音楽イベント終了

9月22日にスタートしたアッセンブリッジ・ナゴヤ2016。
21日の前日は、内覧会とオープニングセレモニー、そして22日から25日までは音楽イベント。
走り抜け、走り切った。以上です。

連日、色んなことが起こり過ぎて、毎日ブログを更新できれば良かったのですが、その日一日の
疲労と翌日を想像するだけで疲れてしまうような毎日。電気つけっぱなしで布団にたどりつけず
そのまま倒れてるなんてことも1日、2日・・・
特に直前にやってきた台風16号と、その後も不安定な天気が続いてしまい、まさかの初日から
公演中止や会場変更が相次ぐ始末。朝から問い合わせの電話は鳴りっぱなしだわ、スタッフ
さえも逐一の情報が共有されず混乱するわ、大変な初日でした。

事務局が置かれ、総合案内ポイントでもある場所にほぼほぼ貼りついていましたが、
やってくるお客さんの乱れ飛ぶ変化球に対応しながら、スタッフとアルバイトさんを管理する
ため、頭は終始フル回転。徐々に慣れていきはしたものの、アートスタッフだけでアーティスト
やらアルバイトさん入れて20人以上も居て、音楽スタッフは全然顔さえも分からず。瞬間的に
その場に集まったスタッフとアルバイトで、とにかく場をしのぐってことが続いた4日間。
気が休まるはずもなく・・・

つくづく生徒会経験ってしておくものだな、と思いました。
体育祭、文化祭、その他各種行事の運営で体に染みついた経験が活かされていたハズ。

それでも、まぁ、とにかく、ひとまず音楽イベントの4日間は終了。
3日目の夜の名フィル屋外ステージは、ようやく見に行くことが出来ました。
ちゃんとした写真はプロのカメラマンが入っていたので、後日公開されるでしょうが・・・
0193e7f8c1e985f96753b15e79659bdfc471992441
暗いし、全然分かりませんが、写真に写っていない背後も含めて5-600人は来場者があった
のではないでしょうか?
名フィル&ルイサダによる屋外コンサートも無事に開催されました。

これからバックデートしながら、4日間のことも振り返っていきたいと思います。

そしてこれから1か月間は、まだまだアートの展覧会が続きます。
終わるまでは、全然休まらない。休めない・・・

台風は去り

昨日が祝日だということも、強制的に頭から忘れさせ、全くなんら変わらず仕事の一日。
そして今日の台風通過。何とか通過してくれて良かったと胸をなでおろす。

いよいよ明後日22日から始まるアッセンブリッジ・ナゴヤ2016
明日はゲストを迎えての内覧会やレセプションがあります。
祝ってる場合じゃないけども、全然・・・

今日も大雨、強風の中、アーティストさんたちは最終準備に大忙しでした。
毎度のことながら、「もう一日、余裕を持って動けないのか?」と思ってしまいますが、
おそらく自分とは違うロジックで動いている人たちなんだろう、と最近は思うようにしています。
「これで完成」というものがあってないようなアート作品において、ギリギリまで追求する
という中から作品って作られていくんだなってのは、何となくわかってきました。

が、やっぱり頭の固いマネージメント人間な自分からしたら、
「なんで前日に・・・」とついつい思ってしまう、悪い癖が。
そして一人イライラしたりして、全く精神的にもよろしくない(笑
おおらかな人になりたい。


ともあれ、明日の内覧会を経て、明後日から、いよいよ開幕。
これまでの長いなが〜い道のりを経てのイベント。
ひとりでも多くの人に喜んでもらえるものであれば幸い。

10月23日までです。ぜひ港に遊びに来てください。
(音楽は9/22〜9/25の4日間だけです!)

