きなものをざっと取り上げると

1月 エレマテックのTOB +1100
4月 東光&高岳の株式交換 +900
8月 パルコのTOB +1000
10月 JCOMのTOB -600
11月 イーアクセスの株式交換 +1500
12月 アコーディアのTOB&イーアクセスの鞘取り +400

これだけで+4300だから、それ以外の純粋なトレードでの年間成績は+670だけ・・・
特にボーナスステージだった12月を取りこぼしたのは致命的だし・・・

こんなムラのある勝ち方だとどうしても自問自答してしまう。
「もし来年、イベント系で一つもヒットがなくなったらどうする?」

とはいえウダウダ悩んでいてもしょうがない。大事なのは言葉じゃなくて行動ですから、やるしかありません。

そんなこんなで来年は自分にさらなる変化をもたらす必要があるので、いくつか工夫をするつもり。

まずはトレードルームの引越し。
今はワンルームマンションなんですが、とにかく狭い!
トレードだけに打ち込むんだったら十分じゃない?っていうのもありますが、トイレに行くのでさえぶつからないように気を使って歩くのはさすがにストレスになる。
なので年明けに2DKのマンションに引越しを予定しています。
これだけのスペースがあれば、トレードの合間に気分転換のストレッチもできるしマッサージチェアも置けるし。
家賃が4万円→8万円にアップするので、がんばってその分を稼がないといけません!

それともう一つ、別口座でアクティブ運用に挑戦します。
いままでの自分はタネ銭が少なかったこともあり、とにかく負けたくない気持ちが強すぎる傾向がありました。
なので分析に自信のあるイベント系以外のトレードではロットも小さいし時間軸も短いものばかりで、チャンスを逃してきたことが多かった。

いつまでもこんな安全志向じゃいけないので2000万円くらいの別口座を作って、そちらではおもいっきり積極的なポジション(といっても無謀という意味ではなくボラが大きいのとか時間軸が長いもの)を扱っていくつもりです。

そしてこれらの工夫もそうですが、それよりなによりマーケットに向き合っていくという基本を徹底することが何よりも大事なことだと思っています。
今年は横着して夜の復習もサボっていたことが多かったので話になりません。
マーケットの声を聞いて、いまどの方向に向かってるのか、どのセクターに資金が流れてるのかを注意深く見ていくことを徹底していきたい。



話はそれちゃいますが。
そういう意味じゃトレーダーは「オレについて来い!」という男らしいスタイルより、気難しいワガママ相手に「いまの機嫌はどうかな?お腹すいてないかな?」っていつも顔色をうかがってるようなダメ男の方が向いているのかもしれませんw

同じような話でトレーダーの友人が言っていた名言を思い出しました。
「長年きちんと勝ち続けてるトレーダーって、プライベートでも他人を気遣ったり周りに配慮できたりする人が多い。独りよがりの人は消えていくことが多い気がする。やっぱりそういう視野の広さや観察力がトレーダーには必要なのかも」

確かに私の周りのトレーダー仲間も、みんな素晴らしい人ばかりです。
勝ってても決して自慢したり驕ったりしないし、飲み会などでも周りの人を気遣ったりしてとても気持ちいい時間を共有できる人ばかり。

そんな中で最悪なのは自分くらいかなw
いつも酔っ払いですみません、この場を借りてお詫びと御礼申し上げます。
また来年もお付き合いのほどよろしくお願いいたします。



それではみなさま、良いお年をお迎えください!

