ぶらり金沢駅

散歩でぶらりと立ち寄った金沢駅を中心とする旅ブログです。

Y&Coカプリーノさくら〜信じられないシェーブルにゾッコン

大和で開催された「全国うまいもの大会」
DSC09448
軽井沢のイメージがあるアトリエ・ド・フロマージュ 洋ナシのロールチーズケーキなど
DSC09440
ドーナッツプラント ハロウィーンセット
 金沢駅にドーナッツプラントがあったときは1個320円もしましたから、この6個セットが1200円ならお買い得だと思い購入しました。ネットで確認すると通販のハロウィーンセットは別物ですが、8個で2500円しますから、このセットは地方向け催事用の特別なものかも知れません。
 安いとは言っても中身はドーナッツプラントのクォリティであり、美味しかった。
 

8階催事場は大人気でしたが、もっとすごい催事売り場が地下にありました。

 それは、富山県黒部市にある吉田興産Y&Coが製造するヤギのチーズの催事販売。
 何気なく冷蔵ケースを覗いていましたが、私以外に誰もお客さんが来ないようであり、チャーミングな販売員の方から話しかけられて、チーズのお話をお伺いしていたところ、胸の名札を見てびっくり。なんと、製造者ご本人が販売していたとは。
 気持ちが一瞬で舞いあがりました。

 このチーズですが、昨年イタリア・ミラノで開催された、ヤギチーズ・ヨーグルトのコンテスト「all'Ombra della Madonnina 2017」にて、カプリーノさくらが「最優秀賞」、カプリーノが「優秀賞」、ヨーグルト ディ カプラが「優秀賞」を受賞したという、とんでもないチーズなのです。

 YKK吉田工業の創業家である吉田社長(現YKK取締役)が地元黒部で始めたヤギの飼育。当時、社長は娘さんにヤギチーズ職人になってくれないかと頼んだことから、東京で歌手をしていた娘さんに白羽の矢が立ち、イタリアでチーズづくりを修め、その後、黒部でチーズの製造がはじまったという伝説は、シェーブル好きにはたまらない、当時から知れ渡っていたエピソードでした。
 
 2年前に富山で製造主任の男性の方とお会いする機会があり、日本のチーズ界の第一人者でフェルミエ代表の本間るみ子さんが撮影した牧場のスライド映像を見ながら、本間さんの解説をお聞きし、その後、この牧場で製造されたヤギチーズを試食させていただいたことがあります。なにしろ流通量が少なく、金沢で販売していないため、なかなか口にすることができない伝説のシェーブルですから、試食といえども貴重な体験でした。
DSC09438
香林坊大和(上)にて。2年前富山(下)にて本間さん製造主任さんと。
 DSC09453
最優秀賞 カプリーノさくら
 基本的に春にしか製造しないが、香林坊大和限定で販売されていました。
 コンクールではサクラのフレーバーがイタリア人に理解されるかどうか不安があったのだそうですが、イタリア人も初めて出会ったフレーバーに驚かれたことだろうと思います。
 サクラは日本人にとって特別な花。咲く花に春の訪れを告げたかと思えば、散る花に人生のはかなさをも告げる、いわば日本人の心ともいうべき花ですから、カプリーノさくらの最優秀賞は素晴らしい。

DSC09455
 グリーンがかったグレー、いい肌の色をしています。表面の匂いは熟成が進んだクロタンのような臭さがあり、表面を見ただけでタダ者ではない気配を漂わせています。
DSC09458
 写真では全く伝わりませんが、スパッと切ってみてびっくり。ほのかな桜色が美しい。そして桜のフレーバーが口いっぱいに広がり爽やか。フレッシュなミルクの味わい深く、きめが細かくて口の中でさらりと溶けてゆきます。こんなに美味しかったなんて思ってもみませんでした。
 臭みがまったくないのは、清潔でストレスがなく、匂いのしない環境で育ったヤギだからです。ヤギの乳ににおいがあると言われるのは、ヤギの乳は牛乳と比べてきめが細かいため、周囲の匂いを吸収しやすいからなのだそうです。
 吉田興産では匂いが乳に付かないようにするため、匂いのない環境を工夫しているのだと2年前にお話を伺った覚えがあります。
DSC09460
優秀賞 ヨーグルト ディ カプラ
 これも真っ白できめが細かく、さらっとしているのにミルクの味わいが舌の先に残るという満足感がすごい。
 吉田興産が金沢でチーズを販売するのはこれが初めてですけど、次があるかはわからない。私にとっては、もうありえない一期一会でした。

