新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2015年09月

新ベンチャー革命2015930日 No.1225
 
タイトル:プーチン、ウクライナ・クーデターの黒幕は米国であると国連で断じる:安倍氏を傀儡化している米国戦争屋CIAネオコンはなぜ、強敵・プーチンを偽装事故死させられないのか
 
1.ロシア・プーチン、国連総会にてウクライナ・クーデターの黒幕は米国と断じる
 
 本ブログは米国戦争屋CIAネオコンのウォッチですが、今、米戦争屋CIAネオコンと真っ向から対峙できている世界の指導者はロシア・プーチンただ一人です。中国・習近平もプーチン寄りですが、プーチンには及びません。
 
 そのプーチンは、今回の国連総会にて、昨年、ソチ・オリンピックのどさくさで起きたウクライナ紛争は米国主導のクーデター(国連憲章違反)と明言しました。世界のネット住民の間ではこれは常識の範囲ですが、米戦争屋に牛耳られる日米のマスコミはウクライナ・クーデターの真相を全く報じません。
 
 なお、本ブログでは、ウクライナ・クーデターの黒幕は米戦争屋ネオコン(ジョージ・ソロス含む)と観ていますが、プーチンはそのウラをすべて知っているはずです(注1)
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 ところが、国連総会に出席している安倍氏は、能天気にも、プーチンと会談して、国連憲章違反国・ウクライナのポロシェンコとも会談しています。この行動から、安倍氏は世界情勢がわかっていないことが明白です。そして、米戦争屋の傀儡・ポロシェンコに支援を約束しています。ポロシェンコと並んで米戦争屋の傀儡・安倍氏は何もわからずに、米戦争屋に言われるままに、われらの血税をばらまいています。ほんとうにどうしようもない男です。
 
2.プーチンは米国戦争屋ネオコンの秘密をすべて知っている
 
 上記、プーチンはソ連のCIAに相当するKGB出身ですから、極めて諜報活動に優れており、米戦争屋ネオコンの秘密も、その正体もすべて知り抜いているでしょう。
 
 本ブログの見方では、上記、米戦争屋CIAネオコン勢力の謀略は、単にウクライナ・クーデターにとどまらず、他にも数多くあると観ています。その代表的な謀略は以下です。
 
(1)日米太平洋戦争時の対日原爆攻撃による日本人殲滅作戦の首謀者
(2)60年代、ケネディ兄弟暗殺テロの首謀者
(3)ケネディ・ジュニアの暗殺(飛行機事故偽装)の首謀者
(4)ソ連チェルノブイリ原発事故(事故を装った核テロの疑惑あり)の首謀者
(5)9.11事件の首謀者
(6)3.11事件の首謀者
 
 プーチン率いるロシアの前身・ソ連は1991年に崩壊しましたが、そのトリガーは明らかに、ウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故です。
 
 この事故は運転ミスの事故ではなく、ソ連崩壊を狙った核テロであった可能性があります(注2)。ちなみに、チェルノブイリ事故原発の廃炉工事を請け負ったのは米戦争屋系企業・ベクテルです(注3)。ついでに言えば、ベクテルは阪神淡路直下型地震に関係すると疑われる明石大橋脚柱のボーリング工事、3.11事件に関係すると疑われる、ちきゅう号の三陸沖での海底ボーリング作業、そして、東京湾アクアライン・海ほたるの海底ボーリング工事(頻発する東京湾直下型地震の震源地)にも関係しています(注4)
 
 ところで、プーチンは元NSA(米戦争屋配下の盗聴機関)のエド・スノーデンをかくまっており、彼を通じてNSAの秘密ファイルのハッキングに成功して、9.11事件の真相、そして、米戦争屋CIAネオコンが9.11事件の首謀者である証拠を握っていると本ブログでは観ています(注5)
 
 また、プーチンは3.11事件の真相も知っていると思われます、その根拠は以下です、すなわち、2011年、3.11事件発生により、東京で開催できなくなった世界フィギュアスケート選手権大会が急遽、モスクワに変更された際、その開会式にて、プーチンは日本国民に対し、3.11は人工地震であることを暗示しています(注6)
 
