July 04, 2007

ありがとう

お花

 

 

 


7月になりましたね
HP、ブログ、 他にも  来て下さったたくさんのお友達のみなさん
心からの暖かい励ましや、愛溢れる言葉、またもったいないほどのたくさんのお花、贈り物、さらに遠方よりはるばる来ていただけたお友達に、
改めまして、心から感謝とお礼を申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。
いまだに更新も、近況すらお知らせすることも出来ず、また個々様に頂いた返事も書けないこと、心からお詫びします。



 僕は、ペットロスと言う言葉が使えません。
なぜなら、海は僕にとってペットではありませんでした。かけがえのない我が子でしたから・・・
こんな書き方をすると誤解される人も
でも同じような気持ちを抱く人は多く見えるんではないでしょうか。

 虹の橋に送って半年
駆け巡る記憶、いまだやむことのない溢れる涙
海の存在を感じない日はありません。
振り切るように、ぼぉ〜とする時間を努めてつくらないようにしています。
家族は、引きこもりがちな僕を色々理由をつけては外出するように誘います。
ある日ホームセンターに買出しに行くと言い、車を走らせました。
オープンして間もないと言うこともあって、不用意に見て回っていたら、ペットコーナーのディスプレイに
避けて通ればいいものを、僕の目は勝手に、ダックスの赤ちゃんを探していました。
それを見つけた瞬間に、涙がとめどなく溢れていました。

ヘルニアで突然半身麻痺になった2004年の秋
その日を境に、たくさんの病院をどれだけ探し、回ったことでしょう。
術後に、「 この先考えられる病気、かかりやすい病気はありませんか?」 と、何度も先生によく質問していましたね。
帰って来る言葉は、いつもあいまいなものでした。
何度スイムリハビリ、ホメオパ、針灸治療に出かけたんでしょう。
いつも内心は、何とかして元のように歩けるようにしてやろうという思いだけで一杯一杯でした。

HPを開設したのもこのことがきっかけで、
それを機に本当にたくさんの心やさしいお友達に支えられてこれまでやってこられたこと感謝感謝の車イス生活の2年間だった気がします。

クッシング症候群と言う重なる病を宣告された2006年の秋
それまで病院に行かない週がない位、診て頂いていたにもかかわらず・・・・ 
なんで、どうしてと、 何処へもぶつけようのない怒りと共にどん底に突き落とされ、目の前が真っ暗になりました。
続く過酷な治療と少しでも良いと思う病院探しがさらに加速し・・・
何度も何度も 「 本当にこれでいいの、この方法が僕から海を奪ってしまわない1番の方法なの」 と自身に繰り返し繰り返し問いただし
絶対に万が一のことが起こらないようにと必死に願いながらの治療と通院の日々だった記憶が、今も鋭く心に突き刺さります。

今 思います。
いきなり歩けなくなったあの夜、何が何だか解らないまま言われるまま入院させてしまったあの病院が悪かったんだと、
あの病院にさえ入院させなければと怒りの鉾先を向けられればどんなに楽なことだろう・・・ 
しかし、それを良しとし、選んだのは、僕自身なんです。
その後の病院選びも全て自分が決めたこと・・・   
そう全ては自分が決断したことで、人を憎むなんてとんでもないことです。

海に少しでも長く僕のそばにいて欲しかったんだよ。それだけでよかったんだよ。
それを考えるがあまりに、考え過ぎるがあまりに、冷静に大きな視点で見守ってやることが出来ず、
1番大切な、重要な選択を見誤ってしまった、逝かせてしまったのだと悔いて悔いて悔いています。
 


愛する海へ

海 ごめんな・・・
パパが全部悪いんだよ。 こんなに若いのに、 ごめんな・・・

海は、おりこうさんだね。
僕の言う言葉も、本当によくわかるし、
海は毎日、クゥクゥって小声で話をしてくれたね。 「 あれして、これして」 って何をどうしたいのか手に取るようによく解ったよ。
僕、「おしっこしたいよ」って サッシに手をカリカリさせて毎回教えてくれたね とてもおりこうさんだったよ。
朝は、目覚まし時計のように正確な時間に、 クゥクゥって小声でやさしく起こしてくれたよね 本当にありがとう。
仕事に出て一人になった時も、僕が帰宅するまで、お友達にもほんとビックリされるほど全くいたずらすることもなく、いい子にお留守番できたのが自慢だったよ。
夕方6時になると、「早くご飯つくってよ」って クゥクゥと言って催促したね  冷蔵庫の中はいつも大変な状態だったっけ。
つくると凄くおいしそうに食べてくれて その姿を見ているだけで、僕は本当にうれしかったよ。

