新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2014年05月

新ベンチャー革命2014530日 No.901
 
タイトル:集団自衛権問題でもたつく安倍政権支持率底上げのための北朝鮮拉致被害者の利用工作にだまされるな:日本に取り憑くステルス勢力の企む極東戦略の変更に気付け!
 
1.米国戦争屋のいつもの陳腐なジャパンハンドリング手口:小泉ヒーロー化の北朝鮮拉致被害者帰国劇の二番煎じが始まるのか
 
 2014529日、安倍総理は北朝鮮拉致被害者問題にて一定の進展があったことを発表しました(注1)。
 
 安倍政権は米国戦争屋からせっつかれて集団自衛権行使容認に向けて血道を上げていますが、一部の賢明なる国民から不信と疑惑をもたれて、支持率が下がっています(注2)
 
 集団自衛権問題でもたついている安倍政権の支持率をアップするのに、米戦争屋ジャパンハンドラーが使うカードのひとつ、それが、北朝鮮拉致被害者救済劇です。このカードは小泉政権時代、郵政民営化を推進するのに、小泉人気を高揚させる手段として過去、使われた実績があります。このとき、国民はまんまと乗せられ、小泉フィーバーが起きています(注3)。当時、小泉内閣の官房長官だった安倍総理も拉致被害者帰国劇の副主役としてデビューさせられ、その後、小泉後継の総理に抜擢されています。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.北朝鮮は米国戦争屋の敵役国家にすぎないことに気付け
 
 本ブログでは、米国戦争屋と北朝鮮軍部の一部は水面下でつながっているとみています。その根拠、それは、米戦争屋の頭目・ラムズフェルド元米国防長官が水面下で暗躍して、北朝鮮に核技術を供与してきた疑惑があることです(注4、注5)。しかも、このコストはKEDO(韓国のNEDO)を通じて日韓国民の血税で賄われています(注6)。
 
 要するに、極東米軍の存在意義を米国民にアピールするためにソ連崩壊後の極東脅威として、北朝鮮を米軍の仮想敵国に仕立てておく必要があったからです。さらに、北朝鮮軍部をそそのかして、絶えず、日韓を挑発させ続け、日韓国民が極東米軍に依存するよう仕向けるためです。
 
 北朝鮮拉致被害者問題は、日本国民が北朝鮮に敵意をもつように仕向けるために米戦争屋にとって絶好のネタだったのです。だから、米戦争屋の言いなりの悪徳ペンタゴン・外務省官僚がこの問題を単独で解決できるはずがないのです。
 
3.スウェーデンでの日朝会談は米国戦争屋がお膳立てした茶番劇にすぎない
 
 先日まで、スウェーデンで日朝会談(局長級)が行われていましたが、なぜ、わざわざ、スウェーデンで行われたのでしょうか。マスコミによれば、北朝鮮とスウェーデンには国交があるからとのことです。確かに、スウェーデンに北朝鮮の大使館がありますが、他にも英国やスイスなど、たくさんの国と北朝鮮は国交があります(注7)。それにしてもなぜ、スウェーデンなのでしょうか。
 
 この疑問を解くには、ラムズフェルドの対朝行動をみれば読めてきます。北朝鮮の核技術は、ABBという欧州重電機メーカー経由で導入されていますが、ABBの核技術は、元々、米国ウェスティングハウス(WH)からのライセンスです。ABBが北朝鮮に核技術のかたまり・原発を輸出した2000年代初頭、ラムズフェルドはABBの役員をしていました。
 
 ところで、ABBはアセアというスウェーデン企業とブラウンボベリというスイス企業が合併した企業です。この背景を知れば、今回の日朝会談がスウェーデンで開かれた理由がみえてきます。そして、キムジョンウン総書記がスイスに留学していた理由もみえてきます。
 
4.米国戦争屋の極東戦略が変更されつつある
 
 キムジョンウン体制の北朝鮮が日本に対して軟化してきた背景には、米戦争屋の対朝戦略が変更されている兆候があります。
 
 キムジョンウンの父・ジョンイルは、リビアのカダフィーが2011年に暗殺された後、米戦争屋の敵役を演じることに嫌気がさして、中露に接近しました。そして、彼はあっさり不審死させられてしまいました(注8)。
 
 キムジョンイルの後継・キムジョンウンはスイス留学中に、米戦争屋のエージェントに洗脳されたと思われますが、その効果あって、キムジョンウンは側近で中国とのパイプをもっていたチャン・ソンテク(張成沢)氏を処刑して、中国との国交を事実上、断絶させています、まさに米戦争屋の思惑通りです(注9)。
 