3.プーチンはなぜ、世界から戦争がなくならないかを知っている
 
 プーチンは北朝鮮のキムジョンウンも、われら日本の安倍氏も米戦争屋の傀儡であることを知っているわけで、しかも、世界から戦争がなくならず、絶えず、紛争が起きているのは何故か知っています。火のないところに火を点けて回る勢力が暗躍していることをプーチンは知っています、その勢力は言うまでもなく、米戦争屋CIAネオコン(戦争を金儲けの手段とみなす勢力)です。
 
ところで、北朝鮮のキムジョンイルは2011年に不審死していますが、本ブログでは、彼が、米戦争屋の敵役・傀儡であることに嫌気が差し、プーチンに助けを求めたことが米戦争屋の逆鱗に触れて、病死を装ったテロで暗殺されたと疑っています(注7)。北朝鮮軍部には米戦争屋とつながっている勢力が潜んでいると疑われます。プーチンはキムジョンイルの死の真相を知っているでしょう。
 
 このようにプーチンは米戦争屋CIAネオコンの秘密を知り過ぎています、当然、命が狙われていますから、彼は妻を暗殺テロに巻き込まさないよう、用意周到にも2013年に離婚していますが、これは明らかに妻の安全を守るための計画的な偽装離婚でしょう(注8)
 
 上記のように、米戦争屋がもっとも暗殺したい世界の指導者はオバマに次いでプーチンですが、下手にプーチンを殺すと、逆に、米戦争屋CIAネオコンの正体とその悪事の数々の証拠がロシアによって暴かれるのです。
 
 いずれにしても、2014年にウクライナ上空で起きたマレーシア航空機撃墜事件は、ブラジルで行われたBRICS首脳会議から帰る途中のプーチン搭乗機と誤認された可能性があり(注9)、プーチンは常に暗殺のターゲットなのです。
 
 今回、米戦争屋が訪米中のプーチンを偽装事故死させたら、その意趣返しに、ロシアは米戦争屋CIAネオコンの悪事を全世界にばらすはずです、だから、米戦争屋はプーチンに手が出せないのでしょう。
 
注1:本ブログNo.862ロシア・プーチン、ウクライナでの反露クーデターを許す:欧米でのネオナチ台頭と日本の右傾化との関連性を読み解く』2014222
 
注2:本ブログNo.423NHK放映中途遮断:東電福島事故機の非常用炉心冷却装置のスイッチが切られていた?スリーマイルおよびチェルノブイリと同じなのは偶然か?』2011818
 
注3:本ブログNo.336東電福島原発事故機:早くも廃炉化ビジネスのターゲットにされる201148
 
注4:本ブログNo.1210運命の2015911日前後に関東大洪水と首都圏直撃地震発生:戦争法案に反対する日本国民への宣戦布告のショックドクトリンか2015912
 
注5:本ブログNo.987ロシアに亡命中のエド・スノーデンが9.11事件の秘密をばらし始めた:御嶽山噴煙と酷似する噴煙を上げて倒壊したWTCビル地下に新型熱核爆弾が仕掛けられていた?』2014105
 
注6:本ブログNo.8663.11事件直後の20114月、東京からモスクワに急遽変更された世界フィギュアスケート選手権開会式でのプーチンの対日本国民メッセージがフジテレビによってモミケシされた事件にネット国民が強い関心を示す201436
 
注7:本ブログNo.498故・カダフィーの二の舞・北の将軍様の急処分:イラン戦争の代替シナリオとしての極東戦争リスクが高まる』20111219
 
注8:ハフィントンポスト“プーチン大統領とリュドミラ夫人が離婚 激務が理由?”201367
 
注9:本ブログNo.932マレーシア航空機撃墜される?ウクライナ反露政権の空軍機によるプーチン搭乗機攻撃の失敗か、それともウクライナ親露勢力による地対空ミサイル誤射か』2014718
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015929日 No.1224
 