海は、本当にやきもちやき屋さんだったね  お散歩途中で逢ったワンコさんを「可愛いね」なんて言おうものなら、 もう大変だったね。
それに、部屋にあるミッキーさん、ゴジラさん、ゾウさんさんを、僕が抱こうものなら、凄い勢いでやきもち焼いてたね。
でも、パパはそんな海を見るたびに心からいとうしいと思っていたよ。
パパがよんどころない用事で、急に出かけてしまった時は、玄関のドアに3時間でも4時間でもへばりついて離れようとしなかったって兄に聞かされた時は 嬉しいを通り越して「ギュ」って抱きしめてしまったよ。

海〜 パパな・・・
もう涙とはおさらばしないとな・・・・
兄ちゃんも、お姉ちゃんも、お母ちゃんも、僕が涙見せるとみんなどうしてよいのか困ってしまうんだよ。
家族中みんなが暗く沈んでしまうんだよ。 
だからもう涙は封印しないとな。
約束だな。


僕の所に来てくれて、本当にありがとう。
僕の子供になってくれて、本当にありがとう。
たくさんの楽しい楽しい思い出を、本当にありがとう。
海は僕の何ものにもかえられない宝だよ。
今海のいる世界は、僕には見えないけど、海は僕が見えるんだろう。 いつでも帰って来ていいよ。 いつでもな・・・
もし、もしも願いが叶うなら、もう1度だけこの手で海を抱きたいよ。
パパはいつでも海を忘れない。
大好きだよ 海 ・・・・・
本当に本当に、ありがとう。
 





思いつくまま書きなぐってしまいました。すみません。
今日は、あの出来事以来初めてブログに心内を吐き出すことができました。
これで一つ自分自身の気持ちも進められたのか・・・・

まだまだ海が側にいてくれた当時のような気持ちには戻れません。
いつかまた元気に色々お話できる日まで、またとりとめのない日常を更新出来る日まで、お休みさせて頂きます。
ありがとうございました。
個々様には本当に勝手で申し訳ありませんが、返事出来ないことお許しください。


ではでは

海パパ


hirsi04 at 16:31│Comments(28)

この記事へのコメント

1. Posted by タラパパ   July 04, 2007 22:05
海パパさん、暖かさをありがとうございます。
2. Posted by ヒトミ   July 04, 2007 22:05
海パパさん、おかえりなさい。

かけられる言葉などないですが、少しずつでも進んでいらっしゃる海パパさんを感じる事が出来ました。

言葉をうまく使えないのであまり長々とかけませんが、海パパさんがこうしてブログを更新してくださったことが、とてもとても嬉しかったです。
これからもゆっくり、マイペースに進んで行ってください。次の更新、いつまでも待っています^^
3. Posted by ももママ   July 04, 2007 23:13
海パパが少しでも前向きな気持ちになれた事、海君も喜んでいると思います。
ずっと待ってるから、ゆっくりゆっくりと元気になって下さいね。
4. Posted by アッシュまま   July 04, 2007 23:16
海パパ

今はまだ無理だけど
いつかきっと、海くんの事を笑顔で話せる日が来る事を待っています。

海パパは一人じゃないよ!
海くんをはじめ皆が見守っているよ。
5. Posted by 優   July 04, 2007 23:51
海パパさんの日記が更新されていてとても嬉しく思います。またの更新待っています☆
6. Posted by ラムママ   July 05, 2007 00:34
海パパさん

おかえりなさい。ずっと心配してました
海パパさんの海くんを愛する気持ちが本当
伝わってきました。涙でPCがぼやけてしまい
ました・・・。

犬=ペットじゃない気持ちわかります。
私も家族と考えてます。

いつかまた海パパさんが元気になって
HP再開してくださいね!!
7. Posted by ゆきまん   July 05, 2007 01:07
海パパ・・ほんと心配していました。
何度も何度もHPを見に行って何か話せるようになったかな??と尋ねてました。

まだまだ辛いですよね。文章みてよくわかります。
海くんはほんと海パパがパパであって喜んでいるとおもうよ。

少しづつ元気を取り戻していってね。
みんながパパの事まってるから・・。

海く〜〜ん パパの事空からみててよ〜〜〜
泣かないでね。。。。って!

