新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2015年06月

新ベンチャー革命2015630日 No.1147
 
タイトル:ドイツは国民の税金でギリシャに8兆円貸している:われら日本国民は日本政府がわれらの血税で米国にいくら貸しているのか知るべき
 
1.44兆円の借金を抱えて財政破綻寸前のギリシャはなぜ、こうも強気なのか
 
 今、ギリシャの国家財政(借金総額44兆円)が危機的状況となっていますが(注1)2015630日の昼のTBS「ひるおび」にて、ギリシャ問題を取り上げていました。その番組にて、なぜ、ギリシャは国家破綻寸前なのに、あんなに強気なのかという世界の人々の素朴な疑問に対して、おもしろい解説がなされていました。それは、おカネの借り手の借金が膨大になると、貸し手より借り手の方が強気になるというものです、なるほど・・・。
 
 ギリシャの立ち位置はこうです。膨大な借金を抱えるギリシャが潰れてしまえば、その貸し手、たとえば、ドイツはドイツ国民の税金にて、ギリシャに8兆円規模のおカネを貸しているのに、肝心のギリシャが破産したら貸したカネが回収できず、ドイツ政府はドイツ国民から怒りを買うはずだ。したがって、ドイツなど、ギリシャへの多額の貸し手ほど、絶対にギリシャを潰せないはずだ、だからギリシャは強気でいられるのだそうです。
 
 ちなみに、ギリシャはドイツに第二次世界大戦の賠償金36兆円を要求していますが、ドイツがこれに応じれば、ギリシャの国家財政破綻は回避できるでしょう。この点も、ギリシャが強気である隠された理由なのかもしれません(注2)
 
 このようなギリシャとドイツのカネの貸し借りの力関係を見て、我々日本国民は、すぐに、日米間のカネの貸し借りを連想するでしょう。日本は米国連邦政府に多額のカネを貸しており、米国連邦政府がデフォルト宣言してもっとも困るのは日本の方なのです。
 
2.日本は米国にいくらカネを貸しているのか
 
 TBSを筆頭に、日本のマスコミは、ギリシャとドイツのカネの貸し借りについては、詳細に解説しますが、日米間のカネの貸し借りについては、一切、報道しません。なぜなら、日本のマスコミはことごとく、日本を乗っ取っている米国戦争屋に支配されているからです。日米間の隠された真実を報道することは固く禁じられているタブーなのです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 それでは、日本は国として、いったいどれだけ、米国にカネを貸しているのでしょうか。財務省の統計(注3)によれば、平成26年末、対外資産残高950兆円、負債残高580兆円、純資産370兆円です。
 
 負債残高の内訳は、外資のもつ日本株や円建て金融資産、日本の不動産などの合計です。過去、外資が外為市場でドルを売って、円を買っていますが、その円で日本の資産が外資に保有されています。一方、外資の売ったドルは結局、日銀の手元に行き、日本政府がそのドルで米国債を買って持っています。その他、外貨準備として財務省が150兆円規模のドル資産を保有しています。
 
 いずれにしても、日本政府が米国連邦政府に貸しているカネは上記の対外資産残高950兆円に含まれます。そして、日本政府の対米債権はおもに日本政府の持つ巨額の米国債と思われます。
 
3.かつて橋本龍太郎総理は、日本政府の持つ米国債を売りたいと言ったため不審死した
 
 1997年、当時の橋本龍太郎総理は、米国債を売りたいと米国にて本音を吐露しました。そのことを、当時の首相補佐官であった江田憲司・衆院議員がブログで証言しています(注4)。さらに江田氏は、極めて重要な事実を証言しています。それは、日本政府の持つ米国債は毎年、一部が償還を迎え、それは年15兆円規模に達するそうです(注5)。江田氏は、2011年夏、3.11事件の復興財源にこの15兆円が使えると主張しています。
 
 ところで、2011年夏の米国債金利は2%前後です(注6)。本ブログでは、上記、15兆円は、日本政府の持つ巨額米国債の利回り総額ではないかと観ています。そうすると、15兆円の元本は、15/0.02750兆円(9兆ドル:80/ドル於2011年夏)となります。
 