タイトル:われら日本の代表・安倍氏は国連総会で米国を代表するオバマ大統領と同席しているはずなのに、なぜ無視されるのか
 
1.国連総会の最重要議題はシリア問題だったのに、安倍氏は疎外されている
 
国連総会にて、シリア対応を巡ってオバマとプーチンの激論が交わされましたが、IS(イスラム国)掃討に関しては、意思統一が実現したものの、アサド政権対応において、両者、歩み寄りはなく、もの別れに終わりました。
 
 一方、ロシアは予定通り、単独でIS空爆に踏み切る模様です(注1)。
 
 米国のスタンスは、アサドは独裁者だから打倒しろというものですが、かたやプーチンは、アサド政権はシリア政府を代表する正統なる政権であり、外部の国がとやかく干渉すべき筋合いはないというスタンスです。誰が見ても、プーチンの方が正論です。
 
 オバマは、対立する米国戦争屋に気兼ねしてアサド打倒を叫んでいるに過ぎないことがもうミエミエです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
 上記より、今回の国連総会のメインテーマはシリア問題であることが明らかですが、われら日本の安倍氏はまったく疎外されていて、オバマからは完全に無視されました。本件、本ブログにてすでに取り上げていますが(注2)、それが、現実のものになっています。
 
2.国連で村八分にされてしまった安倍氏の惨状を日本のマスコミはまったく報じない
 
 日本のマスコミは訪米中の安倍氏の動向を報道していますが、日本国民がもっとも怪訝に思っていること、それはすなわち、安倍氏とオバマの握手シーンがいっこうに出てこないのはなぜか、という点です。
 
 アジアでは中国も韓国もオバマ寄りに動いていますが、安倍氏はオバマ寄りではなく、オバマと対立する米戦争屋一本やりです。オバマにとって、安倍氏は米戦争屋の傀儡そのものですから、もう顔も見たくないのでしょう。
 
 外務省とマスコミは、なんとか、安倍氏とオバマが握手するシーンを撮ろうと必死なのでしょうが、まったくその気配はありません。
 
安倍氏はあれだけ、日米同盟の深化を国民に強調し、強引に戦争法案を可決させたのに、オバマはまったくそっけない対応です。
 
3.国連総会でオバマが安倍氏と握手もしないのは、日本国民に対するオバマの意思表示そのもの
 
 日本国民の多くは、米国という国家は一体であり、その米国を代表する正統なる大統領がオバマであることを知っています、にもかかわらず、国連総会にてオバマは安倍氏を無視し続けています。これはいったい何を意味するのでしょうか。
 
 本ブログの見方では、オバマの安倍氏への冷淡な態度から、安倍氏はオバマと対立する勢力・米国戦争屋との同盟を深化させたに過ぎないためと観ています。したがって、安倍氏は、オバマが代表している米国との同盟を深化させたわけではないとわれら国民は気付くべきです。
 
 オバマは安倍氏が深化させた日米同盟は米国との同盟ではなく、単に米戦争屋との同盟であって、正統なる日米同盟ではないという現実を日本国民に気付かせようとしているのではないでしょうか。
 
 今回のオバマの安倍氏無視に何も感じない人がいるとすれば、その人はほんとうに鈍い人としか言いようがありません。
 
 これほどおかしなことが起きているのに、日本のマスコミはその異常性をまったく指摘しません、そのこと自体もほんとうに異常ですが、その異常に気付かない日本人もほんとうに異常です。
 
注1:CNNロシア、シリアで空爆準備か ISISとは別の標的も”2015929
 
注2:本ブログNo.1221アメリカ様のために必死で戦争法案を強行可決させた安倍首相に米国大統領オバマは会ってもくれない:アメリカ様命で安倍様命のネトウヨはこの惨状をどう思っているのだろう』2015924
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015927日 No.1223
 

タイトル:ロシア軍がシリアに侵攻しているIS(イスラム国)を攻撃し始めた:ISを敵役・傀儡傭兵化して、シリア占領を狙った米国戦争屋ネオコンの謀略が裏目に出て、自衛隊のシリア派遣は遠のく

