2007年01月11日

行ってまいります

本日、9時発の飛行機で静岡の研修所(5泊6日)へ。
横で夫が、必死に事前課題をやってるところです。
夫「きつかバイ(キツイよ)」
私「(ブログ入力中)ああ、そうね。。。」
夫「ああ、そうねって、きついッタイ!!」
夫・私「顔を見合わせ)「へへ、へへ、へ・へ〜(笑)」
夫婦そろって壊れたまま、富士のふもとに行ってまいります〜


みやげを忘れんでよ〜
yone














にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい<

hiroyone1 at 03:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)お仕事 

2007年01月01日

HAPPY NEW YEAR

あけましておめでとうございます(^^)
昨年は本当にお世話になりました。本年も宜しくお願い致しますm(__)m
おかげさまで、水漏れの補修や仕事の契約を年末までに済ませることができました。
2月オープン予定で夫とコンビニ(ローソン)を始めます。夫はローソンの社員としてSV(スーパーバイザー。店舗指導の営業)をしていましたが、ずっとオーナーになるのが夢だったようで。。。基本的に夫婦でやることが条件なため、全く経験のない私が店長です^^;
1月は静岡の研修所に行ったり、既存店舗での研修、開店準備とまたブログの更新をさぼってしまうかも知れませんが、署名やパブコメはやりますので、情報があればぜひ教えてください!
情けないほど力不足の私ですが、
Dearこげんた「泣いているだけは変わらない。黙っていても変わらない」
この言葉を忘れず、小さくても行動していきたいと思ってます。


日本熊森協会さんよりドングリのお礼の手紙(手書き!!)。ちょっとしか送れなかったのに。。。今年はがんばります!
手紙













17日はよねの誕生日。キャロットシフォンケーキを焼いてみました。
ケーキ













水漏れで、デコレーションする余裕がなかったけど、超ガッツり^^;
ガツガツ1ガツガツ2







祝7歳!元気にずっと一緒に年をとっていこうねっ
よね












にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 01:06|PermalinkComments(15)TrackBack(0)よね | 生活

2006年12月17日

またもや水漏れ!!!

うちのマンションは各住戸ごとにでっかい電気温水器が設置されている。西方沖地震のとき、いくつかの住戸で温水器が転倒、階下の部屋に水漏れ・・・という事態になった。そして、マンションで一番水漏れの被害にあったのがうち(-"-)。
自分の温水器は倒れなかったのに(故障はしたけど)、上の階の分の水が漏れてきて、家の中で雨が降っているような状況が2日間続いた。
また地震がきてもこのような事態にならないように、先日から各住戸の温水器の転倒防止工事が行われている。うちは7日に済んで一安心、が・・・朝、よねにご飯をあげていると、廊下の方からピチャっ、ピチャっといや〜な音。
ぎゃあぁぁぁー!照明から水が落ちている〜(/ロ゜)/
しかも前回と同様のルートで広がっていって・・・夫が飛び起きて管理人さんを呼びに行く。寝てる間に地震はなかったはずなのに、なぜっ!?
原因は、真上の部屋の工事ミス(泣)。配管のつなぎが悪かったらしい。。。
工事をしている業者もすっとんできて、管理人さんや理事の方も手伝ってくれたけど、水漏れって滲み込んだ分が全部落ちるまで待つしかないのよね(トホホ)
前回の経験があるので、壁紙が水のせいで膨らんできたら穴を開けて水を落とすようにしたり(放っておくと広がるばかりか水の重みで一気に破けてすごいことになる)、照明をはずしたりなどの対応は早かったけど、どこまで広がるか分からないし、壁紙等をやり直すためにまた荷物を運び出さないといけなくなるのかと思うと水浸しの床を拭きながら涙目。。。は午前中。
午後は開き直って、とりあえず無事な和室にホットカーペットやテーブルを運び、夫がよねの散歩がてら借りてきたDVDを見ながら、水が止まるのを待つ^^;
和室の押入れも一部水もれしてきたので、布団を出して置くと6畳の和室はすごい状態。そんな中、よねは人がいろんな出入りしても騒ぐことなく部屋が様変わりしても慌てず、しれ〜としていた(あっぱれ)
水は夜中に止まり、そのあとの片付けはまだ残っているけど、ミスした業者さんが年内中に部屋を元に戻しますと言っているのでお正月はまともに迎えられそう(ホッ)
でも残念なことがひとつ。電話機が水に濡れて使えなくなったので、新しいのを買って請求しようと思っていたのに、ベランダに置いて乾かしたら使えるようになってしまった(T T)。暗いグレーからきれいなピンク(夫は猛反対)に替えたかったのにー!!!