8. Posted by sasukeまま   July 05, 2007 01:32
海パパ・・

海パパの少しでも前向きな気持ち、海君も喜んでいると思います。
少しづつ、ゆっくり元気になって下さい。いつまでもいつまでも待ってますね!
9. Posted by マックスママン   July 05, 2007 02:28
まだまだ時間はかかるんだと思います。
うちの母もまだまだ涙の日々です。
海くんもきっとパパに愛されとても幸せだったんだと思っています。
パパの子になれて幸せだったと思っています。

うちの実家の子も母の子になって幸せだったんだと私は思っています。

まだ、マックスは実家に行く事は出来ても最期のお別れをした部屋には
入れません。マックスにもまだ時間はかかりそうです。

海パパ様、海くんは幸せだったんです。
パパの子になれて幸せだったんですよ。
大好きなパパがいつもそばにいてくれて幸せだったんです。

ゆっくりでいいのです。
お元気になられるのをお待ちしています。
10. Posted by ひかりパパ   July 05, 2007 05:08
海パパさん、ご無沙汰しております。
お元気ですか?
戻れる時にまたふらっとお立ち寄り下さい。
人生、徒然、気の向くままが一番です。
11. Posted by ジュン・タク   July 05, 2007 09:31
どれだけ海クンを愛していることか・・・
ものすごく伝わってきます。
海クンはパパさんに愛されていてとっても幸せだったと思いますよ。
今はただただゆっくり休んでゆっくり過ごして下さい。
まだ時間がかかるのかもしれませんが、いつか元気になったら戻ってきてくださいね。
お体だけは大切に・・・。

12. Posted by じーじょ   July 05, 2007 09:36
海パパさん

まだまだ辛い日々・・・
家族を失ったのですから当たり前ですね。

こんなに愛された海君は本当に幸せなワンコです。
13. Posted by chamahime   July 05, 2007 09:50
海パパさ〜ん♪

気の向くまま、足の向くまま・・でいいんです。
また、待っていますね立ち寄って下さるのを・・・。
14. Posted by あん   July 05, 2007 13:32
書きたい気持ちになられて少し安心しました。

私もペットロスや飼うといった言葉は好きではありません。
ゆっくりゆっくり元気になってくださいね。
15. Posted by けんたの母   July 05, 2007 17:41
海パパが愛した海君もきっと海パパの家族で幸せだったと思います。
無理をせず、ゆっくり休んでくださいね〜

この4月だいちも海君のいる虹の橋を渡りました。
心臓、ヘルニアと闘いましたが最後は腸閉塞でした。
いまは7年間だいちといた幸せな日々を思い出して
暮らしています。パパさん!書くになったら、また
海君の思いでを書いてくださいね〜
16. Posted by miyu   July 05, 2007 19:23
パパさんが1歩前進できたことを1番喜んでいるのは
海くんかもしれませんね。
パパさんが海くんを愛したように、あなたのことを何よりも愛し、
見守ってくれるご家族がいること、お幸せですね。
つらい時は無理しないで、うんと甘えて下さい。
母親にとっては、それが1番の親孝行なんですよ。
17. Posted by ソラン&苺   July 05, 2007 20:48
日記を書いてくださってありがとうございます

海くんは、パパさんの中にちゃんといるんだな〜って思いました。
今は会えないけれど、、、海くんはパパさんのことを見守っている気がします

病気は嫌ですね。。。
パパさんも身体には気をつけて下さい!!
海くんが心配しますからね・・・
18. Posted by moka   July 06, 2007 02:05
お久しぶりです。
海パパさんの、海くんへの気持ちが痛いほどすごく伝わってきて私も涙してしまいました。
ご自身を責めてしまう気持ちもとても良くわかります。まだ、今は辛いと思いますが、無理はせず体に気をつけて、ゆっくり前に進んでいって下さいね。
また、日記更新されるのをお待ちしてます。
19. Posted by オレンジ   July 06, 2007 13:37
ずいぶんとご無沙汰しております。
全く知らなかったので、何とも言えない気持ちで
いっぱいです(泣)

海パパさんから海くんへの想い、すごくよく伝わって来ました。

時間はかなりかかるでしょうが、負けずに前に進んで下さいね!!