 
1.米戦争屋に牛耳られる日本のマスコミは400万人シリア難民の発生原因を報じない
 
 今、世界で最も深刻な問題はシリアで400万人の難民が発生している現実です、日本ではシリア難民受け入れの是非について議論されていますが、あたかも、難民発生が自然現象のように捉えられています。しかしながら、シリア難民は決して自然現象ではなく、紛れもなく人工現象です。その原因は、シリアに侵攻しているIS(イスラム国=ISIS)のシリア住民に対する暴虐にあります、非常に、単純明快な話です。ところが、日本のマスコミはそのことをほとんど報じません。
 
 本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチですが、当然ながら、米戦争屋は、安倍自民、日本政府に次いで、日本のマスコミも牛耳っています。
 
 ところで、本ブログでは、ISは米戦争屋ネオコンの敵役・傀儡傭兵集団と観ています。ISの持つ兵器は、米国から密輸入されていますが、その資金は、日本と同じく、米戦争屋の属国であるサウジやカタールなどから供給されています。その事実を隠蔽するため、ISが占領したイラクやシリアの油田からとれる原油を密売してIS資金源が確保されていると言われていますが、単なる寄せ集め傭兵集団に過ぎないISに油田を操業する能力も、それを密売する能力もないでしょう。もしそれをやっている人間がいるとすれば、それはISの人間ではなく、IS占領地域に潜入している米戦争屋ネオコン関係者のはずです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.シリア難民を母国に帰還させる早道は、シリアに侵攻しているISを殲滅することしかない!
 
 ISを背後から操っているのは、米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)ですが、その目的は、シリア・アサド政権を打倒して、シリアをイスラエルが占領して、シリアの油田を乗っ取ることです。もし、彼らのこのような謀略が成功すれば、シリア難民問題は解決しません。
 
 シリア難民問題を解決する最良の手段は、シリアに侵攻しているISを掃討して、地域の安全を回復することです、そうすれば、シリア難民は再び、自然に母国に戻ってきます。
 
 その発想に沿って行動を開始しているのは、ロシア・プーチンです。
 
3.シリア介入に関して三つの勢力の水面下での駆け引きが存在する
 
 さて、今のシリアに介入する勢力は三つあると本ブログでは観ています。その第一は、アサド政権を支援するロシアの介入です、次に、米オバマ政権の空爆によるIS掃討作戦という形を取ったシリア介入です、そして三番目は、今は米政権から下野している米戦争屋ネオコン勢力のIS経由によるシリア侵攻介入です、これはアサド政権打倒が目的です。
 
 オモテムキ、米国の介入が二つになるのは、国家としてまずいので、米戦争屋はISをデッチ上げて、IS経由でシリア介入を行っています。その秘密を、当然、オバマ政権は承知しています。米戦争屋は米地上軍をシリアに派遣して、アサド政権を打倒しようと企んでいましたが、オバマ政権は米地上軍の派遣を認めていません、もし、そうなれば、米国民から反対されるのが見えているからです。米国民にとって、米地上軍がシリアを攻めることが、米国民の国民益にはならないとすぐにわかるからです。そのため、米戦争屋ネオコンは、シリアが非人道的なサリン兵器を使っているという、ミエミエの工作を行って、米地上軍のシリア派兵の正当化をしようと企みましたが、この手口はイラク戦争の口実に使われた手口と同じヤナギの下のドジョウであり、結局、それは成功していません。
 
 一方、オバマ政権は米戦争屋の寄生する根城である米共和党からせっつかれて、やむなく、米軍によるシリア空爆は認めました、それなら、米兵の犠牲が出ないからです。そして、オモテムキ、IS拠点を空爆してきましたが、空爆情報は米戦争屋経由でISに筒抜けとなって、ISはほとんど空爆被害を受けていません。その現実をオバマは十分、承知していて、無駄と知ってやっているのです、さもなければ、オバマは最悪、米戦争屋ネオコンから事故死を装って暗殺される危険があります。
 