 このような一連の動きの背後で米戦争屋が蠢いていることは歴然としています。キムジョンウンは米戦争屋の傀儡そのもの、同じく、米戦争屋の傀儡・安倍総理と同じ穴のムジナでしょう。
 
 米戦争屋は今、安倍総理を背後から操っているのみならず、キムジョンウンも背後から操っています。その狙いはひとつ、すなわち、極東における仮想敵国のターゲットをかつての北朝鮮から中国に変更しつつあるわけです。
 
 以上のように米戦争屋の極東戦略は極めて巧妙かつ狡猾であり、オモテムキの仮想敵国として中国に照準を合わせつつ、水面下では中国軍部の一部勢力ともつながっています(注10)。
 
 いずれにしても、米戦争屋のダブルスタンダード、ジキルとハイド、二枚舌を読み取らないと、日本は彼らの手のひらで踊らされて、戦前同様の戦争国家にさせられ、気が付いたら中国あるいは北朝鮮と戦争させられる破目に陥ることになります。
 
 われら日本国民は、米戦争屋に踊らさされる愚かな日本支配層の尻馬に乗らないよう十分、警戒すべきです。
 
注1産経ニュース“安倍首相「全面解決へ向けて第一歩となる」 ぶら下がり会見全文”2014529
 
注2:本ブログNo.900集団自衛権行使容認に血道を上げる安倍自民党の狂気:われら日本人の国富のみならず命まで求める勢力が背後に取り憑いていると知れ!』2014528
 
注3:ベンチャー革命No.263『北朝鮮拉致被害者帰国劇:郵政民営化可決の仕掛けだった?2008628
 
注4:CNN“Rummy's North Korea Connection What did Donald Rumsfeld know about ABB's deal to build nuclear reactors there? And why won't he talk about it?”2003512
 
注5:本ブログNo.741米国戦争屋と北朝鮮軍部が水面下でつながっている疑惑が米国で暴露された!:シリコンバレー企業が北朝鮮に参入する日が近いか』2013411
 
注6:本ブログNo.689貧困小国・北朝鮮の核技術もミサイル技術も日韓国民の血税で賄われている疑惑あり:北朝鮮脅威を煽る似非右翼候補に絶対投票するな!』2012129
 
注7:朝鮮民主主義人民共和国の在外公館の一覧
 
注8:本ブログNo.689故・カダフィーの二の舞・北の将軍様の急処分:イラン戦争の代替シナリオとしての極東戦争リスクが高まる』20111219
 
注9:本ブログNo.828日本を戦争国家に導く安倍政権の危険性に早く気付け、さもないと、今の日本はあっという間に戦争させられると知れ!』20131212
 
注10:本ブログNo.893南シナ海における中国の暴走は中国の一部勢力と米国の軍事・石油ガス利権勢力の密約の結果か:軍国化を急ぐ日本は彼らに踊らされていると知れ!』2014511
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html
 

新ベンチャー革命2014528日 No.900
 
タイトル:集団自衛権行使容認に血道を上げる安倍自民党の狂気:われら日本人の国富のみならず命まで求める勢力が背後に取り憑いていると知れ!
 
1.暗澹たる日本に一縷の光明が射す:狂気の安倍政権の支持率が下落し始めた
 
 このところ、安倍政権は集団自衛権行使容認を実現させようと躍起になっています。ところが、お人好し国民の一部で、戦争より平和を重視する国民を中心に、じわりじわりと安倍政権に対する不信と疑惑が高まっています。その証拠に、安倍政権支持率が下がり始めています(注1)。これは喜ばしい傾向ですが、日本の防衛に関する国民の意見が真っ二つに割れている現状では、安倍政権が依然、安泰であることに変わりはありません、くやしながら・・・。
 
 安倍政権は、国民だましの自民党のもっとも反民主的な側面が強く出た狂気の政権であり、その本性は国民の味方でもなんでもありません、米国戦争屋ジャパンハンドラーの言いなり、日米安保マフィアや官僚権力の言いなりです、そして、国民の幸福ではなく、自社の利益を優先する貧乏性・財界人の言いなりです。こんな政権を支持する国民はほんとうに愚かそのものです。そんな中で、一部の賢明な国民が安倍政権の反国民性と危険性にやっと気付いたということです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.日本は世界一の対外債権国だった?
 
