DSC_0078DSC_0079
箱灸というお灸があります。うちでは特におなかに使います。おなかは内臓がの状態が反映されています。そして、大事なツボもたくさんあります。特に疲れている人は関元というツボがペコペコに虚してしまっています。こういう状況だと、やる気が出なかったり、元気がいまいちだったりします。箱灸はそんな場所に置きます。お腹がぽかぽかして、とっても気持ちいい!です。皆さんに使うわけではありませんが、鍼灸治療の中で使います。皆様おなかを冷やさないように。

この箱灸の代わりに桐灰から発売されているへそきゅう もいいかもしれません。
これは火を使いません。電子レンジでチンするだけです。神闕(しんけつ)と呼ばれるおへそや、先ほどの関元あたりにあてる、もしくは中脘(ちゅうかん)もいいでしょう。つぼ1