ぶらり金沢駅

散歩でぶらりと立ち寄った金沢駅を中心とする旅ブログです。

波結(はゆわ)〜四知堂〜越山甘清堂〜21美の屋外アート展示

 両膝への注射が効いているのか膝の調子はよい。
 新型コロナワクチン接種では発熱や腕の痛みなどの副反応は出たが、接種そのものは全く痛みはありませんでした。それにしても膝の注射の痛いこと。注射の痛みを感じるのは、半月板そのものの痛みが軽快したからなのでしょう。
DSC_3646
 リハビリを兼ねて自転車でポタリング。
DSC_3641
 膝に負荷をかけないようにゆっくり漕ぎます。
 以前のように風を切って走る爽快感や、坂道を駆け上がる楽しさはなくなりました。平坦な道でも進まないもどかしさはあります。
DSC_3638
 しかし、1年前に車いす生活となったことを考えれば、ここまで回復したことは幸運です。いまを楽しみたいものです。
DSC040861
 まん延防止措置以前のひがし茶屋街の様子です。
DSC04085
 やなぎ庵1階の地元工芸作家ギャラリーを覗くのがここへ来る楽しみのひとつです。ここへわざわざ来る理由は、ひがし茶屋街には本物が揃っているからです。
DSC06667
 
DSC06660
 波結(はゆわ)
 カフェ波結さんは、私の好きな工芸セレクトショップ縁煌(えにしら)さんの2号店です。2階カフェから眺める景色のよさは一等地。
DSC06673
 抹茶かき氷
 抹茶を凍らせた氷を砕いたものだから、味が薄くならない。
DSC06674
 抹茶白玉ぜんざいと加賀棒茶セット
 波結さんいいね。
DSC06317
 尾張町、四知堂さん
 駐車場がないので近くのコインパーキングに駐車
DSC06316
 奥の客席はグランドオープンされていますが、専ら入り口の軽食コーナーが好みです。
DSC06313
 胡椒餅
DSC06315
 山椒の辛さが鮮烈。好みの饅頭なので時々いただきますが、肉々しい香りが台湾料理に慣れていない方にはムリかな。
DSC06310
 ルーローファン。もうね、好みなの。これを食べたいから四知堂に行くのね。台湾にはない味で、まるでシチューのようです。
DSC06311
 豆花 トウファ。
 これも合わせて食べたい。台湾で食べたものとは少し違う。こちらがより洗練されており、金沢人向けで食べやすい。
DSC04088
 東山でいただく越山甘清堂のかき氷は一味違う。観光地によくある甘味処では、あんこにガッカリすることもあるが、これは老舗和菓子店のあんこだから。
DSC04089
 越山甘清堂のきな粉黒蜜かき氷。見た目は良くないけど、老舗和菓子店の黒蜜はヤバイね。氷もキメが細かくて綿菓子のようです。東山のお土産屋さんを舐めちゃいかんね。
DSC_3632
 早朝の21美を通りがかったところ、閉館中の美術館の外で作品展示がありました。
DSC_3626

DSC_3630
 「どこかへ」
DSC_3627
 箱に腰かけて煙草を吸うウサギ
DSC_3628
 「舞台裏」なのか、なるほど。
DSC_3625
 これもいいね。
DSC_3635
  「雲の上」
DSC_3631

