南海本線(なんかいほんせん)は、大阪府大阪市中央区難波駅から和歌山県和歌山市和歌山市駅までを結ぶ南海電気鉄道鉄道路線

「本線」という路線名ではなく、社名略称を冠した「南海本線」が正式な路線名である。南海本線自体を指して、または南海本線に接続する各路線(高野線・汐見橋線空港線をのぞく)を含めて通称南海線と呼称される。路線シンボルマークは、波しぶきをイメージしたもので、ラインカラーは青。

南海天下茶屋駅

南海 天下茶屋駅
てんがちゃや - TENGACHAYA
所在地大阪市西成区岸里1丁目1番9号
駅番号NK05
所属事業者南海電気鉄道
駅構造高架駅
ホーム3面4線
乗降人員
-統計年度-
63,006人/日
-2012年-
開業年月日1885年明治18年)12月29日
乗入路線
所属路線南海本線
キロ程3.0km(なんば起点)
NK03新今宮 (1.6km)
(0.9km) 岸里玉出NK06
所属路線高野線*
(線路名称上は南海本線)
NK04 萩ノ茶屋 (1.0km)
(0.9km) 岸里玉出
備考*高野線は汐見橋が起点

相対式ホーム(それぞれ1・4番線)の間に島式ホーム1面(2・3番線)がある、3面4線を有する高架駅である。ホーム有効長は南海線は8両分、高野線は10両分である。

南海本線および高野線は、回送を除くすべての列車が停車する。実際の両路線の分岐駅である岸里玉出駅優等列車が停車せず、かつ乗り換えに時間を要することから、当駅が実質的な南海本線と高野線の相互乗換駅となっている。2001年の南海本線のダイヤ改正までは新今宮駅が乗換駅扱いだった。

改札口コンコースは2階、ホームは3階にある。1階から2階の間と、2階から3階の間には、エレベーターエスカレーターが設置されている。なお、改札外には飲食店が出店している。

トイレは改札内に設置されており、ユニバーサルトイレを併設する。


南海天下茶屋駅プラットホーム
ホーム路線方向行先
高野線ホーム
1高野線下り高野山方面
泉北高速線和泉中央方面
2高野線上り萩ノ茶屋新今宮今宮戎なんば行き
(各駅停車のみ萩ノ茶屋・今宮戎停車)
南海本線ホーム
3南海線下り和歌山市方面
空港線関西空港方面
4南海線上りなんば行き(すべて新今宮のみ停車)


◆今回の撮影地は天下茶屋駅にて撮ってみました。

南海本線 天下茶屋駅(新今宮駅~天下茶屋駅間)1-23

南海本線 天下茶屋駅(新今宮駅~天下茶屋駅間)1-24

南海本線 天下茶屋駅(新今宮駅~天下茶屋駅間)1-25

南海本線 天下茶屋駅(新今宮駅~天下茶屋駅間)1-26