さて、ISを背後から操っている米戦争屋は、その事実が世界にばれるとまずいので、オモテムキ、ISを反米テロリスト集団に見せかけてきました。かつて、ISが米国人や日本人の人質をネットで公開斬首刑にしていたのは、米戦争屋得意の軍事プロパガンダです。
 
 その当時の米戦争屋は、米国民や日本国民にISを敵視させ、オモテムキ、惨酷なISを掃討するという口実で、米兵や自衛隊員のシリア派兵を狙っていましたが、この策略は、ネットですぐに暴かれ、失敗に終わっています。
 
4.米戦争屋ネオコンの手口を見破っているロシア・プーチンはシリアに侵攻したISを攻撃し始めた
 
 最近、ロシア・プーチンはアサド支援の名目で、世界最強のロシア軍をシリアに派遣、シリア内のISを攻撃し始めたようです(注1)
 
 927日か28日、プーチンは国連総会(ロシアは国連常任理事国)で演説するため、NYを訪問しますが、米戦争屋ネオコンからの暗殺の危機を承知の上での、訪米です。
 
 プーチン・ロシアはシリア内のISをピンポイントで攻撃するでしょうが、それを断行しても、オモテムキ、米戦争屋はISを守るために、米地上軍をシリアに派遣するようオバマに要求できないのです、なぜなら、オモテムキ、ISは全世界を敵に回すイスラム過激派テロリストということになっているからです。
 
 この現実をプーチンは重々、承知しているからこそ、ロシア軍をシリアに投入できています。そして、オモテムキ、オバマが実行しているシリア内IS拠点の米軍機による空爆と攻撃目標(=IS掃討)は一致しています。
 
 こうなってくると、米戦争屋ネオコンはISを見殺しにせざるを得ません、ザマーミロ!。この結果、彼らが、傀儡の安倍氏に急がせた戦争法案に基づいて、自衛隊を米地上軍の傭兵として、シリアに派兵させられる危険がひとまず遠のきました。あれだけ、強引に強行した戦争法案が宙に浮きます、ほんとうにバカみたいです。
 
 いずれにしても、これによって、シリアにて米露の軍事衝突が起きることはありません。なぜなら、仮に、オバマがシリア内のロシア軍を撃退するため、米地上軍を派遣しても、米国民は、ISを敵視していますが、米戦争屋の打倒したいアサド政権を敵視しているわけでもなく、また、ロシアを敵視しているわけでもありませんから・・・。
 
 この先、ISがロシア軍に殲滅され、シリア難民が母国に戻れること祈ってやみません。自衛隊はシリア難民の母国帰還を支援するために、海外派遣すべきです、絶対に米戦争屋ネオコンの傭兵にしてはなりません。
 
注1:CNNロシア戦闘機、シリアへ隠密移動 位置通報装置を切断し”2015926
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015925日 No.1222
 
タイトル:戦争法案を急いだ安倍氏もIS(イスラム国)もともに米国戦争屋ネオコンの傀儡だったと知れ!:自衛隊は400万人のシリア難民の本国帰還のために海外派遣されるべき
 
1.国連総会の際、無事にオバマvsプーチン会談が行われることを祈る
 
 有名なネットジャーナリスト・田中宇氏のブログに直近のシリア情勢が書かれています(注1)。このブログによれば、今月末にNYで開かれる国連総会におけるロシア・プーチンの演説が注目されるようです。
 
 同総会には当然、オバマ米大統領も出席し、NYにてプーチンとの会談が開かれる見通しです(注2)。本件、オバマと対立する米国戦争屋ネオコンがオバマにどのような圧力を掛けるのか、また、何らかの偽旗テロを起こして、オバマvsプーチン会談を妨害するのか、まったく予断を許しません。
 
 オバマ同様に、プーチンも米戦争屋ネオコンから常に、恫喝されたり、命を狙われていますから、今回のプーチンの訪米はまさに命がけです。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.400万人のシリア難民をもたらしたIS(イスラム国)の正体が全世界に暴露されるのか
 
