2005年02月

2005年02月27日

フジテレビが必死になる理由ってなんだろう?

ヘリ?TOB(株式公開買い付け)中には、TOBの状況については教えないという信義則があったりします。
フジテレビとライブドアの話で言うと、フジテレビはニッポン放送株の25%を取得するというTOBを仕掛けたわけですが、フジテレビが25%と宣言しているので、25%以上の株式を取得した場合には、既存株主がTOBに応じたとしてもフジテレビは25%を超えた分を購入しなくても済んだりします。
そんなわけで、「TOBにどれくらいの株主が応じたか?」という情報を知っている人と知らない人で、不利な状況が発生する可能性があるので、TOB中は状況については黙ってるという信義則が出来上がったわけですね。

ところが、先日、こんなニュースが流れたわけです。
「フジ、33%前後確保へ ニッポン放送株」

ニッポン放送株の株式公開買い付け(TOB)を実施しているフジテレビジョンが、議決権比率で33%前後を確保する見通しとなった。8.62%分を保有する大和証券SMBCがフジに株を売却する方針を固めたほか、フジと取引関係にある安定株主もフジへの売却に応じる見通しとなったためだ。
TOBを仕掛けるフジテレビは証券のエキスパートではないので、「情報漏らしちゃった。ゴメンネ」で済むかもしれませんが、大和証券SMBCが絡んでるとちょっと疑問です。証券業のエキスパートなのにルールを破ってるわけですね。


ほいで、さらにこんなニュース。
「フジテレビ:新株予約権引き受けでニッポン放送を子会社化へ」

フジテレビ<4676.T>とニッポン放送<4660.T>は23日、フジテレビがニッポン放送の第三者割当による新株予約権を引き受けてニッポン放送を子会社にすると発表した。フジテレビが引き受ける新株予約権は4720万株で、権利行使された場合、現在の発行済み株式数3280万株と合わせると、ニッポン放送の発行株式数は最大で8000万株となる。フジテレビは、ニッポン放送株式の過半数超を取得し、子会社化を目指すという。



お互いに株式を買うという株式市場で争ってたのに、フジテレビに好きなだけ株式をあげちゃうよということだったりします。

ところで、ライブドアとフジテレビの争いが始まったころの週刊新潮に下記のような記事があったようです。
●週刊新潮に「ホリエモンの破産の危機」

 明日発売の週刊新潮のの早刷りによるとホリエモンの意図はことごとく実現不可能と一蹴されている。
しかもフジへの対抗策は「机上の空論」とまで酷評されている。
「増資してフジの意図を阻止」→「大幅な増資は定款の変更必要。
株主総会の三分の二以上の同意は無理」→机上の空論。
 さらに「上場廃止は名義を分散すればいい」→「資本関係から一体とみなされるので不可」。
せっかく買ったのににっぽん放送の株を売るとなると、これもだめ。
六ヶ月以内の売却益はにっぽん放送に返還する義務がある」。

http://www4.diary.ne.jp/user/429793/



増資による株式の希釈化は、「机上の空論」とまで言われているのですね。
ところが、増資ではなく、フジテレビに株をあげちゃうというのはそれよりも酷い手段なわけですが、フジテレビはそれに手を出したわけです。

フジテレビ側に余裕があるのであれば、こんなきわどい手段を取る必要はないわけですが、なりふり構わず際どい手段をとらなければいけない状況なんだろうなぁ、、と思ったりします。


hirox1492 at 19:00|PermalinkComments(103)TrackBack(34) ビジネス 

2005年02月26日

頭の良さの3分類

雪山「頭のいい人」というのは実は3つの能力が混同されて使われることが多いです。
でも、それぞれ違う能力なので、頭のいい人を見極めるときは、どの能力に優れた人なのか分類しておくといろいろ予測が立ちやすいです。

・記憶力のいい人
遠い昔に話したことを覚えていたり、昨日の聞いた話を一字一句暗誦したりとモノを覚える能力に優れた人。
ただ、音を覚えたり、絵を覚えたり、言葉を覚えたり、体の動きを覚えたりというのはそれぞれ別のスキルのようです。音楽を覚えるのが得意な人が言葉を覚えるのが得意ではなかったりとか。
受験勉強が得意だった人はこのタイプの人が多いです。