リビング
水漏れ1










廊下。バケツにどんどん水が溜まる。。。
水漏れ2











読みたい本もたまってるわ
本











まぁまぁ、気楽に!気楽に!
ぜん












マイペス、マイペース♪ 「よねっ、テーブルの上(おまけにバッグの上)に載ったらダメっ!!」
よね2












にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 00:05|PermalinkComments(9)TrackBack(0)生活 

2006年12月10日

独立

また更新をさぼってしまった〜
穴が空き続ける夫の枕せいで夜なべ状態。お店の人に10年もつと言われて買った憧れの麻の枕カバーなのにぃぃ!!
夫は「刺繍の練習になっていいやんか。」の一言。なぜ穴が空いてしまうのかは未だ不明。夫の頭からは特殊物質でも分泌されているのだろうか。。。
今週は電気温水器の転倒防止工事が各部屋で行われているため、作業の音へのよねの反応が心配だったけど、平気みたいでよかった。
4年ほど使い続けた携帯が11月から、通話ができなくなったりしょっちゅう充電をしないといけなかったりだったので、新しいのを買った。たまっていたポイントで機種変できたし、新しい携帯は使いやすいし、画像も綺麗だけど、まだまだ買い替えたくなかったなぁ(選ぶのが面倒くさい・・・次から次へと新機種が出てくるのってなんだか気持ち悪い)。
夫の独立が決まった。先月から店舗の候補地を見て回り、ひとつめは断ったけど2件めの店舗に正式に申し込んだ。
夫婦でやることが条件になるので、来週からは一緒に面接を受けたり、契約の準備がいろいろとある。夫はこの道一筋だけど、私は未経験なんでけっこう不安。
水曜日に履歴書や住民票などの必要書類を揃え、担当からこれからのスケジュールの説明などを聞いた。
今年中に契約まで済ませ、1月は県外の研修所や店舗での研修が続くので、できるだけよねが不安にならないように考えないといけないなぁ。。。
こういうときは口で説明できないのがはがゆい。「短期間のことだから心配することないんだよ。」って分かってくれるかなぁ。
たくさん稼いで(希望)、よねにおいしい物やかわいいお洋服を買ってあげるからね!少しの間だけガマンしてねー!!!


左が新しい携帯。4年はもってほしいな〜
携帯










どんどん穴があく枕。左下にも大きな穴・・・(シクシク(/_;))
枕










友達が面白がって自分のマフラーを巻きつけてしまった。。。
マフラー1










いじけるかと思ったら。。。意外とお気に入り?
マフラー2











にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 00:12|PermalinkComments(10)TrackBack(0)生活 | お仕事

2006年12月02日

誕生日

1日は夫の誕生日ですが、仕事で帰りが夜中になるので前日にお祝い♪

誕生日といえば寿司!久々のお寿司に興奮して写真を撮ってないことに気付いたときには・・・
寿司











よねは食べられないよ〜
寿司2












ケーキは(私が)いろいろ食べたかったので、
ケーキ












刺繍に挑戦している訳は・・・夫が枕カバーに穴をあけるから(怒)
枕












今朝も新しい穴がふたつ・・・私のは無傷なのになぜだぁー!??
枕2













にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 00:01|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 

2006年11月30日

完璧じゃなくても良い飼い主になりたい

FBSのザ・ワイド(だったっと思う)で24時間診療の動物病院密着レポートなるものを見ました。
ケガをしたり具合が悪くなった愛犬をかかえて夜中に駆け込んでくる飼い主たち。その中で最悪の事態として紹介されたケース。なんて表現したらいいんだろう・・・私は泣き崩れる飼い主に同情することができなかった。