今、欧州寡頭勢力のつくったEUが大変な目に遭っています、それは、シリアにて400万人超の難民が発生、その多くがドイツなど、EU各国に流入しています。一部のEU各国は、難民受け入れどころではない苦しい国もあって、難民受け入れをかたくなに拒否しています。さらに、この動きにつられて、シリア以外のイスラム教国からも難民がEUに押し寄せています。
 
 EU首脳はわかっているはずですが、シリア難民発生の元凶は、IS(イスラム国)のシリア侵攻にあります。したがって、シリア内のISを殲滅させれば、瞬く間にこの問題は解決し、難民はまたシリアに戻ります。EU各国にとって、IS掃討が喫緊の課題となっています。
 
 このように分析すると、突然、シリア国民が大量にドイツを目指して移動し始めたウラには、案外、欧州寡頭勢力の意向があるような気もします。
 
 本ブログでは、イスラエル・ネオコンが、ナチスを生んだドイツに仕返しするために、シリア難民をドイツに押し付けようとしたと観ていました(注3)。
 
 ところで、上記、田中氏はISのことを“米国製テロ組織”と呼んでいますが、これはもうネットの常識です(注4)、日本のマスコミからしか情報を取らない日本人は知らないかもしれませんが・・・。
 
 本ブログではISは、安倍氏を傀儡にしている米戦争屋ネオコンのつくった敵役の傀儡傭兵組織と観ていますが、上記、田中氏もそう言っていますし、その決定的証拠もあります、それは米戦争屋ネオコンのエージェントであるジョン・マケイン米共和党上院議員がテレビに出演して、堂々とそれを認めているという事実です(注5)。
 
 ところで、われら日本の安倍氏も、ISをでっち上げている米戦争屋ネオコンの傀儡です(注6)。彼が強行可決させた戦争法案を安倍氏に強要していたのが、マケインなど米戦争屋ネオコンなのです。
 
 そして、彼らは自衛隊を米戦争屋の傭兵にして、IS同様に、シリア政府軍と戦闘させるつもりだったのです(注4)。
 
 ところが、今回の国連総会にて、プーチンが演説してISの正体がばれる可能性が出てきたのです、ネットではもうばれていますが・・・。
 
3.自衛隊はシリアに派遣される可能性が高い
 
 いずれにしても、400万人のシリア難民問題は、今や、地球規模の大問題です。この問題を解決するには、シリアに侵攻しているISを殲滅させればよいのです。
 
 そこで、プーチンは国連多国籍軍をシリアに送って、ISを殲滅させるべきと演説するはずです。もしプーチン案が国連で承認されれば、自衛隊は国連軍の一員として、ロシア軍や中国人民解放軍とともに、IS掃討作戦に参加させられるでしょう。
 
 この提案に、オバマ政権は本音では賛成したいのでしょうが、ISを敵役・傀儡にしている米戦争屋ネオコンとイスラエルが困るわけです。
 
 ところが、オモテムキ、ISは米戦争屋の敵役を務めていますから、米戦争屋はIS掃討作戦に表立って反対できないのです。ISをでっち上げたのが裏目に出始めています。米戦争屋の狙いはISを利用してシリア・アサド政権を打倒することなのですが、それがプーチンのシリア介入で頓挫しそうになっているのです。
 
 米戦争屋が安倍氏に戦争法案を強要していたのは、自衛隊を米戦争屋ネオコンの傭兵としてシリアに派遣し、アサド政権のシリア政府軍と戦闘させるつもりだったのです。もしそうなったら、最悪、自衛隊は、シリアに駐屯している、世界最強のロシア軍と戦闘させられることになります(注7)。
 
 さらに、米戦争屋はISをオモテムキ、敵役に仕立てていたので、彼らに日本人斬首をさせて、日本人がISを敵と認識するよう演出していましたが、これも今となっては裏目に出ています、ザマーミロ!
 