ランダムな数字を覚えさせると、普通の人は5〜9個ぐらいしか覚えられないのですが、記憶力のいい人は13個とか覚えたりします。

・感受性に優れた人
他の人が気づかないような些細な違いに気づいたり、人の感情の機微を感じたりする能力に優れた人。
感受性も脳の働きなのですが、感受性に優れている人を指して「頭がいい」とはあまり言わないみたいです。”作曲が出来る=凄い”となっても、”作曲が出来る=頭がいい”とあまり言われないのは、芸術や感受性が数値化できないので、評価しづらいということもあるのかなぁと思います。

1〜9までを全部足すといくつになるか?という問題に対して、
普通の人だと、1+2+3+4+5+6+7+8+9という計算をしてしまうのですが、
1+9=10 2+8=10 3+7=10 4+6=10 に別けられて、
あとあまった5を足せば45になるという法則を直感的に見抜いたりします。


・応用が得意な人
過去の経験や知識を使って、目の前で起こった問題に対して結果を予測したり、推理したりする能力のある人。
失敗観察」で言うと、「賢者は他者の経験から学ぶ」の賢者の人です。20mの崖から飛び降りて怪我をした人を見て、崖から飛び降りるのは辞めようと思うのが普通の人だとすると、「20mの高さから飛び降りても怪我をするだけで、死なないんだ」という法則を導き出したりする人です。人に追われたときに、普通の人が崖っぷちで捕まるとしたら、
応用が得意な人は怪我を覚悟で飛び降りて捕まらなかったりするかもしれません。

1〜99までを足すといくつになるか?という問題だと、
さっきの応用で、1+99=100 2+98=100 ... 49+51=100で49個の100と余った50を足して4950という答えを出したりします。




hirox1492 at 22:59|PermalinkComments(178)TrackBack(17) 感想 

人生にゴールってあるのかな?

シャチ。
満足して死ねればそれが幸せという人もいますけど、日々の生活が楽しくなくて、老後になってようやく満足するというのもちょっと頂けない気がします。
だからといって、日々の生活を重視しすぎて、未来に苦労するというのもちょっとつらそうです。
年金や保険に入ったからといって将来の生活が保障されるわけじゃないし、お金があるから幸せというわけでもなかったりします。
今の自分にとっての幸せってなんだろう?未来の自分にとっての幸せってなんだろう?というのを考えて、その答えを実現させていく過程というのが楽しかったりするのかなぁと思ってみました。

hirox1492 at 04:05|PermalinkComments(32)TrackBack(11) 暇つぶし 

2005年02月25日

商業だから文化になる。

流氷「ざざむし」という食材があります。
なめくじのような形をして長野県の川などで取れる虫なのですが、
かなりグロテスクな外見をしています。
珍味ということで、高速道路のパーキングエリアやお土産屋さんで売っていたりするわけです。
世界的にも珍しい食虫文化なのですが、日本中で長野の伊那市でしか扱ってなかったりします。
では、どうして伊那市ではざざむしを食べる文化が残って、他の地域では廃れてしまったのかというと、、
ざざむしを取る人がいて、ざざむしを買い付ける業者がいて、ざざむしを土産物として売る人がいて、ざざむしを食べる人がいるから成り立つのですね。
フランス料理では、鳩肉を食べたりしますが、日本では鳩を食べる文化はあまり育たないように、文化が育つには、文化を消費する流れが出来ていないと廃れてしまうわけです。
そう考えるとゴッホが名画と言われるのは、ゴッホを名画として大金を払う人がいるから文化と呼ばれるわけで、誰も買わない絵は文化と呼ばれないで終わってしまったりするわけです。

「世の中、金じゃない」というのは確かにそうなのですが、文化として残るには、お金が絡まないといけないのかなぁ、、と思ったりする今日このごろです。。


伊那市役所商工観光課の人が書いているざざむしのページ

ざざむしの写真



hirox1492 at 00:03|PermalinkComments(55)TrackBack(4) 暇つぶし 

2005年02月23日

事件は現場で起きている。

あざらし「逃げるとは何事か」 首相、警察の対応批判
 小泉純一郎首相は22日午前の閣僚懇談会で、19日に都内で薬物使用とみられる男に警官が追いかけられて逃げ、パトカーを奪われそうになった事件に言及、対応を批判した。首相は「警官は犯人を取り押さえるためにいるのに逃げるとは何事か。一体どんな訓練を受けているんだ」と述べた。

バットを持っている男に素手で立ち向かえということのようです。
命令する立場の人は言うだけで、傷つくこともないわけで、
イラクに行った自衛隊の人も命を賭けているわけですが、命令する人にとっては、入れ替えの効く駒の一つに過ぎないんでしょうねぇ。


