新ベンチャー革命

2019年9月1日より、ヤフーブログからライブドアブログに移行しました。 日米関係、時事、技術経営などを扱います。

2016年09月

新ベンチャー革命2016929日 No.1498
 
タイトル:ヒラリーvsトランプのテレビ討論にて、米国民の価値観が真っ二つに割れていることが鮮明になった:日本国民は米国民に習ってもっとネットアクセスして覚醒すべき
 
1.ヒラリーvsトランプのテレビ討論:大手マスコミ調査とネット調査で大きな乖離が生じる
 
 2016926日、米国ではヒラリーとトランプのテレビ討論会が行われました。この討論会で、米国民がどっちに軍配を上げたのかは、全世界の人々の関心の的ですが、例によって、調査結果に大きな差が生じているようです(注1)
 
 米国寡頭勢力配下のメディアCNNはヒラリー圧勝(電話調査)ですが、他のメディアによるネット調査ではトランプが圧勝のようです。
 
 日本でも、大手マスコミによる電話世論調査とその他のネット調査では回答が大きく異なることが多いのですが、同じ現象が米国でも起きています。
 
 いずれにしても、われら日本国民は大手マスコミの発信する情報や解説を鵜呑みにすることはできないのです。しかしながら、ネットにアクセスする習慣のない国民はどうしても、大手マスコミの報道を信じてしまいます。そこで、われら国民がきっちり認識すべきは、大手マスコミはNHKを含めてことごとく、日本の支配勢力の配下にあり、決して国民の側に立っていないという現実です。これは米国の場合も全く同じです。そして、そのことに日本国民より米国民の方が早く気付いたと言うことです。
 
2.米国民の価値観が真っ二つに割れている
 
 ネット情報より大手マスコミの情報を信用する米国民はおおむね、ヒラリーに好感を持ちます、ところが、大手マスコミは1%寡頭勢力の報道機関とみなして、大手マスコミよりネットから情報を取る習慣のある米国民は徹底的にアンチ・ヒラリーなのでしょう。その結果、アンチ・ヒラリーの米国民はトランプ支持となっているのではないでしょうか。ところが、米大手マスコミの報道姿勢がアンチ・トランプであることは明白なので、その事実からアンチ・ヒラリーの米国民は逆に、トランプは1%寡頭勢力の傀儡ではない証拠と判断してむしろトランプをより一層支持していると思われます。そして今の米国民の無党派層は、その価値観が真っ二つに割れていると思われます、そのため、世論調査方法次第で、結果に大きな差が出ているのでしょう。
 
 さらに言えば、米国のトランプ支持者は、トランプの主張から判断して、支持か不支持を決めているのではなく、トランプが米国を闇支配している1%寡頭勢力からの支配を受けているかどうかで決めていると思われます。しかも、そのような米国民における、1%寡頭勢力に対する反発はかなり強固なものであり、米大手マスコミの誘導にはまったくだまされない覚醒した人たちと思われます。こういう人が日本でも米国並みに増えれば日本はもっと良い国になります。
 
3.残念ながら今の日本では、米国ほど国民の覚醒が進んでいない
 
 国民の覚醒に関して、日米を比較すると、米国民の方が、圧倒的に進んでいると思われます。本ブログでも、すでにそのことを指摘しています(注2)
 
 とりわけ、日本の若者は米国の若者に比べて覚醒が大きく遅れており、日本の支配層の正体をまったく見抜けていないと言えます。
 
 ちなみに、本ブログは、日本を乗っ取って属国支配している米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、日本の若者は、今の日本が、彼らに乗っ取られて、彼らが安倍氏などを傀儡化して日本を事実上、ステルス支配している現実がよく見えていないようです。
 
 この若者の覚醒度は日米で大きく異なるのですが、それは、日米国民全体にも言えることです、すなわち、日本国民全体の覚醒が米国民全体より遅れているということです。

 ところで、米国の黒人層やヒスパニックは、ヒラリー支持者が多いのですが、この層は日本の若者と同じで、全く覚醒していない証拠です。彼らはヒラリーに完全にだまされています。
 
 米国の黒人やヒスパニックはヒラリーの正体も見えていないし、その黒幕も見えていないのです。ところが、米国の若者は日本の若者に比べて格段に覚醒が進んでいます。その結果、サンダースやトランプなど、米戦争屋を含む米国寡頭勢力の傀儡ではない候補がしぶとく生き残ったということです。
 