ビストロ イル・ド・レ〜イオンモール白山

 イオンモール白山 グランシェフズキッチン
DSCPDC_0001_BURST20210822131736564_COVER
 料理の鉄人、坂井宏行シェフのお店、ILE DE REでランチをいただきます。
 DSC07028
 スタッフから、坂井シェフが今月来店する日をうかがいました。って、本当に来店するんだ!!
DSC_3607
 オーナーシェフに会えるなんて滅多にないだろうと思っていたところ、イル・ド・レのお隣の和食店「かさはら」さんを覗くと、あの「賛否両論」のオーナー笠原将弘シェフが偶然にもお料理を作っていて、作ったお造りを持ってテーブルまで運んでおりました。
 テレビで拝見するよりも、実物はさらに若々しくてカッコいい。
 笠原さんは、ランチの調理の後、すぐに飛行機で東京へ帰られるとのことでした。
 賛否両論でいただいたお料理は、昔、東京駅で買った、ちょっと高価なお弁当。やはり駅弁とは一線を画すお味でした。次はこのお店で食べてみたい。
DSC07157
 ILE DE REのお野菜のプレートの紹介。本日のお野菜も産地表示して展示されています。スタッフの許可をいただいて撮影しました。
DSC07137
 カウンターの上に貼られた赤いガラスタイルの透明感と色が美しいので撮りました。
DSC07155
 このソファーも、いかにも座りたくなるような美しさ。室内のしつらえにグッときます。
DSC07140
 エッシェンシャル 夏野菜の彩り
 人参とオレンジのソースは甘みと酸味が爽やかです。
DSC07141
 このグラスもカッコいいし、大理石風のテーブルも美しい。
DSC07139
 ハモンイベリコハム、38℃のソース
エンダイブ、ズッキーニ、赤玉ねぎ、ピーマン、胡瓜
DSC07142
 パン
DSC07143
 本日の鮮魚 ラタトゥイユと共に らっきょう、カリフラワー、フダイユのパン粉
DSC07144
 オリーブとアンチョビのソースが鯛に合います。
DSC07147
 お魚の付け合わせにカボチャのカリカリサラダが付いてきました。カボチャの甘みとドレッシングの酸味が合います。
DSC07150
 柔らかなブランマンジェ 季節の果実アイス
 マンゴーのソルベが夏にピッタリ。
DSC07152
 どれも白いシンプルなお皿なんですけど、裏を見てみると有田焼のオーダー専門高級食器、カマチ陶舗さんのものでした。ラ・クロシェットさんでカマチ陶舗さんの食器を見てからファンになりました。
DSC07154
 これも、一流ホテルやプロの料理人が使用する、森山硝子店さんの食器です。さすがは坂井シェフのお店です。この場所がイオンモールとは思えないほどに寛ぎの空間です。
DSC_3608
 お店の前の柱に貼られた九谷焼のプレート。武腰一憲さん。 「色絵遠い日陶額」シルクロードを描いた代表作「遠い日」のシリーズが好きです。 この陶額は青緑ですけど、一憲作品の抜けるような青が好きです。一憲さんが描くシルクロードの青はサマルカンドブルーと言われているそうです。

あえの風〜花嫁のれん号で行く和倉温泉の旅

 和倉温泉あえの風に到着
DSC06961
 昼食、入浴、ショッピング
DSC06934
 地下は売店
DSC06954
 加賀屋の若女将が聖火ランナーを務めたときのトーチが展示
DSC06956
 自由に持ってもよいとのことなので、持ってみると、アルミ製のトーチは重すぎず、手にしっくりと馴染みます。
DSC06955
 上から見ると桜の花びらに
DSC06889
 遠くに能登島大橋が見えます。手前の白いコンクリートの先端には十字架が立っており、屋外で結婚式を挙げるためのチャペルを模してあります。
 サン加賀屋時代から5回、宿泊で訪れており、当時はこの場所にプールがありました。
DSC06911
 食事場所から見える風景
DSC06914

DSC06917

DSC06920
 海を見ながらのお食事
DSC06892
 器も美しい
DSC06895
 あえの風自家製 湯の香豆腐 能登いしる餡
 北陸産大豆と和倉の源泉をブレンドして3日間かけて作っているのだそうです。
DSC06896
 中島菜にとくち素麺 ねばねば野菜 ジュンサイ
DSC06897
 サザエいしる煮、加賀太胡瓜・湯引きハモ、茄子の茄子のオランダ煮、万願寺、トマト、エビ錦糸手毬寿司
DSC06898
 牛肉の溶岩プレート焼き、山椒唐辛子味噌
DSC06905
 栗蟹の和風ロワイヤルカプチーノ仕立て
DSC06907
 アワビの大船煮、お造り
DSC06908
 食べる醤油
DSC06909
 鯛、ガンド、マグロ、イカ、甘えび
DSC06918
 鮮魚の西京焼き、燻製ホタテ、金時草おくら饅頭、白みそあおさ餡
DSC06922
 陶板焼き
DSC06924
 ご飯にとろろ芋と食べる醤油をかけて
DSC06926
 やわらかプリン。きな粉と黒蜜をかけて
DSC06936
 お食事の後はお風呂
DSC06939
 露地のつくばいを思わせる演出。お風呂の入り口にも、茶の湯に通じるおもてなしの心が表現されています。
DSC06940
 風鈴小道。お風呂に向かうまでのちょっとした演出
DSC06944
 お風呂の浴槽 向こうに能登島が
DSC06947