法律的な話をすると、自分の車の中で暴れてる分には、
誰かに迷惑をかけたわけでもないので、
なんの罪にもならないわけで、
警察は取り押さえが出来ないわけです。
それで抑えて怪我でもさせたら国家賠償とかになっちゃいますし。
でも、状況から見たら、近づいたら殴られるのはわかるわけで、
そういう場面でどんな選択肢があったかというと、
様子を見るぐらいしか出来ないと思うんですけどねぇ、、、


hirox1492 at 04:07|PermalinkComments(124)TrackBack(10) 感想 

2005年02月22日

2/22 22:22:22

たいしたことじゃないんですが、今夜は2/22 22:22:22になるんですね。


hirox1492 at 05:18|PermalinkComments(47)TrackBack(12) 暇つぶし 

2005年02月18日

本は人から借りるほうがいい。

くじらのしっぽ本や映画を選ぶときには、自分の趣味や趣向で選んでしまうので、「自分が好きそうなジャンル」のものばかりを無意識に見てしまうことが多いです。
そうすると、自分の知らないジャンルの面白いものや、自分の想定していなかった面白いものの発見が出来なくなってしまったりするのですね。
まぁ、面白いものなんか発見しなくてもいいという考えもありますが、想像を超えるようなものに出会うと何かと幸せを感じられたりします。
そんなわけで、センスが信用できる人の薦めた映画や本をみるとハズレも少ないし、面白い体験が出来るので、自分で探すよりもお得ですよ、、と。安いし。


hirox1492 at 07:29|PermalinkComments(77)TrackBack(19) 感想 

2005年02月09日

失敗観察

羽。
「賢者は他者の経験から学ぶ」
「凡人は自身の経験から学ぶ」
「愚者は自身の経験からも学ばない」


同じ失敗を繰り返す人の言い訳は毎回違うのだろうか?

hirox1492 at 03:52|PermalinkComments(253)TrackBack(46) ビジネス 

2005年02月04日

お金持ちがお金持ちでいる4つの理由。

飛行機。お金というのは、一定の金額以上使うのはなかなか難しかったりします。
マンションや株を買うとか資産になるものを買ってしまうのは、純粋にお金を使ってるわけではなかったりするのですね。
純粋に消費として使おうとすると、いくらいいものを食べても、1人で10万円以上使うのはなかなか難しかったりします。
7日ぐらいは毎日10万円以上使う生活は出来ると思いますが、一ヶ月続けるとしたら、たいてい飽きてしまうのですね。
あとは、飲む(酒)、打つ(ギャンブル)、買う(異性)とか、男の人だと車を買ったり、女の人だと旅行に行くぐらいしか残ってないわけです。

ではでは、自分では使い切れないぐらいのお金を持っている人がお金を稼ごうとするのはどうしてなんですかね?


・プライド (他者との数字比較)
 誰かと比較してその人より稼ぎたい。ゲーム感覚。

・恐怖感(未来へ失望)
 いつかお金が無くなる日が怖いので稼いでしまう。やたらに働く。

・コンプレックス(他人に認められたい)
 お金を持っていると他人が評価してくれる。感情的。

・趣味(他にやることがない)
 楽しい仕事しかしない。他にそんなに趣味がない。



佐々木さんのブログを見ての感想でした。


hirox1492 at 03:26|PermalinkComments(1258)TrackBack(15) ビジネス 

2005年02月02日

優秀な人がおかしな病を持っている理由

ふくろう前回、「優秀な人は何かおかしな病も持っている。」という記事を書いたのですが、知り合いのおじさんが面白い見解を持っていたので、そのままパクって書くことにしました。

優秀か平凡か?というのは相対的なもので、平均的な人よりも良い結果を出した人が優秀と呼ばれるわけです。
そうすると、普通の手段や考えを持つ人というのは大勢いるので、普通の結果しか得られません。
変わった手段や考えを持つ人は、平均以下の結果を出して失敗したと言われるかもしれませんが、平均以上の結果を出して成功したと言われるかもしれません。 
逆にいうと、普通の手段をとる限りは普通の結果しか出ないのです。
そんなわけで、平均的な成功以上の成功を求めたいのであれば、他人と違うことをしないと無理ですよ。。というお話。


hirox1492 at 02:18|PermalinkComments(51)TrackBack(15) ビジネス