2008年10月18日

"53rd & 6th" in New York

#460

■謎の「ホワイトソース」が人々を病みつきにする

今回ご紹介するのは53rd & 6thです。
53rd & 6th
South-West Corner of 53rd Street and 6th Avenue
New York, NY
電話なし
メール: support@53rdand6th.com

53_6_153_6_253_6_353_6_453_6_5



今回ご紹介するのは、ベンダー、つまり屋台の店です。なので正式な住所、電話番号はありません。
ニューヨークでは、超有名店のHalal Gyroの店で、いつも長蛇の列ができています。はじめて私がこの店を知った際、その列は6 Aveの先から7 Aveに到達するくらいの長さに達しており、ひっくり返ったのを覚えています。

店の名前は、一応交差点の名前が付いていますが、"Halal Guys"や"Gyro Spot"など、いくつかの呼び名でも呼ばれているようです。
この店の凄いところは、これまでNew York Timesをはじめ、たくさんの新聞・雑誌、ブログなどで取り上げられており、なんとウィキペディアにも載っています。

メニューはいたってシンプルで、チキンか、ビーフ・ラムの肉とレタスが基本の具で、それにライスとピタをつけると6$、ピタだけだと5$、サンドイッチだと4$、それだけです。
これが、不思議なくらい、ものすごくうまい!

うまさの秘訣は「謎のホワイトソース」。
たぶん、ヨーグルトとマヨネーズが主成分であるように思われますが、このソースがめちゃくちゃ病みつきになります。
屋台のそばで食べる場合は、屋台脇に調味料ボトルがたくさんあり、自分で好きなだけかけます。持ち帰りの場合はプラスチック容器で2つ分のソースが付いてきます。
BBQソースもあるらしいですが、とにかくこのホワイトソースを使うのが王道です。
それから、真っ赤なホットソースも付いてきますが、これがもっのすごーーーーく辛いので、極めて少量を少しずつかけながら調整することをお勧めします。

屋台のそばには噴水があり、たくさんの人がその周りや少し離れたベンチに腰かけて、むしゃぶりつくように「謎の」中東料理を食べており、異様な雰囲気です。
長蛇の列は深夜になっても途切れません。日本では飲んだ後の仕上げはラーメンが定番ですが、この店もそういうノリですね。


味:★★★★(4.3)
あまりにも行列が長くなるため、6 Aveを挟んだトイ面のSouth−East Cornerでも同時に屋台を出していますが、両方が同じ店であることを知っている人が少ないため、そっちのベンダーは結構空いてます。
なお、営業時間は夜7:30pm - 4:00amです。それ以外の時間は別のHalalのベンダーなのでご注意を。


Posted by hiroshiandterry05 at 20:00│Comments(2)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/hiroshiandterry05/50763071
この記事へのコメント
ヘアヌードは奥が深いもの。エロさだけを追求したヘアーヌードもあれば芸術性を重視したヘアーヌードまで多種多様
Posted by ヘアヌード at 2011年07月05日 11:38
自分に都合がよくてエロい。しかも抜群の容姿de若い!そんなもう狂喜乱舞してしまいそうなセフレが見つかってしまうサイトが遂に登場してしまった
Posted by セフレ at 2011年07月20日 14:17