 この金額は、上記、本邦対外資産残高950兆円(8兆ドル:120/ドル於2014年末)とほぼ拮抗します。
 
 上記、1997年当時、江田氏は橋本総理の補佐官として、日本政府の持つ米国債の額を知る立場にあったはずですから、日本が米国にいかに多額のおカネを貸しているのか知っていたのは間違いありません。橋本氏は97年に米国債を売りたいとつぶやいたため、翌98年、総理の座を追われていますが、2006年、68歳で突然死しています。ところが、筆者の記憶によれば、橋本氏は、死の一週間前、訪中するほど元気でした。本ブログでは、橋本氏の死は中川昭一氏の死と同様に、不審死であったと観ています。それ以降、日本の首相は、日本政府の持つ米国債について、一切、言及しなくなっています。ちなみに、江田氏は橋本氏の死の真相を知っているのではないかと思います。そして、あの安倍氏も、当然、知っているでしょう。米国のタブーに触れた首相は不審死するということを・・・。
 
4.われら日本国民は、ギリシャとドイツの金銭貸借関係より、米国と日本の金銭貸借関係に関心をもて!
 
 日本のマスコミは、ギリシャの不幸を喜ぶかのように取り上げています。そして、日本のもつギリシャ国債は少ないので、ギリシャの財政破綻が日本に与える影響は少ないと報じていますが、その代わり、日本は巨額の米国債をもっていることは決して報じません。
 
 しかしながら、われら日本国民は、日本政府がどれだけの米国債をもたされているのか知る権利があります。日本が米国債を売れば、米国はギリシャ同様にデフォルト危機に陥ります。
 
 日本の安倍首相は橋本氏のように不審死させられる危険を覚悟の上で、この際、日本国民に日米間の金銭貸借関係の真実を暴露してはどうでしょうか。
 
 ギリシャが敗戦国ドイツに対して強気のように、米国も敗戦国・日本に対して強気ですが、それにしてもアメリカ様の日本に対する強気の異常さはギリシャの比ではありません。
 
注1:何ゴト?“借金をしているギリシャが強気な理由”2015630
 
注2:産経ニュース“ドイツを揺さぶる戦後処理 財政危機のギリシャ賠償額36兆円と試算 独政府は「解決済み」”201556
 
注3:財務省 平成26年末現在本邦対外資産負債残高
 
注4:江田けんじ“シリーズ/復興財源、100兆円の外貨準備を活用せよ・・・①97年の米国債売却発言”2011725
 
注5:江田けんじ“シリーズ/復興財源、100兆円の外貨準備を活用せよ・・・②復興増税10兆円!201181
 
注6:アメリカの長期金利推移チャート
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015629日 No.1146
 
タイトル:安倍政権を支持し続けると、日本はいずれ韓国並みに徴兵制が導入される:男の子のいる家庭は世論調査のとき絶対に安倍政権を支持するな!
 
1.50年前の学生運動を彷彿とさせる渋谷の学生デモに期待したい
 
 2015627日、渋谷に学生が集結、戦争法案反対のデモが行われています(注1)。若い人がようやく、安倍政権の危険性に気付いてきました。
 
 筆者も50年近く前、東大全共闘のノンポリ学生であり、米帝(米国帝国主義)反対を唱えていました。今となってみると、この米帝は、本ブログのメインテーマである米戦争屋とほぼ同じ概念です。当時の学生がなぜ、米帝反対だったか、それは、米戦争屋がベトナム戦争に反対していたケネディ大統領を暗殺して、予定通り、ベトナム戦争に突っ走っていたからです。
 
 ベトナム戦争に動員されて、ひどい目に遭わされていた米国の若者も全米で反戦運動を行っていました。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 60年代末、上記の全共闘運動は瞬く間に、全国の大学に広がりましたが、同時に、米戦争屋CIAの闇資金が過激派に流され、ノンポリ学生の全共闘運動が過激派に乗っ取られて、最後は内ゲバで全共闘運動は自滅しています(注2)
 