南草津、オステリア イル グリーチネのランチ

オステリア イル グリーチネ (Glicine)
 DSC08869
 滋賀県南草津の大通りから1本裏に入ったわかりにくい場所にあり、しかも二階がグリーチネで、一階は別のお店ですから、本当の意味で隠れ家のようなお店ですね。
 予約のときに分かりにくい場所にあるといわれたので、グーグルストリートでこのお店周辺の風景や、この店の外観写真を見て覚えてゆきました。おかげで迷うことなく到着することができました。
 オーナーシェフとソムリエールのご夫婦で営まれているお店で、予約時の奥様の対応がとても丁寧であり、細かいところにおもてなしが行き届く名店の予感がありました。
DSC08879
窓のステンドグラス。曲線を主体とするアールヌーヴォー様式を思わせます。
DSC08873
家具もアールヌーヴォー様式で統一されています。
 ここはイタリアンというよりも、フレンチレストランのポワソニエのような落ち着きがあると思っていたら、シェフは滋賀のフレンチレストランにいた方だというから、なるほど。

DSC08871
こだわりのカトラリー。ナイフは蜂ではなくて牛のマークの方のラギョール製(Coutellerie de Languiole)です。スパッとよく切れそうです。

DSC08878
カールユング スパークリングロゼ(ノンアルコール)
ポデーレ・デッラ・チヴェッタイア ピノ・ネロ
このワインの原価は1本4000円ぐらいですから、ハウスワインとすれば相当よいものを出されています。

DSC08881
バターナッツと自家製リコッタチーズのスープ
濃厚でこってりとしたスープです。
DSC08884
熱々の自家製パン
常連さんはこのパンを目当てにいらっしゃるそうであり、なるほど美味しい。
DSC08885
熟成バターかオリーブオイルをパンに付けていただきます。
サルバーニョオリーブオイルは青々とした色と香りがあるにも関わらず、さらりとしていて苦くない爽やかな味でした。
DSC08887
モッツアレラと季節野菜の前菜
DSC08888
花オクラ、チコリ
モッツァレラの中身はクリーミー、ブッターラでした。
DSC08889
ヴェレノージ・エルコレ
ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ・ロッジョ・デル・フィラーレ
サンジョヴェーゼ、モンテプルチャーノ
多くの賞を総なめにした原価4000円台のリッチなワインです。
この店のワインはソムリエールの奥様とシェフの二人が飲んでみて、気に入ったものを選ばれているようです。
DSC08891
スパゲッテイ、トマトとペコリーノロマーノだけのシンプルなもの
シンプルなだけに実力がわかるという難しいパスタ。トマトソースに加える玉ねぎの加減がキモ。
DSC08893
宮崎県産 南の島豚
DSC08894
さっぱりした脂と淡白な味は食べやすい。
DSC08896
エスプレッソプリン
カラメルもエスプレッソの味がします。予約時の好みに合わせて、十数個も試行錯誤してこのプリンを作られたのだそうであり、とても美味しいプリンをいただけました。これからこの店の定番商品になるだろうと思います。
DSC08898
このカップはマイセンのようですね。以前に見たことがあります。
DSC08901
やはりそうでした。

 厳選された食材を使った美味しいお料理と、こだわりのワインに、心休まるホスピタリティでとても楽しませていただきました。

臨済宗大本山、東福寺〜釈迦如来像

臨済宗慧日山東福寺
 創建750年の禅寺は広大な敷地を持ち、紅葉の頃は赤く色づき絶景です。
 しかし、新緑のカエデもなかなかよい風景で、赤ちゃんの手のような5つの切れ込みの葉が、さらさらと軽やかで心地よく涼を感じます。
 DSC09128
臥雲橋
DSC09134
日下門