 財務省が527日に発表した対外資産負債残高統計によれば、日本は91年以降、23年連続で世界一の対外債権国の地位を維持しているそうです(注2)。財務省・日銀が円ドル為替操作しなければ、グローバル経済社会において円高傾向になるのは無理もありません。米ドルに対して、円は実質的に強いということです。
 
 2013年末の日本国の対外資産残高800兆円規模、対外純資産残高330兆円規模、対外負債残高470兆円規模とのこと。この負債の多くは、外資による日本株保有や日本の不動産所有です。外資がなぜ、日本の資産を大量に保有しているかというと、財務省・日銀が円高回避のため、円売りドル買い操作を頻発させ、その結果、外資が財務省・日銀にドルを売って円を買って日本で資産化しているからです。財務省・日銀は外資から買った大量の米ドルでせっせと米国債を買って、米国政府の財政を実質的に支えているわけです。簡単に言えば、日本政府はわれら国民から税金を徴収して、米国政府の財政を下支えしているということです。その結果、一部の米国企業はもうけをタックスヘイブン国に移転して米政府にあまり税金を払わないで済んでいます。
 
 日本政府の悪徳ペンタゴン官僚はわれら日本国民の血税を米国政府にせっせと貢いで、おのれの権力を維持するとんでもない輩であり、真性売国奴です。
 
3.日本は世界一の米ドル債権国なのに、経済成長は停滞という不思議
 
 ここで、日米中のGDP(名目)の推移(注3)をみると、米国のGDPは順調に伸びているのに、日本のGDP90年代半ばより停滞を続けています。
 
 本ブログの見方では、日本国民が汗水たらして、必死で外貨を稼いでも、はじから、日本政府官僚が米国政府にドルを還流させているからではないでしょうか。
 
 その証拠に、日本政府の債務残高は伸び続けています(注4)。日本政府の債務残高が増え続けるのに比例して、米国のGDPは伸び続けています(注3)。
 
 要するに、日本国民の国富は日本政府に巣食う悪徳ペンタゴン官僚によって抜き取られ、米国政府の財政を潤しているということで、新帝国循環と呼ばれています(注5、注6)。
 
4.戦後70年近く経っても、いまだに国富を吸い取られている日本
 
 戦後70年近く経っていますが、日米同盟の名のもとで、われら日本国民の国富は悪徳ペンタゴン官僚を通じて、いまだに米国に移転され続けていますが、なぜ、こんなバカげたことになっているのでしょうか、それは、ズバリ、日本は日米戦争に負けたからです。国家が戦争をやって敗戦するということはどういうことなのか、われら国民は再度、熟考すべきです。
 
 第二次世界大戦での日米戦争の勝利者であった米戦争屋にとって、日本は絶好の戦利品だったわけで、彼らは戦争の勝者として、敗者の日本から半永久的に国富を吸い取っているわけです。
 
5.日本を戦利品とみなす連中は、われらの国富のみならず命の献上まで求め始めた
 
 日本を戦利品とみなす米戦争屋は今、安倍政権をそそのかして、集団自衛権行使容認を求めています。そして、米戦争屋に言いなりの安倍政権とその取り巻きの悪徳ペンタゴン官僚はあの手この手で国民をだまして、米戦争屋のご機嫌をとって、おのれの権力維持に余念がありません。
 
 本ブログでは、日本の集団自衛権行使は、結局、自衛隊を米軍の傭兵に利用するものであり、いずれ米戦争屋は日本政府に徴兵制の復活を求めてくるとみています(注7)。
 
 米国で下野中の米戦争屋は今、図に乗って、どんどん対日要求を強化しています、なぜなら、オバマ政権が防衛予算削減の一環で兵士の人員削減を断行しているからです。そのため米戦争屋は遂に、自衛隊を米軍の傭兵に使い、戦場で米兵の盾にしようとしています。その延長線上には韓国同様、日本も徴兵制を復活させよというあつかましい彼らの要求が待っています。日本国民がそれに逆らえば、それこそ、何をするかしれません。
 
 そこで、大胆に類推すると、二度目の総理になった安倍氏は3.11事件の真相(注8)を知っているのではないでしょうか、そして、彼は暗に脅かされている可能性があります、それなら、国民をだましてでも自衛隊の米軍傭兵化に血道をあげる理由がみえてきます。
 
 それでも安倍自民党を支持する日本国民は、何かに取り憑かれたような安倍氏の異常性に早く気付くべきです、さもないと、日本の若者の未来は非常に暗い!
 
