某掲示板を見ると、IS04のrootを取るのに苦労?なされている方のスレを見ますが、なぜ、遡ってスレを読み返さないのか不思議です。
スレの通りに前処理をやれば、あとはroot_toolkit_is04_v4.1のReadMeを読んでその通りにやればOKなはず(俺はそれでイケた)なのにReadMeさえ読まない輩が多すぎる。
で、出来ない等の質問をするけど、不具合のある個所がはっきりしていなく、常連?にスレで叩かれ、無意味にスレを消費しそれが2度ほど続いておりtoolKitの作者の方は嘆いておられました。

忘備録も兼ねて簡単に手順を書いておくと(BB43の場合です)

1.IS04とPCをデバックモードで繋ぎコマンドプロンプトで
c:\User\***\***>adb shell (必要だったと思う)
$ ← こう変わるので
mv /data/tms/tms.ver /data/tms/tms.ver.bak⏎
ln -s /data/local.prop /data/tms/tms.ver⏎

再起動。でlocalpropゲット。
うまく行ってたら後片付け。

rm /data/tms/tms.ver⏎
mv /data/tms/tms.ver.bak /data/tms/tms.ver⏎

(【ROM焼き】au REGZA Phone IS04 by TOSHIBA root5 スレ291)

2.root_toolkit_is04_v4.1のReadMeを熟読し
root_localprop.bat(BB43ではzergRushが使えませんなのでこちらを実行))
extra.batを実行
実行前に必要に応じてReadMeの[■事前準備と注意事項]を行う
共通メーラーのファイル等は現在は流通しているか疑問ですが、必要であれば自力で頑張って下さい。

簡単ですがこんな感じです。
私自身、知識があるわけではなく、スレ、toolのReadMeを読んでrootが取れているので、皆出来ると思うけど・・・。


まずはReadMeを熟読する事をお勧めします。作者さんが色々と親切に書いていてくれるので、この通りに実行すればrootは取れるはずです。

あとは、376氏のIS04_FFK300_15_TEST_7_plus_CWM_0.2やIS04_TestOdexForBB43_0.9e2を導入して更に使いやすいIS04に出来るはずです。

shot_000004 (1)


shot_000006 (1)



GScriptでノーマルカーネルに戻したら・・・・・、文鎮が完成しました。
systemupdateで戻し、rootが取れていたので、IS04_FFK300_15_TEST_7_plus_CWM_0.2をbootに書き込みCWMで現在restore中です。
restore終了後、GScriptで何度か書き込みをテストしたら問題ありませんでした。
しかし、再度の書き込みミス→systemupdateでの復旧を防ぐ為に”reboot"の記述を削除しました。

5/22追記
GScriptの書き込みでエラーが出る。PCと繋ぎcmdでやっても一緒(汗
メモリ解放したら、問題なくいけた。
書き込む前にメモリ解放する様にScriptに記述出来ないか模索中。


どなたか、IS11PT用にもCWM等を作ってくれませんか?

実機を1台進呈しますので、宜しくお願いします。