DSC09221
三門
DSC09223
国宝。楼上内部には諸仏が並び、天井や柱には極彩画が描かれているそうですが、横にある階段は一般参拝者は上がれないので内部がどうなっているのかわかりません。
DSC09225
本堂(仏殿)
昭和9年、重層入母屋の建築。
DSC09222
ここから天井を覗くと蒼龍図が見えます。
DSC09218
天井には見事な蒼龍が描かれています。堂本印象(印象美術館の記事にリンク)さんの作です。すごいね。
DSC09217
本尊は釈迦如来像。
摩訶迦葉尊者像、阿南尊者像及び四天王像
DSC09151
通天橋からつながる回廊をのぼると、開山堂と普門院前の庭園に着きます。
庭師が何人も入っていました。庭園を常に整えている京都の庭師は、NHK「京都人の秘かな愉しみ」でオムニバスドラマが取り上げられていたので、庭師を見ると注目してしまいます。
DSC09166
開山堂(重要文化財)
1280年入定の聖一国師を祀っているそうです
DSC09159
普門院
DSC09163
つつじが咲くころはとてもきれいでしょうね。
江戸中期の名庭といわれます。
DSC09160
茶色になった苔がみごとです。
DSC09171
書院
明治時代の建築
DSC09212
国指定名勝 東福寺本坊庭園
昭和14年に製作され、近代庭園の傑作とされています。
 この「八相の庭」は、東西南北に配されており、釈迦がこの世に出現して示した8種の相の入滅を表しているといわれ。北斗七星、蓬莱、瀛洲、壺梁、方丈、京都五山、須弥山、市松の八つから成っています。
(釈迦八相道は、降兜率(ごうとそつ)・入胎(托胎)・出胎・出家・降魔(ごうま)・成道(じょうどう)・転法輪・入滅)
DSC09187
南庭には四つの「神仙島」と「京都五山」、「須弥山」を表しています。
 この場所に座り背後からシルエットを撮った写真を拝観者の皆さんが撮られていました。インスタグラムにでもあげているのでしょうか。
DSC09191
「京都五山」白砂は八海を表します。
DSC09195
八海に配置された神仙島の一つ「瀛洲」
DSC09196
西庭は井田を表した大市松模様
DSC09201
通天台
ここから左手方向に通天橋を望みます。
DSC09204
通天台から通天橋を望む。カップルが見ている方向に臥雲橋が見えます。辺り一面カエデが生い茂っており、紅葉の時期はとりわけきれいでしょうね。
DSC09206
北庭が苔と板石による小市松
DSC09209
東庭の「北斗七星」
東福寺を堪能しました。
京都五山のひとつにふさわしい臨済宗の大本山でした。