根気の作業

現在、事業の一環でパートナーの方々が港まちを舞台にした映画を撮影中。
そのエキストラとして地元小学校の子どもたちに出演してもらうことがあったので
今日は一日、その撮影に同行していた。

0184cc719f4c29e3d297086b754b40841b5f0d6d40

映画制作に同行するって初めてのことでしたが、まぁ何と根気のいる作業か・・・
1シーン撮るのに、カメラの位置から、間合いから、人の動きから光の方向から。
同じシーンをこっちから撮って、またあっちから撮って。。。
見ているだけだと「も1回撮るの?」と正直思ってしまうこともあるけども、監督やカメラを
担当する人が持っているイメージとか記録された映像とか、色々とこだわりはあるのでしょう。

9時から始まって17時まで。
結局、今日撮るべき予定のシーンは全部撮りきれず、次回に持ち越しになりました。

むっちゃ大変。
これだけ撮って編集したら、どの位になるのでしょうか?
30-60分のショートムービーってことになっているけども。。。

まだまだ撮影は始まったばかり。
天気にも左右されながら道のりは長そうですが、頑張ってもらいたい。

Bienvenue au Japon


アッセンブリッジ・ナゴヤ2016。台風の接近とか、もう不確定要素と懸案事項ばっかりで
頭が痛いところですが、その連携事業として、小学生によるミュージカルも行われます。
なかなか計画は壮大で「大陸間連携」だったかな?地球的課題にミュージカルで向き合う
というすごい計画。

そのミュージカルの出演者としてブルキナ・ファソの小学生が日本に来日中、今日は
会場となる港まちの小学校でのリハーサルが行われました。

名古屋の小学生が3校かな?から50人位が参加し、更にブルキナファソから女の子が6人。
フランスからは映像での参加もあるとかで、まさに「大陸間」なプロジェクト。
これまで各校で練習などが行われていたそうですが、今日は会場となる小学校の体育館
にみんなが集まっての初にして最後の合同練習が行われました。

P1070468

ブルキナからきた女の子たち。めっちゃ元気。
ホームなはずの地元の小学生たちの方が恥ずかしがって全然話しかけられないし、
こっちがけしかけて何とかかんとか。ブルキナの子たちは、日本語は当然分からないし、
フランス語も通じないだろうからと英語で積極的に日本の子どもたちに話しかけていました。
やってきた子どもたちはブルキナファソの首都ワガドゥグの私立小学校の生徒たち。
英語も授業で習っているから、片言なら・・・ということでしたが、臆せず仲良くなろうとするのは
日本の子らももっと見習ったら良いと思います。

とはいえ、やっぱり子どもは子ども同士。なんだかんだと仲良くはしていたようです。
港まちの小学校には、本番の前日にも授業の一環で来るようなので、そこで更に交流が
深まると良いなと思います。

さて、いよいよカウントダウンも終盤。どうなることやら・・・・

これは日本特有か?


以前、ちらっと書いた富山市議会の政務活動費の不正請求は、更に増えて8人が辞職。
もはや腐りきっているとしか言いようがない。常態化しているのだとしたら、それを
見逃してきた脇の甘さも指摘されて当然かとも思うけども。。。これからどうなるんでしょう?

政治とはちょっと違いますが、お役所問題としては築地市場の移転に伴う豊洲新市場の
問題もひどいもので。。。誰の責任なのか?実は関係者は当然ながら知っていると思うけど
正面切って言い出す人が居ないのか、これからどうなっていくのでしょうか。
無責任にもほどがある、と言いたいけども、人が異動をしていく日本のお役所組織の中で
どこまで誰が責任を持って、その業務に向き合っていたのか?はナゾ。
むしろ数年で入れ替わっていくという組織だからこそ、異動しちゃえば無罪放免と言わん
ばかりに、各人が無責任な仕事をしているからこそ、起きた事件とも思えます。
こういうのって日本だけなんでしょうか???海外でも同じようなことって起きるのかな?

一方で、律儀というか、無責任のもう一つのあり様として「たらいまわし」ってのが行政の
常套手段の一つ。「それは××の管轄だから、自分では決められない」と言っては、どこかの
誰かのせいにして、自分ではYesと言えない。基本的に事なかれ主義で、面倒なことは
しようとしない。これがもう一つのお役所気質。本当にひどい話です。

何でもダメダメ言って、何もしないってそりゃ楽でしょう。
ただし、それは自分の保身、自分から面倒事を避けようとしているだけで、公務員が
果たすべき「公務をまっとうすること」には、全くなっていないということを、考えるべき。
「行政のこういう対応って、どういうことなん?改めるべきじゃない?」ってことを、もっと
伝えたり、それで改善を要求するようなことって・・・出来るのかな?