注1:テレビ朝日“安倍内閣の支持率、12ポイント下落 ANN世論調査”2014526
 
注2:産経ニュース“日本の対外純資産が過去最大を更新 23年連続で「世界一の債権国」”2014527
 
注3:世界経済のネタ帳“名目GDP(USドル)の推移(19802014) (日本, アメリカ, 中国)”2014528日現在の最新統計
 
注4:世界経済のネタ帳“政府総債務残高の推移”2014528日現在の最新統計
 
注5:本ブログNo.107自分のカネで自分が買われるという奇病に罹った悲惨な日本2010411
 
注6:本ブログNo.4143.11大震災パニックの虚を突いて、今起きているのは『新帝国循環』ではないか201185
 
注7:本ブログNo.896集団自衛権行使容認は自衛隊の傭兵化や徴兵制につながると知れ!:米国の国防予算削減で韓国軍並みの自衛隊の米兵代替化が求められている2014516
 
注8:本ブログNo.899東電福島原発を破局事故に導いた3.11地震津波は謀略だったのではないかと疑ってみるべき、さもないと日本国民は再度、同じ目に遭うだろう2014525
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
 

新ベンチャー革命2014525日 No.899
 
タイトル:東電福島原発を破局事故に導いた3.11地震津波は謀略だったのではないかと疑ってみるべき、さもないと日本国民は再度、同じ目に遭うだろう
 
1.反原発か原発推進かを巡って、日本国内の亀裂が深まる
 
 本ブログでは2011311日に起きた地震津波と東電福島原発事故を今日までフォローしてきましたが、3.11地震津波は人工的なトリガーによる自然災害だったのではないかという疑いを日々、強めています。
 
 国内では反原発の動きが活発化していますが、一方で、安倍政権や日本政府を含む原発推進勢力は決してあきらめていません。
 
 反原発の人の多くは、3.11事件までは必ずしも、反原発ではなかったと思われますが、3.11東電福島原発破局事故を経験した後、反原発に変わったのではないでしょうか。
 
 筆者自身も3.11事件勃発までは、必ずしも反原発ではありませんでした。筆者がかつて勤務していたIHIは東芝の下請けにて東電福島原発の圧力容器を製作していましたから。
 
 国民の多くは、3.11事件後、原発について学習し、これは、人間の制御を超える魔物だと気付いたはずですが、筆者も同じです。
 
2.3.11事件が謀略だとすれば、何のために
 
 3.11事件から3年以上経った今、本ブログの結論、それは、破局的な東電福島原発事故の原因となった地震津波はやはり人工的なトリガーで起こされたものではないかという見方です。
 
 ところが、このような見方をする日本人は極めて少なく、日本政府も知識人もその疑惑をもっているとは思えません、内心、疑っていても証拠をもっていないためあきらめている人はいるかもしれませんが・・・。
 
 しかしながら、本ブログは疑惑的見方を変えません。それでは、3.11事件が何者かによる謀略だとすれば、いったい何のために?という疑問が生じます。
 
 筆者が思い当たるのは、2000年代初頭、財界展望という月刊誌にスクープされた米国戦争屋の対外工作部隊CIAの秘密レポートです。そこには、日本で原発を推進する主体を東電とみなし、東電の信用を失墜させるべしと書かれているそうです(注1)。
 
 その目的は、日本の原発技術開発は、日本の核武装につながるので、これ以上、日本の原発技術開発レベルが上がるのを阻止するためのようです。
 
 本ブログの見方では、このような対日核脅威論をもつ勢力はCIA全体ではなく、CIAの謀略部隊であり、超過激な親イスラエルの米戦争屋内のネオコン勢力ではないかとみなせます。彼らは米国技術覇権主義者でもあり、日本の原発技術レベルが米国のそれを追い抜くのは米国の国益を侵すと考えます。
 
 さて、2001年、米国でブッシュ米戦争屋ネオコン政権が誕生してすぐに9.11事件が起きましたが、本ブログでは、これは、アルカイダテロではなく、上記、米戦争屋ネオコン勢力の自作自演テロ(=偽旗テロ)だったのではないかとみなしています。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ところで、日本の原発技術は米国GEWH(ウェスティングハウス)からのライセンスですが、米国は決して一枚岩ではなく、日本に原発技術を売ろうとする勢力もいれば、日本の原発技術を脅威とみなす勢力もいるということです。
 
3.なぜ、2011年に3.11事件が起きたのか
 
 上記、米戦争屋ネオコンCIAが日本の原発技術を脅威とみなしていたのは2000年代初頭ですが、なぜ、2011年に3.11事件が起きたのでしょうか。
 
 3.11事件が謀略だという前提に立った上での本ブログの見方、それは、米戦争屋ネオコンCIAが東電の原発を攻略する計画を立てたのは3.11事件が初めてではなく、最初の攻略ターゲットは東電柏崎・刈羽の原発だったのではないかと疑っています。実際、2007年に新潟県中越沖地震が起きて、この原発が直撃されました。しかしながら、この原発は地震に耐え、幸い破局事故に至りませんでした。それでも東電は6500億円の損害を受けて、一時、赤字転落しています。
 