午後のメンズカフェ〜ロビーコンサート〜石川県立音楽堂交流ホール

石川県立音楽堂楽友会様主催のロビーコンサートに片町メンズクラブが登場しました。
743856ee
 お世話いただいた楽友会様より「午後のメンズカフェ」というオシャレな演奏会名を付けていただきました。
 ご来場いただいたお客様のために楽しい演奏会となるよう、メンバー全員がこころを合わせこの日に臨みました。
 とはいえ、日頃より忙しいメンバーですから、なかなか練習に集まれず、全員が初めて揃ったのは演奏会当日という荒業。。。どういうサウンドになるのか自分たちもやってみないとわからないという。アクシデントも含めて本番を楽しみたいというのがメンバーの思いのようです。
 DSC09264
 本番3時間前、音楽堂の練習室にて最初にして最後の仕上げ。
DSC09352
 交流ホールにお集まりいただいたお客様。写真は第2部「ご一緒に歌いましょう」
DSC09267
オープニングは「片町メンズクラブのテーマ」。Take Fiveの替え歌
DSC09291
 フジヤマ作曲、路遊の俳句による「笛あらば」、「蝶生まれけり〜草笛」。以前に初演した曲とは別物の曲としてバージョンアップし帰ってきました。最初に楽譜を渡された時は、難解なフレーズの連続に、なんじゃこりゃあ、やられたと思いましたが。4声がぴたりと合うようになると、パズルのピースがはまるように心地よくて、逆に歌いやすいと感じるように。
 パスルを解いた私は、なるほど、そうだったのかと〜改めてフジヤマにやられました。コンポーザ・イン・レジデンスを抱える私たちは幸せですね。
DSC09335
 「ハイ、それまでよ!」。語って面白く、歌って爆笑。ボビーは片町メンズ一のボードビリアン。アクシデントもうまく拾って美味しいと思わせるのはさすがです。
DSC09306
 「ウイスキーがお好き」。トニーの甘くメロウなリードボーカルはこの曲にぴったり。
 元キリン北陸支社長で、ワインアドヴァイザーでもある知り合いの彼は、若いころにスコットランドで仕事をされたウイスキーのプロ。私はウイスキーをたしなむには、まだお子様ですけど、彼を見ていると、ウイスキーの似合う本物の大人っているんだと、いつも憧れをもって見ています。コハク色でスモーキーなお酒にキュンとします。
DSC09325
 「夢で逢えたら」のリードボーカルを担当したファルコン。この名前は、このコンサートの後の打ち上げで、急きょ決まりました。ファルコンとは隼という意味ですから、そこから導かれる「隼人」が「速い人」だという連想ゲームみたいです。
 酒の席で何でも決まってしまうというのがメンズらしい・・・(;一_一)
DSC09293
 「ド○モ ショ○プ金沢駅前店」、「アー○ン ホーム」。シャラランラン〜ご存じコマソン。
 編曲者ボビーが4声にしてくれました。コマソンから安室さん引退にちなんだ「キャンユーセレブレイト」まで、プログラムにない短い曲を間に挟み、会場をなごませます。合唱に馴染みのない方にも、1時間のコンサートを退屈せずに楽しんでもらいたいということ。
DSC09344
 アンコールの「メリージェン」。出た、ボビーの十八番!!お馴染み、メリージェンへの切ない愛の歌を思い入れたっぷりに歌うボビー。
 Christopher Lynn(=蓮見不二男)作詞のメリージェンは、アメリカ人が歌詞を聴くとおかしなところがあるとテレビで言ってましたが、日本語で「恋しい、会いたい、忘れられない」などとは、とても恥ずかしくて歌えませんから、日本人が英語で歌って酔いしれたい曲ですね。
 メリージェンをスペイン語に訳すとMari Juannaとなり、「マリファナ欲しい、やめられません」という隠語が隠されていると、当時から囁かれていたそうです。なるほど、ロックですな。(ネットより参照)
DSC09343
 メリージェンの最後にレンジャーが「but most of all 〜I love you」と、難しい低音のGを聴かせてくれました。
DSC09270
 長時間お聞きくださいました皆様、ありがとうございました。ステージ上から懐かしいお顔をたくさん拝見することができて、楽しいステージでした。お世話いただいた楽友会の皆様にも感謝申し上げます。
DSC_9508 (1)
 ソプラノ歌手の韓さんが応援に来てくださいました。本当に感謝、感激です。
 韓さんはコロラトゥーラの達人で、もう、本当にすごく素敵な歌を歌われる大好きな歌手なので、嬉しすぎて無断でUPしてしまいました。ごめんなさい。
 この時は気がつきませんでしたが、ドイツ語の小夜曲を歌っていたことを後で思い出して赤面。ドイツの歌劇場で専属契約して歌われていたこともある、日本ドイツリート協会の韓さんの前で、下手なドイツ語の歌を歌ってたなんて、ああ、恥ずかしい。
DSC09357
 打ち上げの美酒は頑張った人のご褒美です。
 片町メンズクラブ埼玉支部長(と私が勝手に言ってる)のプレスが遠方から駆けつけてくれました。マイクを使うことに慣れていないメンバーに対し、プレスは的確なマイクの使い方を指示してくれました。だめ出しも曲の頭が揃っていないとか、言葉が聞こえないとか、部外者では言えないことも気心の知れたメンバーだからこそ、はっきりと言ってくれる頼れる存在です。
DSC09358
 来年は片町メンズの10周年になるそうです。会則なし、団費なし、休んでも催促なしという自由気ままさに甘えてきた私が、これだけ続けられたことに対し、オーナー、幹事長、メンバーに感謝します。

琵琶湖プリンスホテルの朝食

37階レイクビューダイニング ビオナ
DSC02968
レストランの反対側の待合スペース側からは、町並みと近くに近江大橋が見えます。
レストランはすべてレイクビューになっています。

朝は非常に混雑していて、レストランの前で立ったまま40分待ちました。
待つことはある程度覚悟していたので苦ではありません。
DSC02976
炊き込みご飯に、滋賀の赤い糸こんにゃく、大根お漬物、ゆばを乗せて。
DSC02983
好きなものをちょっとずつ。バイキングってビジュアルが汚くてすみません。
DSC02977
自家製汲み出し豆腐
DSC02984
白いカレースープ
飲むカレー、好きです。
DSC02974
オムレツコーナー、調理人が焼いてくれます。
DSC02982
ハムとチーズをトッピング。中はとろとろ
DSC02978
クラムチャウダー
DSC02989
ごぼうサラダ、ポテトサラダなど
DSC02972
パンコーナー
DSC02988
クロワッサン、ホテル食パン
DSC02981
別のタイプの食パン
DSC02979
ヨーグルトはねっとりタイプ
DSC02980
モンキーバナナ、甘さは普通のバナナと同じようにあります
DSC02990
オレンジジュースとグレープフルーツジュース
朝からガッツリ食べました。ごちそうさまでした
livedoor プロフィール

広太家

片町メンズクラブ演奏会のご案内

P1010595
ロビーコンサート
 午後のメンズカフェ
  片町メンズクラブ
 平成30年9月15日 14:00開演
 ◆石川県立音楽堂交流ホール
 入場無料
 ※クリックで詳細が開きます

リゴレット〜森麻季さん出演

P1010595
 ヴェルディ作曲
  歌劇リゴレット
金沢オペラ合唱団
オーケストラアンサンブル金沢
 平成30年11月25日 14:00開演
 ◆金沢歌劇座
 入場料 3000円〜12000円
  歌います。やるっきゃないね!