DSC06948
 解放感抜群
DSC06946
 露天風呂
DSC06950
 風呂上がりのお楽しみ、マッサージ器
DSC06952
 2,000円の石川県観光クーポンでお土産を購入。お食事もお風呂も、あえの風クオリティだから間違いありません。満足のゆく旅となりました。

 1年数か月ぶりの旅行(日帰り)は待ちに待ったものでした。この旅行の1週間前に車を運転して仕事で七尾へ行きましたが、車だと隣町へ行ったくらいの感覚しかありません。やはり、列車だと旅した気分になれます。
DSC06968
 加賀屋の大型バスで和倉温泉駅へ
 DSC06969
 帰りは能登かがり火号で金沢駅へ。
 電化されていますが七尾線は単線のため、683系の特急であっても停車駅以外の途中駅に何度も停車して対向車両を待ちます。このゆったり感がいいのです。
 能登を味わうには、早いことが旅のだいご味ではないことが分かりました。

 花嫁のれん号で行く和倉温泉の旅は楽しい

グランシェフズキッチン イル・ケッチャーノ〜食が充実イオンモール白山

 イオンモール白山に、あの奥田シェフが監修したイル・ケッチャーノが登場。
picture-2021-07-13-13.29.27-695x1024
 とはいえ、奥田シェフがお料理するわけではないから、期待しすぎて後でガッカリするのもいやなので、7掛けくらいの気持ちで入店しました。
 昼は超人気のようですが、さすがに夜はお高いせいもあってほとんど客はいません。
 DSC07031
 お客がいない方が静かにいただけますし、ホールスタッフも目が行き届くようであり、とても快適に過ごせました。接客も懇切丁寧であり、不満などありません。
DSC07014
 山形のアル・ケッチャーノ本店へは行ったことありませんが、多くの方が次元の違う美味しさだと絶賛されています。時にはダメだという書き込みもあり、埼玉のイル・ケッチャーノで酷評されているお料理の画像を見ると、なるほど美味しそうには見えない。
 それは、いくら美しくプレートを飾っていても、まるで絵画や習字などで本物を真似た贋作を見るような感覚に陥る。
 そういう意味で言うと、お料理の盛り付けから美味しさが伝わりました。
DSC07019
 カサゴのカルパチョと後で種明かしのあった繊維質の甘い料理
DSC07020
 マグロのタルタールの底に敷いてあるのは、カリカリになったすだれ麩。地元の食材を使うのもシェフの思い
DSC07021
 この妙なお料理は熟れたスイカ。繊維質の強いズッキーニのようであり、食べてみてもスイカだとわかりません。
DSC07022

DSC07024
 地物野菜のバーニャカウダ
DSC070231
 バーニャカウダのソースは、いしりとカリフラワー
DSC07025
  フォカッチャ
DSC07028
 お向かいに見えるのが、坂井宏行シェフが監修されたイル・ド・レ
 この一角は、笠原将弘シェフ監修のらはさか、昇龍亭とカフェ・ドゥ・アッシュを合わせた5店舗を合わせて、グランシェフズキッチンと命名されているようです。それにしても、夜はどの店もほとんどお客様はいません。夜のコースが5,500円からというのは敷居が高いようです。
DSC07030
 桃とトマトと能登ミルクのリコッタチーズ
 リコッタチーズが瑞々しい。ディルの他にディルの花も乗っています。ディルのお花をいただいたのは初めてで、ディルの味は承知してましたが、その花となったら凄い。ミントのような爽やかさと凝縮されたスパイシーな味に驚きました。
DSC07036
 すずきのハーブソテー、ボンゴレナポリ、緑野菜のルーコラ添え
 3つの味を口に含んで味が完成するというのが奥田さんの考え
DSC070131