 この点は米国が日本と最も違う点です。
 
 なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
4.米大統領選の行方を決めるのは、米国民の投票行動ではなく、選挙不正がどこまで行われるかである
 
 近年の米大統領選における選挙不正はまず米国で蔓延し、その後、日本の国政選挙に伝播してきていますが、今回の米大統領選にて、どれだけ、選挙不正が横行するかが、大統領選の行方を決めそうです、日本の総選挙と同じです。
 
 ところが、米大統領選を闇支配する米国寡頭勢力がどう動くのか、現段階では見えていません。
 
 基本的には、米国を乗っ取って闇支配する米国寡頭勢力にとって、次期米大統領が共和党から出ようが、民主党から出ようが、所詮は傀儡なのです。だから、新大統領がかつてのケネディのように本気で米国寡頭勢力に反抗したら、単に暗殺されるか、またニクソンのようにスキャンダルを仕込まれて失脚させられるだけです。
 
 したがって、トランプも彼らに本気で逆らったら、無力化されるだけです。
 
 米国寡頭勢力にとって、あとは、ヒラリーとトランプのどちらが傀儡化しやすいかの選択になります。
 
 米国寡頭勢力にとっての懸念は、泡沫候補とみていたトランプが決戦まで生き残ったと言う事実のみです。
 
 米国寡頭勢力はこれまで米国民に対してステルス化してきたのですが、ネットの発達で、彼らの存在を多くの米国民に気付かれてしまったのです。
 
 一方、日本も米国寡頭勢力を構成する米戦争屋に乗っ取られてステルス支配されているのですが、日本国民は米国民に比べて、その実態に気付いている人は少ないと思われます。
 
 われら日本国民も米国民に習って、もっとネットアクセスする習慣を身に付けるべきです。
 
注1:J-CASTニュース“米大統領選TV討論、ネット世論はトランプ氏「圧勝」 クリントン優勢はCNNだけ”2016928
 
注2:本ブログNo.1496米国の若者はサンダースを支持しているが、日本の若者は安倍氏を支持している:日本も米国同様に米国寡頭勢力(1%勢力)に乗っ取られていると気付け!2016926
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2016927日 No.1497
 
タイトル:国会でキムジョンウンの真似をして舞い上がっている安倍氏:日本を乗っ取る戦争勢力は安倍氏の国家主義者の正体を見抜いている
 
1.時代錯誤の極致:安倍氏がキムジョンウンを真似て、国会にてスタンディングオベーションを促す
 
 2016926日、衆院本会議が始まって、安倍氏は所信表明演説をやりましたが、その終了後、自公与党議員はスタンディングオベーションをやったそうです(注1)
 
 これはまさに、北朝鮮と同じです。しかも、これを安倍氏の方から促したようですが、おそらく、安倍官邸の演出でしょう。
 
 さて本ブログは安倍自民を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、米戦争屋は、日韓を属国化しており、一方、北朝鮮を、日韓国民を脅かす役を負う敵役傀儡国家に仕立てていると観ています。その見方より、安倍氏もキムジョンウンも両者ともに仲良く、米戦争屋の傀儡指導者と言えます。
 
 だから、両者が似たような行動を取ることは十分、あり得ます。そして、現実に、安倍氏はキムジョンウンとそっくり同じことを実演したのです。
 
 この一件から、安倍氏は北朝鮮キムジョンウンと同じく国家主義者であることがわかります、彼は民主主義国・日本の首相なのに、その正体は民主主義者ではないのです。その意味で安倍氏のメンタリティは時代錯誤の極致です。
 
 にもかかわらず、日本の若者は安倍内閣を支持しているようですが、みんな、もっとネットから情報を取って、安倍氏の正体を見破るべきです(注2)
 
 なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.日本の異常性:戦後日本は民主主義国を標榜しているのに、今の日本の指導者は民主主義者ではない
 
 戦後日本は敗戦によって、戦前の国家主義国から決別して民主主義国になりました。ところが、安倍氏のメンタリティは民主主義からほど遠く、戦前回帰の国家主義を信奉しています。
 