 本ブログでは、この地震も何らかの、人工的な工作が行われた後、発生した自然地震だったのではないかと疑っています。もっとも疑われる人工的工作の元は、東電柏崎刈羽原発に近い新潟県長岡市で行われていたボーリング工事(石油探査および炭酸ガスの地下貯蔵実験)です。ちなみに、東電福島原発の近くのいわき市勿来にも炭酸ガス地下貯蔵実験プラントがあります。
 
 経産省主導の炭酸ガス地下貯蔵実験プロジェクトはわざわざ、東電柏崎原発と東電福島原発の近傍で行われていますが、米戦争屋のジャパンハンドラーが経産省官僚をだまして、わざわざ、東電原発近傍で実験させたのではないかと疑われます。
 
 上記の大胆な仮定を前提とすれば、謀略勢力にとって、東電柏崎原発攻略は失敗だったということになります、なぜなら、破局事故に至らなかったからです。そして、日本製の原発は地震には極めて強いことに謀略勢力は気付いたと思われます。
 
 こうして、次のターゲットとして、東電福島原発が選ばれたのでしょうが、今度は津波の起こる日本海溝を震源域とする海洋地震攻撃が計画されたのではないでしょうか。東電柏崎原発より脆弱な東電福島原発がなぜ、第一ターゲットでなかったのでしょうか、それは東電福島原発は首都圏に近く、首都圏には米軍基地や米大使館や米国企業の日本支部が立地して米国人が多く住んでいて、米国人に被害が及ぶ危険があったからでしょう。そこで、第二ターゲットの東電福島原発攻撃のための3.11事件発生に備えて、彼らは日本に住む米国人9万人の退避計画を準備していたことがわかっています(注2)。3.11事件勃発時、米空母が日本に二隻もいたのはそのせいだったのではないかと疑われます。ちなみに、米空母ロナルド・レーガンは通常は日本担当ではありません。
 
 そして、巨大津波を起こすために海底核爆発を計画したと疑われます。ところが、現在では国際法で海底核爆発実験は禁止されていて、事前確認実験ができません、そこで、米国内の核実験場にて事前に何らかの代替的確認実験をする必要があったのですが、そのために、1年以上の準備期間が必要だったのでしょう。
 
 そして、米国は実際に、3.11事件前、3回もの核実験を行っています(注3)。謀略勢力にとって、2007年の東電柏崎原発攻略の失敗を踏まえて、東電福島原発攻略の計画実行まで、数年の準備期間を要したとみなせます。
 
4.2011年の3.11事件はなぜ、3月に実行されたのか
 
 3.11事件が謀略だと仮定して、それではなぜ、2011311日に実行されたのでしょうか。彼らは数字にこだわるクセがありますから、彼らが行ったと疑われる偽旗テロ9.11事件の911日のちょうど半年ズレを設定したと思われます(注4)。そして、毎年、2月末から4月にかけて米韓合同軍事演習が東シナ海で行われることから、この演習をカムフラージュに利用して、日本海溝への核爆弾設置工作が行われたのではないかと疑われます。その観点から、9.11の半年ズレの3.11が選ばれたのではないでしょうか。そして、この工作の主役であった空母ロナルド・レーガンは3.11事件の前日の310日まで、米韓合同軍事演習に2011年に限って特別に参加していたことになっていたのではないでしょうか。
 
 そして、3.11事件の起きた2011311日には、空母レーガンは日本海溝周辺にいて、海底核爆発で起こる、金属臭のきのこ雲を浴びたのではないでしょうか。その結果、デッキにいた乗組員が原爆症を発症してしまったのではないでしょうか(注5)。
 
 この事実は、完全犯罪の失敗につながる恐れがあります。
 
 ちなみに、今の安倍政権は、懲りもせず原発推進に邁進するのみならず、3.11事件の謀略勢力と疑われる米戦争屋ネオコンCIAに背後から牛耳られて、平和国家だった日本を軍国化させようとしています。それでも安倍政権を支持するお人好し日本国民はなんと愚かな人たちでしょうか・・・。
 
