DSCN2028


昨日は、マンハッタンのRubin Museumでの演奏でした。

今回は、尊敬するパーカッショニスト、Satoshi Takeishiさんとのデュオでした。このミュージアムでのコンサートシリーズのコンセプトが、「完全なアコースティックで」というもので、昨日はアンプもマイクも無しの生楽器でやりました。普段アコースティックギターを使っているものの現場ではそれでも音を増幅するためにアンプを使うことが多い中、今回のような、生の響きで演奏を聴いてもらうのは、本来はそうあるべきなのでしょうが、逆に新鮮でしたし勉強にもなりました。本来のギターの共鳴をどこまで生で引き出せるかということをこれから一つの課題にできればと思いました。

Satoshiさんはさすがのプレイでした。新しい人達(アメリカ人も日本人も)とも知り合うことができて貴重な日になりました。