 彼は、戦後日本を戦前の国家主義日本に引き戻そうとしていると疑われます、なぜなら、彼は戦前の価値観を肯定しているからです。
 
 そして、安倍氏を傀儡化している米戦争屋ジャパンハンドラーは、安倍氏が戦前国家主義の信奉者であることを知った上で、彼を二度目の首相にしているのです。
 
 ちなみに、本ブログの見方では、米戦争屋ジャパンハンドラーは、自民党の総裁選に背後から介入することによって、誰を傀儡首相にするかを自由に決めることができます。そして、自民党総裁選の投票集計には、彼らの配下のムサシを介入させ、絶対に、彼らに不都合な人物が自民総裁にならないよう手を回しています。
 
 こうして、安倍氏が二度目の首相の座に座っているのです。
 
3.日本を乗っ取っている米国戦争屋はなぜ、安倍氏を首相にしているのか
 
 それでは、民主主義国であるはずの米国で暗躍する米戦争屋はなぜ、わざわざ、民主主義者からほど遠い、国家主義者の安倍氏を首相にしているのでしょうか。
 
 それは、彼らの対日戦略の変化によるものです。
 
 米国では、ネットの発達で米国民が、米戦争屋の正体に気付いています、そして、米戦争屋はこれまでのように、米国内で兵員の調達が十分にできないのです。そこで、米戦争屋はアカデミ(注3)のような民間軍事企業を活用して兵員を確保してきましたが、兵員のアウトソースにはそれなりのコストが発生します。そこで彼らから白羽の矢が立ったのが、韓国軍と日本の自衛隊なのです。そして彼らは韓国軍と自衛隊の米軍傭兵化を企んでいるのです。アカデミの傭兵は高コストですが、日韓から調達する傭兵コストは、日韓政府に負担させればよいのです。
 
 ところが、日本の場合、彼らにとって障害になるのが平和憲法だったのです。確かに、これまでの自民党は平和憲法を盾にとって、ベトナム戦争時もイラク戦争時も、自衛隊の米軍傭兵化を断ってきました。その過去を知っている米戦争屋は国家主義者の安倍氏をおだてて、日本を戦前の国家主義国に引き戻すには、平和憲法が障害になるので、憲法改正しろと安倍氏に指示したのです。
 
 これを受けて、安倍氏は嬉々として、憲法改悪に取り組み、憲法改悪を強行しようとしているのです。要するに、安倍氏は単に、米戦争屋に巧妙に利用されているだけなのです。
 
 ところが、米戦争屋の邪悪な企みに非常な危機感を覚えたのが、今上天皇だったということです。そして、天皇は安倍氏による憲法改悪を断固、阻止しようとしておられるのです。ところが、安倍氏の本音はどうも、天皇を自分より下に見ているようなのです。もしそうなら、とんでもない勘違い男です。
 
4.ムサシの暗躍による選挙不正で独裁化を実現した安倍氏は、自分は独裁者になれる!と舞い上がっている
 
 今、得意満面の安倍氏は二度も首相にしてもらい、さらに、選挙不正によって自民が大勝し、憲法改悪の体制が整ったので、勝手に自己過信しているのではないでしょうか。
 
 その結果、彼は国会でキムジョンウンの真似をしたということです。
 
 ところが、彼をハンドルしている米戦争屋ジャパンハンドラーは、もし、安倍氏が勘違いして舞い上がったら、ただちに、スキャンダルを仕込んで、安倍氏を引き摺りおろし、小池氏などにチェンジするでしょう。
 
 舞い上がっている今の安倍氏は灯台下暗しになっているのではないでしょうか。彼は所詮、米戦争屋の傀儡に過ぎません、だから、米戦争屋の都合で、いつでもチェンジできるよう、スタンバイされています。
 
 ちなみに、安倍氏の思想は、米戦争屋にとって、一歩間違えば、反米右翼思想に豹変するわけです。
 
 その意味で、安倍氏を首相にしておくことは米戦争屋にとって、若干、リスクがあります。
 
 したがって、彼らの都合で、安倍氏はいつ引き摺り下ろされるかわかりません。
 
 ちなみに、米戦争屋にとっては本来、安倍氏のような戦前回帰の国家主義者ではなく、徹底した隷米主義者だった小泉氏のような無思想の傀儡首相がベストなのです。したがって、安倍氏のような戦前回帰の国家主義者ではない小池氏(小泉氏の後継者)の方が、傀儡首相としては使いやすいはずです。しかも小池氏は英語がうまく、米戦争屋ジャパンハンドラーと直接に意思疎通が取れるからです。
 
 いずれにしても、安倍氏は舞い上がっていると、ある日突然、失脚させられる可能性があります。
 
注1:朝日新聞“首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意”2016926
 
注2:本ブログNo.1496米国の若者はサンダースを支持しているが、日本の若者は安倍氏を支持している:日本も米国同様に米国寡頭勢力(1%勢力)に乗っ取られていると気付け!2016926
 
注3:Academi
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2016926日 No.1496
 
タイトル:米国の若者はサンダースを支持しているが、日本の若者は安倍氏を支持している:日本も米国同様に米国寡頭勢力(1%勢力)に乗っ取られていると気付け!
 
