先月末に柳井医師会長を拝命しました。今までと違う仕事が増えるわけですが、私が変わるわけではなく、真正面から逃げることなく役目を全うする所存です。固より偏屈医者です、本流思考には常に眉に唾し、異論対案に耳傾けるを旨として参ります。今後ともよろしくお付き合い下さい。
 働き方改革法案が国会を通りました。朝日や毎日は煽情報道が過ぎる、同じ報道でも読売や産経はちゃんと利点も挙げているとジャーナリストの門田さんが新聞に寄せてます(産経6/3)。確かに朝日毎日勢力の報道は過労死した者の遺族の活動ばかりを採り上げて情に訴えます(煽情です)。国会の場で反対する野党達もパフォーマンス色満載です、TVカメラにどう映るかばかりの芝居。目に余るのが国民民主党の柚木某です、月刊誌Hanada今月号で「特集」されてましたが、強行採決の場面で自分は何もせずに(議長席に女議員が多く駆け寄ってるのに)、カメラの前で手を振ってるだけです、バカです。それは措いて、この法律、当然医者にも適応されるわけです。固より8時間労働で済む仕事じゃないのです、時間外労働と一般業種と同じに括れない仕事です。受け持ち患者の容体によって「労働時間」は左右されます。そういう仕事です。それは開業医になっても同じことですが、もちろん研修医時代に多くの入院患者、重症例を見ている時とは質量とも違います。私のように入院のある開業医とそうでない者との間にも差は大きいのですがでも、我々開業医は皆そんな修行を越えてベテランになって責任を持たされて、その後に現在に至ってます。だから研修医があれこれ横着を並べるのを聴くとお前らなぁ・・となるわけです、どの業界にもある今時の若いモンは・・です。残業は何時間まで、そんな上限決める仕事じゃないんですがね。残業100時間が過労死ラインでしたかね。確かに医者はずっと病院から離れられぬのですが、その間ずっと働いてるのではありません。看護婦や三交代勤務の機械相手の仕事のようにずっとやるべき業務が続くのではありません。例えば飲食業の様に「客がいなければ仕事もない」のです。当直明けにそのまま仕事に出るんです、他の職種のように夜勤の後に休み、明け(あけ)はないのです。でも、客がなければ仕事もないのです。忙しい病院とそうでない病院がもちろんあって、同じ当直手当でもずっと寝てられる夜もあれば患者が立て込んで一睡もできぬ夜もあるのです。だから36時間勤務とか48時間勤務とか額面上にとやかく言うほど医者は酷使されてません。ただ、週に二日も三日も当直するような勤務はハードです。もっとも、それだけ報酬は加算されるのですよ、やればやるほどに、です。他人の当直のスペアをいくつも引き受けて月に当直料だけで100万円以上稼いでた奴がいましたよ、日雇い稼業ですわ。きっといつの時代にもいる筈です。私も足りぬ時には当直を増やして補ってました。そういう業種です。高尚でも何でもありません。でも、前日がアタリの当直の場合はそれこそ徹夜の末に翌日の業務です。若いうちですからさすがに手術の執刀はしませんが、手術日にはその準備や仕事はワンサカあるわけです、そして受け持ち患者さんへの対応。額面通りの36時間勤務の日もないことはないです、でも大概は夜は寝てます。当直医ってのはそういう仕事です。その辺は医者は手を抜けるんです。だから放っといてくれ、です。お上から決めてもらわずとも凌ぎ方を覚えて行くんです。重症な患者さんを診てる時はそれなりに、そうでない時はそうでないように、医者はそういう仕事なんです。が、今までに自殺した医者が何人かいる。理由は過労だと。その度に遺族が訴えて裁判所から医者も労働者だと定義をもらったのですが、私に言わせれば要らぬお世話。私達はそこをくぐってきたのです、どうしてできない?どっちがおかしい?単純な事です。医者に向いてなかったね。私達は、特に外科系の修行してきた者は、少々の時間外労働時間の多さを聞いても上記したような理由でへぇ~でしょう。時間外労働の定義も意味合いも違うんですから。電通の女職員もどこかの局の女記者も、直前の出勤状況が判断基準で、本人の能力は全く問われない。弱い者、普通じゃない者に基準を合わせられるとそうではない多数がとても迷惑します。低い所に合わせろは左巻きさん達の合言葉です。後のフォローをしないので世の中は秩序がなくなります。できる連中が腐っていきます。それが左巻きさん達の狙いなのですが、声のデカイのは彼らの方ですから処置の悪いこと。多数は黙ってます、まさにsilent majorityです、が必ず嗤ってます。安倍さん肝入りの法律が通りましたが、どうか医者の方は放っといてもらいたいことです。もっともこの法律、私達開業医には関係ないことです、自分がどれだけ働こうが要らん世話ですから。面倒なのは医者を雇うている病院です。法律に沿うてしか働かぬと言い出すバカ医者も一定数います、これも確かな事です。世の中、どんどん幼稚になっていきます。ちゃんと働けよ。それだけですけれどね。