 以上より、自衛隊がシリア派遣させられる可能性は大ですが、日本人の大半は、日本人を処刑したISを敵視していますから、自衛隊がIS掃討作戦に参加するのは反対しないでしょう。
 
 それより、自衛隊はシリア難民のシリア帰還の手助けに貢献して欲しいと切に望みます。これこそ、自衛隊の真のPKO活動です。
 
注1:田中宇“ロシア主導の国連軍が米国製テロ組織を退治する?”2015924
 
注2:本ブログNo.1221アメリカ様のために必死で戦争法案を強行可決させた安倍首相に米国大統領オバマは会ってもくれない:アメリカ様命で安倍様命のネトウヨはこの惨状をどう思っているのだろう』2015924
 
注3:本ブログNo.1219大量のシリア難民を受け入れざるを得ないドイツのフォルクスワーゲンが、米国で2兆円超の罰金事件を引き起こされる:イスラム過激派のせいにする偽旗テロで常にEUを脅せるようスタンバイされることになるのか2015923
 
注4:本ブログNo.1048日本国民は全員知れ!:安倍首相は、対日脅迫しているイスラム国と親しいマケイン米上院議員と人質事件の直前に会談している2015123
 
注5:You Tubeジョン・マケイン イスラム国といつも連絡を取っている?2014年11月24
(妨害されてアップできないので 、注4から入ってください)
 
注6:本ブログNo.1215安倍自民党の戦争法案強行採決で、米国戦争屋CIAの傀儡政党という正体が国民にばれてしまった:安倍氏は米国戦争屋の日本子会社の雇われ社長に等しい2015918
 
注7:本ブログNo.1208日本を乗っ取っている米国戦争屋は米地上軍の代わりに自衛隊をシリアに派遣させて、ロシア軍と戦闘 させるかもしれない!』201599
 
ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm
 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2015924日 No.1221
 
タイトル:アメリカ様のために必死で戦争法案を強行可決させた安倍首相に米国大統領オバマは会ってもくれない:アメリカ様命で安倍様命のネトウヨはこの惨状をどう思っているのだろう
 
1.アメリカ様命で戦争法案を強行成立させた安倍氏は国連総会に出席しても、米大統領と会ってももらえないとは・・・
 
 9月末の国連総会に安倍氏が出席するようですが、米大統領オバマは今、訪米中の習近平に次いで、NYにてプーチンと会談します(注1)。ところが、安倍氏は米大統領と会ってすらもらえず、バイデン副大統領と会談するようです(注2)。なぜ、安倍氏はバイデンと会談するのかというと、バイデンが次期大統領選に出馬するからだそうです。ところが、韓国の東亜日報によれば、バイデンの出馬は無理との見方です(注3)
 
 あれだけ、安倍氏はアメリカ様のために必死でがんばって、戦争法案を強行可決させたのに、肝心の米大統領は、極めて冷淡であり、オバマは会ってもくれないことが明白となりました。
 
 このことから、安倍氏の強行した戦争法案成立を米大統領はまったく、評価していないとみなすことができます。
 
 そして、米大統領から無視されるわが日本の安倍首相の惨状を、マスコミは全く報じないのです。アメリカ様命で安倍様命のネトウヨはこの惨状をどう思っているのでしょうか。
 
2.シリアにてイスラエルNATOvsロシア軍の軍事衝突回避の動きが出始めた
 
 本ブログでは、安倍氏が戦争法案成立を急ぐ背景に、シリア紛争があると観ています。そして、近未来、自衛隊がシリアとイスラエルの国境地帯のゴラン高原に派遣され、最悪、シリア政府支援のロシア軍と戦闘させられると観てきました(注4)
 
 ところが、2015922日、イスラエルのネタニヤフ首相が訪露、プーチンと会談しています(注5)。その目的は、プーチンがシリア・アサド政権を支援すると表明、ロシア軍がシリアに入っているため、イスラエルNATO軍がロシア軍とシリアで軍事衝突するのを回避するためです。プーチンは、イスラエルがアサド政権を打倒し、シリアを占領して、シリアの油田を乗っ取ろうとしていることをすっかりお見通しなのです。
 
 ちなみに、本ブログでは、シリアに侵入しているISは、米国戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)の敵役・傀儡傭兵集団とみなしています。
 