1.日本の若者の安倍内閣支持率はなんと70%前後もある? ほんとうか!
 
 日本のマスコミの世論調査によれば、安倍内閣支持率は好調であり、とりわけ若年層の支持が突出して高いようです(6572%)(注1)
 
 ネットでは、日本のマスコミ世論調査は捏造ではないかと疑念を持たれていますが、世論調査に長けているマスコミがうぶな若者を安倍支持に誘導するのは簡単でしょう。
 
 実態的には、日本の若者は政治より別のことに関心が高く、マスコミの誘導質問で、結果的に、安倍内閣支持の方向で答えさせられていると想像されます。
 
 さて、本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、安倍自民は米戦争屋ジャパンハンドラーの傀儡政党と観ています。
 
 そして、日本のマスコミは米戦争屋CIAジャパンハンドラーに徹底的に監視・支配されていると観ています。だから日本のマスコミは安倍内閣を批判するような報道や解説を一切できないのです。
 
 上記、安倍内閣を漠然と支持させられている日本の若者は、上記のような日本の特殊事情を知らないでしょうから、マスコミの思うままに洗脳されてしまいます。そして、日本の若者の安倍内閣高支持現象はマスコミの誘導が成功している証拠でしょう。
 
なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.米国戦争屋に乗っ取られる日本は米国同様に超格差社会に向かってまっしぐら
 
 2016925日夜、NHKスペシャルで“縮小ニッポンの衝撃”という番組を放映していましたが(注2)、現代日本の悲惨な実態が克明に報道されていて、気が滅入ってしまいました。米戦争屋CIAジャパンハンドラーおよびその傀儡・安倍政権に組み伏せられている情けない今のNHKですが、この番組は米戦争屋の対日支配の実態を扱っていないので、圧力が掛けられることもなく番組は粛々と放映されました。
 
 なぜ日本はこうも悲惨なのでしょうか、その原因は、一言、日本のGDPが20年間も停滞し続けているからです(注3)
 
 一方、日本を乗っ取る米国戦争屋の巣食っている米国のGDPは順調に伸びています(注3)。なぜでしょうか、その答えは簡単です、日本政府・日銀が、累計950兆円もの日本国民の預貯金を原資にして米国債を買い続けて、事実上、日本国民の国富を米政府に移転し続けているからです(注4)
 
 要するに、日本政府・日銀は、主に米国債の購入(累計950兆円規模)によって、米国GDPを見掛け上、押し上げているということです。言い換えれば、日本国民が米国のGDPを下支えさせられているのです。
 
 それでも、米国民の99%が貧乏化しているのは、日本が米国に貢いでいる国富が一般の米国民には行き渡らなくて、米国の1%の寡頭勢力に偏って渡っているためです。
 
 そして、日本政府・日銀が上記のように、一生懸命、米国寡頭勢力に貢いでいるため、日本国民がいくら汗水たらして働いても、日本のGDPは上昇しないのです(注3)
 
 今の日本はまさに底の抜けたバケツに等しいのです。
 
 上記のような日本の悲惨な実態を、NHKが“縮小する日本”と表現しているとおり、日本の経済成長率も長期的に減少傾向にあります(注5)、いくら国民ががんばっても日本経済は成長しないのです、なぜなら、日本は底の抜けたバケツだからです。
 
 繰り返し言います! なぜ、日本は悲惨なのでしょうか、答えは簡単です、今の日本は米戦争屋の属国であり、日本国民の国富は長期にわたって、米戦争屋を含む米国寡頭勢力にこっそり抜き取られているからです。
 
 悲惨な日本の若者はみんな就職に苦労しますが、なぜ、こうなのか、その根本原因は見えていないのです、なぜなら、米戦争屋CIAジャパンハンドラーから徹底的に監視・支配されているマスコミは日本国民に対し、なぜ、日本が縮小しているのかをまったく報じないからです。
 
3.就職難にあえぐ日本の若者は漠然と安倍内閣を支持する前に、自分の置かれた環境を、マスコミではなくネットから知るべき!
 
