ドジでのろまな亀

DSC_6387
総集編(前編Disc4収録)にも書きましたが有名な「ドジでのろまな亀」の初出は第11話の次の回の総集編だったのではないかなと思います。
総集編では渡仏した村沢教官を想って千秋が夢(妄想?)を見ています。その中での千秋のセリフです。

「なんだ、松本。」
「教官。私が今、つかんでいるのは確かに教官ですね。本当の村沢教官ですね。」
「そうだ。俺だ。村沢だ。松本。俺がいなくてもスチュワーデスの訓練やテスト、
めいっぱい頑張っているか。ひとつひとつ、ちゃんと合格しているか。」
「はい教官がフランスからのお手紙に書いて下さったとおり、私、強い可愛い亀になって精一杯やっています。ドジでのろまな亀だけど、すばやいうさぎ達に絶対に負けないように。」
「はははそれでこそ松本だ。えらいぞ!」

この流れで分かるように第11話で届いた教官からの手紙に「ドジでのろま」だけど「亀」になって頑張れと書いてあったのです。なぜ亀なのかというと「うさぎと亀」のかけっこする亀のように千秋がのろまだから。他の訓練生は足の速いうさぎ。千秋はのろまな亀。でも一生懸命に走ればうさぎに追いつけるのだから頑張れ、と。そういう励ましの言葉が由来です。以下は第11話で出てくる村沢教官からの手紙です。

「・・・・・・お前は他の訓練生に比べると、たしかにドジでノロマだ。ウサギとかけっこするカメかも知れない。しかし、カメだって休まないで頑張れば、必ずウサギに勝てるんだッ。松本、俺がいなくてもウンと勉強して、毎週のテストを突破しろッ。分かったかッ、俺の可愛いカメ!頑張れッ。負けるなッ」

この手紙が発端で以降教官と千秋の間では合言葉のように「ドジでノロマな亀」が出てきます。
今回、ご質問を頂き、確かにこの言葉の始まりがいつでその後何回ぐらい出てくるのだろうと気になりました。
また時間が掛かるかもしれませんがさらに調べてみたいと思っています。コメントでご質問下さったユッキーさん、有り難うございました。

追伸 なかなか更新できなくてすみません。いろいろあってモチベーションが下がっていましたが『スチュワーデス物語』熱は微熱ながら続いています。
追伸その2 写真は鹿児島空港のJALモックアップです✈

ぷらむhiroshis478  at 14:02  | コメント(2)  |  この記事をクリップ! 

ちえみちゃん祭り2017

本日、品川ステラボールにて〈ちえみちゃん祭り2017〉が開催されます!
17:00開場17:30開演、当日券も有りとのことです🎵

感想はコメントへ😉

ぷらむhiroshis478  at 13:37  | コメント(11)  |  この記事をクリップ! 

ロケ地の現在:なんば駅前電話ボックス

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
今年はもっと更新していきたいです。『スチュワーデス物語』愛は静かに続いています。

さて、久しぶりに大阪なんばへ行ったので恐る恐る電話ボックスを確認しに行きました。

DSC_1951


あった!ありました!😆

DSC_1958


残っていて良かったです😆
もちろんそのままのものではなく何代目かかもしれませんが。

DSC_1960


近くの階段。

DSC_1962


地下から来るならこの出口です😉

ぷらむhiroshis478  at 08:08  | コメント(1)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! スチュワーデス物語 | 情報