Hiroya Tsukamoto

ギタリスト/作曲家 塚本浩哉      www.hiroyatsukamoto.com

2010年04月

音の隙間

春らしい日が続いたと思っていたらまた冬に戻ったような一日でした。

家で曲を作り、それを郊外へ向かう電車で見直すという作業をここ1年程続けてきました。大きな進歩もないこの作業ですが、家ではない場所で見直すということによって、作るものが少し客観的に見える気がします。



雨模様

また寒くなってきています。
雨ばかりです。

先週は地元のLong Island City Jazz Festivalに歌のHiromi Suda Trioで演奏してきました。もともと開発の進んでいなかった言ってみれば、治安の悪いこの地域の復興を一つの目標として始まったこのジャズフェス、どこから人が集まったのかたくさんの人が集う中、雰囲気もいい感じの中で行われました。バンドもいろんなバンドがいました。

土曜はボストンから来た歌のAshantiのバックを勤めました。この演奏はSoul Music Showcaseで、ソウルミュージック、R&Bのシンガーが中心に集まり、それを見るレコード会社の人達、プロデューサーも集まっていました。ほぼ黒人ばかり。ステージまで人だかりを時間をかけてかき分けて行く程の人の数と、観客の熱気も尋常ではなかったです。あまりの雰囲気の違いに、自分が随分遠い所に来たような感覚がしました。

思ったのは基本的に皆歌が上手いのは当たり前。あとソングライティングでどこまでいい曲が書けるかというところが難しいところかもしれません。どれも同じようなパターンの曲が多い気もしました。それは普通のポップミュージックでも言える事かもしれないですが。
Profile

hiroyatsukamoto

Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