DSC07033
 能登ぶたのグリル、のとっこ椎茸のペペロンチーノ、山形のだし
DSC07034
 これが山形のだし
DSC07035
 のと豚のタリアータはすごくしょっぱいので、ソースがいらないのが理解できる。
 パスタ(スパゲッチーニ)は通常1%の塩で茹でるところ、2.5%で茹でることで、口の中でポンっと弾けるパスタを実現したのだそうです。
DSC07041
 だだちゃ豆のデザート
DSC07042
 あるけっ茶
 アル・ケッチャオリジナルの発酵緑茶。意外にもくせのないプレーンな味
DSC07043
 コーヒー
 美味しい料理でしたが、驚きもなかった。ホールスタッフの対応もよかったし、不満はありませんでした。しかし、5,500円も払ってまた食べたいかと聞かれたらどうだろう。あとは個人の好みの問題ですね。

FOOD HALL LOKU
1627596872950
 鉄板 ARIGYU 金沢の実力店有牛がプロデュースするビーフハンバーグ
 有牛の焼肉はオニークで何度も食べたことがあり、うまいのは分かっていますが、イオンモールだとちょっと高級なため、このハンバーグの価格が吉と出るか。
1627596866245
 albero ピッツァマルゲリータ
 なんということか。このフードホールには金沢の実力店が集っています。長く繁盛しますように。
DSC_3506
 日本最大のカレーイベント、神田カレーグランプリで優勝したカレーです。レトルトで神田カレーグランプリの歴代優勝カレーを6種類ぐらいは食べていましたから、カレーこそ個人の嗜好によって評価が分かれるものだとよくわかっています。
 100時間カレーもネット検索するとマズイという評価が結構ありますが、一口食べて、うまいと思いました。スパイシーですし、時間をかけて作られていることがわかります。1週間の間にもう2回リピートしました。
DSC_3507
 フードコートにある牛と米
 この丼はやばい、ハマります。角煮、温玉、こんにゃく、凍り豆腐。肉が美味しい理由は、なんと有牛が手掛ける店だからか。
DSC_3516
 喜久や クロスゲートにもあるこのチェーン店は、最新の電磁天ぷら揚げ機を採用しているので、高度な職人の技を必要とせずに、そこそこの天ぷらが揚げられます。かかっているタレの量が少ないのが難点ですけど、価格に見合った味なのでこれで十分にうまい。
DSC_3517 (1)
 安い天ざる蕎麦がフードコートで食べられるのですから、イオンモール白山の食を中心とした時間消費型のショッピングセンターは、金沢のショッピングセンターにとっての脅威であるといえます。