腐った体質は、丸ごと入れ替えてほしい。
根本にあるのは、気持ち、覚悟の問題だから、組織を変えたところでところで効果はないかも
しれないけども。

不規則ゆえ

人生の中で、数える位しか言われることのない言葉

 「ちょっと太った?」

「また痩せた?」と言われることは、まぁまぁあって、『また』と言う言葉に引っ掛かりを感じる
ことは時々あるのですが(えっ、”また”って、前はいつのこと?・・・とか)、「太る」ってのが
がんばっても出来ないという悩みを、息を吹きかけたら飛んでしまう位の軽さで考えている
Hisaとしては、なかなかレアな一言。

月に一度は、必ず会う事業パートナーさんなので、すごい久しぶりということでもないし、
その方が「太った」というのだから、相当か?と思わなくもないですが、多分・・・・気のせい。
体重計が家にないので、測ったりが出来ないのですが、体重そのものが変わっている印象は
なし。顔がむくんでるとかってことかな?それは、ちょっとひどいな・・・

まぁ不規則で晩御飯を食べたり食べなかったり、時間も決まらなかったりが続いているので
そのせいでむくんでる、または、本当に太ってる、ってことがあるかもしれません。
なんせ学会が2回もあって大分、長野で美味しいもんをいっぱい食べたし。

「痩せていること」にこだわりはないし、「太る」ことも考えてないし望んでもないし、
「このまんまがちょうどいい」ので、痩せるとか太るとか、どっちに転んでも、現状から変化する
ことには若干の不安も。本当に微々たるものでも太ったというのなら、ちょっと気を付けようかな。


アフリカ滞在中は激やせするとかもあったけども、体重は20歳位から変化なし。
×0圓料鞍召ら×5坩未泙任隆屬如△發Δれこれ20年。

この位が一番動きやすくて良い


いつまで続く?

台風がまたも発生し、近づいてくるようなニュースもありますが・・・
そろそろ終わってほしい。本当に。来週に迫ったアッセンブリッジ・ナゴヤ2016。
屋外ステージでフルオケが聴けるってのが、売りの一つなのに、雨とか。。。無理!
本当に怖い。来週のシルバーウィークは、どうにか晴れてほしい。
自分は結構、晴れ男だと思うのだけど。もっと強力な晴れ男、晴れ女と言う方、
来週22日から25日までは晴れますよう、ぜひぜひ祈っていてください。
っていうか、名古屋にぜひ来て、晴れをもたらしてください。


「いつまで続く?」というニュースと言えば、今朝のニュースで初めて知ったのですが
富山市議会で続々と議員が辞職しているそうで、既に5人目。
定数40人で既に5人って、すごい数だと思いますが。まだまだ続くのか????
実際のところ、どういうチェック体制になっているのかは知らないですが、これも税金(公金)
から支払われているんですよね?だったら、きっちりと使途の確認と精査はすべきだと
思うのですが。。。
これまで色んなカタチで公金を扱う仕事に就いてきましたが、本当に領収書の一枚まで
支出の一つひとつに、すごい労力と時間をかけて管理をしてきました。
「そこまではええやろ」と思うところまで。そしてそれらは、こちらとしては、やましいことなんて
一片もないですが、それでも正直面倒だなと思えるチェックを経て確認されてきました。
そこに関わる一員としては、「どうよ?」と疑問にも感じながらも、そこまでしっかりとチェックされて
いるし、責任を持って扱ってきているという自負もあるから、逆の意味では安心して扱っているし
公金を提供してくれている(自分もその一人ではありますが)納税者に感謝もし、堂々とも
しているわけで。

そういうことをしてきている一人としては、なのにそういうことに一番口やかましく口出しする
議員という立場の人たちが、制度を悪用して、公金を乱用するってのは腹立たしい。
こういうことに対して、周りから言われるのではなく、自分たち自身で、きっちりと律して必要な
態度なり制度を整えていこうという気概がないような己に甘い人間は議員なんかになるべきでは
ないな、と思う。

そういうところに頭と労力を割く暇がない位に、もっとやるべきことを真剣に考えよ。
コメントThanks!
ありがとうございます
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Hisaって何者?
  • ライブドアブログ