 このように、学生の政治運動はCIAのような謀略工作のプロに狙われるとイッパツで殲滅されます、上記の学生運動のリーダーは十分、注意してください。
 
 ちなみに、日本の公安警察や東京地検特捜部はCIAにコントロールされています、十分、警戒してください。
 
2.安倍政権を支持することは、近未来、若い人が徴兵で死ぬことと心得よ
 
 本ブログは、安倍政権を乗っ取っている米戦争屋のウォッチを行っていますが、彼ら米戦争屋の魂胆が透けて見えます。
 
 このまま、われら国民が安倍政権を支持し続けると、安保法制改悪が強行採決されて成立し、日本は米戦争屋の仕掛ける戦争に引き摺り込まれます。
 
 そして、それに気付いた自衛隊員の退職が急増するでしょう。その後に待っているのが徴兵制です。隣の韓国はいまだに徴兵制を敷いていますから、米戦争屋は、日本も韓国並みに徴兵制を導入するよう政府与党に強要するでしょう。そして、このまま安倍政権を支持しつけると、彼らはまたも強行採決で、徴兵制を成立させるでしょう(注3)
 
3.日本が米国戦争屋に乗っ取られている状態で徴兵制を導入するのは非常に危険
 
 日本が徴兵制導入を検討する必要があるのは、米戦争屋とその配下の米軍が日本から出て行き、日本が真の独立国になったとき以外にはありません。
 
 日米同盟という名の下に、日本が米戦争屋の属国にされている状態で、徴兵制が導入されたら、どうなるか。かつて、ベトナム戦争に韓国兵が年間5万人規模で動員されたように、日本の若者が米戦争屋の仕掛ける戦争に何万人単位で動員されます。このような動員で犠牲になったら、それはまったくの犬死です。なぜなら、米戦争屋の利益のために、日本の若者が犠牲にされるからです。
 
 安倍政権を支持するということは、とりもなおさず、近未来、米戦争屋の仕掛ける戦争で日本の若者が犬死させられること意味します。
 
 とにかく今は、安倍政権支持率を急落させることが急務です。もし、誰か、マスコミの世論調査を依頼されたら、安倍政権不支持と答えてください、是非お願いします、子供の命、孫の命を守りたければ・・・。
 
注1:東京新聞“安保法案反対 渋谷学生デモ 「若者沈黙破ろう」”2015627
 
注2:本ブログNo.196菅・仙谷新政権:親米全共闘内閣出現のなぜ?』2010918
 
注3:本ブログNo.1143男の子を持っている親は全員気付くべき、子供のいない安倍氏は米国某勢力の言いなりに日本男子を18歳徴兵制韓国の男子並みにしようしている』2015626
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015628日 No.1145
 
タイトル:われら日本人が最優先させるべき課題はいかに「対米自立」を果たすか:なぜ、鳩山元総理と愛国右翼・一水会が握手するのかに関心をもて!
 
1.自民党は親・米国戦争屋の似非右翼に乗っ取られたのか
 
 本ブログ前号(注1)にて取り上げた安倍一派と百田某の暴言事件の発覚によって、最近の自民党は親・米国戦争屋の似非右翼に乗っ取られてしまったことが明らかになりました。今の自民党はかつての自民党とは大きく異なってしまい、もはや別の党と言えるでしょう。安倍自民党は隷米党と名前を変えるべきでしょう。
 
 安倍氏を筆頭とする似非右翼日本人は、ネトウヨを中心に全国に相当潜んでいるでしょう。百田某の本がベストセラーになっているそうですから(注2)、日本全国に潜む似非右翼は相当数に上っているでしょう。この現状は、マスコミを牛耳って、70年間も日本人を洗脳してきた米戦争屋CIAの大成果です。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.日本に蔓延する似非右翼とは
 
 ネットのブロガーにも、親・米戦争屋の似非右翼と思しき人は数多くいますが、その共通思想は以下です。

 (1)戦後の日米同盟は必須であり、在日米軍が日本から去ったら、中国・韓国・北朝鮮などの周辺国から攻め込まれると考える
(2)戦前の軍国日本の行動は正しかったと戦前を肯定する
(3)日本は戦前、中国・韓国・北朝鮮を侵略していないと一方的に主張する
 
 ちなみに、(2)と(3)については、日本の常識人のみならず、米国を含む全世界の人々から到底、受け入れられない似非右翼の独善そのものです。なぜなら、日本は日米太平洋戦争にて米戦争屋率いる米軍に完敗しており、国家として公に無条件降伏しているからです。つまり、(2)と(3)は負け犬の遠吠え以外の何者でもありません。
 