眠っている犬が寒くないように布団をかけてあげた。しばらくして様子を見ると息をしていなかった。
飼い主の最初の電話に院長は「心臓をバンバン叩きながら急いで病院に来なさい!!」と指示を出し、診療の準備をする。2回目の電話が鳴る。飼い主は気が動転しているようだ。「ちゃんと心臓マッサージはしている?してない?やりなさい!車の中でも叩き続けるんだよ!」院長の声が大きく響く。
到着したのは20代のカップル。飼い主は女性のほうで、男性は付き添いのようだった。
犬はキャリーケージに入れられていて、院長は慌ててドアを開ける。すでに死後硬直が始まっていた。女性は診療台に来るなり床に倒れこむ。院長があれだけ指示した心臓マッサージは全く行ってなかった。
懸命に心臓マッサージを続ける院長。床に座り込んだまま泣き続ける女性。ただ「○△(犬の名前)ちゃん、ごめんね。ごめんね。」と泣きじゃくるだけ。
彼女は治療中も犬の死を告げられた瞬間もその後も、一度も犬の方を見なかった。目の前の診療台に横たわる愛犬に背をむけたまま。。。

「倒れこんでないで、なんで抱きしめてやらんと!」見ていて腹が立ってしょうがなかった。どうして自分の犬を見つめられないのか。取り返しのないことをしてしまって悲しく苦しい、動転していただろう。でも、これじゃあ、この犬が可哀そう過ぎる。

この後、院長が番組スタッフに語った。「原因は飼い主の知識不足」そして、そういう飼い主が多くなったために、こういう不幸な事故が増えたと。

先日の「幸福な犬」を読み終わりました。やっぱり素晴らしい本で、犬を飼う前にこの本を読んでいたらどんなに良かっただろうと思いました。
著者の渡辺さんの、かつて一緒に暮らし天国に逝ってしまった犬たちへの思いを読んでドキリ。
「私と犬たちは確かに、幸福だった。でも、あれは私が彼らに与えられるベストの環境ではなかった。互いにもっと通じ合い、もっと気持ちのやり取りができたはずだし、もっと行動範囲を広げてアクティブに楽しく暮らせたのにと今は思う。」

私もずっと、上を見れば切がないけど、うちの犬はそこそこに幸せだったと思っていました。でも、自分の知識不足のために犬たちが辛かったり、健康を損ねて痛い思いをさせてしまったことがどれだけあるか・・・
行方不明になったチェス、天国のランちゃん、愛ちゃん、姫・・・ごめん!
フードのことも、しつけのことも、病気のことも、他にもいっぱい、ホント無知な飼い主だったね。

「完璧な飼い主になれなくても、良い飼い主には誰だってなれる。自分の犬を本当に家族と呼ぶなら、まず自身が良い飼い主への一歩を踏み出してのスタートだ」
(「幸福な犬」本中より)

これから私も、よねサマの良い飼い主目指して再スタート!

芸術の秋。知的なチワワを目指してモナリザを背負ってみました。
モナリザ1












「ダ・ヴィンチ・コード」好きなだけやろっ(原作本もDVDも持ってるよー♪ )
モナリザ2












にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 01:39|PermalinkComments(4)TrackBack(0)悲しい現実 | books

2006年11月28日

インフルエンザ

久々のブログ更新♪
週末はインフルエンザで寝込んでました。
平熱が低いのもあり、風邪をひいても微熱がだらだらと続いて長引くタイプなのに、さすがに今回は体温が上がる上がる。もう気持ちいいくらい^^;
月曜日に予防接種をしたので、そのせいでひいちゃったのか?
夫からは救急病院に行けと言われたけど、せっかく熱が出てるし(確かウイルスって熱に弱かったはずよね?)、予防接種で少しは免疫ができていることを信じ、薬はいっさい飲まずに、ポカリをガンガン飲んでひたすら眠り続けたら治りました!
慣れない熱でかなり体力を消耗したみたいで、まだちょっとふらふらしてるけど、逆に体から毒素が抜けたような感じもあって・・・言い方ヘンだけど、熱が出てよかったな〜、健全な治り方したな〜って思いました。
あと熱が高すぎるとハイになってなかなか眠れず、真っ赤な顔でネットしたり、本読んだり、刺繍したり(すごいことになってたけど)。夫に怒られあきれ果てられたけど、自分でも???。微熱のときはできないんだけどなぁ。
「お前はヘンだ!」と断言(いつもの事だけどね)されても、今回は返す言葉なし。
いったい、なんだったんでしょうね〜