 この有様では、われら日本国民は再度、同じ目に遭わされることになります。
 
注1:本ブログNo.321東電福島第一原発危機の遠因は小泉・竹中政権時代に仕込まれた?2011322
 
注2:本ブログNo.529米軍は3.11に事前準備していた?:われら国民は悪役ケヴィン・メア氏(元・米国沖縄総領事)の意味深発言に再度、傾注すべし2012213
 
注3:本ブログNo.4213.11大震災の直前まで、米国は3回の地下核実験を行っていた2011815
 
注4:本ブログNo.3383.11大震災はほんとうに天災なのか:陰謀論の検証2011411
 
注5:本ブログNo.897米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか2014518
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
 

新ベンチャー革命2014522日 No.898
 
タイトル:東電福島原発事故にて現場職員の9割は命令に反して逃げていた?:こんな内輪の秘密を暴露するより3.11事件の地震津波発生原因追及を優先すべき
 
1.朝日新聞、東電福島第一原発(福一)事故の秘密を暴露
 
 2014520日の朝日新聞が3.11東電福島原発事故に関して、衝撃的なスクープ記事を載せました、それは、福一原発事故直後、現場の東電職員の9割にあたる650人が当時の吉田所長の命令に違反にして、一時、福二に逃避していたという事実です。本件は、これまで、まったく国民に知らされてこなかった事実です(注1)。
 
 上記、9割の職員の行動は、兵士に死を強要する軍隊なら敵前逃亡の重罪です。
 
 ただ、われら国民は自分の胸に手を当てて、おのれがこの状況に置かれたらどのような行動をとるか一人ひとりが真摯に考えるべきです。逃げた職員を安易に誹謗中傷することはできません。
 
 この暴露でわかったこと、それは、吉田所長および東電社員の1割、60~70人は自発的に現場に居残ったということです。こちらの事実の方がはるかに重要です。
 
 船長が真っ先に逃げた韓国セウォル号事故よりは少しはましですが・・・。
 
 この暴露記事にて、このとき福二に逃げた東電社員は気まずい思いをしているでしょう。
 
 この当時、吉田所長と同氏の命令に従って命がけで現場に踏みとどまった東電職員に関し、本ブログにて過去、すでに取り上げています(注2、注3)。
 
 筆者の経験では、このような非常時には、強いリーダーシップの所長と、少数精鋭の職員で対応した方が、むしろ効果があると思います。船頭多くして舟、山に登るといいますから・・・。
 
2.当時の東電は、政府に福一の職員全員の退避を許可するよう要請していたはず
 
 筆者の記憶では、事故直後、東電は福一職員全員の退避を政府に許可するよう要請していたと記憶しています(注4)。その際、当時の菅総理が深夜に東電本店に乗り込んで、全面撤退は絶対認めない、命がけで事故対応しろと怒鳴ったと報道されました。
 
 しかしながら、現実には、すでに福一職員の9割は勝手に退避していたということになります。にもかかわらず、現場の最高責任者・吉田所長自身が逃げなかったため、1割の職員は居残ったということです。このとき居残った職員は死を覚悟したと思います。
 
 このような命がけの状況に置かれとき、逃げるかどうかの決心は、もし逃げて、一生、後ろ指を指されて生きていくのはつらいと咄嗟に、想像するかどうかで決まります。この心理を現実に体験した例として挙げられるのは“かりふぉるにあ丸”の沈没事故でしょう(注5)。
 
 このとき、米軍の投下した救命ボートに乗るのを拒否して亡くなった船長の行動がそれに該当します。行方不明の部下を見殺しにして船長が生き残るわけにはいかなかったのです。一方、逃げた韓国セウォル号船長は殺人罪で刑務所に入れられました。
 
 ところで、筆者の亡き父は、戦後、出光興産に勤務していましたが、出光所有の石油運搬船・宗像丸が瀬戸内海で火災事故を起こしたとき、やはり、船長は救助を拒否して殉職しています。当時の出光佐三はこの船長の行動に深く感動し、その遺族を見捨てることなく、一生面倒をみています。
 
 上記のような非常事態が3.11事件にて福一でも発生したわけですが、当時の現場職員の行動は、関係者全員、その後の人生観に深い影響を与えます。このときの仲間は誰が逃げて、誰が居残ったかお互い知っているでしょうから、逃げた人たちは居残った人たちに対して、気まずい思いをしているはずです。
 
3.もし、吉田所長がセウォル号船長のように現場から逃げていたら、東日本は人が住めなくなっていたであろう
 
 もし、吉田所長があのとき、逃げていたら、当然、職員全員が逃げたわけで、その後、福一には誰も近づけず、4基すべての原子炉が爆発し、膨大な量の放射能が長期に渡って出っ放しとなり、東京を含む東日本全体に人が住めなくなっていたでしょう。
 