花嫁のれん号で行く和倉温泉の旅〜ほっこく観光ツアー

 1年数か月ぶりとなるJR。日帰りで和倉温泉へ。
DSC06789
 旅行者の書き込みを読むと、観光列車を謳っているのに期待外れだった等の感想が散見される「花嫁のれん」ですが、全国の名だたる観光列車と比べてのことのようです。地元民としては、そこそこ頑張っている花嫁のれん号をずっと応援していますし、せっかくのJR旅ですから、存分に楽しみたいとの思いで臨みました。その結果から言うと、花嫁のれん号は快適で想像以上に楽しかった。
DSC06829
 金沢駅4番ホームからすでに旅のわくわくが始まります。
DSC06800
 花嫁のれん号のマークが染め抜かれたのれんをくぐり列車へ
DSC06805
 蒔絵風のデザインが素敵です。
DSC06807
 そばに寄ってみると特に美しいですね。
DSC06828
 気動車を改造した車両。子どものころに乗ったキハ40系の乗り心地とディーゼル特有のサウンドに排気ガスの匂いを思い出して、実はあまり期待してなかったのですが、いやいや、室内は静かであり、乗り心地もよいし、スムーズな加速は電車と遜色なかった。
 列車が快適だと気持ちが盛り上がらないわけありません。
1024px-1988-3-kiha48-1004
 以前のキハ48-1004がWikipediaに載っていました。貫通扉に白いペンキで車両型番が書かれているのが確認できます。
DSC06860
 1号車の1004番の車両は寒冷地向けでトイレのないタイプ。下関から金沢総合車両所に転属し「花嫁のれん」に改造されたそうです(Wikipediaより)
DSC06821
 2号車の車内。開放的ですが直立のイス。
DSC06842
 2号車にはバリアフリーの大型トイレがあります。
DSC06825
 本物の金箔でないのは一目でわかる。アテンダントの説明によると、2号車の壁は金箔風であり、1号車の壁は金箔貼りなのだそうです。
DSC06848
  アテンダントさんは懇切丁寧で、おもてなしが素晴らしい。
DSC06849
 1号車には売店があります。
DSC06820
 ディスプレイの品物はすべて販売されています。
DSC06814
 1号車はすべて半個室風になっており、乗るなら1号車をお勧めしたい。
DSC06844
 桜梅の間
 1号車の中でも、直立型のイスよりも、このタイプのイスがゆったりしていて、特によいので、腰を落ち着けて、白ワインやスパークリングワインを飲むには最適です。楽しい旅になるか否かは座席選びが肝になるのではないでしょうか。
DSC06835

DSC06834
 ツアーは県民割引で旅行代金が安くなったうえ、石川県観光クーポンが付いてきました。
DSC06843
 トイレの表示が和。禁煙の表示も和でキセルになっています。キセル乗車はダメよというメッセージもかけてるようです。
DSC06845
 車を運転して行くのとは違った景色が新鮮であり、景色を眺めるのも楽しい。里山海道と違い、海辺は走らないので、景色を期待した旅行者には物足りないのかもしれません。
DSC06847
 羽咋駅
DSC06853
 羽咋の田園風景
DSC06865
 七尾駅。ゆるキャラのとうはくん
DSC06868
 青柏祭の曳山が描かれています
DSC06877
 アテンダントがお見送り
DSC06876
 終着、和倉温泉駅
DSC06880
 駅構内に設置された「花嫁のれん」。撮影スポットですね。
DSC06883
 和倉温泉駅
DSC06882
 加賀屋の大型観光バスであえの風に向かいます。花嫁のれん号の仕掛け人は加賀屋の社長さんだそうですから、旅行者は花嫁のれん号に乗って金蘭豪華な加賀屋に宿泊するまでの旅のエンターテイメントは、本当の意味でのゴールデンルートといえそうです。
livedoor プロフィール

広太家

We shall overcome:金沢市民合唱団リモート出演
 新型コロナ禍により、すべての合唱の活動が中止となり、片町メンズクラブばかりか老人ホームからも歌声が消えています。
 声を合わせて歌う機能訓練すら自粛せざるを得ません。

 We shall overcome〜私たちは乗り越えなければならない。そして、勝利を我らに。

 新型コロナに負けないでという、金沢市民合唱団からのメッセージをお聞きください。
片町メンズクラブ演奏会のご案内

P1010595
Treasures of 10carats
10周年記念コンサート
 片町メンズクラブ
 &マ・ドンナ
 令和2年2月23日 14:00開演
 ◆金沢市アートホール
 入場無料(整理券不要)
 ※フジヤマが特別出演。名曲路遊の作品集も再演

リゴレット〜森麻季さん出演

P1010595
 ヴェルディ作曲
  歌劇リゴレット
金沢オペラ合唱団
オーケストラアンサンブル金沢
 平成30年11月25日 14:00開演
 ◆金沢歌劇座
 入場料 3000円〜12000円
  歌います。やるっきゃないね!