 それでは、本ブログにて、なぜ、安倍氏を筆頭とする人たちを右翼とみなさないで、似非右翼とみなすのでしょうか。
 
 その最大の理由は、彼らは一見、右翼的思想をもっていますが、同時に、親・米戦争屋であるからです。
 
 戦前の軍国日本は、米戦争屋の率いる米軍を敵として戦っているわけですから、本来の右翼は、日本を乗っ取って支配している米戦争屋およびその配下の米軍を敵視すべきなのです。
 
 にもかかわらず、安倍氏に代表される似非右翼は、本来敵視すべき米戦争屋を敵視するどころか、彼らの言いなりになっているわけです。この状態は、実に不健全なネジレ思想です。その意味で、すべての親・米戦争屋の似非右翼は自家撞着(じかどうちゃく)のかたまりなのです。
 
3.われら日本人はすべからく、愛国右翼と似非右翼を峻別すべき
 
 それでは、似非右翼ではない愛国右翼とはどういう人たちでしょうか。その特徴は以下です。

 (1)戦後日本を乗っ取って闇支配している米戦争屋およびその配下の米軍を日本の同盟者とはみなさない
(2)戦後日本の対米自立を祈願し、真の独立を勝ち取りたいと願っている
(3)日本の防衛は自衛隊が担うべきで、在日米軍は日本から撤退させるべきと考える
 
 以上の定義に基づいて、日本が米軍との集団的自衛権行使を認めるには、まず、在日米軍の全面撤退が大前提となります。日本と米国が互いに独立関係にあって初めて、日米間の集団的自衛権行使が議論できるのですが、似非右翼・安倍氏は、対米隷属下にて米戦争屋との集団的自衛権を導入しようとしているのです。日本が米戦争屋に属国支配された状態での米戦争屋との集団的自衛権行使は、日本の自衛隊が米戦争屋配下の米軍の傭兵にされるだけなのは自明です。
 
4.戦後日本のガンは米戦争屋配下の米軍に日本が支配されていること
 
 ホンモノの愛国右翼にとって、戦後日本の最大の問題、それは、米戦争屋配下の米軍が日本に多数の基地を置いて実質的に日本を支配している事実です、その結果、戦後日本は実質的に、米戦争屋の属国にされている点です。
 
 われら日本人が、日本の安全保障を考えるとき、もっとも重要な課題、それは、どうすれば、日本を乗っ取っている米戦争屋を日本から実質的に追い出せるかなのです。
 
 日本ではこういう議論がまったくされないわけです。
 
 この点にこそ、戦後日本の最大の問題があるのです、われら日本人は、今こそ、この問題を直視すべきです。
 
 ところで、日本には一水会という右翼団体があります(注3)。この会の代表・木村氏(注4)は、今年3月、鳩山元総理のクリミア訪問時、同行しています(注5)
 
 この一水会は、対米自立主義の右翼団体であり、上記の愛国右翼とみなせます。
 
 さて、本ブログは小沢・鳩山コンビの対米自立主義を支持していますが、われら日本人は、なぜ、鳩山氏と一水会が交流しているのか、そのワケを十分、認識すべきです。
 
 再度、確認しましょう、右翼を装う安倍一派や百田某、そしてネットに蔓延するネトウヨは隷米主義の似非右翼です。ホンモノの右翼は一水会のような対米自立主義の右翼です。
 
注1:本ブログNo.1144飼い主に守られていると錯覚して米国某勢力に全面依存する安倍一派と百田某は右翼でもなんでもない単なるビロンガー(甘ったれ人間)に過ぎない』2015627
 
注2:百田尚樹
 
注3:一水会
 
注4:木村三浩
 
注5:NewSphere“鳩山氏クリミア訪問、右翼団体一水会の協力あり 「対米字路津」方針で一致か?海外注目”2015312
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015627日 No.1144
 