 安倍内閣を漠然と支持する若者は、自分を不幸に陥れている勢力を知らずに支持していることに気付くべきです。
 
 ところが、いくら日本のマスコミから情報を取っても、わかるのは日本が悲惨だという現象面だけです、そして、なぜ、日本は悲惨なのかについて、マスコミはまったく教えません、なぜなら、この疑問を解こうとすると、必然的に、日本がホンモノの独立国ではなく、米国戦争屋を含む米国寡頭勢力の属国である現実に気付くはずだからです。日本を乗っ取っている米戦争屋は日本人がその現実に気付くことを忌避しています。
 
 いずれにしても、日本国民のみならず、米国民の多くも、米戦争屋を含む米国寡頭勢力の奴隷なのです。ところが最近、米国民はネットから情報を積極的に取って、自分たちが1%寡頭勢力の奴隷であるという悲惨な現実に気付き始めたのです、だから、トランプのように1%寡頭勢力が嫌う人物が大統領指名候補に残ったのです。
 
 ところで、今回の大統領予備選にて米国の若者はもっぱら、サンダース(1%寡頭勢力の傀儡ではない人物)を支持していました。米国の若者は少なくとも、知名度抜群のヒラリーは99%の米国民を不幸にする1%寡頭勢力の傀儡であることをみんな知っているのです。
 
 ちなみに、米国の若者は、米共和党が米戦争屋の支配する党であると知っていますから、共和党は米国若者からソッポを向かれています。
 
 ところが、米国の若者に比べて、日本の若者は自分たちに悲惨な実態をもたらす加害者勢力の正体にまだ良く気付いていません、一部のネット愛好者を除いて・・・。
 
 上記のように、日本の若者の大半が、ヒラリーと同じく、米戦争屋の傀儡である安倍氏を支持しているということは、米国の若者に比べて、日本の若者は自分の国の実態がわかっていない証拠です。
 
 日本の若者も米国の若者と同様に、マスコミではなくネットから情報を取ってください。悲惨な日本の実態を知ったら、それをもたらす元凶である安倍内閣を支持できるはずがありません。
 
注1:FNN安倍内閣支持率56.6% 3カ月連続の上昇傾向 FNN世論調査”2016919
 
 
注3:経済ネタ帳“名目GDP(USドル)の推移(19802016) (アメリカ, 中国, 日本, ドイツ, フランス, ブラジル)
 
注4:財務省“平成27年末現在本邦対外資産負債残高”
 
注5:経済ネタ帳“日本の経済成長率の推移
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2016925日 No.1495
 
タイトル:防衛庁はF3542機(総額7500億円)も買わされるが、すべてわれらの血税:米国軍産複合体利権のカモにされた失敗作の尻拭いか
 
1.防衛庁、F35A42機も購入予定:日本が米国戦争屋の属国である証拠
 
 2016924日のマスコミ報道によれば、防衛庁は米ロッキードマーチン社のステルス戦闘機・F35A(ライトニングⅡ)42機も購入させられるようです、ヤレヤレ・・・(注1)1180億円で42機買うと、7500億円強、豊洲市場の建設費4000億円の倍近いコストです。
 
 さて本ブログは日本を乗っ取って属国支配している米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、このたびの防衛省によるF35Aの大量購入(原資はすべてわれらの血税)こそ、日本が米戦争屋の属国であることを如実に証拠付けています。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
2.日本を乗っ取っている米国戦争屋は日本にセカンドティア機を高く売りつけて、投資回収を図っているだけ
 
 本ブログの見方では、世界最強の軍事力を維持したい米戦争屋が、属国日本に世界最先端の最強戦闘機を売ってくれることは絶対にありません!
 
