2005年10月24日

炙り屋 錦乃介 in New York

Hiroshiです。

グルメ好きの仲間と、マンハッタンの炙り屋錦乃介に行ってきました。
住所:213 EAST 45thST. New York, NY 10017 (Bet 2nd Ave. & 3rd Ave.)
電話:212- 867-5454
営業時間:月−日 5:30pm-12am (ラストオーダー 11pm)
あぶり1あぶり2あぶり3


6月の開店なので、まだ日が浅いですが、各ブログの評価はなかなか高いようです。
店に入ると、日本人スタッフが笑顔で出迎え、席に案内してくれます。
金曜夜だったので、店内の客の多くは仕事帰りのサラリーマンです。
店内はちょっとこじゃれた炉端焼屋のような雰囲気を醸し出しています。
我々5人が通された部屋は障子で仕切られた6人ほどがくつろげる部屋でした。プライバシーは保てるものの、ざわざわしているので、しっとり、という雰囲気ではありません。
この店の売りは、豆腐ということだったので、まずはすくい豆腐、それからモツ煮みを食べました。お姉さんが醤油を持ってきてくれなかったので、お皿に持ってあった塩で食べてみましたが絶品でした。もつ煮みが、ちょっと上品すぎる感じです。
ここは、期待できそうだ。

あぶり4あぶり5あぶり6


写真のとおり、朴歯焼きなどの焼き物は七輪で、目の前で焼きます。
ブリカマもおいしかったです。
仕事の乗りでノートをとっているのは、日本酒リストをチェックしている臨時調査員K氏です。(顔は伏せていますが、男前です。)
食べ盛り調査員Kとは違い、こちらは真面目です。

味:★★★(3.9)
この錦乃介は、浪花よりも、味、店の雰囲気づくりで勝ります。
(浪花は、Hiroshiは嫌いではないのですが、良くも悪くも、大衆居酒屋チェーン(つぼ八とか)的です)

NYでこれだけ手の込んだ料理をそこそこの値段で食べさせてくれるという点で、やはり感動です。

やっぱり、マンハッタンはすごいなぁ〜。
ニュージャージーの日本食、頑張れ!!

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hiroshiandterry05/50089491