タイトル:飼い主に守られていると錯覚して米国某勢力に全面依存する安倍一派と百田某は右翼でもなんでもない単なるビロンガー(甘ったれ人間)に過ぎない
 
1.百田某という安倍シンパの作家が安倍氏の本音を代弁し、マスコミに大々的に報道される
 
 2015626日、安倍氏のシンパ・百田某という作家が安倍氏に諂って(へつらって)、さまざまな暴言を吐いたようです(注1)。彼の発言は今の安倍氏の本音の代弁そのものでしょう。百田某は、安倍氏の本音を内輪の会合で代弁したつもりだったのでしょうが、彼にとって運悪く、それがマスコミにばれて、大々的に報道されました。
 
 われら国民は、百田某の勇み足で、安倍氏の心の中を観てしまいました。
 
 安倍氏とその取り巻き一派は内々では、いつもこのレベルの議論はしているのでしょうが、たまたま、マスコミにばれたにすぎません。
 
 これを知ってなお、安倍氏を支持する日本人がいたらお目にかかりたいほどです。
 
2.民主主義国日本において民主主義が小学生よりもわかっていない人間、それはわれらの首相・安倍氏だったとは、こんな悲劇(喜劇)はあるだろうか
 
 本ブログでは、安倍氏は民主主義の本質がまったくわかっていない日本国首相であると観ていますが、当然ながら、自民党内の安倍一派も、そして、百田某のような外部の安倍シンパも同類だったことが世間にばれてしまいました。
 
 こんな人たちが、あろうことか、自由民主党を結成しているわけです、とんだお笑いです。こんな党を支持する国民はいったいどんな価値観をもっているのでしょうか。
 
 なぜ、こんな党が国民からの圧倒的支持を受けて独裁政党化したのでしょうか、これは近年の日本における最大の謎です。
 
 自民党を支持する人は、自分を不幸にする政党を支持しているわけで、まさに墓穴を掘る自殺行為です。これほどの愚か者が世の中にそんなにいるのでしょうか、ほんとうに信じられません。
 
 ネットでは、安倍政権の支持率が40%もあるとするマスコミの世論調査は誘導尋問で操作されているとか、先の選挙で大規模不正があったとか、創価学会の組織票が自民票を底上げしているとか、いろいろ言われていますが、そうでも思わない限り、自民を支持する人がこんなに多いとは信じられません。そうでなければ、日本人はみんな愚か者ということになってしまいます。
 
3.キャンキャン吼える百田某を見ると、飼い主といっしょだととたんに強気になる小型犬を想像する
 
 さて、筆者の家にはむかし、小型犬シーズがいましたが、彼を散歩につれだすと、大型犬とすれちがったときワンワンと吼えまくりました。
 
 上記、百田某も、我が家のシーズと同じで飼い主に守られていると錯覚しているからこそ、キャンキャン吼えるのでしょう。
 
 その飼い主とは、百田某にとっては安倍氏でしょう。その安倍氏の飼い主こそ、本ブログのメインテーマ・米国戦争屋です。つまり、百田某は、アメリカ様に守られていると本心から信じきって錯覚しているからこそ、キャンキャン吼えるのです。
 
 百田某も一介の独立作家であり、決して、生活は安定しません。このような人物は、往々にして、ときの権力に擦り寄り、ゴマすりで、おのれの生活を維持しようとします。ほんとうは極めて小心者で臆病者でしょう。同じく、作家から政治家に転向した石原慎太郎とよく似ています。百田某の根性も石原氏に潜む小心性、臆病性とよく似ています。こういう人物は小型犬同様に、往々にして、強がるクセがあります。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
4.百田某は在沖米軍がいないと中国が攻めてくると信じ込んでいるようだ
 
 百田某は、どうも、在沖米軍がいなくなったら、中国が沖縄に攻めてくると信じきっているようですが、彼はどうして“自分の国は自分で守る”という発想をしないのでしょうか。日本を外敵から守るのは米軍ではなくて自衛隊の役目です。さらに言えば、もし、中国が沖縄に攻めてくるのであれば、まず、中国人観光客を沖縄に大量に呼び込めばよいのです。そうすれば、中国も簡単に沖縄にミサイルを撃ち込めないはずという発想がなぜ、出ないのでしょうか。
 