 吉田所長は、本店の言いなりにならず、命がけで居残り、上記のような最悪の事態を回避したと思われます。そのせいか、本人はガンになり、20137月に亡くなっています、3.11事故後わずか2年数か月での死ですから、まさしく殉職だと思います。
 
 吉田所長は、福一の最高責任者だったわけで、最善を尽くしても、想像を絶する被害をもたらしたのは事実で、多くの福島県民の人生を台無しにした責任があります。だから、もし生きていても、本人には辛い人生となります。
 
 その意味で、吉田所長の死は、本人にとって覚悟の死であったと思います。
 
4.3.11事件が謀略だったらと想像すると身の毛がよだつ
 
さて本ブログでは、上記のように福一に大災害をもたらした3.11地震津波がほんとうに自然災害だったのかどうかを疑っています(注6)。
 
 本ブログでは、3.11事件を長期にフォローしてきましたが、謀略の疑いが日々、強まっています。
 
 今、トモダチ作戦に参加した米空母の乗組員が原爆症に罹って対日集団訴訟を起こしていますが(注6)、この件で思いだしたのが、20114月、福一からの1万トンにのぼる高濃度汚染水の不法な海洋投棄事件です(注7)。
 
 この汚染水海洋投棄は、どうやら、米政府からの要請だったようですが、われら国民にはそのことを知らされていませんでした。
 
 朝日新聞は、3.11事件における東電内部の内輪の秘密暴露に精を出していますが、それより3.11事件の地震津波に関する秘密や謀略疑惑を国民に暴露する方がもっと重要なのではないでしょうか。
 
注1:朝日新聞“福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明”2014520
 
注2:本ブログNo.344命がけで踏ん張る東電福島事故現場:世界にとって驚異であり、脅威でもある2011418
 
注3:本ブログNo.375東電福島原発事故現場:やはり吉田昌郎所長個人の剛腕で仕切られていた2011528
 
注4:福島第一原子力発電所事故 2.9 東京電力の全面撤退をめぐる報道
 
注5:かりふぉるにあ丸
 
注6:本ブログNo.897米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか2014518
 
注7:本ブログNo.369東電福島原発事故:4月上旬1万トンの汚染水の海洋投棄が米国の要請だったのはほんとうか2011520
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2014518日 No.897
 
タイトル:米空母ロナルド・レーガン乗組員が東電福島事故原発1号機の水素爆発が原因で原爆症を発症か?:彼らの対日集団訴訟が仇になって、3.11地震津波発生原因の真相がばれるのではないか
 
1.東日本大震災3.11事件の際、トモダチ作戦に参加した米空母乗組員が原爆症を発症?
 
 米国マスコミ報道(注1)によれば、3.11事件で極めてグッドタイミングで日本近海にいた米空母ロナルド・レーガン乗組員が原爆症に罹っているようですがほんとうでしょうか。
 
 この報道によれば、空母レーガンは2011312日、東電福島事故原発1号機が水素爆発したとき、現場からわずか2マイル(3km)の太平洋上にいたそうです。米国サイドの見解では空母レーガン乗組員が原爆症に罹ったのは、1号機建屋爆発時、事故現場近傍にいたからということになっています。
 
 そして現在、空母乗組員の一部が東電を相手取って、集団被曝訴訟を起こしており、日本政府および東電にとって深刻な問題に発展しつつあります。
 
 ちなみに、1年前の米マスコミ報道(注2)によれば、レーガン乗組員の一部が確かに原爆症らしき病気に罹っているようです、この報道に間違いがなければ・・・。
 
ところで、米空母レーガンは通常は日本近海にはいないのですが、312日になぜ、東電福島事故原発の沖にいたのでしょうか、そのわけは、2011310日まで、東シナ海で行われる米韓合同軍事演習に参加していたからです(注3)。
 
2.放射能汚染環境で人間が経験する独特の金属テイストが3.11事件真相解明に重大な意味をもつ
 
上記の米マスコミ報道(注1)では、312日、1号機建屋の水素爆発後、レーガン船上に金属テイストの温かい雲が来たとのこと、そして、船内の海水淡水化装置の飲料水の摂取が禁止されたようです。
 
 このことは、当時、空母レーガンのいた付近の海水が放射能汚染されていたことを意味します。
 
 そう言えば、3.11事件後の20115月、300km長におよぶ地震震源域の全体から、通常の数百倍の放射能が検出されていますが(注4)、この時期に検出された震源域の放射能はほんとうに東電福島事故原発由来なのでしょうか。
 