12月の成績

12月の成績 +500 ( 株 +500 先物・オプション 0)



一応、最低限のカッコはついてますが、内実は100万しか勝っていません。


まず本日の大納会のトレード、なぜかTOB価格間近まで上昇した2131アコーディアを利食い。
この株価位置だとホワイトナイトくらいしか正当化できませんが、さすがにその可能性は低そうなので100株だけ残して処分しました。

このアコーディアのトレード、今日と初旬に利食った分で+250。

それとイーアクセス&ソフトバンクのサヤ取りも初旬の分と最終日の分で+150。

これらは地合にほぼ関係ないポジションなので、実質的に今月の活況相場に対して勝てたのはわずか100万円だけという悲しい結果です。


おそらくほとんどのトレーダーにとって今月はスーパーボーナスだったと思います。
いつもの月の何倍も利益を出して、うまい人は資産倍増も決して不可能じゃないくらいの活況だったんじゃないでしょうか。

指数でさえ10%くらい上がっているのに、自分のあまりにしょぼい成績を見ると涙が出そうです…

でも感情的に悔しがっているだけじゃ進歩はなし。
自分に足りないものがたくさんあったからこんな結果になるわけで、すべての原因は自分自身にあります。

来年も何回かはこういうボーナスステージがあるでしょうから、そういう来年への課題も含めて今年のまとめを明日にでもアップしたいと思います。


一年間お疲れ様でした!



12月25日

不動産含み益では昔懐かしい9637東京都競馬や9627よみうりランドが大爆発。

さらに直近IPOでは6072地盤ネットや2931ユーグレナなど寄らずのストップ高。

こういうボーナスステージにさっぱり乗れないのはいつものこととはいえ、やっぱりさみしいですね。


特に直近IPOは先週から強いことはわかっていて目をつむって買うだけなのに、昔の嫌な記憶があってどうしても避けてしまう。
ラクに儲けるチャンスをこんな感情だけで排除しているようじゃ、専業としては明らかに失格だと思う。

実際に目に効くトレーダーの知り合いはしっかりと仕込んでる人が多いし、自分も心の中では『IPOは狙いだよなぁ』って思っていただけに、好き嫌いで仕事を放棄した自分を強く責めたい気分です。



年の瀬にあまり悪いところばかり言ってもむなしいので、少しは自画自賛も。

株式交換で今日が売買最終日の9427イーアクセス。
もちろん交換の権利があるのは現物株のみなのに、最終日が近づいてきても信用買い残がかなり残ってることが気になっていました。

複数の証券会社に問い合わせたところ、いずれの回答も「もし信用で建てているものがあれば、売買最終日の12/25に強制返済されます」とのこと。

そこで今日はフル板で注目していたらやはりきました、引け成りの強制執行の売り物が5000枚以上!
急いでイーアクセス現物買い&9984ソフトバンク信用売りのポジを引け成りで注文したら、イーアクセスが引け直前に大きく下げて、2%のサヤで組むことができました。

年末年始に酒飲んで大発会を迎えるころには2%確定だから、かなりおいしいポジションですよね。
もっと本流でガッツリと儲けられればいいんですが、こんなセコいところで取るのが自分らしくていいということにしておいてください!?









12月21日

昨日のブログで「空売り要注意」と書いたら、今日はあっけなく寄り天から大きな陰線。

自分のような、今回の上げ相場に乗れなかった人がこういうこと言い出したら目先調整するという典型的な曲がりっぷりw

まあ三連休前でのアンワインドはしょうがないところなんでしょうね。


乗れてないなりに今日もセコくデイトレで5万ほど利益。
今の自分にはこれで十分。
専業であるからには「やりたいこと」じゃなくて「できること」を地道にやるしかないですからね。



今週末は三連休のクリスマス、名古屋に遠征する予定です。
といってもキレイなお姉さんと一緒じゃなくて、大学時代の旧友と一杯やる予定。
せっかくのクリスマスにオッサン同士でしんみり乾杯じゃさみしいですが、それも自分らしくて悪くないのかもしれません。

みなさんも素敵な連休&クリスマスをお過ごしください!






Profile



ひろし

ごく普通のサラリーマンを約10年。

平凡な人生を打ち破りたい衝動を抑えきれず、夢と希望がある(かもしれない)トレーダー生活を始め現在に至る。

株歴は10年以上、長いだけでさっぱり実力が伴わないのが目下の課題。

座右の書 『デイトレード』(オリバーベレス)

お酒大好き、でもただいま平日禁酒中。

将来はオーストラリアに移住しようかな、なんて考えてます。
訪問者数

  • ライブドアブログ