 今の米戦争屋がステルス戦闘機の分野で世界最新鋭と位置づけているのはF22の方です。つまり、F22の後継機として開発されたF35は結局、彼らにとって失敗作だったのです。だから、F35への投資を回収するため、日本に高く売りつけているにすぎません。防衛庁もこのことは先刻承知しています。
 
 それでも、米戦争屋は日本に対し、国産の戦闘機を開発することを暗黙に禁止していますからやむを得ないのです。2007年、当時の安倍氏がF22を売ってもらおうと渡米して、お願いに行っていますが断られています、そして、米戦争屋は事実上の失敗作・F35Aを日本に売りつけたに過ぎません(注2)
 
 それでも、自衛隊の使用するF35Aは、そのメンテをMHIIHIが行うようですから(注3)、日本に一定程度の戦闘機製造技術が蓄積できます。
 
3.F35は日本を乗っ取っている米国戦争屋ネオコンの事実上の失敗作
 
 さて、上記、F359.11事件のあった2001年当時、米国防長官だったラムズフェルドが関与したシロモノです(注2)。彼は日本を乗っ取っている米戦争屋ネオコンの頭目だった大物であり、ほんとうに悪知恵の発達した人物です、とりわけ、彼はマッチポンプ詐欺が得意であり、日韓国民に北朝鮮脅威を故意に煽って、日韓政府に米国製兵器を高く売りつけるマッチポンプ詐欺の主犯だった人物です、すなわち、ラムズフェルドはまさに、北朝鮮の敵役傀儡化の仕掛け人だったのです(注2)。彼はそのような詐欺的能力に長けるので、生涯、二度に渡って米国防長官を務めています。
 
 米軍事企業大手・ロッキードマーチンと癒着するラムズフェルドは、9.11偽旗テロ事件にチェイニー副大統領(当時)とともに深く関与していたと疑われます、その証拠に、9.11事件の前日、2001910日朝、国防総省にて職員に向かって、ペンタゴンがテロ攻撃されることを予告していたのです(注5)
 
 さらに彼は9.11テロ事件直後のドサクサに紛れて、ロッキードマーチンにF35(当時の名前はJSF)4500機(30兆円:2760億ドル)も発注する契約を交わしていたのです(注2)。これはまさしく犯罪行為(火事場ドロボー)です。
 
 この結果、F35 は米国の軍産複合体利権のカモにされてカネ食いムシとなり、結局は、F22を凌駕する戦闘機にはならなかったということです。
 
 米国防総省ではこのような違法行為が日常茶飯事に行われているようで、今では、米国防総省の使途不明金の総額が650兆円に達しているそうです(注6)、ペンタゴンがいかに米戦争屋系企業とズブズブの関係にあるかがわかります。
 
 ちなみに、日本では、ゼネコンが政官財の利権勢力の中心にいて、東京五輪のハコモノ工事や悪名高い豊洲新市場のハコモノ工事にて利権争奪が蔓延しています。戦後日本が、上記のような米軍事利権の塊・米戦争屋に乗っ取られているため、日本の支配層も米戦争屋から悪影響を受けて、米戦争屋と似たような利権構造が日本にも存在するわけです。
 
 いずれにしても、戦後日本がドンドン劣化しているのは、上記のような利権亡者の米戦争屋に乗っ取られているからとみなせます。
 
注1:朝日新聞“最新鋭ステルス機F35A、空自配備1号機を米で初公開”2016924
 
注2:グローバルMOT(技術経営)に求められる戦略家とは、2010
 
注3:F35(戦闘機)
 
注4:本ブログNo.1494豊洲新市場がラスベガス化すると、北朝鮮ミサイルは東京に飛んでこなくなるが、北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルは強化される可能性がある2016924
 
注5:ナオミ・クライン[2011]“ショック・ドクトリン”岩波書店、下巻、p417
 
注6:トカナ“【緊急警告】米国防総省で650兆円の使途不明金発覚、9.11前夜と同じ事態が進行中!識者「自作自演スーパーテロの可能性」”2016820
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

新ベンチャー革命2016924日 No.1494
 
タイトル:豊洲新市場がラスベガス化すると、北朝鮮ミサイルは東京に飛んでこなくなるが、北朝鮮の核兵器と弾道ミサイルは強化される可能性がある
 
1.北朝鮮制裁強化を訴える安倍氏の国連演説を長々と放映したNHKの奇異
 
 安倍氏は2016922日、国連総会にて北朝鮮制裁強化を訴えたそうです(注1)NHKはなぜか、この演説を録画中継してニュースで長々と放映していました。おそらく、安倍氏をハンドルしている外務省から指示されたのではないでしょうか。それにしても、このNHKの報道姿勢は奇異であり、実に不自然でした。
 