 当時、レーガンの船上で生じた金属テイストは、広島に原爆投下したときやスリーマイル原発事故のとき生じた金属テイストと同じだそうです。また、上記報道(注1)は、戦後すぐに頻繁に行われた南太平洋サンゴ礁での米国の海底核実験で60年間も人の住めなくなった現実を引き会いに出して、1号機爆発は核爆発だったとみなしているようです。しかしながら、日本政府は、1号機爆発を水素爆発と断定していますので、312日に1号機は核爆発を起こしてはいません。実際、1号機の建屋爆発を観る限り、あれはまさしく水素爆発でした。爆轟といわれる3号機爆発は小規模の核爆発だった可能性はありますが・・・。
 
今後、レーガン乗組員の対日訴訟が日本のマスコミで騒がれるようなになると、1号機爆発における日米での認識の食い違いや矛盾が脚光を浴びるはずです。
 
 ちなみに、本ブログでもレーガン乗組員の被曝訴訟問題をすでに取り上げていますが(注5)、上記報道から見えてきたのは、レーガン乗組員の対日被曝訴訟の進展次第では、1号機水素爆発に関するレーガン乗組員の認識間違いが仇になって、3.11事件の真相の一端がポロっと表面化する可能性があります。いずれにしても、悪事は早くばれて欲しいと願って止みません。
 
3.米空母レーガンのトモダチ作戦は宮城県の津波被害者の救援活動だったはず
 
 空母レーガンを含む米海軍艦隊が3.11事件発生後、東日本で救援活動を行ったのは確かですが、筆者の記憶では、宮城県中心に、津波被害者の救援を行っていたと記憶しています(注6)。
 
 本ブログの見方では、トモダチ作戦に参加した米軍兵士は多少、被曝したかもしれませんが、それは、宮城県民が浴びた放射能レベルです。だから、宮城県での救援活動にて、訴訟を起こすほど深刻な、被曝症状がでているとは到底信じられません!
 
 ちなみに、上記の米マスコミ報道(注1)によれば、312日の1号機爆発後、レーガンは事故原発から100マイル(160km)離れたそうです。そして、宮城県でのトモダチ作戦は313日から44日まで行われたようですが(注6)、314日の3号機爆発時には、レーガンは事故現場から100マイル(160km)も離れたところにいたはずですから、被曝乗組員は3号機爆発の放射能を至近距離から浴びてはいません。しかも、彼らはトモダチ作戦展開期間に東電福島事故原発の現場に立ち入ってはいません。
 
4.米空母レーガン乗組員の原爆症の原因は東電福島事故原発1号機の爆発由来ではないのではないか
 
 上記のような3.11事件前後の米空母レーガンの動きを知ると、2014年4月時点で報道されたレーガン乗組員の原爆症の原因は東電島事故原発1号機の爆発ではないのではないかと疑われます。
 
 さて、本ブログでは、3.11事件における東北地方太平洋沖地震は人工的なトリガーによって誘発された自然地震、もしくは人工地震ではないかと疑っています。
 
 その根拠は、京大の川辺助教による、3.11大地震メカニズムの解明にあります(注7)。
 
 3.11地震津波は5回の連続爆発によって誘起されていることがすでに判明しています。
 
 本ブログの見方、それはズバリ、この5回の連続爆発は海底核爆発だったのではないかと疑われます。
 
 もしそうなら、米空母レーガン乗組員の原爆症の原因は、この5回連続爆発による核爆発なのではないかと疑われます。312日に、東電福島事故原発の近海に現れたレーガンは、311日には、5回連続爆発の起きた震源域のどこかにいた可能性が疑われます。それなら、乗組員が原爆症に罹るのはうなずけます。いずれにしても、1号機水素爆発で原爆症に罹るというのはまったく通用しない言いがかりです。
 
注1:HuffingtonpostDocument Show the Navy Knew Fukushima Dangerously Contaminated the USS Reagan”2014427
 
注2:ハフィントンポスト“トモダチ作戦:米海軍の100名超、健康被害で東電を提訴”2013429
 
注3:本ブログNo.529米軍は3.11に事前準備していた?:われら国民は悪役ケヴィン・メア氏(元・米国沖縄総領事)の意味深発言に再度、傾注すべし2012213
 
注4:本ブログNo.420日本政府の地震専門家は3.11大地震の真相を知っているのではないか2011814
 
注5:本ブログNo.700米空母ロナルド・レーガンの乗員が東電を訴える:3.11事件の闇が照らされるキッカケになるかも20121229
 
注6:トモダチ作戦
 
注7:本ブログNo.815東電福島原発を襲った大津波:日本政府は米国のもつ津波兵器技術の秘密を本気で調査すべき2013117
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
 
 

↑このページのトップヘ