説明書をよく読んでプレイしましょう!

②です(・ω・)ノ
今回は序盤にやっておくべきこと。
①の仕事一覧のそれぞれの序盤にやっておくべきことを考えます。

共通のやること
・自分の役割を明確にすること。また、その意思表示

 仕事別のやること
-殺害-
-ダメージ-
・経験値、熟練度をひたすら稼ぐ。
・高威力武器の調達依頼。

-妨害-
・固定アイテムエリアに待機。タイミングを見て頻繁に回復解除。
・妨害スキル取得。
・ひたすら銃声を鳴らす。

-援助-
・自チームの使用武器の把握。
・ひたすら探索。
・固定アイテム集め。
・錬成鍛冶は名乗り出る。
・錬成については後述

-情報の共有-
・①で示した情報のうち公開していい物はすべて積極的に共有する。

-指揮-
・味方チームのすべての情報の把握。
・敵チームの分かる情報の把握、分析、予測。
・自チームの大まかな立ち回りの提案。
・適切な役割とずれている人の軌道修正。
 
錬成について
Ⅲにおいて錬成はタイミングが重要。
中盤以降は他チームで錬成が終了している場合が多く、わざわざ自チームで錬成しなくても
会場に40武器が溢れていることが多いです。
なので、序盤に武器を錬成出来なかった場合は中盤以降わざわざ錬成する必要性はあまりありません。
逆に序盤は他チームより先んじて動くことが大事なので積極的に錬成をした方が好ましいです。
 


こんにちは(・ω・)ノ
最近夢幻のⅢ会場が頻繁に開催されるので、
そろそろいろいろ考えなければいけない時期になってきたような気がします。 

勝つとは何か?

他チームを全滅させること。

Ⅲで勝つためには何が必要か?

各自が自分の役割を理解し適切に遂行すること。

仕事一覧
・殺害
・ダメージ
・妨害
・援助
・情報の共有
・指揮

Ⅲを闘う上で特に重要なのは情報の共有です。
チャットでもたびたび話題に上がるⅢの共有していい情報の境界線は未だ不明です。
管理人様が近々まとめてくださるようなので、負担軽減のために軽く参考資料としてまとめ。
思い出したら適当に追記。

情報一覧とコメント

【他チームPC】
・待機エリア
・状態
・スキル
・武器種類
・装備
・死体位置
・死体持ち物


他チームの情報こそが一番の鍵。待機エリアを知られると致死率が上がるのは言うまでもない。
状態もエリアほどではないが、致死率上昇。スキル、武器種類は戦略を練る上で大事な情報になるため
共有したいところ。死体位置と持ち物は良アイテムの取りこぼしを防ぐのにはいいが
同チーム連続で漁れるままでは、物資が1チームに偏りがち。

【他チームNPC】
・待機エリア
・状態
・スキル
・武器種類
・装備
・死体位置
・死体持ち物
・合成レシピ


NPCは移動する仕様?のため待機エリアはそれほど重要ではないが、
瀕死で殴らず逃げました!という場合には絶大な効果をもたらす。
スキル・武器種類・装備死体持ち物等は情報共有では無く、
ネタばれの方に触れる恐れがある。
また、NPCスキルアイテム持ちも多数存在しているので、
この情報の可否によっては大きく立ち回りが変化する。

【自チームNPC】
・待機エリア
・状態
・スキル
・武器種類
・装備
・死体位置
・死体持ち物 
・合成レシピ

待機エリアはレーダーや気配の補助に用いる。スキル・武器種・装備・持ち物は他チームNPCと同じ。

【時間指定】
・爆撃のエリアと時間
・ハッキングの時間 
・アイテムの受け渡し


同チームで連続で殴れない仕様になったので爆撃時間指定したらそのエリアのPCが全滅するという状況にはなりづらくなった。ハッキングは連携をより強くしないと難しいので恐らく問題ないはず。
バッグに空きが無い状態での、アイテムの受け渡しはスムーズに行わなければならないため
時間指定をした方が円滑に済ませられる。

【自分の情報】
・待機エリア
・状態
・スキル
・武器種類
・装備
・持ち物
・動くタイミング
・動くエリア
・出したダメージ
・受けたダメージ


チーム内での連携をスムーズにするために、自分の情報はある程度必要である。
待機エリアはコマンドで見れるとして、スキルや持ち物、希望品等は共有したいところ。
仕様変更によって動くタイミングの通知がかなり大事になった。
殺害を狙って粘着している相手がいても自分の味方の妨害によって
タイミングがずれて結局殺せないという場面が多々見受けられる。
また、経験値効率等の面から見てもタイミングの通知は重要である。


 

殺害意欲の高い人が増えてきたのもあって、全然確定じゃないけど1年ぶりにまたやるかも?(5月~

内容案
①前回と同じような物
②そこそこの人向けの物(そこそこは矢島君ランキング上位に入れる程度)
 
個人的には② をやりながら自分の足りない点を見つめ直していきたいところ。

今のところなんとなくまたやろうかなー程度なのでほぼ白紙状態です。 

このページのトップヘ