 中国軍がそんなに脅威であれば、自衛隊の対中防衛力を増強するのが筋であって、他国の米軍に依存する話ではありません。
 
 沖縄県民は毎日、在沖米軍と接していて、彼ら米軍は沖縄県民の安全を守るために駐留しているのではないことを肌でわかっているのです。そんなこともわからずに、沖縄県民の感情を逆撫でする百田某はほんとうに無神経な輩です。
 
5.自国の防衛を他国に依存することは絶対にできないと知れ、百田某の対米依存は幻想に過ぎない
 
 百田某に代表される親・米戦争屋の似非右翼日本人は、どうも、在日米軍がいるから日本の安全が保たれていると信じ込んでいるようですが、この発想は実に不健康で歪んでいます。
 
 さて、筆者は16年半、米国シンクタンクで働きましたが、その経験から、日本に関係する多くの米国人は全員、命を賭して他国の日本人を守る発想は皆無だと思います。この中には、在日米軍の米国人も含まれます。
 
 逆に、われら日本人も、何の義理もない他人の米国人を守るために、自分の命を賭すことは絶対にないでしょう。
 
 なぜ、日本には百田某のような対米依存心の強い日本人が多いのでしょうか、また、簡単に、アメリカ様に洗脳されてしまうのでしょうか。
 
 筆者の見方では、日本には、強いものに庇護されて守ってもらいたいという甘えの依存心が強い人が多いからであると思います。筆者のいたSRIインターナショナルでは、このような人をビロンガー(集団帰属主義者)(注2)と名付けています。ちなみに、筆者の過去の日米の国民価値観比較分析によれば、日本人就業者の7~8割はビロンガーと観ています。一方、米国のビロンガーは就業者の3~4割とみられます。
 
 日本を属国支配する米戦争屋ジャパンハンドラーは、日本人のビロンガー性をよく研究した上で、対日支配を70年も続けているのです。その結果生まれた鬼子こそ、安倍氏や百田某や同類の外務官僚のような対米依存中毒患者なのではないでしょうか。
 
注1:朝日新聞“百田氏「軽口、冗談のつもりだった」 沖縄紙つぶせ発言”2015626
 
注2:ビロンガー
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015626日 No.1143
 
タイトル:男の子を持っている親は全員気付くべき、子供のいない安倍氏は米国某勢力の言いなりに日本男子を18歳徴兵制韓国の男子並みにしようしている
 
1.安倍氏は米国戦争屋に約束した今夏の終わりまでに強行採決で安保法制改悪を成立させるつもりであろう
 
 624日の国会会期中に、安保法制改悪の採決ができなくなって、安倍自民党は927日まで大幅な会期延長を決めました。安倍氏は、日本を乗っ取っている米国戦争屋に今年の夏までに安保法制改悪を国会で通すと約束していますから、会期延長期限の927日は約束期限ぎりぎりです。
 
 しかしながら、いくら会期延長しても、国民の覚醒が進んで、国民の支持が増える見込みはありません。そのことを安倍自民党自身もわかっているでしょうが、安倍氏は決めるときは決めると吼えています。それは言うまでもなく、強行採決を意味しています。国民が自公与党を大勝させたせいで、彼らは強行採決によって、いかなる悪法も通せるのです。自民を大勝させた国民の罪は計り知れないほど重いと言えます。
 
 安倍氏のシナリオでは9月末の会期期限切れのとき、やむを得ないという理屈で強行採決を実行する予定でしょう。これまでも自民は何度も強行採決を行っていますから・・・。しかしながら、安保法制改悪は戦争法案と呼ばれるように、この悪法が成立すれば、自衛隊の米軍傭兵化が不可避です。その次には、韓国並みに18歳男子徴兵制強行が待っています。最近、唐突に選挙年齢を18歳に引き下げた狙いはここにあります。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.安倍氏を操る米国戦争屋の魂胆は、日本を韓国同様に18歳男子徴兵制国家にすること
 
 本ブログでは、日本を乗っ取った米国戦争屋は、日韓国民を米軍の傭兵として活用し、そのコストを日韓政府に負担させるつもりであろうと観ています。
 
 2003年のイラク戦争以降、ネット社会が発達して、お人好し米国民も遂に米戦争屋の正体に気付き、米戦争屋は今までどおりに米兵を思うように調達できなくなっています。さらに、米国防予算リストラも続けられていますから、日韓から米軍傭兵を確保できれば、アカデミなどの米民間傭兵企業への出費を節約できるわけです。だから、彼らはあらゆる手段を使って、最低、日本を韓国並みの徴兵制国家にしようとしているのです。
 
