2010年10月23日

12月6日のイベント、残る1人は野崎渚に決定! 3

12月6日に阿佐ヶ谷のLoft Aで開催される、「年忘れ、女子プロレスラーのからさわぎ」で、昨日まで未定となっていたNEOからの出演者が野崎渚選手に決定した。出演者中で最年少と思われる(年齢不詳が若干名いるため)彼女の参加で、メンバーもより多彩になったと思う。

さらに昨日、Loft Aの奥野店長と話し合って、今回のイベントでは今年も少なからぬお金を女子プロレス界に落としてくれた皆さんに、ささやかながら感謝の気持ちで応えるべく、出演選手が所属する団体が主催する12月から1月の大会のチケットをご持参頂いた方は、当日券(3000円)を前売り料金(2500円)で販売することとなった。

チケットは本日のアイスリボン蕨大会から販売する。出演選手が所属する団体の大会では、可能な限り売店での販売をお願いしようと思っているが、とりあえずチケットは常に持ち歩いているので気軽にお声をかけて頂ければ幸いである。また、ローソンチケットでの販売は28日から。Lコードは33823である。

さて、引っ越しがいよいよ来週に迫ったにも関わらず、今週は急なスケジュールがバタバタと入って、準備が遅々として進んでいない。このままだ前日に突貫作業という好ましくない事態になりそうな気配。本当に引っ越しというのは面倒である。




中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)
中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)
クチコミを見る

長年住み慣れた中央線沿線からも来週で離れるワケだが、この本に書かれているように沿線の街々には独自の雰囲気がある。今回、引っ越し先を探すにあたって様々な街を観て痛感したのは、中央線沿線にはとにかくマニアックな店や施設が多い。その一見すれば無駄なマニアックさこそが、この沿線独自の文化的空気を生みだしているのかもしれない。

hirotsugu1069 at 10:56コメント(0)トラックバック(0) 
プロレス 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

劇場で見逃した方は是非
伝説の葛西VS伊東戦収録!
寝起きの悪い人はお試しを
訪問者数

Amazonライブリンク