海くんはいつでもパパさんの傍にいますから・・・
20. Posted by ローズ   July 07, 2007 13:02
海パパ・・・ずっと心配していました。
かける言葉はみつかりませんが、パパの言葉が聞けて少しホッとしまいた。
海くんはパパのことずっと見守ってくれていますよ。

21. Posted by うえい   July 07, 2007 23:53
こんにちは、たまたま見て、涙が出てきました。
私も犬を飼っていてすごく大好きだけど、うちの子が同じような病気になったら?って想像してみたけど、海パパのような事は出来ないな。経済的にも、時間的にも。海くんはホントにいい家族にめぐり合えて幸せな犬だなって思いました。神様が、この人なら大丈夫だって海くんと海パパを合わせたんだと思った。
22. Posted by サンタママ   July 11, 2007 13:48
海パパさん、、、少しだけ心の整理が付いた頃でしょうか?
でも・・まだ涙が乾く事はないでしょうね。
パパさんの今の率直な気持ちが聞けて嬉しかったです。
また思いのままを綴って下さい。
23. Posted by ジョン&レオまま   July 22, 2007 22:33
お久しぶりです(*^_^*)
ずっと心配していました。
海ぱぱさん、きっと海君はパパさんと出会えて喜んでいたと思います。
いまでも見守ってくれてると思います。
海パパさんの声が聞こえてちょっと安心しましたo(^-^)o
24. Posted by 宇野   July 23, 2007 14:38
はじめまして。
先日こちらのHPへ辿り着きました。
私も昨年秋にエルを亡くしました。
何頭居ても、エルはエルしかいません。
何て言ったらいいのか、エルと暮らした日々は一生の宝物で、失ったことは一生消えない癒えない悲しみです。
出逢わなければ経験すること無かった痛みですが、エルと暮らせて本当に良かった。
海パパさん、海くん、私に出来ること、ブリーダーとして、丈夫な体の犬を作る努力をします。
お譲りするときも、犬種特有の育て方の注意をちゃんとご説明します。
ミニチュアスムースダックスフンドが未来に置いても明るく活発でパワフルで知的で好奇心旺盛で甘えん坊で、ひと際愛される犬種でありますように。
25. Posted by ちよ   July 23, 2007 14:58
海パパさんおかえりなさい。
ずっと心配していました。
まだまだ本物の笑顔が出せない中、
こうして更新してくださってありがとうございます。
海君の姿、動画でしか拝見出来ていませんが、
目にやきついてはなれません。
ずっと待っていますから。
26. Posted by プリンママ   July 27, 2007 22:58
海パパブログ更新ありがとうございます
海くんが虹の橋に渡ってからパパさんのこと
とっても心配でHPに訪問してましたが、遅ればせながら、今日訪問したらパパさんのブログが更新され読ませていただきました。
うちのプリンも症状が進み車いすを使うことも難しくなってきています。私もプリンのブログを始めてみました。よかったらお寄り下さい。
27. Posted by シェリーまま   August 10, 2007 16:15
海パパさん、心配でたまに覗いておりました。
友達んちのダックスが続けて2匹、ヘルニアを発病しました。
パパさんのHPを紹介させて頂きました。
うちのシェリーをはじめ、海君と同じ病気を発病してしまった友達ワンコは、まだまだあとを絶ちません。
パパさん、このHPはこのままずっと残してくださいね。
同じ病気でどうしていいか分からない飼い主に、勇気を与えてくれます。
そしてたまには、ブログ更新して下さいね。待ってます。
28. Posted by みっこ   August 16, 2007 21:18
海パパさん。心配していました。
またこうして日記を書いてHP更新していって
くださいね!
少しずつ元気になってください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