2013冬の教会コンサート・片町メンズクラブ

片町メンズクラブの動画がUPされているのを偶然見つけたので、リンクを貼らせていただきました。
  アニュスデイ(グノー)
  The Lord is my Shepherd
  (グラナハム)
  アヴェマリア(アルカデルト)
納税の歌〜片町メンズクラブ
納税の歌(Youtubeにて配信中) 社会貢献活動により感謝状をいただきました♪
記事検索〜キーワードを入れてね
月別アーカイヴス
Life with Music〜音楽とともに生きる
音楽家の視点で綴る・・深くて、温かくて、美味しい、クララさんのブログ
NEKOYANAGI note
ステーキハウスNEKOYANAGIさんのブログ♪お店の食材や料理が満載です♪
NPOかなざわ創造塾 鼎(かなえ)
人と人がつながることで互いに成長し地域の活性化への貢献を目指すNPOです。
訪問者数
  • 累計:

ワイン金沢2012ホームページ

P1010595
ワイン金沢
〜食とワインの祭〜
 平成24年10月21日(日)
 ◆しいのき迎賓館裏
 入場無料(飲食有料)
  片町メンズクラブ
  ご来場ありがとうございました!!
  ワイン金沢HPにて画像を公開

P1010595
ロビーコンサート
 午後のメンズカフェ
  片町メンズクラブ
 平成30年9月15日 14:00開演
 ◆石川県立音楽堂交流ホール
 入場無料
 ※ご来場ありがとうございました。

Septemberコンサート

P1010595
 片町メンズクラブ
  withマ・ドンナ
 Septemberコンサート
  合唱演奏会
 平成27年9月5日 19:00開演
 ◆金沢市アートホール(6階)
 入場無料 (要整理券)
終演しました。ご来場ありがとうございました。

冬やゾイネンコンサート

P1010595
冬やゾイネン
コンサート
〜きままに無伴奏
好きな歌だけ〜
 平成24年2月11日(土)
 ◆金沢市アートホール
 入場無料(要整理券)
  片町メンズクラブ
  マ・ドンナ!!
ご来場ありがとうございました。
演奏会は終了しました。

P1010595
マ・ド ン ナ
inイーストリバー
終演しました♪
ご来場に感謝♪
 平成23年11月20日
 午後2時より
紅茶専門店イーストリバー
小松市西俣町ハ220
0761−67−1607
 入場無料(紅茶500円)
女声ユニットがお送りする
魅惑のハーモニー!!
(画像をクリックすると
拡大します)

P1010595
 片町メンズクラブ
  andマ・ドンナ
Septemberコンサート
Rock You! Live!
 平成29年9月3日 14:00開演
 ◆ミリオンビル地下(片町2丁目)
 入場無料 (要整理券)
  ほろ酔いライブ(お酒は有料)


P1010595
 片町メンズクラブ
  withマ・ドンナ
 IN 片町ケントス
  合唱演奏
 平成26年8月31日 14:00開演
 ◆金沢片町寿会館7階
 整理券不要 (入場無料)
 ご来場ありがとうございました。
 演奏会は終了しました。


P1010595
片町ライブ
IN金沢ケントス
ご来場ありがとう
ございました
 平成23年9月25日
片町寿会館7階
 入場無料
伝説のケントスで合唱ライヴ!!
ご来場に感謝です!!

ワイン金沢2013ホームページ

P1010595
ワイン金沢2013
〜食とワインの祭〜
 平成25年10月20日(日)
  11:00〜19:00
 ◆竪町ストリート特設会場
 前売り券2,700円
   当日券3,000円
 アバンセ、アロス、金城楼
 こっこ家、コルサロ、仙桃
 竹千代、太平寿し、タベルナガッパ
 天ぷら小泉、バーカロ、八十八
 ルマルス、六角堂、ひらみぱん
ミモレット、能登ミルク、サラザン
 メティサージュ、サンニコラ、OisiiDeli
 a.K.a、発酵食美人食堂!!
  事務局:ワインカーヴマルコ
   金沢カペラ合唱団登場!!

石川橋アンサンブル演奏会

P1010595
 心あたたまる
    歌の世界
合唱:石川橋アンサンブル
(金沢大学合唱団OB)
 平成25年8月17日(土)
   14:30開演(14:00開場)
 ◆金沢市アートホール
 入場無料(整理券)
指揮・独唱:辻端幹彦
ピアノ:押田真澄
賛助出演:片町メンズクラブ&マ・ドンナ
  バード作曲4声ミサ曲
演奏会は終了しました。ご来場ありがとうございました。