 このように日本を乗っ取った米戦争屋の魂胆を知ると、現在の韓国の徴兵制について勉強する必要があります(注1)。ちなみに、肝心の米国ではベトナム戦争後の1973年に徴兵制が廃止されています(注2)。この現状は戦争をビジネスとする米戦争屋には非常に大きな長期的打撃となっています。そこで、米国ではすでにアカデミなど民間傭兵企業が発達して、米兵不足を補っていますが、米国防総省からみれば、民間傭兵調達にはそれなりのコストが掛かるわけです。
 
 そこで、米戦争屋は当然ながら、70年代から、自衛隊の米軍傭兵化を企んできたのですが、これまで、自民与党は戦中派が実権を握っており、憲法を盾にとって、あの手この手で米戦争屋の要求を回避してきました。
 
 そして、米戦争屋は2012年、二度目の安倍政権を誕生させて、ようやく長年の対日要求を実現できる状態に持ってきたのです。だから、彼ら米戦争屋は安倍政権下で、自衛隊の米軍傭兵化は最低、実現させ、あわよくば、日本を韓国なみに徴兵制国家にしたいのです。
 
3.安倍政権下の日本で男の子を持つ親は全員、米戦争屋の対日謀略に気付くべき
 
 最近、選挙年齢が18歳に引き下げられましたが、韓国男子は18歳のとき、全員が徴兵検査させられます(注1)。このような韓国と同様の仕組みを、米戦争屋は日本にも導入したいはずです。そして、戦前回帰の安倍氏も同じ思想を持っています。だから、米戦争屋は二度も安倍氏を総裁にするよう自民党に強要してきたわけです。
 
 このまま、安倍氏のような米戦争屋の傀儡首相が続くと、知らぬ間に、日本は韓国なみの徴兵制国家にされてしまいます。
 
 今の日本への徴兵制導入が問題なのは、日本が真の独立主権国家ではなく、日米同盟の名の下で、実質的に米戦争屋の属国にされているからです。
 
 今の政府与党には日本を対米自立国家にする気はまったくありません、なぜなら、与党自民党は元々、米戦争屋CIAの支援によってつくられた隷米政党だからです。この党の正体を知ったら、到底、投票する気になれません。
 
 いずれにしても、近未来の日本が韓国並みの徴兵制国家になったら、米戦争屋の企む米国の戦争に日本の若き男子が確実に巻き込まれます。その結果、日本で徴兵された男子は、米軍の傭兵として、米国の戦争で犠牲になります。まさにこれは犬死です。
 
 ちなみに、戦前の日本軍は、植民地にしていた韓国や台湾の男子を日本軍の兵士として利用してきた過去があります。それと同じことを、近未来の米戦争屋が日本人男子に対して実行することになります。
 
 安倍氏はそれをわかっていて、日本人を米戦争屋に無償で差し出そうとしているのです(注3)。ちなみに、安倍氏には子供がいません。
 
 このような危険な動きにもっとも敏感になるべき人は、日本で男の子をもつ親たちです。
 
 この事態に早く気付いて、まずは、安倍政権の支持率を急落させることが、日本を乗っ取っている米戦争屋に打撃を与える第一歩です。
 
 筆者個人は、このような悲惨な日本で、能天気に結婚して子供を持とうとしている人の気が知れません、子供のいない安倍氏を支持する限り、日本の若者男子には戦前同様の悲劇が待っているだけだからです。60年代から70年代にかけて、韓国男子がベトナム戦争に年間5万人規模で何年間も動員されて人殺しさせられましたが(注4)、安倍氏は日本男子にそれを強制しようとしています。
 
注1:韓国の徴兵制
 
注2:米国の徴兵制廃止
 
注3:本ブログNo.1141倍氏のやっていることは自衛隊員を米軍傭兵として無償で差し出すこと:安倍支持者はなぜこんな単純なこともわからないのか、ほんとうに腹が立つ!』2015623
 
注4:ベトナム戦争
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

↑このページのトップヘ