 400万人におよぶシリア難民を生み出している元凶が、このISです。そのISを背後で操っているのが米戦争屋ネオコンなのです。
 
 そのことをわかっているプーチンが本気で怒ったら、ISを壊滅させるのはわけないはずです、だから、ネタニヤフはあわてたのでしょう。
 
この状況から、プーチンの睨みが効いている限り、イスラエルは簡単には、シリアに侵攻できなくなりました。今後、シリア情勢がどうなるか、不透明になりました。
 
 プーチンは、シリア難民受け入れを決めたドイツ・メルケル首相ともコンタクトがあるので、シリア難民をシリアに帰す構想を持っているような気がします。
 
 上記の動きと連動するように、今月末の国連総会にて、オバマが安倍氏とは会いもせず、プーチンと会談するわけです(注1)
 
 安倍氏が戦争法案を急いだのは何のためだったのか、これこそ、検証すべきです!
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
3.なぜ、ネタニヤフは軟化しているのか
 
 ネタニヤフはネオコンの頭目であり、非常に好戦的ですが、わざわざ、プーチンに会いにモスクワまで行ったところをみると、ネオコンを取り巻く情勢に変化が起きている可能性があります。
 
 上記のように、今月末、プーチンはNY入りして、国連総会に出席して、オバマと会談するようです(注2)。ということは、アンチ米戦争屋のプーチンが危険を冒して訪米することになります。
 
 現在、米戦争屋と真っ向から対峙できているのは、ロシア・プーチンと中国・習近平くらいです。米戦争屋にとって、この二人は、事故死を装った暗殺の対象にしてもよいほどです。ところが、それを知っているプーチンと習近平がともに、訪米するということは、両者が訪米しても暗殺される心配がないからです。
 
 この事実と、ネタニヤフの軟化は関係しているはずです、すなわち、米戦争屋は、彼らよりもっと上層の寡頭勢力から抑え込まれていると観られます。
 
 ネタニヤフの訪露も、その寡頭勢力の指示なのではないでしょうか、この勢力は欧州寡頭勢力以外には居ません。欧州寡頭勢力と米戦争屋勢力は、毎年、ビルダーバーグ会議(注6)を行いますが、直近の会議は2015611日から14日に、オーストリア・チロルで行われています。
 
 そして、米不動産王のトランプ氏が突如、共和党から大統領選挙に出馬すると発表、その日は、ビルダーバーグ会議2015の直後、616日です。そして彼は米戦争屋の傀儡候補・ジェブ・ブッシュの前に立ちはだかりました。
 
 その後、カーリー・フィオリーナ(HPCEO)の人気も出て、ジェブの存在が大きくかすんでいます。
 
 このことから、ビルダーバーグ会議2015にて、ポスト・オバマの大統領として、米戦争屋の傀儡・ジェブの次期大統領就任の芽が摘まれ始めています。
 
 つまり、ポスト・オバマでも、米戦争屋政権の実現があやしくなっています。このことが、ネタニヤフの軟化をもたらしているようです。イスラエルは米戦争屋の支援なしではシリアでロシアに勝てないからです。
 
 上記のように、凶暴なネタニヤフが豹変したということは、シリア戦争がすぐには起こせないということと、ポスト・オバマにて米戦争屋政権の誕生が不透明になっているということです。
 
 もし、そうならば、安倍自民が戦争法案成立を急ぐ理由もなくなっているということです。ほんとうにアホらしい話です。
 
注1:朝日新聞“プーチン氏、来週オバマ氏と会談へ 国連総会で訪米予定”2015924
 
注2:NHK NEWS Web “安倍首相 米バイデン副大統領と会談へ”2015924
 
注3:東亜日報“出馬を取り下げたバイデン氏、クリントン氏が再浮上”2015923
 
注4:本ブログNo.1209日本を乗っ取っている米国戦争屋の要請で、自衛隊がNATO軍下請けとしてシリアに動員され、最悪、ロシア軍と戦闘させられる危険が急浮上!』2015910
 
注5:NHK NEWS Web “イスラエル ロシアのアサド政権支援に懸念”2015922
 
注6:ビルダーバーグ会議
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

↑このページのトップヘ