2013冬の教会コンサート・片町メンズクラブ

片町メンズクラブの動画がUPされているのを偶然見つけたので、リンクを貼らせていただきました。
  アニュスデイ(グノー)
  The Lord is my Shepherd
  (グラナハム)
  アヴェマリア(アルカデルト)
納税の歌〜片町メンズクラブ
納税の歌(Youtubeにて配信中) 社会貢献活動により感謝状をいただきました♪
記事検索〜キーワードを入れてね
月別アーカイヴス
Life with Music〜音楽とともに生きる
音楽家の視点で綴る・・深くて、温かくて、美味しい、クララさんのブログ
NEKOYANAGI note
ステーキハウスNEKOYANAGIさんのブログ♪お店の食材や料理が満載です♪
NPOかなざわ創造塾 鼎(かなえ)
人と人がつながることで互いに成長し地域の活性化への貢献を目指すNPOです。
訪問者数
  • 累計:

ワイン金沢2012ホームページ

P1010595
ワイン金沢
〜食とワインの祭〜
 平成24年10月21日(日)
 ◆しいのき迎賓館裏
 入場無料(飲食有料)
  片町メンズクラブ
  ご来場ありがとうございました!!
  ワイン金沢HPにて画像を公開

Septemberコンサート

P1010595
 片町メンズクラブ
  withマ・ドンナ
 Septemberコンサート
  合唱演奏会
 平成27年9月5日 19:00開演
 ◆金沢市アートホール(6階)
 入場無料 (要整理券)
終演しました。ご来場ありがとうございました。

冬やゾイネンコンサート

P1010595
冬やゾイネン
コンサート
〜きままに無伴奏
好きな歌だけ〜
 平成24年2月11日(土)
 ◆金沢市アートホール
 入場無料(要整理券)
  片町メンズクラブ
  マ・ドンナ!!
ご来場ありがとうございました。
演奏会は終了しました。

P1010595
マ・ド ン ナ
inイーストリバー
終演しました♪
ご来場に感謝♪
 平成23年11月20日
 午後2時より
紅茶専門店イーストリバー
小松市西俣町ハ220
0761−67−1607
 入場無料(紅茶500円)
女声ユニットがお送りする
魅惑のハーモニー!!
(画像をクリックすると
拡大します)

P1010595
 片町メンズクラブ
  andマ・ドンナ
Septemberコンサート
Rock You! Live!
 平成29年9月3日 14:00開演
 ◆ミリオンビル地下(片町2丁目)
 入場無料 (要整理券)
  ほろ酔いライブ(お酒は有料)


P1010595
 片町メンズクラブ
  withマ・ドンナ
 IN 片町ケントス
  合唱演奏
 平成26年8月31日 14:00開演
 ◆金沢片町寿会館7階
 整理券不要 (入場無料)
 ご来場ありがとうございました。
 演奏会は終了しました。


P1010595
片町ライブ
IN金沢ケントス
ご来場ありがとう
ございました
 平成23年9月25日
片町寿会館7階
 入場無料
伝説のケントスで合唱ライヴ!!
ご来場に感謝です!!

ワイン金沢2013ホームページ

P1010595
ワイン金沢2013
〜食とワインの祭〜
 平成25年10月20日(日)
  11:00〜19:00
 ◆竪町ストリート特設会場
 前売り券2,700円
   当日券3,000円
 アバンセ、アロス、金城楼
 こっこ家、コルサロ、仙桃
 竹千代、太平寿し、タベルナガッパ
 天ぷら小泉、バーカロ、八十八
 ルマルス、六角堂、ひらみぱん
ミモレット、能登ミルク、サラザン
 メティサージュ、サンニコラ、OisiiDeli
 a.K.a、発酵食美人食堂!!
  事務局:ワインカーヴマルコ
   金沢カペラ合唱団登場!!

石川橋アンサンブル演奏会

P1010595
 心あたたまる
    歌の世界
合唱:石川橋アンサンブル
(金沢大学合唱団OB)
 平成25年8月17日(土)
   14:30開演(14:00開場)
 ◆金沢市アートホール
 入場無料(整理券)
指揮・独唱:辻端幹彦
ピアノ:押田真澄
賛助出演:片町メンズクラブ&マ・ドンナ
  バード作曲4声ミサ曲
演奏会は終了しました。ご来場ありがとうございました。