 北朝鮮の軍事行動に関して、国連がいくら制裁措置を決めても、北は聞く耳もたず、全く効果はありません。第一、北朝鮮が核兵器を持つことを国連は黙認しているに等しいのです。いずれにしても、国連の決める北朝鮮制裁は北には何の打撃にもなりません。
 
 一方、米国戦争屋配下の極東米軍は北朝鮮を挑発するかのように、年がら年中、北朝鮮の周辺海域で米韓合同軍事演習していますから、北はそれに反発して核実験やミサイル発射を繰り返すのです。だから国連は北朝鮮に対する非難声明を出すよりも、米韓合同軍事演習を止めるよう説得する方が、よほど効果があるはずです。にもかかわらず、国連は何もしません、なぜなら、国連をつくったのは元々、米戦争屋ボス・デビッドRFだからです。
 
2.北朝鮮脅威はすべて、日韓を乗っ取っている米国戦争屋ネオコンのやらせ
 
 本ブログは、日本および韓国を乗っ取って属国支配している米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、日米韓に対する北朝鮮脅威はすべて、米戦争屋ネオコンが仕組んでいるやらせと観ています。
 
 日韓が米戦争屋の属国なのに対し、北朝鮮は米戦争屋の敵役傀儡国(ネオコンはならず者国家と呼ぶ)と本ブログでは観ています。したがって、年がら年中、朝鮮半島近海で行われている米韓合同軍事演習と北朝鮮のミサイル実験と地下核実験は常にセットになっていて、両者とも実は米戦争屋ネオコンによって仕組まれていると本ブログでは観ています。そして、北朝鮮と陸続きで接する中国もロシアも、このような北朝鮮脅威がすべてネオコンのやらせであることをすっかりお見通しでしょう。彼らからみれば、北朝鮮脅威は単なるネオコンの茶番劇なのでしょう。
 
 こうしてネオコンは、日韓に役立たずの迎撃ミサイルを高く売りつけているに過ぎません。その意味で、日韓政府の北朝鮮非難声明や、北朝鮮脅威を煽る日韓のマスコミ報道を信じる日韓の国民はみんなだまされているのです。
 
なお、上記、日本を乗っ取っている米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。
 
3.安倍氏は国連総会でオバマと会っているにもかかわらず、北朝鮮脅威に関する日米首脳会談は実現していない
 
 さて、今回、安倍氏は国連で北朝鮮に対する制裁強化を訴えるため訪米したのですが、肝心のオバマとの日米首脳会談は行われていません。北朝鮮問題に関しては、安倍氏とオバマは立ち話で終わったようです(注2)
 
 われら国民はこの事実を知って、おかしいと思わなければなりません。北朝鮮問題は今の日米同盟における最重要課題のはずです。なぜ、それが、立ち話で終わるのでしょうか。
 
 日本のマスコミは、安倍氏がキューバ訪問したことや、ヒラリーと会談したことは派手に報道しますが、オバマとの首脳会談が実現しなかったのはなぜか、まったく報道しません。
 
 オバマはすでにレームダックになっているので、オバマと会談しても意味がないから、安倍氏はオバマと立ち話で済ませたのでしょうか、本ブログの見方では、外務省は日米首脳会談を強く要求したのに、オバマに蹴られたと観ています。
 
4.北朝鮮脅威が切迫しているのに、なぜ、オバマは安倍氏と首脳会談に応じなかったのか
 
 ところで、オバマは2009年に米大統領に就任して、核廃絶を訴えてノーベル平和賞をもらっています。そこで、もうすぐ退任予定のオバマは花道を飾るため、今回、包括的核実験禁止条約(CTBT)を国連にて成立させたいわけですが、米国内の米共和党過半数の米議会が賛成せず、肝心の米国が国連のCTBTを批准できていないのです(注3)
 
 さて、本ブログでは、オバマはアンチ米戦争屋の米大統領と観ていますが、米議会で過半数議席を取っている米共和党は米戦争屋主導の政党ですから、絶対にCTBTに賛成しないのです。とりわけ、ネオコンは大反対です。この現実に、オバマは苛立っているのです。
 
 一方、安倍氏はオバマの足を引っ張っている米戦争屋の傀儡ですが、オバマはそのことを知っているでしょう。それを知れば、オバマは安倍氏と首脳会談する気にはなれないとわかります。
 
