November 2006

November 19, 2006

中医学という方法で治療中

銀父 車イス

 

 

 

 海の状態を今振り返ると、確かにクッシングと診断される前、つまり今年の夏頃は、元気も、ハキもなく、暑さでバテているのかなぁ〜 と・・・・  横になって寝ていることが多かったのです。 

今年の終冬3月に耳の先端部分に縁取りしたような皮膚の盛り上がり、さらにその部分の脱毛を発見して甲状腺検査をした時が、今思えばクッシングの外見的な始まりだったのではないかと思われます。

それから・・・・・   ↓

(出血などによるショックな画像になる為あまり酷くない所の箇所を選んでいます。)

 

肉球の赤く腫れた部分がほとんど脱毛して、たびたび出血。

 

ペーパースキンで血管が浮き出てきている。この反対側は、車イスレッグリングなどのスレにより酷く擦れて出血している。

背中の皮膚下 幅3cm〜5cm 薄い木の板を入れたように石灰化している。その長さはくびの当たりから尾の付け根まで広がっていた。

 

 その頃から肉球からの出血、その部分の脱毛、さらにペーパースキン(皮膚が薄くなる) による擦れ、出血が、腹周りに顕著に見られるようになり、さらに背中に石灰化と呼ばれる背中の皮膚下に硬い板状の物が出来て、そこから脱毛が始まりました。 

9月初旬、クッシング症候群診断されてからは、西洋医学による、色々な過剰とも思えるような精密な検査、さらに副腎から多量に排出されるステロイドを阻害するといわれるトリロスタンを2ヶ月間投与していました。 結果薬の適合も合い副作用と呼ばれることも運良く避けることも出来て、投与開始直後、多飲していた症状がとまりました。 その効き目はとても急で、mg単位で与える薬の効き目に不安を覚えました。

その後一様に外的な部分の進行は止まった感じでした。 このトリロスタンでの僕なりの解釈は、肥大した下垂体、副腎を元の大きさに戻すような治療と呼べるものではなく、悪さの根源とも言うべき、下垂体の異状による副腎からの過剰につくられてしまうステロイドを、ただ阻害するだけと捉えています。 ですから、根本的な治療とは程遠く、将来いつ脳が肥大した下垂体で圧迫され、神経症状が出てくるのを、悪く言えばそれがいつ来るのかただ待たされえているかのようなとても心痛後退的なものだったのです。 ですからこの病気だと告げられた日から、その心の格闘は相当酷く、将来の海を思うだけで、どん底にたたきつけられたような毎日でした。

 11月5日から、中医学による漢方薬投与を開始して、今日で2週間が経過しようとしています。 西洋医学のケミカルなもの以外に他に投薬方法はもう無いと考えていました。

 漢方投与までの経緯は、一つ前のブログに書きましたが、今までのお友達の繋がりから、本当に幸運と偶然が重なり、情勢は一気に変り、その経過は、目を見張るほど驚くものがあります。                                         まず背中の石灰化、肉球の発毛傾向、ストラバイト結晶改善、さらに海に元気が出てきたことです。  いまお世話になっているオーシャン動物病院の平先生(以後主治医と書く) は、自然治癒力を最大限引き出すことにより、将来僕が1番悲観していた腫瘍化し肥大した下垂体、副腎も正常に近づくという、とても驚く希望のある言葉を的確な説明で頂いています。また、ヘルニアで半身麻痺のあることについて、今更ではありますが、術前にもし中医学を選択していただいていたら、今頃は自力歩行も夢ではなかったとも言われています。ただ不幸にも現在自力歩行がかなわくても、きっと歩行できるように治療できますとも言葉を頂いています。

 毎日の海の元気になっていく様子をまざまざと見てその言葉が現実になること、この方法が本当の意味で治療となること願い信じ、継続して行くことを決めました。

僕の住んでる所は名古屋です。主治医は、東京ということでその距離は縮めることは出来ませんが、出来るだけ連絡を蜜に、またこのネットを最大限利用して、主治医の指示を的確に仰いで、僕もその指示に忠実にしたがっていこうと思います。 

また出来るだけ詳細にクッシング日誌に海の経過を更新したいと思います。 皆さんからのたくさんの暖かい励ましや応援もとても気のパワーとして回復に寄与していただいていると心から感謝します。



hirsi04 at 09:20|PermalinkComments(4) クッシング症候群 

November 05, 2006

今日で、2年になりました。 

高山 ワンパラ・・

動画は、星マーク押してね  

 

早いものですねぇ〜 海がヘルニアで自力で歩けなくなって、はや2年です。 今年も色々ありましたぁ〜

毎日のリハビリ、スイム、レーザー、針、整体、気功などなど、色々やりましたね(^^; 

海の回復は、本当にゆっくりゆっくりで、3歩進んで2歩下がるが言葉どうりのものでした。 春ごろには、あと少し、もう少ししたら、ひょとした2歩3歩、歩けるようになってもおかしくない。なんて思える程度にまで来ていたんですが・・・     お友達にもびっくり驚きの御報告ができれば・・・  などと実は僕の中でもくろんでいたんですよぉ〜 f(^^;)

今年の初夏に、ずっ〜としていたオシメがはずせて、とっても嬉しかったこと♪ でもその嬉しい出来事の反面、急に反射が弱くなり立つことも出来なくなってしまって(涙) ひつと良いことが起きると、後退するこも・・・・    またそんな繰り返しなのかなぁ〜〜〜    そんなこんな考えていました。

8月も終盤、背中に小さなしこりを見つけて、はじめは脂肪のかたまり?? などと簡単に考えていましたが、その部分がどんどん大きくなり、いきなりボッコリ脱毛です@@;  そそくさ主治医に報告です。 半身麻痺を何とか自力歩行にとそのことに集中するあまり、こんな難しい病気になっていることを見逃してしまっていたんです。

 結果、クッシングと検査結果を告げられ、不安、不安、ただただどうにもならない心痛・・・・・     治療ではなく、現状これ以上悪化させることを遅らせる、ただそんな程度しか方法がない病気に襲われてしまったのです。 正式な病名は、下垂体性副腎皮質機能亢進症といい、下垂体が腫瘍化して、これ以上脳を圧迫すれば、命にかかわる病気なのです。

この2ヶ月間は、その忌々しい病気のことを勉強し、専門医も探し、色々たくさん意見もあおぎ、ただただその病気の難しさ恐ろしさに打ちひしがれる毎日でした。 そんな中でも回りのお友達の大きな励ましや、応援、さらに免疫効能があるサプリ、超軽量の車イスなどなど一杯いただき、何とか沈みきってしまった気持ちを空元気でも、空頑張りでも、前向きにさせていただきました。 

さらに、昨日の驚きの出来事ですが、僕のHPを見守って下さる、  獣医師の先生がみえたのです。(先生の同意をいただいておりませんので詳しくは書けません<(_ _)> )      こんな僕のことを心配してくださっていること、そのことをお友達から連絡が入り、今日はその先生と直接お話することが出来て、驚くやら、感激するやら・・・・・    その暖かい先生の導く言葉を聴きながら、この先の一筋の希望の光を見出すことが出来ました。 本当に本当にありがたいです! 心からお礼を申し上げます。

 こうやってHPを公開して、へっぽこながら更新してきてよかったと、心からそう思います。 何ものにもかえることのできないこの子が、いつまでも僕のそばにいてくれることを切望して、けしてあきらめず、僕の出来うる最大限で、頑張っていこう! 改めて、そう思います。 これからもどうかよろしくです 〜☆



hirsi04 at 20:44|PermalinkComments(22)