5生率とがんもどき

癌の話、承前。今度は癌の5年生存率が発表されてます。平成18~20年に癌と診断された64万人の追跡調査だそうです。先だって10年生存率なるものが発表されてました、どれだけ生きればいいと言うんだ、5生率どうして不十分なのだ、それが癌患者のQOLに本当に寄与するのかと書きました。治療して5年長生きできたらそれでいいにしなさいよとの意味でした、それより治療によって亡くなる者(手術の不備や抗がん剤によって)の集計したらどうだいと。ま、それは措いて、昔ながらの集計です、これは比較対象になります。肺癌32%、胃癌65%、大腸癌71%、肝臓癌32%だそうで、全体では3年前の結果より3.5%増えたそうです。男が59%、女が66%。この辺りが癌の一般的な姿でしょうね。肺癌肝癌は5年生きたら幸運、大腸癌はポリープまでもちろん計算されているのでしょうからこんなに数字がいいのでしょう、胃癌は治るようになったと豪語する割には4割が5年以内に死にます。男も女も4割は死んでしまう。一方で5生率のいいのは前立腺癌97%、乳癌91%、男女とも皮膚癌、甲状腺癌90%台です。全体の5生率を3%押し上げたのはこちらのいい数字群の所為でしょうね。中でも前立腺癌と甲状腺癌です。前回ここで、見つけるための大捜査か?と皮肉りましたが、こういう結果もそれを裏付けます。6年8年前にPSA検査がどのくらい普及していたのか確かめられませんが、これだけ5生率がいいということは元々死なない癌、致命的な癌ではないという証明でしょう。甲状腺癌は昔から発見し易い癌、乳癌と同じく見た目、触り具合で疑える癌、痛くないエコー検査で判定できる癌、そして経過のいい(死なない)癌として知られています、そのままの結果です。癌と診断されるもので一番多いのが前立腺癌と乳癌であったこと、しかも死なない癌の筆頭(前立腺癌)でもあることは、せっせと無駄をしているということに他なりません。見つける必要のない癌をわざわざに暴き出してる(カウントしてる)実態です。治療して長生きしたのではありません、治療の要がなかったということです。つまり見つける要もなかった。抗癌剤で死ななかった(殺されなかった)幸運ももちろん手伝ってはいますが、抗癌剤を使う要のなかったこと自体、治療の要のないことの証拠でもありましょう。色々理屈はつけられるのです。採血するだけで結果がわかる利便は、一方で偽陽性の多さで多くの人を苦しめます。そしてこの結果です。無闇にPSA検査をするな。無症状の前立腺癌は見つけにかかるな。無症状の乳癌もそういうことではありますまいか。有名人の乳癌告白が続きましたので、とにかく早期発見!にバイアスが大きく掛っている現状ですが、いよいよ近藤理論を証明することになってはいませんか。がんもどきばかりを見つけて治療した気になっている(数字を上げて胸張ってる)。一方で本物の癌には無策のまま(何の進歩もない)。肺癌や肝臓癌にはがんもどきが少ない、前立腺癌や甲状腺癌(乳癌も)はがんもどきばかりだ。そういうことじゃないのでしょうか。

見つけることが目的?

国立がん研究センターが今年新たに癌と診断される人が国内で101万人になると予測したとかで新聞もTVも面白がって(かどうかは知りませんが)報道します。100万人を越えるのは初めてだそうで、去年より2万8千人増えて、昭和50年と比べると5倍だそうです。高齢化が主な原因と記事にあります。嘘ですね。男で一番多いのは前立腺癌、胃癌、肺癌、大腸癌と続き、女は乳癌、大腸癌、肺癌、胃癌の順だそうです。これでカラクリが分かられた方はこの手の報道や書き物をよく読んでおられるということでしょう。一方で癌による死亡者の推測もあって、こっちは37万人、男は肺、胃、大腸の順、女は大腸、肺、胃の順だそうです。おわかりですか。混同してはなりませぬ、前者は癌と診断される人、後者は癌で亡くなる人の予想です。そうです、前立腺癌も乳癌もあれだけ探しに行けば見つかりますよ、という当然の結果です。前立腺癌は血液検査で簡単にひっかけて(PSA検査です)泌尿器科医がどんどん見つけるわけです。乳癌は、今次の海老蔵の奥さんの事例のように有名人の告白が謀らざる注意喚起になり、またマンモグラフなどの診断機器の進歩があり、しきりにTVで専門医が言うように唯一と言っていい自分で触って発見できる癌だという特徴などで、どんどん見つかるわけです。きっとどの癌もそれこそ昭和50年当時と比べて罹患率(癌を持っている人の数)は今と変わらない筈です、もちろん分母(国民人口)や年齢構成(高齢化のあるなし)には違いがありましょうが、見つかる見つからない、見つける見つけないの相違を無視できませぬ。見つかる見つからないの差、これは診断技術の高低です。先進医療機関ではない、一般医療機関でのレベル、ひいては開業医段階での診断力差。まず癌を疑うのか、それ以外が第一選択なのかの差、これは大きいです。見つける見つけないの差とは、検査手技の難易差、検査勧奨の程度差、マスコミの報道差、個人の癌に対する意識の高低、それは公衆衛生的周知の差、そして医者の裁量範囲の差です。韓国で急に甲状腺癌が増えたこと、日本でこのように前立腺癌が急に増加したこと、福島で甲状腺癌が増えていることは検査総数が飛躍的に増えたことによる結果です。このことは東大放射線科の中川さんが、この人は福島事故の後頻りに発言していて原子力村の御用学者呼ばわりされていた人ですが、何度も指摘していたことです、悉皆検査すれば発見数が増えるに違いないし、見つからずとも生死に関わらぬものまで見つけて言挙げする不利益を生むばかりだと。まさに前立腺癌がその通りになっていて、PSA検査の功罪は完全に半ばしてます。というより害の方が大きいとの意見もあります、偽陽性(癌ではないのに陽性値を示す例)が実に多いのです。それでも診断される数が一番多いということは、癌でもないのに癌だと言われる人もそれだけ多いということですから。前立腺癌、乳癌の死亡者数が少ないのは治療率がいいということを意味するように思われましょうが、治療の要のない例まで調べ出して当然に死なずにいるという誤魔化しのような話でもあるのです。早期発見早期治療に似せた大すり替えです。偽陽性のものまで全てカウントしただけ。肺、大腸、胃の癌は検査手技が容易ではないので受診(検診)数自体が増えぬのです、だから横ばいです、早期診断しようがしまいが死ぬ人は減らない。一体がん研は何を目的にしてるんでしょうね。高齢化を原因にしている程度の考察ですから大したデータじゃないのでしょうが、癌の発見率の向上ですか。見つけたらそれでよし、ですか。馬鹿馬鹿しい。数字のいじくりを成果と心得ている連中に手段と目的の違いを指摘しても糠に釘ですかね。

