2007年01月10日

『ベネズエラ革命』

ウーゴ・チャベス演説集『ベネズエラ革命 ウーゴ・チャベス大統領の闘い』(現代書館,平成16年)の24頁(2002年12月27日)


「一撃の句」
私たちは新しい時代に入りつつあり、政治的独立でなく、貧困の鎖から私たちを解き放つため経済的独立を図ろうと戦っている(拍手)。


「一撃の急所」
ウーゴ・チャベス大統領は、国連の場で「ブッシュ(米国大統領)は悪魔だ!」と喝破した英雄です。
このウーゴ・チャベス大統領と私には、共通の理想像があリます。ラテンアメリカ独立の父、シモン・ボリーバルです。

経済だけでなく政治・軍事まで米国の管理下にある日本の「独立」に必要なリーダーは、シモン・ボリーバルまたはウーゴ・チャベスのような英雄ではないでしょうか。

ちなみに私の九州大学時代の先輩が帝国石油に勤務し、現在ベネズエラ国営石油公社(PEDVSA)と共同で石油生産に従事しています。遠い日本から田内先輩にエールを送ります!

hiroshinho at 08:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