ホットカーペットにへばりつくよね
ぬくい1











ああ、ホカホカ・・・
ぬくい2











zzz・・・
ぬくい3












にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 00:39|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

2006年11月19日

気になる。。。

どんぐり送った。お風呂の工事終わった。市長選の投票した。パブコメ出した。私にしてはとても充実した週だったなぁと思いつつ、ちょっと落ち着くと思い出してしまうことがある。
数日前、母と天神(福岡の都心。デパートなどの商業ビル密集地。)を歩いていると、
「あっ、あっ、あ〜。危ないっ。落ちますよっ!」母がいきなり声をあげた。
視線の先には母と同年輩くらいの女性が、黒のナイロンバックに何かを入れようとしているのだけど、その何かはバックからすべり落ちそうな状態。
「落ちるっ!リード、先にリードつけないと!」(母)
「な、無いんです!今、そこで買ってきたばっかりなんです。」(女性)
女性がバックにつっこもう(言い方悪いですけど、そういう状況にしか見えない)としていたのは、茶色のトイプードルの子犬でした。。。ノーカラー・ノーリード。
キャリーもなく、身一つで手から手へ売られた命。
ナイロンバックはマチの無いデカサイズのもので、つるつるすべりながら子犬は必死になって顔を出そうともがいる。
抱いて行こうとしたけど、子犬があばれるのでバックに入れようとしてたみたい。
子犬からすれば、いきなり知らない人に抱っこされて店を出て、道には車も人もいっぱい。恐くて恐くて、大人しくできるわけない。それをナイロンバックの中に入れてファスナーをしめようなんて。しかも歩道に立ち止まって立ったままそんな危険なことをしている!正直、かなり腹がたった。
女性の横には娘さん?らしき連れの女性が、微笑みながらぼぉ〜っと成り行きを見てた。
母はまだ何か言ってたけどが、私は「もういいから行こう!」と言って先に歩き出した。
この辺りで買ったということは、おそらく私の大キライな超激安ペットショップ(看板にも宣伝カーにも書いてある)だ。
知人がここで子犬を買ったら翌日パルボを発病、ショップに電話すると「取り替えます。」の一言。知人は頭に来て電話を切り、高い治療費を払い続けて子犬は命をとりとめた。
よねの散歩中、スピーカーで「人気のチワワが○万円から!!」と言いながら宣伝カーが横を通っていった。
連休中の炎天下の中、店の前通行人であふれる狭い歩道にサークルを出し、中にいる子犬たちを通行人にさわらせようと営業マンが声をはりあげていたこともあった。
最低のことばかりなので、この店の前は極力通らない、通っても中を見ないようにしている。

犬を飼ったことはないけど、かわいいし、安いし、営業マンに言いくるめられ、つい衝動買いをしてしまったのかもしれない。その女性には全く悪気はないのだろうけど。。。やっぱり買う側も責任と自覚を持って買うかどうか判断すべきだ。動物は消耗品とは違う。犬とぬいぐるみの区別がついていない人が多すぎない?罪だよ。

あの子犬、どうしているんだろう・・・考えてもしょうがないのに、つい思い出してしまう(-"-)
あの女性に何か言うべきだったのかな。。。(ため息)



おニューの服♪80%オフときたら買うしかないっ
おニュー












子供っぽい?と思ったけど店員さんに「よねちゃんカワイイ〜!似合う〜」と言われてつい・・・
おニュー2












こちらはキャミソール風。それにしても全然嬉しそうじゃないな^^;
おニュー3













にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 18:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)よね | 悲しい現実

