2014年01月26日 22:16

ビットコインと西郷札と蒋介石

 先日、NHKのクローズアップ現代で、「ビットコイン」(仮想通貨の一種)の特集を放送していました。
 ビットコインはサトシナカムラという人(もっともこの人が誰だかわからないそうですが…)がネットで論文を発表して一部の天才がネットで楽しくて作り出したそうです。みんながそれを通貨として受け取り楽しくてしょうがないないから始まったのではないかといわれています。そして、キプロスの経済危機で国家の通貨より信用されて使われ、中国マネーのおかげで2兆円くらいまで膨らんでいるとの事です。番組で解説をしていた岡田均さんという方が「まさにみんながお金だと信じるのがお金という典型だ」とおっしゃっていました。当然、国家の発行する通貨の信頼性に影響するのではということで、規制を行う国(中国)、規制を検討している国(日本)、自己責任に任せる国(アメリカなど)と各国で対応がなされています。
 ところで、この話を聞いて、2つのエピソードを思い浮かべました。
一つは「西郷札」です。西郷札とは、明治10年の西南戦争の時、西郷軍が戦費の調達のため占領地で発行した今で言う仮想通貨です。これはもちろん、通貨としての価値はなく西南戦争終了後、紙くずとなったのは論をまたないわけです。
 ちなみに、この西郷札を扱った小説を松本清張が昭和26年に発表し、これがデビュー作となりました。余談ですが、平成3年に松本清張さんの作家活動40周年を記念して民放のキー局が、毎月1回松本清張原作のドラマも放送しましたが、その第1作が「西郷札」でした。そしてさらに余談になりますが、ここで緒方直人さんと仙道敦子さんが共演をして、これがきっかけでお二人はご結婚をされました。(なぜここまで詳しいかというと、私が当時、仙道敦子さんのファンだったからにほかなりません。もちろんこのドラマも見ました。)
 もう一つのエピソードは蒋介石総統と人民元です。これもNHKの特集でやっていましたが、日中戦争時、蒋介石総統率いる中国国民党軍は日本軍に戦闘で負けてばかりいましたが、(これは多少の誇張だろうと思いますが、詳しく戦記をしらべていませんからわかりませんが、もちろん勝った事もあるでしょうが…日本軍が圧倒的に強かったということでしょうが…)最終的に日本軍に勝利を収めます。この要因の一つに、蒋介石総統が人民元を創設し、戦費の調達をしっかりと行えたことがあるそうです。蒋介石総統が後に、「元の誕生がなければ早く敗れていたか、屈辱の講和をしていた。」と語っています。
 「通貨とは」、真剣に考えさせたれた1日でした。


楽天市場