Hiroya Tsukamoto

ギタリスト/作曲家 塚本浩哉      www.hiroyatsukamoto.com

2007年04月

ライブ告知

boston

一泊で久しぶりのボストンへ行ってきた。やっぱり静か。4年いただけに、前に住んでいた辺りを歩くとその時のことが蘇ってくる。バークリーへも足を運んだ。もう知り合いはいないだろうなあと思っていたら、結構会って、話もできてすごく嬉しかった。

今週土曜の55バーでのライブはトリオ。どんな感じになるか楽しみです。

4/28(sat) 6pm @ 55bar
(55 Christopher Street, New York/ Phone: 212-929-9883 / www.55bar.com)
Hiroya Tsukamoto-guitar, Moto Fukushima-bass, Nick Falk-drums

最後は城へ

cafe

暖かくなってきたニューヨーク。この週末は通りに人が溢れている。家の前のカフェも一杯。

今日は人に「今は春ですか、夏ですか」と真剣に聞かれた。「今は4月なので一応春じゃないですか」と答えたが、何か腑に落ちない様子だった。暑いから?

『梟の城』を読み終える。司馬さんのちょっとした文の組み立て方に、いい曲を聴いてその完成度に思わずため息が出るときのような、そんな感動を受けた。

道のない所

y1y2

GPSに頼って、道なき道を行く。下りはかなり急で下るというより、滑るような感覚。落ち葉がクッションのような感じで気持ちいい。

音の始まり

肌寒い日が続く。昨日は外の駅で電車が来なくて「これは寒すぎる!」と凍えていたが、ぱっと隣を見ると半袖のねえちゃんがヘッドフォンをしながら踊っている。一体どうなってんの?

最近のレッスンはクラプトンのWonderful Tonight。なかなか生徒もこの曲が好きな様子。自分自身も高校時代イントロを弾けただけでもほんとに嬉しかったのを思い出す。そしてその短い断片を飽きることなく何度も弾き続けた。

昨日はアッパーウエストのEl TallerへJulio Santillanのライブを聴きに行った。新しいバンドでの演奏。今までとがらっと編成も変わっていて、楽器、人が変わり、音も変わったことは確かだけど、やはり彼の世界だったし、その底には彼の軌跡が流れているのを感じた。ここ最近活動なども変わってきていて、どういう風になるのだろうと思っていたのは杞憂で、その流れはこの先も時には淀むことはあっても、途切れることはなく、美しいメロディーとリズムと共に流れ続けていくということが分かって嬉しかった。アルゼンチン人ばかりが来ていた。暖かい雰囲気。マテを飲んだ。

週末

4/1


日曜の夜。

昨日はクラシックギターでギグ。ビートルズの"Yesterday"、ボブディランの"Blowin' in the Wind" 。最近レッスンでよく弾いてる曲。自分の好みで結構曲も選んだりしてるけど、やっぱいい曲やと思うから。

夜はギターの阿部君のギグにクレオパトラまで行く。相変わらず曲がキャッチーで素晴らしい。一度聞けば耳に残るメロディーとハーモニー。さすがー。

今日は55バーでトリオギグ。ますますロック色が強くなってきた感じ。大きな音で思い切り弾くのは気持ちがいい。
Profile

hiroyatsukamoto

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