 外務省官僚もこのような事情をわかっているのですが、安倍氏が訪米して、日米首脳会談すらできないという情けない事実の真相を日本国民に知られたくないのでしょう。だから、それをごまかすため、安倍氏とヒラリーの会談をセットしたのですが、今のヒラリーは米政権から下野している無役の人物ですから、この会談はごまかしであって、全く正統な日米外交にならないのです。
 
5.日韓に脅威を与える北朝鮮が地下核兵器実験や弾道ミサイル実験しても米戦争屋ネオコンはなぜ、黙認しているのか、イランやイラクだったら猛反撃するのに
 
 ところで、国連においてオバマが成立させたいCTBTに反対しているのは皮肉にも、米国です。そして、次が北朝鮮なのです。この事実から、米議会を主導してCTBTに反対する米戦争屋ネオコンと北朝鮮はなぜか、意見が一致しているのです。
 
 この事実は、本ブログの見方、すなわち、米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)と北朝鮮は、核兵器や弾道ミサイルに関して、水面下でつながっているという見方(注4、注5)を裏付けています。
 
 ちなみに、本ブログでは、北朝鮮はイスラエル・ネオコンの核実験場と観ていますが(注4)、米戦争屋ネオコンは、米国でもイスラエルでもおおっぴらに核実験をできる環境ではないので、彼らの敵役傀儡・北朝鮮を事実上の、核実験場に利用していると本ブログでは観ています。
 
 その意味で、北朝鮮を悪役にしておけば、ネオコンは北朝鮮で核実験もミサイル実験もできるのです。
 
 さらに、ネオコンは日本の核武装を断固、許さないため、もし、日本がネオコンに逆らって、核武装したら、ただちに、北に配置してある200基のノドン・ミサイルを撃たせて、日本の原発をいつでも攻撃できるようスタンバイしていると本ブログでは観ています(注6)
 
6.北朝鮮の核兵器や弾道ミサイルの闇資金源は何か
 
 日本を乗っ取っている米戦争屋ネオコン(イスラエル・ネオコン含む)は北朝鮮に密かに核兵器や弾道ミサイルを供与していると疑われますが、その資金は米国防総省予算からは出せません、いったいどこから出ているのでしょうか。
 
 米国の陰謀サイト・オルタナティブニュース(注7)によれば、ネオコンの闇資金はラスベガスやマカオのカジノからの収益が充てられているようです。
 
 さて、本ブログでは、豊洲新市場はカジノ王・シェルドン・アデルソンに買収されるかもしれないと観ていますが(注8)、彼の経営するカジノの収益はネオコンの闇資金源になっているようです。
 
 もしそうなら、豊洲をラスベガス化すると、その収益が北朝鮮の核兵器や弾道ミサイルの強化に使われる可能性が浮上します。
 
 ただし、米国陰謀サイトの情報が事実という前提での話ですが・・・。
 
注1:NHK News Web首相 北朝鮮制裁強化へ議論主導の考え示す”2016922
 
注2:ライブドアニュース“安倍首相 米オバマ大統領と北朝鮮の核・ミサイル問題に関し立ち話”2016921
 
注3:日経新聞“CTBT早期批准へ声明 米中など発効の壁に”2016923
 
注4:本ブログNo.1292米国戦争屋ネオコンの敵役傀儡国・北朝鮮はイランと違って核実験やっても攻撃されないのはなぜか:ネオコンにとって絶好の新型核兵器実験場だから?201617
 
注5:本ブログNo.1311ハイテク産業基盤を持たない北朝鮮は誰かの支援なしに弾道ミサイル実験ができるはずがない:日本の軍国化を進めさせられている安倍氏は内心笑いが止まらない!201627
 
注6:本ブログNo.1481北朝鮮は200基もの対日攻撃ミサイル(ノドン)を持たされ、その核弾頭の実験が成功:日本が密かに核武装したらただちに全滅できるようスタンバイされていると知れ!2016910
 

注7:オルタナティブニュース“9/11 TRUTH GOESNUCLEAR: Massive Download In Progress2014927

 

47:44   This group controls members ofCongress through running gambling money through Las Vegas and Macau,running prostitution and [rent boys] groups across the USA and throughWashington, DC. 

 
注8:本ブログNo.1493豊洲新市場をラスベガス化すれば、東京が北朝鮮ミサイルのターゲットになることもなく、直下型地震が起こされる心配もなくなる2016923
 

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

 
テックベンチャー投稿の過去ログ
 

↑このページのトップヘ