2006年11月17日

どんぐりGET

夫と一緒に南公園に行ってきました。この公園は植物園と動物園が併設された(動植物園は有料)広い公園です。なんて、えらそうに書いてますが、福岡市内で育ったくせに夫も私も南公園に行ったことがなかったのでした^^;(動植物園は遠足で行ってますけど)
植物園の駐車場に車を止めてGO。公園というよりはちょっとした散策道ってカンジ。
最先端に展望台があって、博多湾や福岡タワーなど都心部を360度見渡せるらしいのですが、道が全然分からない。
どんぐりが落ちてないか探しながらひたすら歩いたけど、見つからない(泣)。
もうムリかな〜と思っていると、それまで進行方向を私にまかせていた後をついてきていた夫が。。。私の感はあてにならんと悟ったようで、自分の感で動き始めました。
探す探す2






あっちこっち登って調べだした夫。左写真右下に米粒大のなよね(動物園の方から、聞きなれない獣の声がするのでびびってます。)

どんぐり












夫の感があたってやっと見つかったどんぐり。でも古くてカスみたいになっているのばかり(-"-)
がっくりしていると、姿が見えなくなっていた夫が戻ってきました。「あっちにあるぞ〜!!」
この瞬間、初めて夫を尊敬したような気がする(おいっ!)
どんぐりはたくさんの枯葉の下に隠れていました。落ちていた枝で枯葉をかいていくと、穴があいていたり、スカスカになっているどんぐりの中にまだ新しいものがひとつ、ふたつと見つかり・・・それからは「止められない止まらない♪」みたいな感じで、枯葉をかき分け続けました。
木が少し斜めに生えていたので、私が斜めの体勢で木の根元周辺を探し、夫は本人曰く「落下地点から転がって着地するであろうところを計算」して下のほうを担当。
ふたりともどんぐり拾いは初めてだったので、ちょっとだけ感動。。。どんぐりって木の実なんだよね〜、木から落ちて拾えるんだね〜(アタリマエ!!)
時間がたつにつれ感動は、熊って大変だな〜、食べ物を見つけるって難しいんだな〜に変わりましたけど^^;
夫から「ブログにちゃんと書けよ。」と言われたので一応書きます。
「みんな俺様のレーダーのおかげやなっ!!」
ははっ〜m(__)m(今日だけね)


よね











いつまでやってんの〜? 不機嫌よねサマ

どんぐり












舞鶴公園のどんぐりに比べると大きさは半分もないくらい。重さを量ったら0.4kg。悲しい〜

にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 02:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)悲しい現実 | 

2006年11月15日

どんぐりGET!

舞鶴公園でどんぐり探し
情けないほどの方向音痴の私は管理事務所を探し当てるまでにかなり時間がかかってしまいました^^;
事務所の方が地図(舞鶴公園は野球場跡や陸上競技場、福岡城跡なんかもあってすごく広いのです)でどんぐりが拾える場所を教えてくれたので、迷わないように(とにかく方向音痴)地図を凝視しながら歩きました。
事務所の方からは「(どんぐり拾いは)時期的に遅い」のと「住み着いているホームレス達が毎日掃き掃除をしている」ので、落ちてないかもと言われたのですが、本当にきれいに掃かれていて「こりゃダメかな〜」と思いつつキョロキョロしていると、「どんぐりね?」。。。ホームレスのおじさんに声をかけられちゃいました(汗)。
ビビリつつ(子供の頃に変な人にさらわれかけたり、浮浪者から声をかけられて恐い思いをすることが多かったので少々トラウマあり)愛想笑いをしながら「はい」と答えると、お隣り(それぞれ青のビニールで覆った住居を構えていた)のホームレスのおじさんに話してくれて、彼らが集めて残っていたどんぐりを全て頂くことができました(家で計ったら0.5kg)。
「ここのどんぐりは食べるとおいしいからね〜。」と言われ、本当のことは言えないので「そうなんですかー。すごーい!!ありがとうございますっ!」とお礼を言って帰りました。ちょっと複雑な心境。クマの食料のためにホームレスさんから食料を奪った私って・・・。

ホームレスさんも今年のどんぐりはこれが最後だろうと言ってたので、次は南公園を探すぞ!


人が食べてもおいしいドングリ♪
どんぐり













zzz。。。ん?
zzz













おいしいって?   ダメ、ダメ。よねにはおいしくないのよ^^;
よね












にほんブログ村 犬ブログへ
blog rankingクリックしてくださるとよねも嬉しい

hiroyone1 at 01:37|PermalinkComments(13)TrackBack(0)悲しい現実