誤魔化してコソっと

文藝春秋の今月号(8月号)に近藤誠さんが例の調子で乳がん治療を斬ってます。海老蔵が奥さんが進行乳癌だと公表しましたね、あれを枕にして、マンモグラフ(乳房撮影)の無駄さ(ばかりかデメリットをさえ挙げてます)を言い、間違っても抗がん剤治療などには走るなと〆ます。進行癌であればマンモグラフで見つかったのではなかろう、から始まって、こうなってああなってと予測までします。本人が読んだら辛いでしょうねぇ。でも平気。芸能人の宿命と知り敢えて晒した夫の意思を汲んだ?いやそれこそ知りませんが、ますます舌尖鋭い、いつもの近藤節炸裂の内容です。是非ご一読を。
 カンガルーケアってのがありましたね。一世を風靡するまではいかなかったですが、マスコミが煽りに煽りました、生まれたばかりの赤ん坊を母親が抱っこすること、あおむけに寝た母親が赤ん坊をうつぶせにして抱く、この格好をカンガルーに喩えた呼称です。お産の痛みを越えた後の達成感幸福感を倍増させる、それ母体の回復を早める、母乳の出をよくするといった、母親側の利点が主に強調されていたことでしたが、赤ん坊の死亡例がいくつか報告されてパッタリ言わなくなっていたことです。乳児突然死症候群というのがあります、病名というより現象をそのまま名称にしているもの、つまり原因がわかっていないというわけですが、それでもうつぶせにして寝かせているのが悪いのだとはほぼコンセンサスになっています。託児所や保育園でも何例かありましたね。少し目を離したすきに、という経過で。カンガルーか何かは知りませんが、これもうつぶせ寝に違いないですね。母親が抱いていようが何だろうが同じことです。うつぶせ寝と突然死との関連が指摘されている中でのあのブームだったと記憶します。さすがに最近はパッタリ見なくなりましたが、今朝朝日新聞の記事で見つけました。日本医療機能評価機構という組織が、早期母子接触の注意点というのを公表したそうです。記事には、早期母子接触はかつてはカンガルーケアと呼ばれることが多かったとあります。こういう書き方はずるいというのか、ごまかしですよね。一時はあれだけ褒めそやしていた、推奨していたことですよ。いや、こう非難すると正式に勧めたことなどないとかかんとか学会などは言い訳しましょうが、TVで新聞であれだけ目にすれば良いことと思いますよね。で、どういう注意なのかと読むと、赤ちゃんの顔が母親から見えるようにして、母親の常態を30°起こして、赤ちゃんの顔を横に向ける、赤ちゃんを冷やさない、だそうです。つまり、べったりうつぶせにするな、ですね結局。うつぶせにして窒息する、これが死因とわかっているわけです。いえ、だから気をつけましょうねでいいのです、こういう注意喚起は必要と思いますが、どうして「長くうつぶせにしてはいけない」と直截に書きませんかね。近藤さんのよく言う、お上の決定の遅さ鈍さ的外れさ、それは製薬業界、健康業界、医療業界のしがらみという面から見れば「正しい動き」なのですが、そのものズバリです。言い換えて誤魔化す。多いのは横文字に変えることですが、今回のように漢字熟語化するのもよくある手です。いわゆる姑息。こんなことやってるから死人が減らないのです。これが日本の公衆衛生の実情です。トホホ、です。

livedoor プロフィール

昭和32年 1月6日生まれ
昭和50年 山口県立柳井高校卒業
昭和58年 大阪医科大学卒業
昭和60年 梶川脳神経外科病院 勤務
平成04年 6月1日開業 現在に至る

・医学博士
・日本脳神経外科学会認定専門医 No,2746
・柳井医師会副会長

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